年収1000万を目標にすべきではない理由3つ。

年収1000万を目標にすべきではない理由3つ。

SHARE

年収1000万を目標にすべきではない理由3つ。

 

どうもあっきんです!

今日のスマートニュースでこんな記事がありました。


あなたの周りに年収1000万超えている人います?

この記事では1,000万を超えて感じた変化を3つ挙げています。

  • 手元に残るお金も気持ちも特に変わらない
  • お小遣いが無制限になったが出費も激増
  • 急に子供の教育費がかかるようになった

なんとなく想像つきますよね。そして会社では年収1000万プレイヤーともなるとそれなりのポジションなので責任も重くなりますよね。

それに部下や上司のフォローなど付き合いの飲み会ももれなく多くなるんでしょうね。

この記事では年収1000万の人のリアルな感想を書いているだけですが、目標の設定って大事だと思います。

 

年収1000万=お金持ちではない

わかりやすい比較をしましょう。

東京に済むAさんと奈良に済むあっきん。どちらも年収1000万だとします。でも東京と奈良では生活にかかるコストが違いますよね。

例えば私が住んでいるマンションは特急が停車する駅から徒歩7分です。私はこのマンションを6年前に新築で諸経費込で3,300万で購入しました。

おそらく東京に住む人だと信じられない安さだと思います。大抵の人はローンを組むとして月々の支払いでいうとかなり違ってきますよね。

物価も違いますよね。

ということは、見るべきところは年収ではなく、年収から生活にかかる総コストを差し引いた、残りのお金がどれだけか?ですよね。

ということで収入を増やすという目標も大切ですが、支出についてもきっちり管理することって必須ですよね

 

年収1000万稼ぐのに要した労力

悩み

年収1000万稼ぐためにはかなりの時間を犠牲にする必要がありますよね。

意外と組織の上の方の人よりも真ん中らへんのポストでたくさん残業をしてタスクをこなしている人の方が年収1000万あったりしますよね。

でも朝早くに出社して夜は若手と一緒に遅くまで残業。結局1日のうちほとんどを会社で過ごす。

これだと貴重な30代、40代を全て仕事に捧げることになります。当然土日は廃人です。そりゃー疲れるでしょ。

子供がいたら半日くらいはゴロゴロしたとしても1日は買い物に付き合わされて・・・みたいな感じなんでしょうね。

そんな環境で趣味を持とう!なんて無理無理。気力と体力が追いつかないのは当然です。

そして、定年退職をした後に趣味をもたない時間を持て余すシニアになってしまいます。

 

それでもまだ年収1000万稼ぎたいと思いますか?

 

1,000万稼いで何に使いたいの?

お金

組織の中で仕事に真剣になってようやく手にした年収1000万という肩書き。でも多くの人は稼いだお金の生きた使い方ができていないと思います。

生きたお金の使い方ってなんだと思いますか?

反対を考えるとわかりやすいです。仕事でさんざん溜め込んだストレスの発散のために浪費するのが死んだお金の使い方だと思います。

だから年収が増える毎にストレスも増えるので浪費するお金も増えるんです。だから1000万プレイヤーの実感なんてないんですよ。

仕事を頑張るために浪費する。なんか変だと思いませんか?仕事が人生の目的になってるんですよね。

それって完全に仕事に人生を支配されています。つまり他人の時間を過ごしているのと同じです。自分の時間がどこにも無いじゃないですか。

だから充実感が無いんですよ。

 

こんな人は要注意!!

以上の3つの理由から私は「年収1000万を目標にすべきではない」と考えます。

目標とすべきは自分の時間を手に入れることだと思います。でも、こう思う人もいるでしょうね。

  • いやいや、稼がないと生活できひんやん
  • 稼ぐためには自分の時間を犠牲にしないと無理でしょ

私は投資が好きなので生き方も投資ベースで考える癖があります。

自分が投資した時間と労力に見合うリターンが得られているかどうかが鍵だと思います。その上でこんな不満を抱える人は注意が必要です。

  • 組織に貢献しても評価されない。給料が上がらない
  • 実質的な労働時間が長い割に給料が安い

これって割に合ってないですよね。いつまでも上がらない株を持っているのと同じことです。

そしてタチの悪いのがこの問題に本人が気がついていないことです。原因があなたにあるのでは無く、組織にあるのにいくらぼやいたって解決はしません。

そんな無駄な時間を費やすくらいならさっさと自ら行動を起こすべきだと思います。

 

「自分の時間」を手にいれる方法

会社はひとつではありません。今は転職も当たり前の時代です。

同じ業界で、知名度は落ちるけど給料据え置き、実質的な拘束時間3割削減とかも十分あり得ます。自宅からの距離が近くなるだけでも随分違います。

特に最近は給料が良い会社よりも、年休や時間休が取りやすい会社が人気です。時代の流れですよね。

ということで、仕事の不満を嘆くくらいならその時間を転職活動に費やしましょう。まずは、いきなり転職先の企業面接とかではなくて、エージェントと面談するのがおすすめです。

ぶっちゃけを色々教えてくれますからね!

 転職サイトはスカウト型がおすすめ。公務員でもオファーが来た!

 

もうひとつは投資です。投資ならあなたが働かなくてもお金が働いてくれます。どうやったら投資で効率よくお金を増やせるかを考える方が時間を無駄にせずに済みます。

投資で不労所得を得れば心にもゆとりができます。生きたお金の使い方ができます。

 20代〜30代で格差を生む。サラリーマンの資産運用論をブログで公開!