20代〜30代で格差を生む。サラリーマンの資産運用論をブログで公開!

20代〜30代で格差を生む。サラリーマンの資産運用論をブログで公開!
スポンサードリンク

どうもあっきんです!

この記事は長文です(笑)読むのに時間がかかります。これでも伝えたいことをコンパクトにまとめた方です。

なんで、そんなに長くなったのって?

答えは読めばわかります(笑)

 

20代のあなたへ。30代〜40代のサラリーマンはきついよ。

私の友人Aさんの話です。サラリーマンです。仕事は忙しいです。彼の会社ではボーナスが出ないこともあり、社員のほとんどは毎日残業代目当てに頑張ります。

Aさんも同じように毎日残業しています。そんなAさんの最近の悩みは、子供の教育費です。

子供が小学校に入り習い事も始めたので4月から教育費が上がりました。

一方でAさんの会社は働き方改革とやらのせいで残業が出来なくなりました。これまで残業もして頑張ってきたのに思うように昇格もできません。

そこにニュースで見た政府のキッズウィークなる提案。「夏休みのように観光地やレジャー施設が混み合う時期を避けてキッズウイークを設定し、旅行など親子で過ごす時間を確保しやすくする狙い。」だとか。

 

まとまったお金も無いのに家族旅行なんて急に行けるかいな!!

 

妻はパートと子育て頑張ってくれてるし。

あー・・・・なんだかな。。

 

20代のあなた。想像できますか?でもこれが日本の30代〜40代の一般的なサラリーマン家庭の様子です。

そうサラリーマンは大変。でもそんなサラリーマンも就活生から見るととても眩しく見えます。今日もスタバでこの記事を書いていると

「サラリーマンって凄くない?どうやって企業面接通るん?ウチ無理。ほんま尊敬するわ!」

って就職活動真っ最中の大学生がボヤいていました。

 

頑張って入った大学。そこそこ遊んで3回生からは急にリクルートスーツ着て企業面接を受けまくる。そしてようやく勝ち取った内定

入社した会社で必死に頑張った先に待っているのがくたびれた背中のサラリーマン。

20代のあなたはそれでもサラリーマンに憧れますか?

 

資産運用は自分と家族をちょっと自由にする

私の友人Bさんの話です。Aさんの同僚です。仕事は忙しいです。彼の妻はパートで子供は2人。

子供が産まれてからは育児の為、彼は一切残業をしません。多少会社で陰口を叩かれますが、割り切って自分の仕事を済ませると退社します。

家族で食べる夕食時、流れてきた「キッズウィーク」のニュース。妻と2人で会話が弾みました。これがあれば旅行も安い時に行けるからいいね!

B:そうだ。今年は沖縄旅行にでも行こうか!

妻:えっ!?今年?そんな予定立ててなかったからお金無いよ。

B:運用のお金があるからいいよ!そろそろ利益も使いたいし(笑)

妻:そんなに利益出たの?じゃー使っちゃおう!

Bさんの家庭ではこんな会話が飛び交っているんですね。忙しい毎日でも楽しみがあると頑張れますよね!

Bさんの会社では昨年からは働き方改革とやらで残業はほとんどできなくなりました。給料も減ったので同僚のAさんはお小遣いも減ったとか。タバコも辞めました。

Bさんはと言うと早く帰って子供と過ごして、子供が寝たあとはテニススクールへ。別の日には近所のフィットネスで汗も流しています。

2年前から妻もテニスを始め、日替わりでレッスンに行くようになりました。それもAさんの運用資金でまかなっています。

そしてこの4月。Bさんの会社では近年、社員の評価システムも変わり、残業が少ないBさんは残業をたくさんしているAさんをよそ目に昇格することになりました。

Bさんは育児や趣味のために早く帰宅することを大切にしています。そのため、勤務時間中は同僚よりも忙しく働いています。

上司はそこをきちんと見ていました。

 

20代で運用を始めたのが30代で格差が出た理由だった

AさんとBさんは20代の頃に同じようにたくさん残業をしていました。Aさんは毎月のようにそれなりに入ってくる残業代を派手に使っていました。

一方のBさんも残業代は自由に使っていましたが『残業代の半分を毎月運用に回す』と決めていたのです。

Bさんは親が不動産収入を得て生活をしていたことから資産運用には若い頃から関心があったのです。

Bさんはそんなこともあり社会人2年目から元手20万ほどで資産運用を始めたそうです。増えた金額も年間では2〜3万。でもBさんは増えることに楽しみを覚えました。

そして頑張って残業して、そのお金を運用に回すことでさらに運用資金を増やしていきました。次の年には運用の利益が年間10万を超えました。

そしてBさんはボーナスが出た時にはボーナスからもいくらかを運用に回すようにしました。こうしてBさんは運用資金を雪だるま式に増やしていきました。

 

同じように若い頃に残業をたくさんして頑張ったAさんとBさん。Aさんはとてもくたびれていますが、Bさんは昇格したことでますますやる気が出ています。

これほどまでに格差がついたのは早くから資産運用をしていたかどうかです。Bさんの家庭では子供の習い事への送迎などもあることから4月からは妻がパートを辞めました。

ちょうどBさんが昇格して月々の給料がアップしたことも妻がパートを辞めるきっかけになりました。そのことでBさんの家事の負担も減り、少し自由な時間も増えました。

これがAさんとBさん。同じように働いて給料をもらっていた2人の格差の正体です。

 

Bさんがお金と時間を手に入れた理由

あっきん
Bさんは知ってか知らずか資産運用で大切な3つのポイントをしっかり押さえていました!

給料を貯金ではなく運用に回した

雑誌や書籍によく書いていますよね。「若い頃から貯金をしましょう!」って。貯金も確かに大切ですが、全てを貯金に回してはいけません。

なぜなら貯金は不労所得を生まないからです。Bさんは若い頃に運用で得た利益でタバコや飲み代をまかないました。

つまり受け取ったお金で増やしたお金を使ったんです。受け取ったお金は減らしていません。貯金だとこうはなりませんよね。

貯金は受け取ったお金を今使わずに将来使うために給料を先取りしただけです。

反対に運用だと元手を増やしていけば受け取る運用益も増えていくので使えるお金も増えていきますよね!

 

運用を少額から始めた

運用ってお金がしっかり貯まってからやるものって思っていませんか?

そんなことありませんよ。積立で始める運用が一番簡単で、毎月一定金額を買っていくだけです。これでも立派な運用です。

積立で始めると機会的に買っていくだけなので精神的な負担も無く、気軽に始めることができます。

そんな運用に慣れてくると今度は少しまとまったお金を動かしてみたくなります。運用ってギャンブルとは違って外れたら賭けたお金が全部無くなるとかでもありません。

それがわかってくると、少しまとまったお金を金融資産に変えることへの抵抗が無くなってきます。それも始めは20万とかで始めるとさらに安心感ありますよね。

 

もう少し具体的に言うと、100万貯まったら運用しようと考えて毎月2万=年間24万を4年間貯金したとします。

こうすると4年間は貯金しているので運用利益は貰えませんよね。ところが最初の1年間で24万貯めて次の年から運用を始めたらどうでしょうか?

年利10%で運用を出来たとしたら2.4万の運用利益が貰えますよね。これだけでも自由に使えるお金が2.4万円増えたことになりますよね。

これを使うも良し、さらに次の年の24万と合わせて50.4万で運用するのも良しです。いわゆる再投資です。これの良いところは複利でお金が増えていくことです。

複利でお金が増えるということはそれだけお金が増えるスピードも上がります。

FXトラリピの不労所得で30代でセミリタイアは可能?コツは複利運用!

運用で得た利益を適度に使った

Bさんの場合は始めは運用益を自分のタバコ代や飲み代に充てることでちょっとしたお得感を味わいました。それが運用をさらに好きになるきっかけになりました。

運用することで少しですが自由に使えるお金を手に入れました。それを自分の生活雑費に回すことで家計収入の負担を減らすことができました。

こうして妻からの運用に対する信頼も得ました。そして自分自身も運用をもっと上手にしたいと考えるようになりより勉強しました。

するともっと効率よく運用できる金融商品に出会うことができました。そしてそれを実践してお金をさらに増やすことでより自由に使えるお金が増えました。

すると、自分だけでなく妻にも習い事の費用を負担してあげることで妻に息抜きの自由な時間をプレゼントすることができました。

するとプライベートが充実することでより仕事を早く終わらす努力をするようになりました。そうした努力が評価され、結果的に同僚のAさんより早く昇格することができました。

 

あっきん
Bさんは仕事だけに割いていた自分の脳ミソと少しの時間を『資産運用』に回しただけだね。

そんなに難しいことはしてないよね。

 

20代〜30代におすすめの資産運用をブログで公開。

ここからはこのブログで公開している資産運用の中からこれから始めると良いものを紹介していきます!

メニューとしては3つあります。

今最も日本でバブルな資産運用。仮想通貨投資。積立がかんたん。

どれぐらいバブルかって?

バブルな理由はこの4月から仮想通貨法が施行されたからです。今までフワフワしていてちょっと怪しいと思われていた仮想通貨が一気に投資対象として注目されるようになりました。

例えば一番有名なビットコイン(BTC)はこんな動きをしています。

ビットコインチャート

ちなみに、仮想通貨は少額から買えます。4/1に1BTC=12万円というレートですが、12万円必要というわけではありません。

私がメインで利用しているコインチェックだと0.005ビットコインから買うことができます。

1BTC=12万円のときだと、600円です。5/25時点のレート、1BTC=31万円の時だと、1,550円です。

 

また単位は仮想通貨によってバラバラで一番日本人に人気があるリップル(XRP)という通貨であれば10XRPとかで買えます。

これだと5/25時点のレートで最低400円程で買えます。他にも色々日本円で買える仮想通貨があります。どれくらいあるかって?

仮想通貨一覧

 

12種類あります(笑)

これじゃーどれを買っていいか迷いますよね。私も迷いました。

そして色々調べて悩んだ結果・・・

全種類買うことにしました!

「えらい雑なかんじやな〜」

って思うかもしれませんが、意外といい感じです。始めて1ヶ月経たずに◯倍になってます。

だからバブルなんですよ(笑)ちなみに12種類全部買っても1万円でお釣りがきますよ。

詳しくは 【ブログで運用実績公開】毎月28万仮想通貨に積立で投資していくと?

 

そして最近のニュースでも全種類買いがイケてることが判明しました⬇

仮想通貨の勢力地図に変化 ビットコイン1強から群雄割拠へ【5月24日日本経済新聞】

「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ネム」――これらは「オルトコイン」と総称されるビットコイン以外の仮想通貨の名前だ。多くの通貨が日々生まれており、ここに挙げたオルトコインは一部だが、こうしたオルトコインの価格上昇が加速している。なかには年初から価格が数十倍に跳ね上がったものもあり、上昇率は最高値圏にあるビットコインをしのぐ勢いだ。仮想通貨の市場では、長らくビットコインが時価総額や取引量などで圧倒的なトップとして君臨してきたが勢力図は変わりつつある。

「第二のビットコインを狙う動きが活発化している」(日本デジタルマネー協会の大石哲之理事)。年初から仮想通貨には資金流入が続き、不動産登記などの契約情報もやり取りできるイーサリアムや一部の国内金融機関が送金手段として活用を検討するリップルなどは数倍、数十倍に急騰した。ドルベースで時価総額4位のネムの円建て価格は年初から最大で96倍に上昇した。

オルトコインの上昇は仮想通貨を巡る勢力図に変化をもたらしている。仮想通貨の情報サイト「コインマーケットキャップ」によると、時価総額ベースでみたビットコインのシェアは直近で約46%と、5割を割り込んだ。今年の3月上旬までの過去4年間は常時80~95%程度だったが、2番手以下の台頭でシェアを急速に落としている。一方でイーサリアムは約20%、リップルは約15%までシェアを高めた。

仮想通貨の価格上昇をけん引しているのは日本の個人投資家とみられる。オルトコインを売買できる国内の取引所では、口座開設者が急増している。とくに5月初めにかけての大型連休以降、1日あたり1000人以上増える取引所が散見されるという。ネムを取り扱う国内の仮想通貨取引所「Zaif」(テックビューロが運営)でも1日あたりの口座開設者が、年初から最大で24倍まで増加した。

オルトコインを買う際は、ビットコインを経由するケースが多い。ビットコイン相場は足元で2350ドル前後と最高値圏にあり、ビットコイン相場の上昇は他の仮想通貨価格が押し上げた側面が強い。イーサリアムの活用を目指す企業連合に三菱UFJフィナンシャル・グループやトヨタ自動車の子会社が参加するなど、オルトコイン活用の動きが広がっていることも背景にある。

 

以外にもビットコインは日本人がたくさん買っています。数ヶ月前は90%が中国人だったんですよ。コインチェックとかも口座開設者の登録申請に追われてるんでしょうね(笑)

 

5つの質問に答えるだけ。老後資金はロボアドバイザー投資で

私は今年の3月からウェルスナビでロボアドバイザー投資を始めました。5つの質問に答えるだけでその人に合ったリスク度合いの運用プランを提案してくれます。

運用は全て自動で米国ETFを使って行います。そして私は複利効果でさらに運用資金を増やすために毎月3万円の自動積立プランを選択しました。

サービスの概要はこの動画が参考になります⬇

 

ちなみに私のプランは30年後に70%の確率で投資元本1,180万が1,936万になるというシミュレーション結果が出ています。

なんだか近未来的な感じですよね。でも、AI(人工知能)による運用の方が感情に左右されずに淡々と運用するので結果的にそんなにリスクを取らなくても資産は増えていきますよ。

詳しくは 【運用実績公開中】評判のWealthNaviウェルスナビで開始100万+3万積立。

 

サラリーマンを辞めたのはFXで資産運用ができるトラリピのせい!?

はい!出ました。このブログでも一番記事数が多いマネースクウェア・ジャパンが特許を取得している自動売買のトラリピです。

自動売買と言ってもウェルスナビのように完全にお任せではありません。自分で為替レートを見て売ったり買ったりする範囲とか通貨ペアとか基本的なところは選択します。

FXってなんだか夜中とかに起きていてい黒い画面のPC見ながら慌ただしく注文を出してトレードしてるイメージありませんか?

でもトラリピならそんなことをしなくても事前に注文を出しておけば24時間ほったらかしで利益が取れます。

なんでそんなことができるかと言うと為替は株式とは違って一定の範囲で上がったり下がったりを繰り返す特徴があるからです。

米ドルがいきなり50円とかになったら世界中の人のクビが回らなくなりますよね(笑)

そんな特徴を上手く利用して稼ぐのがトラリピです。4月にちょうどFXトラリピの運用資金が1,000万を超えたので5月からはさらに設定を見直しました!

できれば月30〜50万くらいのペースで増やしていきたいと思っています。

詳しくは FXトラリピとは?仕組みとメリットが動画でわかる!

 

このブログで運用成績を公開する理由

おそらくほとんどの人がこんなこと思っていませんか?

「資産運用はした方がいいってわかってるけど回りに聞ける人がいない」

そうなんですよね〜。日本人でガンガン運用してるゼ!って人いないですよね。私の知人には結構いますけど!

身近な所に実際にやってる人がいないからなかなか重い腰が持ち上がらないんです。でもそれって日本のこと考えるととっても損をしてるんです!

 

おいおい!こいつ日本の将来語りだしたぞ!って突っ込みはわかってます(笑)

でもサラリーマン一人一人の給与所得を上げるのはとても大変です。でもお金が働いてくれる資産運用という仕組みを使えば家計は潤います。

すると家計支出も増えて企業は儲かります。すると社会として景気が良くなってある日給料も上がるかもしれません。

私はこんなことを思ってこのブログを書いています。みんな資産運用を始めましょう

そして、こんな大それた事を言い放った君はどうなんだね。その。運用は。

ぶっちゃけちゃんと増やせてんの?って所が気になる所ですよね(笑)私も人の運用の話大好きです。

そんな気になるにきちんと答えたい・少し自慢したい・カッコよく見られたいからこのブログで運用成績を公開しています!

そして私は単なる資産運用の評論家にはなりたくないと常々考えています。

あの商品が良いだのこの商品が良いだの自分でやってもないのに上っ面の評判だけ語っても何の説得力も無いですよね(笑)

私の人生は全て有言実行で来ているのでそれをそのままこのブログでも続けていこうと思っています。

 

あっきん
長々と書いてきたけど、これでおしまいです!

この記事は終わりだけど、あなたの資産運用の歴史はここから始まります!一緒に楽しく学び合いながら資産運用始めてみませんか?

 

おすすめの記事

30代 私が公務員から転職した理由(33歳で県庁を早期退職)

33歳で公務員からフリーランスに。ブログ収入とか。1年を総括!

 

お仕事系の記事

転職サイトはスカウト型がおすすめ。公務員でもオファーが来た!

その『給料』で仕事にやりがい感じる?

 

こんなサービス始めました。

あっきんとLINE@で30分無料通話ができるサービス始めました。

 





20代〜30代で格差を生む。サラリーマンの資産運用論をブログで公開!

ABOUTこの記事をかいた人

あっきん

ブロガー2年生トレーダー11年生の34歳。 子育てと仕事を両立するために11年勤めた県庁を早期退職しました。 11年前に30万で始めたFXでほったらかし投資を続け今年1,000万超えました。
主な発信内容 ①資産運用。運用実績も全て公開中! ②フリーランス。ブロガー論。
LINE@で記事更新&LINEお友達限定情報配信しています(^o^)