【実体験】ビットコイン積立は結局コインチェックとビットフライヤーどっちがいいの?両方使った感想。

【実体験】ビットコイン積立は結局コインチェックとビットフライヤーどっちがいい?両方使った感想。

 

あっきんは常日頃「ビットコイン買うなら今からでも間に合いますか?」という質問に対して「積立なら始め時とか特にないのでやろうと思った時に勢いで始めましょう」と答えています。

相場の上げ下げが予想できる人や裁量トレードをしたい人は安いと思うときにドンと買うのがいいと思いますがそうでない人はたんたんと余裕資金の中で買い集めるのが無難です。

そうなるとどこでビットコイン積立をするのが良いのか?という疑問がわき、調べた結果、有名な2つの取引所、コインチェックビットフライヤーどっちがいいのか?という疑問にぶち当たります。

 

結論を先に言うと、両方でビットコイン積立をしたあっきんはコインチェックで積立するのが良いなとなりました。理由を順に解説していきます。

ちなみにあっきんは2017年からビットコイン積立をしているのでそこそこ経験年数が長い方です。そんなあっきんが落ち着いたのがコインチェックのまいにち積立です😊

 

ビットコイン積立の手数料を比較

現状、ビットコインを取引所価格で買って自動積立できるサービスはありません。コインチェックもビットフライヤーも販売所価格での購入になります。

その時の市場価格と購入価格の差が私たちユーザーが支払っている手数料ということになります。比較してみました 

 

ビットコインとビットフライヤーの手数料を比較

 

これを見ると少しだけコインチェックの方が手数料が高いことがわかります。ただ、わずか0.08%の差なのでそれほど決定的な差であるとは言えません。

 

コインチェックとビットフライヤーの積立サービスの違い

積立サービスの両者の違いをポイントを絞って比較表にしてみました。ビットフライヤーのほうが後からサービスを提供してきているのでぱっと見た感じ良いです 

 

コインチェックとビットフライヤーの積立サービスの違い

 

ビットフライヤーの積立のメリットはなんと言っても1回あたり1円から買えて申込の翌日から始められるという点です。

コインチェックだと最低積立金額が1万円なので毎日積立を選ぶと333ずつ毎日買っていくことになります。いかにビットフライヤーが少額でできるかわかりますね!

また、コインチェックは今日申し込んでもすぐに積立が始まらないということも知っておきたいところです。こんなスケジュールで運用されています 

 

スケジュール

 

最短で9月申込になるので9/7までにコインチェックで口座開設して積立の申込をすると銀行口座から9/27に引き落としされ、買付が10/7に始まります。

ビットフライヤーだと申込の翌日から買付が始まるのでスピード感が全然違いますね。これはコインチェックの積立サービスのデメリットだと言えます。

 

ここまの説明だとビットフライヤーの方が少額ですぐに始められるからいいやん!って思いますよね?でも実際に何ヶ月も続けてみて気づいたことがありました・・・。

 

ビットフライヤーかんたん積立のデメリット

まずはあっきんのメールボックスに毎日届くメールとスマホアプリからの通知を見てください 

 

ビットフライヤーからの通知

 

ビットコイン毎日1,000円買う設定になってるけどビットフライヤーのアカウントに日本円入ってないから買えないよーという内容です。

そう。ビットフライヤーの積立の最大のデメリットが銀行口座から自動引き落とししてくれない点です!!

 

いやいや。まとまった金額を先に入金しとけばいいやん!って考えもあるでしょう。

でも積立の良さってまとまった金額を用意しなくても毎月同じペースで銀行口座から引落として自動購入してくれるからお財布にやさしく買えるって所ですよね。

コインチェックとビットフライヤー両方やってみて改めて自動引き落としのありがたさを実感しました。つみたてNISAも自動引き落としですしね!

 

アプリの操作感を比較

コインチェックとビットフライヤーの積立サービスのメリット・デメリットがわかってきたところでアプリの操作感を紹介しておきます。

どちらも投資額に対して含み損、含み益がどれだけなのか?がぱっと見でわからないのが少し残念なところです。そのうち改善されるでしょう。

 

コインチェックの積立画面

コインチェックの画面

 

コインチェックの場合は取引アカウントとは別にCoincheckつみたてという口座があります。

別記事でも紹介していますが毎月5万円をまいにち積立しています。引落日に5万円が銀行口座から引落され、そこから1ヶ月かけて毎日ちょびちょび買っていきます。

日々の運用状況は以下のようにツイートしています 

 

 

ビットフライヤーの積立画面

ビットフライヤーの積立画面

 

毎月3万円入金して毎日1,000円ずつ積立する予定だったのですが引越しの準備などで忙しくても入金をサボってしまいそれ以降積立されていませんでした・・・。

7/31現在で投資額が1,000円/日×3ヶ月=90,000円で評価額が85,913円なので4,087円の含み損ということです。

 

よくある質問

取引所で手動で買えば良くない?

販売所でビットコインを買うと手数料がかかるなら取引所の板取引で買えばいいんじゃないの?って思う人もいるでしょう。

でも取引所だと取引最小単位0.001BTC(ビットフライヤーの場合)と決まっています。7/31現在のビットコイン価格455万円だと4,550ほどなのでかなり高額になってしまいます。

加えて自動積立の良さは下落した後のヨコヨコ相場で気持ちが少し凹んでいるときでも構わずたんたんと買ってくれています 

 

下がったときのヨコヨコ相場

 

下がった時ほど同じ金額でもたくさんの数量を買うことができるので平均取得単価が下がり、のちの上昇相場で利益が乗ってきます✨

 

ビットコインはどこまで上がる?

ビットコインがいつの時点でどこまで上がるかは誰にもわかりませんが、半減期があるので価格が上がりやすいのは過去の値動きからも明らかです 

 

ビットコインの半減期

 

半減期を基準としてどれだけ上がっているかを比べてみても2021/7/31現在で3回目の半減期から4.9しか上がっていないので4回目の半減期(2024年中旬)までさらなる上昇が期待できそうです。

あっきんは今年の最重要ファンダとして注目されている米国でのビットコインETFの承認がまだされていないので期待しています。

 

まとめ

まとめ

少し長くなったのでビットコイン積立は結局どこでするのかいいのか?を整理します。

 

できるだけ少額ですぐに始めたいという人は1円から始められて申込の翌日から買付されるビットフライヤーで始めるのがいいでしょう。

ただし、銀行口座からの自動引き落とし機能はないので手動でアカウントに入金しておく必要があります。さぼるとあっきんのように残高不足のため・・・と通知がきます😂

 

\ビットフライヤー口座開設はココから/
bitFlyer

 

いやいや。やっぱり自動引き落としで気絶しててもコツコツ買っていくのがいい!という人はコインチェックがいいでしょう。

あっきんはコインチェックで毎月5万円のビットコイン積立をずっと続けていきます😊

 

\コインチェック口座開設はココから/
コインチェック

 

関連記事です。

ビットコインを毎日コツコツ買うとどうなるのかを定点観測しています。2017年からの第3クール目になります。

 

【9ヶ月目】仮想通貨ビットコインをコインチェックで毎日積立した結果をブログで公開中! 【9ヶ月目】仮想通貨ビットコインをコインチェックで毎日積立した結果をブログで公開中!

 

ビットコインは気絶して積立を続け不労所得を増やすために大きな資産はトラリピで引き続き運用していきます。

 

【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを6年使ってるあっきんが解説。 【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを6年使ってるあっきんが解説。

 

毎週の運用実績はこの記事を更新しています 

 

【週次報告】9月4週目は+127,707円でした。あっきんの資産運用実績をブログで公開! 【週次報告】9月4週目は+127,707円でした。あっきんの資産運用実績をブログで公開!

 

あっきんはブログ以外にもツイッターやインスタ、YouTubeで発信しています。気軽にコメントくださいね!

SNSのアカウントはココにまとめています。

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/