【保存版】ビットコインを最高値から毎日積立購入したら。長期投資のススメ。

【保存版】ビットコインを最高値から毎日積立購入したら。長期投資のススメ。

 

暗号資産の代表格であるビットコインですが2019年に入り息を吹き返しています。

これによって再びビットコインに投資をしてみよう!と考える人が増えてきています。

そんな中で私のところにも「ビットコインは今から買っても大丈夫ですか?」「もう少し待ったほうが良いですか?」等など購入時期に関する質問がよくきます。

そこでここではビットコインの値動きに関する基本的な特徴を押さえ、長期投資を前提とした積立投資の効果を確認したいと思います。

 

ビットコインは株式や為替などと比べると値動きが激しいのでトレーダーに好まれています。

ただ、一般の人が短期売買をするには少々ハードルが高いので私は長期積立投資が再現性が高くリスクも抑えて投資できるので向いていると思います。

 

ビットコイン投資の基本的な特徴

ビットコインの基本的な特徴

この記事ではビットコインの仕組みは割愛して、投資対象として取引をする人が知っておくとよい情報をポイントを絞って解説しています。

私としては自分の資金を投じるものが一体どんなもので世界からどんな評価を受けているのか?なども興味を持って知ってもらいたいと思っています。

 

ビットコインは値動きが激しい

この方がまとめているデータがわかりやすかったので載せておきます。月ごとの増減率を表にしてくれています 

 

 

大半の月において10%以上増えているか、10%以上減っています。

近年に目を向けると記憶に新しいのが2017年ですね。月の増加率が80%の時がありました。100万円が1ヶ月で180万になったということです(笑)

寝て起きたらお金が増えているという毎日でしたね。

しかしながらそんな日は長く続かずその後に30%以上下落した月が3回もありました。

 

少額でいつでも買える

例えば国内で人気が高いコインチェックだと最低500円から購入が可能です。7/7現在だと0.0004BTCです。

 

コインチェックの購入画面

 

よく勘違いしている人がいるのですが、1BTCが126万円というレートの時に126万円ないとビットコインを買えないわけではありません。

取引単位が凄く小さいので少額で買えるのが暗号資産投資のメリットでもあります。

また、暗号資産は取引時間が24時間365日です。株式やFXのように相場が動いていない時間というものが存在しません。

理由はビットコインは世界のマーケットだからです。こういう点も取引のハードルが低くて人気を集める要因となっています。

 

現物取引とレバレッジ取引がある

現物取引とレバレッジ取引

たいていの仮想通貨取引所では現物取引レバレッジ取引があります。

現物取引は株式投資や投資信託の購入と同じで1万円買うのに1万円が必要な取引です。

レバレッジ取引は証拠金取引とも言い、1万円買うのに必要となる資金は◯分の1とかで良いという仕組みです。

積立で長期投資で買っていくなら現物取引で十分です。

レバレッジ取引は大暴落した時にロスカットになるリスクや維持費として毎日手数料が引かれていくので初心者にはおすすめしません。

 

ビットコインを最高値から毎日積立購入していたら・・。

たった1ヶ月で価格が10%以上上がったり下がったりしているビットコインに投資をしようと思うと多くの人はこれから上がるのか?下がるのか?って一瞬でも考えますよね。

残念ながらこれだけ上下に動くビットコインの値動きをピタリと当てることは不可能です。

さらには多くの人は2017年末に最高値をつけて大暴落したイメージがあるのでまたあんな暴落にあったら・・・って心配すると思います。

どれだけビットコインが目を疑うような値動きをしたか仮想通貨バブルの始まりとなった2017/4から仮想通貨冬の時代、2018年終わりまでの価格推移を見てみましょう。

 

ビットコインチャート

 

何度見ても目が点になるチャートですね。私もかれこれ13年投資をしていますがこんなにも短期間で上下したチャートは見たことがありません(笑)

ちょうど最高値を記録した週にコインチェックのCMが始まってビットコインを買う人が加速度的に増えていったのを今でも鮮明に覚えています。

残念ながらビットコインの最高値220万円の時に勝負に出て一括購入した人は2018年末時点で資産を1/5にまで減らしています。

100万円購入していたら20万円になったということです・・・。

 

ここまでの話を聞くとビットコイン投資なんてするもんじゃない!って思う人もいるでしょうね。

でも一方で多くの人が知らないビットコインの凄さを示すデータをここでお見せしましょう。あっきんブログ初公開のデータです 

 

 

このサイトではビットコインを積立で買った場合の評価額を現在時点で自動計算してくれます。これを利用し、最高値から毎日1,000円ずつ買った場合を求めてみました。

その結果、総投資額が56万円であったのに対し、2019/7/7時点の評価額はなんと103万円にもなっているということがわかりました!

繰り返します。最高値からビットコインを買った場合の計算です。

 

なぜこのような結果になったかというとビットコインの2019年以降の上昇率が目を見張るものがあるからです。先ほどのチャートの続きをお見せします 

 

ビットコインチャート2019まで

 

2018の年末には42万円まで下がっていたビットコインですが、約半年後の7/7時点では125万円まで回復してきています。

最高値から相場に入ってしまった人でもこのように積立で買っていくと安値も着実に拾うことができます。

それが結果的に平均取得単価を下げることにつながり、その後の上げ相場で大きく評価額を増やすことに成功しています。

こういう購入方法をドルコスト平均法と呼び、昨今話題になっているつみたてNISAで模範とされている投資方法です。

この事実からも数ヶ月という短いスパンで相場を見るのではなく1年、2年という長いスパンで下がっても積立を続けることが大切かがわかりますね!

 

あっきんがビットコインに長期積立する理由。

あっきんがビットコインに長期積立する理由。

ビットコインに対する考え方はほんとに様々で賛否両論があります。

新しく出てきた金融商品なので賛成、反対どちらもあって然るべきだと私は思います。ちなみに、私はビットコイン肯定派です。じゃなきゃ投資してませんよね(笑)

ではなぜ私がビットコインに長期投資をしているかいくつかポイントをお話しします。

 

大きな値上がり益が期待できる

例えば長い歴史の中で飛躍的に成長を遂げた米国のモンスター企業アマゾンと比べてもビットコインは目を見張るものがあります。

両者の初値から現在までの価格を比べてみました 

 

アマゾンとビットコインの比較

 

アマゾンは22年の歳月をかけて初値から970倍まで株価を上げてきました。一方のビットコインは約9年16万2,500倍にまで価格を上げています。

値上がり率、値上がりスピードともにアマゾンの成長スピードを遥かに超えています。

これは紛れもない事実であり、株式市場の常識がビットコインには当てはまらないと私は考えています。

 

またこれほど短期間に成長したビットコインですら時価総額を見ると7/7現在で2,231億ドルであるのに対し、米アマゾンは9,320億ドルと約4倍もあります。

世界中の注目を集めるビットコインですらまだアマゾンの1/4の時価総額しかないんです。それだけ市場規模が小さいということです。

市場規模が小さいということは株式や債券などから少し資金がビットコインに流れるだけで大きな値上がり益が期待できます。

 

ビットコインは逃避資産として認識されている

ビットコインは逃避資産として認識されている

ビットコインは発行枚数が決まっていることからのような見方をされています。デジタルゴールドと呼ばれるのはそのせいです。

金は株式市場が下を向くと資金の逃避先として買われ、上がっていくことでも有名です。その金とビットコインは同様の値動きを昨今しています。

最近の日本経済新聞では以下のように報じられています

 

米金融政策が利上げから利下げ方向に転換中で、米中貿易摩擦とイラン発の地政学的リスクが市場混乱を誘発している時期ゆえ、ビットコインも「安全資産」として買われているとの見解もある。

引用:金とビットコイン同時急騰、ドル離れ映す

 

まだまだ未成熟な市場とは言いながらも実態として一部の投資家は資金を避難する先としてビットコインを選択しているようです。

この傾向がさらに強くなるともはやビットコインは金融資産として無視できない確固たるポジションを築くのではないでしょうか?

 

ビットコインETFや先物取引の認可

ビットコインETF

2019年になってビットコインの価格が上昇しているのは個人ではなく機関投資家がビットコインを買っているというのも要因のひとつです。

また、米国において機関投資家向けの先物取引市場の認可が相次いで承認されていることも益々の資金流入の呼び水となるでしょう。

米国で注目されている先物取引サービスを載せておきます。リンク先の記事は関連したコインポストの記事です。

 

 

また、先物取引市場と同様に市場が注目しているのがビットコインETF(上場投資信託)の誕生です。

これが誕生すると直接ビットコインを買わなくても間接的にビットコインを買うことができるため、より多くの投資家がビットコイン投資をできるようになります。

米国のETF市場はとてつもなく規模が大きいのでそこからの資金流入が期待されることから数年前から期待されています。

ETFに関するニュースはコインポストにもよく出てくるので今後も注目しておきたいところです。

 

時間を味方につけて投資できる。

砂時計

ビットコインは今後、上記で解説したようにますます資金流入期待ができます。

ですが、どれも取引環境の整備が成された場合のことなので当然のことながら数ヶ月でどうというものではありません。

そう考えると慌てて大きな資金を投じなくても良いと私は考えています。

 

ましてや上がるにしても30%、40%の暴落を繰り返しながら上がっていくのがこれまでのビットコインの価格推移からも想定できます。

だとするならば、定期積立のように購入間隔を設けてコツコツと買っていけば良いのでは?と思います。

値上がり期待が大きいからこそ少額でも積立ておけばつみたてNISAで株式を買う以上の利益が得られる可能性は十分にあります。

そんな期待感を持ちつつ、私はビットコインを始めとした暗号資産に長期積立をしています。

 

ビットコインについてもう少し知るには。

ビットコインについてもう少し知るには?

この記事では最近の話題とともに私がビットコイン投資の基本的な特徴や私が長期投資をしている理由についてまとめてみました。

暗号資産の情報は逐一アップデートされていくので多くの人はついていくのがしんどいと感じると思います(笑)

それでも不確実性を含む投資である以上、自分が十分に理解して資金を投じることが大切だと思います。

ほんとに基本的な仕組みをざっと掴むには書籍も役に立ちます。

 

あっきんおすすめビットコイン投資に役立つ本

指針さんは金融関係の会社に勤めていた2017年から仮想通貨投資を始めた人で、ロジカルな思考なのでわかりやすく解説してくれています。

 

 

もう一人はまさに金融業界のドンSBIの北尾会長の書籍です。

国内NO.1の金融会社のトップが暗号資産をどんどん引っ張っているのをご存知ですか?今やリップル社の取締役でもあります。

SBIの株主説明会でも「仮想通貨に関しては全てを取りにいく!」という強いリーダーシップの元、国内外問わず豊富な資金力で未来に種をまいています。

そんな北尾会長がどんな視点でビットコインを見ているかが書かれている書籍です。

 

 

ビットコインを買うなら

アプリの使いやすさから利用者が多く、知名度もNO.1のコインチェックがおすすめです。

マネックスグループ㈱のグループ会社となったことで信用力や人材確保の面でも以前のイメージとは見違えています。

 

コインチェック

 

コインチェックで口座開設

 

具体的な購入方法はあっきん父が最近コインチェックでビットコイン投資を始めたのでそちらの記事を読むとわかるかと思います!

 

66歳の父がコインチェックでビットコインとリップルを買ってみた。 【150日目】66歳の父がコインチェックでビットコインとリップルを買ってみた。

 

また、コインチェックは販売所形式なのでアルトコインも積極的に買いたいという人には取引所形式がおすすめです。

私が最も利用しているのはリキッドです。レバレッジ取引もできて購入手数料や送金手数料も無料なのでヘビーユーザー向けです(^o^)/

 

リキッド

 

リキッドで新規口座開設をする

 

あっきんの暗号資産積立状況は?

あっきんは2017/4からビットコインを始めとした暗号資産を積立で購入しています。積立期間が長くなったので一度区切りをつけて2018/11から第2章を公開しています。

投資額合計が200万円で6/4現在の評価額は304万円です。

 

6/4現在の仮想通貨積立状況

 

毎月1回、5銘柄を5万円ずつ買っています。買い増しをする都度、記事をアップデートしているのでこちらもチェックしてみてくださいね!

 

【1ヶ月目】仮想通貨に積立で5銘柄に5万円ずつ分散投資!ブログで実績公開中。 【12ヶ月目】仮想通貨に積立で5銘柄に5万円ずつ分散投資!ブログで実績公開中。

 

最近の暗号資産の動向をまとめた記事

この記事中でも紹介したビットコインと金の値動きに関してです。今後も金と似た動きをするのかは市場関係者が注目している部分です。

 

ビットコインと金のチャートの相関は?似てるならETF承認で3倍もあり得る? ビットコインと金のチャートの相関は?似てるならETF承認で3倍もあり得る?

 

今の所の予定ではビットコインは2020年5月に半減期を迎えます。ビットコインの価格上昇の大きな要因なのでぜひ知っておいてください。

 

【重要】2020年ビットコインの半減期とは?投資家あっきんの今後の予想。 【重要】2020年ビットコインの半減期とは?投資家あっきんの今後の予想。

 

2020年4月に暗号資産に関する法律の改正があります。重要なポイントを解説したのでこちらも知っておく必要があります。

 

【2020年4月施行】改正資金決済法で取引所の暗号資産の管理はこう変わる! 【2020年4月施行】改正資金決済法で取引所の暗号資産の管理はこう変わる!

 

仮想通貨を買うのは積立が良いのはわかったけど売り時ってどうなの?ってよく質問をいただくのでまとめてみました。

 

【素朴な疑問】仮想通貨買ったら含み益出たけどいつ売るの?タイミングは? 【素朴な疑問】仮想通貨買ったら含み益出たけどいつ売るの?タイミングは?

 

ビットコインなどの暗号資産について質問が・・

ビットコインに関する質問

こんなこと聞いても良いのかしら?って遠慮せずに私に聞いてください!

もちろんわからなことは「わかりません!」って答えますよ。でも大半のことは聞けば解決すると思いますよ(^o^)/

クローズドで1対1でやり取りができるLINE@が最も利用されているサービスです。登録すると最新記事の配信通知も届きます!

 

 

匿名で聞きたい場合は質問箱を利用してください。回答はあっきんをフォローしているとツイッターのタイムラインにも流れていきます。

これの良いところは誰かがした質問が別の人の目にも触れるので「なるほど!」と情報を共有できるところです。

 

また、最近は利用者が多いインスタでもビットコインやお金にまつわる投稿をまめにしているので利用している人は覗いてみてくださいね!

※画像をスライドするとパラパラ漫画風にコンテンツを閲覧できます。

 

 

あっきんはビットコインの他にもたくさんの金融商品に分散して投資をしています。運用状況はここで整理しているので合わせてチェックしてみてください。

 

【週次報告】あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開! 【週次報告】11月2週目。あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開!