仮想通貨ビットコインは今後どこまで上がる?_当面は買い手市場!

仮想通貨ビットコインは今後どこまで上がる?_当面は買い手市場!

SHARE

仮想通貨ビットコインは今後どこまで上がる?_当面は買い手市場!

どうもあっきんです!

5月26日、本日朝から仮想通貨の価格が軒並み暴落していたので5月末に予定していた第2回の積立を前倒ししました。

こういう時はほんとフリーランスで良かった〜って思います!超柔軟に対応できるんで。

でも仕事中の人も結構トイレ駆け込んでこっそりポチポチやってたと思いますが

 

で、本題です。恐ろしい勢いで増えている仮想通貨を買う人たち。そしてこれから仮想通貨を少し買ってみようかな〜と思っている予備軍の人たち。

おそらく多くの人がこう思っていると思います。

  • さすがにこれだけ短期で爆上げしたらもう上がらないかな〜
  • まだまだ周りの人はほとんど知らないから全然遅くないような・・・
  • ちょっと投機的な動き過ぎるから価格が落ち着いてから買おうかな〜

 

こんな思いはあっても仮想通貨の話なんてなかなか周りにできる人いないですよね。なので参考になればと思い持論を書いてみました(^o^)/

 

仮想通貨ビットコインの値動きの特徴を知る

例えば今日のビットコインの動きがとても典型的な仮想通貨の値動きでした。

1日の値動きを見ると33.5万だったものが数時間で25.6万になったんですよ。約25%の下落です。チャートを見るとこんな感じです⬇

ビットコイン1日の値動き0526

 

どれくらい強烈な下げだったか身近な数字で例えましょう。

  • 日経平均株価19,800円 ➡ 14,850円(4,950円)
  • 米ドル円111円 ➡ 83円(28円)

ちなみに米ドル円が2000年以降で1日のうちにもっとも下落した日でも7円ほどです。ということはこの4倍の動きだったんですね!!

【参 考】ドル円為替レートの一日の変動幅データ(最大値・平均値など)

2000年以降でドル円レートが最大に変動した一日は、2008年10月24日です。9月にリーマン破綻・AIG国有化・米下院ショックという、3連コンボの巨大危機で金融市場が不安定になっていた時期です。10月に入っても金融不安は収まらず、20~24日の1週間で、NYダウ平均株価が886ドルの暴落を起こしました。金融不安が極限にまで達した事で、円キャリートレードの解消が加速し、24日のドル円レートは一時、98円台から90円台まで7円以上の円高が進みました。

 

この1日だけのチャートを見ると気絶しかける人もいるかもしれませんね。間違っても慌ててもっともっと暴落すると思って売ってしまってはいけませんよ。(笑)

なんでそんな余裕やねん!って思ったあなた。この3つの期間が違うチャートを見てください⬇

[col3]
ビットコイン1日の値動き0526

【1日の値動き】

[/col3] [col3]
【1ヶ月の値動き】

【1週間の値動き】

[/col3] [col3]
ビットコイン値動き【1ヶ月で見た場合】

【1ヶ月の値動き】

[/col3]

 

これだけ下がったと言ってもの1週間前は約22.8万円です。とてつもなく暴落して25.6万円ですよ。まだまだ十分高いですよね。

そして1ヶ月前は14.2万円ですよ。ざっくり今日の最安値からさらに半分になって1ヶ月前とトントンですね。

はい。これが仮想通貨の値動きの特徴というか常識です。

たかだか1ヶ月足らずしか仮想通貨投資に参加してないのですが、暇人なあっきんは毎日動向をチェックしているので慣れました

値動きの特徴を上手に表現している人はこんなこと言っています⬇

 

 

本当にこのお言葉通りの値動きをするのが仮想通貨です。ビットコインだけではありません。どれもこんな感じです。

 

仮想通貨はどこまでか天井が見えないから上がる

私は最初に本日の値動きを話に出してとてつもない暴落だと言いました。米ドルでは歴史的に見ても1日の暴落幅は7円がMAXでしたね。

それが本日のビットコインでは米ドル円に換算するとは約4倍の28円の暴落です。でも、ですよ。よく考えてください!!

逆も同じことですよ。ビットコインはこの1ヶ月2.3倍に上がっていますね。えーっと米ドルで例えると・・・

ってあり得ないですよね。暴落時の最安値25.6万円ですら、1ヶ月前の14.2万円から見ても1.8倍です!

これほど値上がりのする金融商品ってありました?プロの投資家とかしかわからないレア銘柄とかでもなく。普通にニュースでも話題になってますしね。

そして極めつけが直近1年の値動きです。青天井とはこのことですね⬇

 

【1年の値動き】

【1年の値動き】

 

1年前4.9万円だったものが33.3万円ですね。約7倍です。

ようするに過去最高はココまでという歴史が無いんです。ちなみに海外のビッグネーム2人はそれなりの根拠をもってこんな予想を立てています。

Snapchatの最初の投資家のジェレミー・リー(Jremy Liew)氏とBlockchainのCEO兼共同創業者のピーター・スミス(Peter Smith)氏曰く、

2030年までに「1ビットコインの価格は50万ドルに達する」

つまり1ドル=110円で換算すると5,500万です。本日時点の1ビットコイン30万円の183倍です。

 

まー予想は予想として聞いておきましょう(笑)

 

通貨の価値が上がる仕組み

私はこんな所に注目しています。そもそも通貨の価値はどうやって決まるのか?なんで上がるのか?です。

国民的アイドルSMAPで考えてみましょう。

  • SMAPが年末に1回きりの解散LIVEを開催すると宣言したとします
  • チケットは東京ドームの収容人数5.5万人分
  • 販売は全てオークション形式
 

さて、この場合チケット価格はどこまで上がるでしょうか?

恐ろしく上がるでしょうね。1枚100万?200万?

 

つまり、数が限られていてみんなが欲しいと思う価値のあるものの値段はどんどん上がります。

この例えではチケットというモノでしたが、通貨も同じです。

そして仮想通貨をあまり知らない人にぜひ、知ってもらいたいのが、仮想通貨は発行量が有限であることです。

日本円のように通貨価値を調整するために日銀が紙幣を新たに刷るとかはできません。

だからこそ、ビットコインや他の仮想通貨に価値があると多くの人が思うと手に入れたくなり価格は上がります。

ちなみに、ビットコインの発行上限は2,100万ビットコインです。今一番注目されているリップル(XRP)は1,100億XRPです。

詳しくは【2017年版一覧】円で買える仮想通貨(アルトコイン)の種類と特徴

 

今後ビットコインは普及するか?そんなに便利なの?

少し整理すると

  • 数に限りがあって
  • みんなが欲しいと思うほど価値がある
と値段が上がるんでしたよね。ではここではビットコインの価値について考えてみますね。

あなたは仮想通貨は単なる株式のような投資対象と思っていませんか?

それは大きな間違いです。仮想通貨が注目されているのはブロックチェーンと呼ばれる技術があるからです。

ブロックチェーン技術は

  • 改ざんが極めて困難で
  • 安定したシステムを
  • 安い費用で構築可能
にします。

詳しくは【金融革命】ブロックチェーン技術とは?仕組みをわかりやすく解説しよう!

 

一番有名なのが送金システムへの利用です。例えばこれを使うと24時間お互いにスマホさえあればどこの国の人にも送金ができるようになります。

一般的に、カナダにお金を送ろうとすると2,500円の手数料がかかります。それが6円の手数料で送れてしまいます!

ということは・・・・

 

  • わざわざ時間かけて
  • 日中に銀行まで出向いて
  • 高い手数料払って・・・
 

ということがいらなくなります。私は大学生になって銀行口座を持つようになった時から思ってました。

「なんでどっちも自分名義の口座やのに銀行違うと送金するだけで手数料取られなあかんねん」って。

銀行なんて通さんでお金送れたら楽で得すんのにな〜

 

ん?個人同士でスマホでお金送れる?海外でも?

・・・・・

銀行いらなくね?って思いますよね(笑)

 

特にビジネスの世界では銀行ってどこにでも絡んできますよね。給与の振込も必ず銀行通しますよね。その為に会社に経理の部署ありますよね。

経理の人も銀行と調整しなくていいから楽ちんですよね。◯◯日の営業時間までにデータを転送しないと!とかなくなりますよ。

極端な話、夜中でも社員の口座に給与振込できますからね。

ちなみに私がメインで通貨を買っているコインチェックも口座開設をするとウォレットと呼ばれるお財布(口座)が割り振られます。

このウォレットを使うと会社のウォレットから自分のウォレットにビットコインを送金なんてことができます。

送金の仕組み

 

またビットコインのメリットはこれだけではありません。

海外の人が日本に来るのにわざわざ自分の国の通貨を日本円に交換しなくてもよくなるんです。だから爆買いする中国人はビットコインを買うんですね!

スマホがあれば日本円なんか持たなくても日本でビットコインで買い物できますしね。電化製品もね!

だからビックカメラもビットコイン導入してるんですよなぜ今ビットコイン? ビックカメラは決済に導入【日経トレンディネット-2017/05/17】

 

そして最近ではピーチがビットコインの導入を決めましたね⬇

「ピーチ」航空券支払いにビットコイン導入へ【NHK NEWS WEB 2017/05/22】

「ピーチ」としては、ビットコインの導入によって日本を訪れる外国人旅行者を取り込む狙いがあります。

今後は、就航先の北海道や東北、それに沖縄で、空港のカウンターにビットコイン専用のATM=現金自動預け払い機を設置したり、地元の店にビットコインの導入を呼びかけたりして、利便性を高めていく計画です。

発表の記者会見で、井上慎一代表取締役CEOは「ビットコインが使えれば海外から財布を持たずに日本へ旅行することも可能になる。イノベーション=技術革新を活用して、新たな需要を生み出したい」と述べました。

この手のニュースはどんどん増えていきますよ。

特に日本は東京オリンピックがありますもんね!ビットコインを使った決済サービスが世界一進んでいることは大きなアピールポイントになります。

当然、国としても後押ししますよね。そんなこともあってこの4月に仮想通貨法が施行されたんです。これは世界的にも早いです。

 

仮想通貨ビットコインはまだまだ買い手市場

最後に今回の話、仮想通貨が値上がりする仕組みをまとめておきますね。

  • 仮想通貨は恐ろしい勢いで値上がりをしている
  • 通貨が値上がりするのは価値=便利さに期待する人が多い証拠
  • 仮想通貨はビットコイン以外にもまだまだ便利なサービスをもたらす
  • その便利さに気付いた人がどんどん市場に参入してくる

 

私はこのようなことからまだまだ仮想通貨市場は買い手市場だと考えています。つまり青天井です。

なので毎月本業の収入から28万円も仮想通貨に投資をしています(笑)

半分夢を買っている部分もあります(^o^)/

そしてこのように考えるのは私だけではなく仮想通貨を買っている人に多いんです。

その証拠に今日の大暴落でも安いと言って通貨を買い増す人が多いんです⬇

 

まー私みたいに各通貨に2万円ずつとかではなく、各通貨1,000円とかもっと少なく何百円ずつとかでも面白いと思いますよ!

分散して買えばどの通貨が上がっても恩恵を受けられるので。我ながらよく考えた投資法だと思っています!

ということでここらへんでおしまい!

コインチェックで口座開設

5月も予定通り28万円買いました

【ブログで運用実績公開】毎月28万仮想通貨に積立で投資していくと?

 

仮想通貨をもっと詳しく知る

【初心者向け】仮想通貨のメリットと仕組みがわかる動画と書籍まとめ

仮想通貨で稼ぐには?長期投資か短期トレードか考えてみた。