【重要】2020年ビットコインの半減期とは?投資家あっきんの今後の予想。

【重要】2020年ビットコインの半減期とは?投資家あっきんの今後の予想。

 

最近になってビットコインを始めとする仮想通貨への投資に乗り出す人が増えています。

でもそもそもビットコインってなんでこんなに上がってるんでしょうね?ここでは要因のひとつとして挙げられる半減期について解説したいと思います。

最近あっきんが登壇したセミナーではすでにお話しした内容ですが、半減期は重要イベントであり、今知っておくことに価値があるので丁寧に解説します。

 

ビットコインはマイニングによって成り立っている

ブロックチェーン

ビットコインは「ブロックチェーン」という新たなデジタルテクノロジーによって支えられています。

ブロックチェーンの中に、ビットコインの全取引データが記録されていて、これがビットコインの存在を保証しています。

一定量のデータの塊をブロックと呼び、新しいデータのブロックを鎖状につなげていくことからこの連なりはブロックチェーンと呼ばれています。

 

ブロックチェーンには、時間が経過するごとに新しい取引データが次々につながれていきます。

そして、この新しい取引データを承認する作業を「マイニング」と言います。マイニングに成功すると新しいビットコインが報酬として発行されます。

また、ビットコインは発行数が2,100万枚と決まっていて、金などの鉱物の採掘と似ていることから採掘を英訳したマイニングと呼ばれています。

マイニングをする人たちはマイナーと呼ばれ、世界中でマイニングファームを設置するのに条件が良い土地と電気代が安く寒い地域でマイニングを行っています。

マイニングファームはこんなイメージです 

 

マイニングファーム

 

私たちが日常でお金を誰かに送金するには銀行を使いますね。

例えば銀行のシステムであれば全国銀行データ通信システム(全銀システム)がそれを可能にしてくれています。

それがビットコインの場合は世界中に存在するマイナーと呼ばれる人たちによって支えられているわけです。

 

ビットコインの半減期とは?

ビットコインの半減期

ビットコインはマイナーによって支えられていると言いましたが、彼らはマイニングをビジネスとして行っています。

莫大な資金をかけて土地を借りて、マイニングマシンを手配して、24時間稼働させているわけです。

それだけお金をかけてもマイニングによって貰えるビットコインに価値があるからこそ収支が成り立っているわけです。

マイニングに100億円かかったとしても貰えるビットコインが120億円分だったらやる意味ありますよね(笑)

 

でもここである疑問が出てきませんか?

「マイニングし続けたら発行枚数の2,100万枚全部が市場に出回るからマイナーはマイニングしなくなるんじゃないの?」

確かに何だか早いもの勝ちみたいになってしまいますね。

ビットコインの生みの親と呼ばれるサトシ・ナカモトさんは賢くてその問題を予想していて、半減期と呼ばれるルールを与えています。

 

半減期とは、マイニングで貰えるビットコインの量が半分に減少するタイミングを指します。

半減期はおよそ4年に1度訪れるようになっていて、その度にマイニング報酬が半分になっていくのです。

ただし、半減期は4年と定められているわけではなくて、「ビットコインのブロックが21万ブロック生成されたとき」と決められています。

ビットコインのブロックは、約10分に1つ生成される仕組みになっているので、「10分×21万=およそ4年」として半減期の時期が予測されています。

 

ビットコインの半減期はいつ?2020年5月!

繰り返しますがビットコインの半減期は結果的に4年に1度訪れていますが、ブロック生成速度に依存しているので正確な日にちはずれていきます。

ビットコインの半減期は世界中の人が注目しているので半減期の時間を計算して予想してくれるサイトがあったりもします。

画像は2019/6/13時点のものです 

 

ビットコインの半減期はいつ?

参考:https://www.bitcoinclock.com/

 

上記サイトによると2020年5月21日というのが今のところのビットコインが半減期を迎える日です。

最新の日にちは上記サイトを参考にしてみてください(^o^)/

 

過去のビットコインの半減期前後の値動き

ビットコインは過去2回の半減期をこれまでに迎えています。2012年はまだビットコインの認知度も低いことから価格に影響はありませんでした。

では2016年の半減期(2016年7月8日)はどうだったでしょうか?その当時のチャートを見てみましょう。

 

ビットコイン2016年半減期前後のチャート

 

半減期が訪れる直前2ヶ月前の5月からジワジワ価格が上昇し、半減期直前の6月末に急降下しました。その後、半減期を迎えた後に価格が上昇するという値動きをしました。

2016年の半減期にはビットコインの価格が半減期前に比べ一段階上に押し上げられました。

このような事実から半減期が要因になって価格が上昇したと分析されています。

 

今後の予想。半減期が価格に与える影響。

ビットコインの価格に半減期が与える影響

この重要ファンダと呼ばれる半減期がビットコインの価格に与える影響を自分なりに考えてみました。

そこにはよく言われている半減期によってビットコインが上がると言われる要因とあっきんが投資家心理からみた要因も合わせてお伝えします。

結論としては半減期は価格を押し上げる重要ファンダであるということです。

 

半減期によってビットコインの希少性が増す

ビットコインの希少性

半減期を迎えるとマイナーが貰えるビットコインの量が半分になります。

これにより市場に流通するビットコインの増え方が遅くなりますね。身近なところで考えると日銀が紙幣を刷る量を半分にするのと同じですね。

1枚あたりの価値が増えますよね。

またビットコイン取引に参加する人の数も増えています。G20で議論されるぐらいに仮想通貨は広く世界で認知されているのです。

当然のことながら2016年と2020年ではビットコインの半減期に関心を持つ人の数が桁違いに増えています。

 

マイニングの採算性の悪化について

マイニングコスト

普通に考えてある日突然貰える利益が半分になるんですからビジネスとしては厳しいですよね(笑)

頑張って働いてるのに「来月から半減期やから給料半分やで!よろしく!決まりやから(笑)」って言われたら会社辞めたくなりますよね。

同じような議論がビットコイン界隈にもあります。

 

でもマイナーによるマイニング競争が繰り広げられる限りマイニングマシンの性能が向上され、マイニングコストは下がっていきます。

競争力の乏しいマイナーは半減期を期に撤退することになるかもしれません。

それは競争が少なくなり、今まで以上にマイニング報酬を得やすくなるということでもあるので、マイナーがゼロになってしまうことは考えにくいでしょうね。

 

また過去にマイニングしたビットコインの価値がどんどん上がっていけばトータル事業期間での採算はプラスになるでしょう。

現にビットコインは何年も上昇し続けてきた事実があります。

 

需給バランスで価格は決まってくる

需給バランス

半減期と聞くと難しく感じるかもしれませんね。もっとシンプルにで考えてみましょう。

もし、鶏の伝染病とかで卵が採れなくなったらどうでしょう。いつもスーパーにずらりと並ぶ卵が半分しか並んでいません。

スーパーの方もなんとか仕入れ先を探して半分確保しました。当然卵の値段も上がっていますよね!

 

ではこの伝染病のニュースがまっさきにツイッターで広まったらあなたはどうします?いつもより多く卵を買おうとしますよね。

同じように考えたお隣さんも我れ先にとスーパーに行きます。それを見越したお店側も仕入れコストが上がることを見越して売値を上げますよね。

こうして物の値段は市場に出回る供給量が減ると必然的に上がります。

こうやって需要と供給のバランスが取られているんです。

 

卵の伝染病のように一時的に起こって時間の経過とともに戻るという性質なら価格は元に戻りますが、ビットコインの場合は違いますね。

4年に1回伝染病が起こって鶏の数が減っていくみたいな話です。年々卵というものの希少性が増していくんですね。

だから価格は自然と上がっていく仕組みなんです。

 

半減期だから上がるというという心理

オセロ

投資はオセロのような側面があります。

相手がこうくるだろうからこういくみたいな所です。今回も半減期で上がりそうだから半減期前に買っておこうという心理ですね。

もう少し行動が早い人は半減期前で上がりそうだから買い需要が増えて上がるからもう少し早めに買っておこうという人もいます。

こういう心理が働くからこそどんどん相場は上がっていきます。面白いですね!

 

発行数が減れば上がるのは株式でも同じ

半減期は株式で言えば自社株買いをしているのと同じです。市場に出回っている株式の枚数を自社で買い上げれば1枚あたりの株価は上がります。

例えば2019年2月にソフトバンクGが自社株買いを行ったときも株価は急騰しています 

 

自社株買いの例

 

この日だけで約18%も株価は上がりました。買ったのは発行済み株式の10%ほどなのでその分が株価に織り込まれましたね!

価格は需給で決まるとはこういうことです。

 

ビットコインより先に半減期を迎えたライトコインも上がった

もうひとつ紛れもない事実をお見せします。

アルトコインの代表格であるライトコインはビットコインより一足早く半減期を迎えます。今のところ2019年8月6日と予想されています。

関連:https://www.litecoinblockhalf.com/

 

ではこのライトコインはどれだけ上がったのでしょうか?ビットコインやイーサリアムと比べてみました 

 

ライトコインの半減期前の増加率

  • ビットコイン(BTC):2.42倍
  • イーサリアム(ETH):2.97倍
  • ライトコイン(LTC):5.57倍

 

ビットコインやイーサリアムと比較すると大きく値上がりしているのがわかりますね!半減期前は上がるという事実がまたひとつできました。

 

まとめ。2020年のビットコインの半減期に向けて。

まとめ。2020年のビットコインの半減期に向けて。

2020年の5月に予定されているビットコインの半減期まであと11ヶ月ほどです。

このタイミングでこの記事を書いたのは紛れもなく半減期はビットコインの重要ファンダのひとつであるからです。

ライトコインが半減期前に着実に他の通貨より上げたことで益々ビットコインに期待が高まります。

 

でも焦る必要はありません。

なぜなら多くの人はビットコインの半減期なんてまだ知らないからです。知ってたらもっと早く買ってるわ〜って話ですよね(^o^)/

情報には鮮度というものがあるのでそろそろお伝えしておこうと思い、つらつらと書いてみました。

 

そしてよくこういうことを書くと「◯◯万円ぐらい買おうと思いますがどう思います?」という質問がきます(^_^;)

それは自分で考えることです。アドバイスとして言えることは一度にたくさん買うと外したときのダメージが大きいということです。

分割して買うことで下がった場合も買うことができるので余裕ができますよね。これは私が最近ビットコインを買った父にも言ったことです。

このあたりを踏まえて投資判断をしてくださいね!

 

それとビットコインを買うときはコインチェックのアプリで買うのではなくPC画面で板取引で買うほうが低コストで買えるので気をつけましょう。

詳しくはこちらの記事にまとめています 

 

【初心者向け】使いやすさが魅力のコインチェック。サービスを改めて解説! 【初心者向け】使いやすさが魅力のコインチェック。サービスを改めて解説!

 

ビットコインの半減期も踏まえてあっきん父は最近ビットコインを買いました。

 

66歳の父がコインチェックでビットコインとリップルを買ってみた。 【150日目】66歳の父がコインチェックでビットコインとリップルを買ってみた。

 

仮想通貨は短期売買が難しいので長期的な値上がり期待から積立でじっくりと投資していくのが無難だと思っています。

 

【1ヶ月目】仮想通貨に積立で5銘柄に5万円ずつ分散投資!ブログで実績公開中。 【13ヶ月目】仮想通貨に積立で5銘柄に5万円ずつ分散投資!ブログで実績公開中。

 

2020年は節目の年です。仮想通貨に関連する資金決済法が改正されることも相場に影響を与えるひとつの材料だと思います。

 

【2020年4月施行】改正資金決済法で取引所の暗号資産の管理はこう変わる! 【2020年4月施行】改正資金決済法で取引所の暗号資産の管理はこう変わる!

 

わからないことがあれば遠慮なく聞いてくださいね!いただいた質問から私自身も学ぶことが多いので(^o^)/

 

あっきんは読者さんとのコミュニケーションも大切にしています。以下で3つの方法を紹介します!

  • LINE@で直接トーク!
    • スマホで見ている人はココをクリック!
    • LINEでお友だち追加できるよ!
    • PCで見てる人はQRコードをスマホで読み取っても良いかも!

    QRコード

     

  • STEP.2
    ツイッターで聞いてみる
    • ツイッターアカウントはココ
    • @_akkin_naraを投稿文に入れると届くよ
  • STEP.3
    質問箱で聞いてみる
    • 匿名で聞けるのが質問箱
    • 返信はツイッターに流れてくるよ
    • ツイッターであっきんをフォローしよう!

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/