仮想通貨ビットコインに資金が集まる理由。誰も止められない。

仮想通貨ビットコインに資金が集まる理由。誰も止められない。

SHARE

仮想通貨ビットコインに資金が集まる理由。誰も止められない。

 

どうもあっきんです!この記事はちょっとニュース的な感じで書いています。

結論から言うと、仮想通貨投資はまだまだ買いを続けても良さそうだということです。そのように考える理由は3点です。

仮想通貨は買いで良い理由
  • 主要通貨の値動きはビットコインに連動している
  • ビットコインは堅調に推移し、リアル社会に普及してきている
  • 仮想通貨市場に資金が集まる枠組みがどんどん整っている

私が仮想通貨相場を毎日見るようになったのは4月からです。半年ですがとても濃い時間を過ごすことができました。

書店でも仮想通貨について最新の情報がわかる書籍がおいていないのは、市場の流れが早すぎてついていけないからだと思います(笑)

幸いにも私はフリーでお仕事をしているのでかなりの時間を情報収集に割けます。ということで、最近の話題を中心にここでシェアしたいと思います。

 

主要通貨の値動きはビットコインに連動している

私は今年の4月から仮想通貨投資を始めました。半年間ほど相場の動きを見てきてわかったことはどの通貨も結局はビットコインと連動しているということです。

短期的に見れば一部の通貨が上がったり下がったりするものの、ビットコインが大きく下がればアルトコインも一緒に下がります。

 

たとえば9月14日に起きた大暴落時の主要通貨の動きを見てみましょう。どれも価格が6割ほどに下落していますよね。

9月仮想通貨チャート

 

この暴落の理由は、中国政府が9月初めに新たな仮想通貨の発行による資金調達、「新規仮想通貨公開(イニシャル・コイン・オファリング、ICO)を禁止したことによるものです。

中国政府は仮想通貨の発行者に対し、調達した資金の返金を指示。さらに、中国の中央銀行である中国人民銀行はその後、ビットコイン取引所の閉鎖も命じました

 

このような大きなニュースがあるとどの通貨も軒並み下げます。でも、ですよ、最近になるとこんな情報も入ってきています。

 

 

つまりは、一時的な措置だったということですよね。こんなことを知ってか知らずかチャートをもう一度見てください。

ネム以外は1ヶ月も経たない間に暴落から何事もなかったかのように価格を戻していますよね。ネムも放っておけば上がってきますよ。

 

つまり、このような事実からわかるように長期的な視点で見れば主要通貨はビットコインと同じ値動きをしているんです。

 

ビットコインは堅調に推移し、リアル社会に普及してきている

ではここ1年のビットコインの値動きはどうでしょうか? のチャートを見てください。注目すべきは価格の下の出来高の推移です。

 

ビットコインチャート

 

堅調に右肩上がりで推移していますね。結果だけみると市場参加者の取引量が増えれば価格は上がっていますよね。

つまり、ビットコインを売買したい人が集まると価格は上がっていくんです。では、なぜビットコインに投資をしたいと思うんでしょうか?

ずばり将来性ですよね。

「今ビットコインを買っておけば将来値上りしているだろう」と考える人が多いからです。

 

では、なぜビットコインが値上りするとみんなは思うのでしょうか?

理由は単純でビットコインがあれば便利だからです。便利だから広まるんです。広まればますますみんながビットコインを持つようになりますよね!

ちなみに、私は4月からビットコインは普及すると言っています。そしてそれが現実になってきています。この流れは誰にも止められないでしょうね。

例えばこんなニュースからもビットコインが広まっているのがわかりますね。

 

 

こうしたニュースを目の当たりにした人はどう思うでしょうか?

「やっぱりこれからはビットコインでなんでも支払いができるようになるんだろうな〜」って誰でも思いますよね。

ビットコインなら簡単に支払いできますしね。そう考えとお財布に現金やクレカを持ち歩くのって面倒になってきますよね。

そのうちに、ビットコインがコンビニで使えるようになって、ビットコイン払いの方が現金払いより5%オフになったらどうなるでしょうね(笑)

めちゃくちゃあり得るシチュエーションだと思いませんか?

 

ビットコイン

 

こんなことを考えると「ビットコインって持っておくと便利だし、今買っておいた方が安く買えるから買ってみよう!」って思うのは必然ですよね。

だからビットコインを買う人が増えてビットコインの価格は上がっていくんです。

 

仮想通貨市場に資金が集まる枠組みがどんどん整っている

最近こんなニュースを見ませんでしたか?

 

仮想通貨、透明化へ一歩 金融庁が11社を取引所登録【日経新聞9/29】

金融庁は29日、ビットコインなどの仮想通貨の取引所としてまず11社を登録したと発表した。すでに取引所を運営してきた業者のほか、証券系など異業種の参入も認めた。

4月施行の改正資金決済法で取引所に登録制を導入したことを受けた措置だ。

仮想通貨取引所のイメージ

 

 

次々といろんな会社が仮想通貨取引所をオープンさせてきていますね。銀行系やFX会社系が参入するのはよくわかるのですが、異業種からも参入の話題が(笑)

 

サイバーエージェント、仮想通貨取引に参入【日経新聞10/1】

サイバーエージェントは2日、仮想通貨取引事業の子会社を同日設立したと発表した。新会社を通じて仮想通貨交換業者への登録を進め、2018年春にも仮想通貨取引所の運営を始める予定だ。

新会社はサイバーエージェントビットコイン(東京・渋谷、卜部宏樹社長)。資本金は1億5000万円で、全額をサイバーエージェントが出資した。ビットコインなどの仮想通貨は利用者が急増している。

 

サイバーエージェントと言えばAmeba(アメーバブログ)や元SMAPが登場したAbemaTV(アベマティーヴィー)で有名な会社です。

ではなぜこれほどまでに仮想通貨取引所が乱立しているのでしょうか?

 

答えは、それだけ企業側が仮想通貨市場に人とお金が集まると考えているからです。特にネットビジネスの世界では「プラットフォームを制する」ということが一番の成功の秘訣です。

様々な仮想通貨ができることは容易に想像できます。そうなるとそれらの仮想通貨を交換する場所が必要になってきますよね。

ポイント交換サイトみたいなイメージです。すると仮想通貨取引所を運営していれば通貨交換の際の手数料で稼ぐことができますよね!

だから多くの企業は仮想通貨取引所を運営したがるんです。これは仮想通貨投資をしている人には良い流れで各社の熾烈なサービス競争が繰り広げられますからね(^o^)/

 

しかも、仮想通貨法の施行に伴い運営には免許が必要であることから金融庁の規制という網で投資家も守られますからね。

これだけたくさんのプラットフォームができるとこれまで仮想通貨を知らなかった人の目にも「ビットコイン」が自然と入ってくる機会が増えますよね!

こんなTVCMも増えていくことでしょうね。

 

 

ゴールドマン・サックスも仮想通貨市場に!?

ここまでは私の考えというよりは仮想通貨ビットコインに関係する事実を並べてきました。もちろん世の中を便利にするのはビットコインだけではありません。

他の通貨も書き出すときりがないのでビットコインに焦点を合わせて書きました。

 

ちなみに、もうひとつ私が興味深く見ているニュースを紹介しますね。ぜひ目を通してください。

 

「紙幣へ移行する時も、人々は懐疑的だった」ゴールドマンもビットコインを勉強中

(一部抜粋)

#Bitcoinについては、まだ検討している。答えは出ていない —— 推奨も拒否もしない。金から紙幣へ移行する時も、人々は懐疑的だったと認識している。

ウォール・ストリート・ジャーナルは2日、ゴールドマン・サックスがビットコイン取引の支援業務立ち上げを検討、その初期段階にあると報じた。

 

もしゴールドマンクラスの大手金融機関が仮想通貨市場に参入してくるとなるとますます熱気を帯びてきます。

そう言える理由は現在の仮想通貨市場の規模です。これだけ話題に欠かない仮想通貨市場ですが、所詮はまだ赤子です。

私は別記事で仮想通貨市場の時価総額について書きました。金融商品のひとつ株式と比べてもこれだけの時価総額の差があります。

 

世界の株式市場の時価総額
  • 世界の株式市場・・・・8,000兆円
  • NY証券取引所・・・・2,000兆円
  • 東証一部上場銘柄・・・   600兆円
  • 仮想通貨上位100銘柄・・   17兆円

仮想通貨投資4ヶ月で資産2倍の手法。コインチェック銘柄毎月買い!

 

市場規模が小さいということは少しの大口投資家の買いで一気に底上げされる可能性があるということです。

ゴールドマンのような旗振り役が仮想通貨市場に参入してくれば買いが買いを呼ぶ展開です。いや〜面白い!

 

まとめ。仮想通貨ビットコインは止められない。

スマートフォン

 

いつの時代も新しいサービスが出た初期の段階では人々は懐疑的です。携帯電話が出た時、インターネットが出た時。スマホが出た時。

トレンドをいち早く取り入れた人はどこか冷ややかな目で周囲から見られたと思います。「そんなに高いお金を払って(笑)」と。

でも気がつくと利用者が1人増え、2人増え・・・結局ほぼ全員使ってるやん!って展開ですよね。

人間は自分の経験によって判断する生き物です。未知の物には疑いの目を持つようになっています。そうは言いながらも知っている人が使い出すと使ってみたくなるんです。

このような特性を知っておくと、仮想通貨に投資しておくことは将来のリターンと比較した時にリスクが高い投資だとは私は思いません。

もちろん、余裕資金で投資をするという大前提ですよ。

幸いにも仮想通貨は少額で購入できるので、少しだけ買っておくだけでも面白いと思いますよ(^o^)/

 

そんなことからまだまだ買い続けます!

 【ブログで実績公開中】毎月28万円を仮想通貨に積立で分散投資!

 

乱高下するビットコインで短期自動売買しています。

 【ブログでやり方・実績公開!】レバレッジ1倍のビットコインFXトレード!