仮想通貨FX(ビットコインFX)と外国為替証拠金取引(FX)の違いは?

仮想通貨FX(ビットコインFX)と外国為替証拠金取引(FX)の違いは?

SHARE

仮想通貨FX(ビットコインFX)と外国為替証拠金取引(FX)の違いは?

 

最近ツイッターを見ると「仮想通貨FX(ビットコインFX)に挑戦!」って感じで仮想通貨でFXをしている人が増えている気がします。

トレーダー歴11年の私としては少し危うさを感じつつも、「自己責任で自分のお金でやってるから文句は言えないよな〜」って感じです。

こういう風にしてFXって気軽に始められて運が良ければ利益を出せる、反対ならがっつり損をするみたいなイメージが出来ていくんだろうな〜と少し残念です(汗)

ま〜人のことはどうこう言うても仕方ないので、私は私にしかできない情報をしっかり発信していきます!!

 

念のため。仮想通貨(現物)と仮想通貨FXの違い。

仮想通貨(現物)取引がどちらかと言うと馴染みやすい投資ですね。

例えばビットコインの価格が1BTC=100万の時に1BTC買うとします。この時に必要な日本円は100万円です。つまり100万円を支払って1BTCをもらう。これが現物取引です。

私も仮想通貨の現物取引をやっています。現在進行系で持っている仮想通貨をざっくり載せておきますね。

 

あっきんの保有仮想通貨(現物)
  • コインチェック銘柄全13通貨【毎月積立中】
  • Zaif銘柄(モナコイン+8トークン)【毎月積立中】
  • ICO(ALISトークン+COMSAトークン)

 

関連記事。

 【ブログで実績公開中】毎月36万円を仮想通貨に積立で分散投資中!

 

仮想通貨FXは、レバレッジ取引とも言います。

仕組みは単純。さきほどの例では100万円を支払って1BTCを買いましたね。仮にビットコインの価格が1万円上がって101万になったとします。

この状態で1BTCを売ると1万円の利益を手にすることができます。しつこいようですが、100万円必要なんですよね(笑)

 

これと同じことを仮想通貨FXで行うと、100万円も現金を用意しなくても1万円がGETできてしまうんです!!

 

レバレッジ25倍

 

右が仮想通貨FXの場合です。レバレッジ(てこの原理)を使って現物取引で買うのに必要なお金の1/25で仮想通貨が買えます。

このレバレッジは各取引所によって違います。最大で25倍です。レバレッジが高い方が少しのお金で買えるので資金効率が良いです。

 

以上が仮想通貨(現物)と仮想通貨FXの違いです。

 

仮想通貨FX(ビットコインFX)と外国為替証拠金取引(FX)の違いは?

ここからが本題です。通常、FXというと米ドル円やユーロ円を売買する外国為替証拠金取引を言います。

一方で仮想通貨FXは、為替(外貨)ではなく仮想通貨をFXの仕組みを使って売買する取引手法のことを良います。

で、違いはと言うと大きく4点挙げられます。

 

仮想通貨FX vs FX
  • 取引時間
  • ボラティリティ(価格変動の大きさ)
  • スプレッド
  • スワップ

 

 

それでは順番にポイントを絞って解説していきますね!

 

仮想通貨FXの取引時間は年中無休のコンビニ状態!

コンビニ

 

外国為替証拠金取引(FX)の取引時間はざっくり言うと、平日の24時間です。これに対して仮想通貨FXは365日24時間取引ができます。

私が仲良くしているガチFXトレーダーさんはこんなこと言ってました(笑)

「仮想通貨FXは土日でもトレードできてしまうから寝る時間が無い。トレード機会が格段に増えたからついつい相場に引き込まれてしまうわ〜」

 

特に日本人はFX大好きなんですよね〜。サラリーマンで平日忙しいので土日にゆっくり腰を落ち着けてトレードしてみたいという人けっこういます。

そんな人には仮想通貨FXは魅力的ですよね〜(^o^)

 

仮想通貨FXの最大の魅力はボラティリティ!乱高下が当たり前。

ま〜ビットコインの値動きの凄いこと。暴れ馬(闘牛!?)ま〜凄いとしか言いようがないですね(笑)

みんなの予想を軽く一歩超えてくる値動きをします。

では、仮想通貨FXのボラティリティをお見せしましょう。これぞ乱高下ですよ。

 

 

たった1週間で87万だったビットコインが63万まで減ってしまいます。これを米ドル円に当てはめてみると、110円だった米ドル円が1週間で86円になるのと同じことです。

ちなみに、米ドル円なんて動いたと言っても1週間で113.8円が112円とかになる程度ですからね(笑)

 

 

この値動きがあるから仮想通貨FXは利益が取りやすいんですよね〜。FXトレーダーがこぞってビットコインFXの世界に来るのがわかりますね!

 

仮想通貨FXはスプレッドが広い!今はね。

スプレッドってご存知ですか?FXって通貨を買って、値上りした時に売ると利益がでる仕組みでしたね。

どの会社で取引しても仕組みは同じです。買値(ASK)売値(BID)が同時に表示されています。この価格の差をスプレッドと言います。

買値より売値の方が安いので、買った瞬間に売ったとしたら、スプレッド分だけ利用者は損をします。なのでこの差が狭い方がいいですよね〜。

 

例えば米ドル円でもどこでドルと円を交換するかでこれほど手数料(スプレッド)の差があるって知ってました??

 

 

1,000ドル両替するといくら損する?
  • 空  港・・  5000円
  • 外貨定期・・・500円
  • FX会社・・・・3円

※1,000ドルはだいたい11万円

 

こうしてみるとFX会社って良心的だと思いませんか(笑)

これだけスプレッドが狭くてもビジネスとして成立するのはFXの場合は売買の回数や取引単位が大きいからです。

 

ではFX(ドル円)と仮想通貨FX(ビットコインFX)を比較するとどのような差があるでしょうか?

結論から言うとビットコインFXの方が約10倍手数料がスプレッドが高いです!

 

 

現時点で一番スプレッドが狭いGMOコインですらスプレッドが300円です。FXのスプレッドをビットコインFXに換算すると24円なんですよね〜。

つまり10倍以上スプレッドの差があることになります。でもこれから各社がしのぎを削ってくるところなのであくまでも現時点の値ですけどね。

 

仮想通貨FXはマイナススワップに気をつけろ!

例えばFXの場合は米ドル円を買いで1万通貨保有している時は1日あたり80円ちょっとのスワップを受取ることができます。

反対に売りポジションを持っていれば80円ちょっとを支払うことになります。私が高金利通貨を買っているのも高いスワップ目当てですね。

でも、仮想通貨FXの場合は「買いでも売りでもスワップが支払い」なんです!

 

例えば私がビットコインFX自動売買をしているビットポイントの場合は1日あたり0.035%のスワップ支払いとなっています。

建玉(ポジション)に対してなので買いでも売りでもスワップは支払いです。

 

ビットポイントFX取引

新規建て時ならびに当取引日から翌取引日へ建玉を持ち越した場合(ロールオーバー)は、売・買の建玉に関わらず、BTCの当取引日終値から計算したBTC建玉の評価価額(JPY)に対し、0.035%/日のスワップを徴収いたします。

 

 

1日0.035%のスワップはおいくら?
  • 0.01BTCを保有
  • 1BTC=90万の時だと
  • 9,000円の価値
  • スワップ=9,000円×0.035%=4円(端数切上)

 

つまり、0.01BTCを1日持っていると4円スワップ支払いが発生するということです。結構高いですよね(汗)

もう少しわかりやすいように私の取引データも載せておきますね。ちょうど1日保有して決済できた買いポジション(建玉)の取引実績です。

 

この場合だと価格差で112円の利益を得て、そこからスワップ4円手数料3円が引かれて105円が口座資産に反映されます。

 

まとめ。仮想通貨FXとFXの違いは4つ。

大きな違いは4つありました。メリットとデメリットがはっきり分かれましたね。

 

メリット
  • 365日24時間トレードできる
  • 1週間で3割ほど下がって4割上がるくらい値動きが激しい=価格差を取りやすい

 

デメリット
  • スプレッドがFXの10倍ほど広い(コスト大)
  • 買いでも売りでも毎日スワップ支払いが発生

 

私はFX経験が11年あるのでここに書いたメリット・デメリットはビットコインFXを始める前から分かっていました。

その上で、これまで私が資産を増やしてきた『 相場を予想しないトレード手法(自動売買)』を使えば手数料はかかるけどそれ以上に利益を出せると考えました。

そして7/28から実験的に始めたレバレッジ1倍でのトレードで確かな利益を出せています。

 

 

ツイートにも書いていますが、私が実践しているビットコインFX自動売買はレバレッジ1倍です!ビットコインが0円になってもロスカットされません(笑)

これだけ安全にトレードしても手数料負けせずに利益を出せているのでそろそろレバレッジを上げることも選択肢にいれたいところです。

レバレッジを2倍にするだけで利益も2倍にできますからね(笑)。最低投資額も30万ほどに引き下げられます。

このあたりは焦る必要もないのでもう少し腰を落ち着けてプランを考えたいと思います

 

以上で仮想通貨FXの紹介はおしまいです!FXトレーダーがこぞって仮想通貨FXの世界に引っ越ししている理由がお分かりいただけましたか(笑)

 

12月はビットコインFX好調です!

 【実例解説】ビットコインFX。暴落時でも自動売買だから爆睡中。

 

ビットコインFX自動売買の具体的な手法を解説。

 【ブログでやり方・実績公開!】レバレッジ1倍のビットコインFXトレード!