【金融革命】ブロックチェーン技術とは?仕組みをわかりやすく解説しよう!

ブロックチェーン技術とは?仕組みをわかりやすく解説しよう!

SHARE

【金融革命】ブロックチェーン技術とは?仕組みをわかりやすく解説しよう!

ブロックチェーンって聞いたことあります?

これからの時代を生きる人にとって無くなてはならない技術に近い将来になるでしょうね。そう遠くない将来です。

仮想通貨を使って稼ごうという人にも一度は目を通してほしくてこの記事を書きました。私もブロックチェーンを学ぶまでは完全に誤解していたので。

これを知ることでビットコインをはじめとした仮想通貨が怖いというイメージは無くなりますよ。

ブロックチェーン技術をかんたんに解説。

ブロックチェーンがこの世に誕生したのは 2009年と最近のことです。

ビットコインの生みの親である「ナカモト・サトシ氏」が、ビットコインを支える技術として、ブロックチェーンのアイディアを論文として発表したところからブロックチェーンの歴史は始まります。

ブロックチェーン技術の特徴は3つです。

 

  • 改ざんが極めて困難で
  • 安定したシステムを
  • 安い費用で構築可能
 

これがあることで市場だけでなく、産業構造へ大きな影響を与えると言われています。このブロックチェーン技術を中心としたフィンテックが現代の産業を破壊すると言われているのはそれほど便利で信頼できるシステムだからです。

参考:フィンテック(fintech)って何?ざっと解説した記事

 

ブロックチェーン技術で変わること

いつ・だれが・どこで・どんな取引をしたかの記録が全てデータとして残っていき、誰の手をもってしても過去の取引は変えられないというサービスが使えるようになります。

銀行のサービスを考えるとわかりやすいです。銀行っていろんな会社がありますよね。なぜ会社が違うだけでお金を送るのに手数料がいるのでしょうか?

それは銀行毎に使っているシステムが違うからです。それぞれが独自のシステムを持っていてデータのやり取りには相互のシステムに確かな記録が必要だからです。

では、もし私があなたにお金を1万円送るのに銀行を経由しなくて良かったらどうでしょうか?銀行のシステムや送金に携わる銀行員が必要なくなりますよね!

 

これは一例で応用するといろんなことができるようになります。

ブロックチェーン技術の展開が有望な事例とその市場規模

経済産業省:平成27年度 我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備より

例えばですが、

  • 自治体が出しているローカルポイントとTポイントの交換が可能に
  • 土地登記や個人情報の管理が役所のPC無しで管理できたり
  • 車の部品一つの製造データが瞬時にわかったり
  • 送金や決済サービスがスマホ一つでできたり
 

ブロックチェーンの仕組みを教えて!

ざっくり言うと、

いつどこで誰がどんな取引をしたかの情報がブロックになっていて10分おきに鎖のように繋がっていく仕組み

です。

ブロックチェーンの仕組み

経済産業省:平成27年度 我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備より

 

この仕組みの素晴らしいところは上図の左のように中央で管理するシステムを必要としない点です。現代の世の中の仕組みは全て管理端末がありますよね。

これがハッキングされたり、故障したり、内部管理者によって情報を引き出されたりすることで問題が発生しますよね。

しかも大事な情報が入れば入るほど管理に膨大な経費がかかります!この仕組みを身近な状況に置き換えると

クラスで学級委員と書紀を決める投票を3人でする状況をイメージしてください。

  • Aさん:学級委員に山田さん、書紀に田中くん
  • Bさん:学級委員に山田さん、書紀に青木さん
  • Cさん:学級委員に田中くん、書紀に青木さん
 

結果が正しければ学級委員は山田さん、書紀は青木さんになるはずです。

でも投票結果を集めた先生がこっそりと書き換えていたら結果は変わりますよね。ところが未来のブロックチェーン技術を使った投票だとそうはいきません。

どういうことかと言うと、Aさん、Bさん、CさんがLINEのグループチャットで同時に記名したらどうでしょうか?だれも答えを変えることができませんよね?

投票する人が増えてもグループチャットの履歴は残っていくのでだれがいつ投票に参加しかも全て全員が把握できます。

 

この仕組みには制御する司令塔は入り込む余地がないですよね?取引をしたい人同士が情報を共有することで成り立っているのです。

ある意味シンプルで合理的ですよね(^o^)/ お金がかからないのもイメージできましたか?

 

ブロックチェーンが仮想通貨を支えている

ではこれまでの知識を仮想通貨に持っていきましょう!例えば私があなたにビットコインを送るのに必要なものはスマホだけです。

  • 誰が
  • いつ
  • どの端末で
  • いくら
  • 誰に
送ったのかという情報が全てブロックチェーンの仕組みで記録されます。そして送られた通貨もまた同じように記録が今後残っていきます。

この無数の鎖があることで一部のピースだけを取り出して情報を書き換えるということが不可能になります。

このようにブロックチェーンという革命的な技術を使うことで以下のメリットがあります。

  • 取引情報の安全性
  • 送金速度の向上
  • 取引の明確さ
  • 通貨維持費の削減
  • セキュリティ
  • システムダウンが無い
  • 取引情報の信頼性が高い
 

まとめ

なんでこんな便利な仕組みがもっと早く生まれてこなかったのか?とさえ思ってしまいますよね!ブロックチェーンは誰かが頑張って間違えないように集中制御する仕組みではありません。

全ての情報をみんなでオープンな場で共有することで誰の手も加えられないようにしているのです。

このブロックチェーンというキーワードは日常生活でもどんどん出てくると思うので「あの便利なやつだな!」と思い返してくださいね。

 

ブロックチェーン関連の最近のニュース

ブロックチェーンが2020年までに「破壊」する可能性がある5つの分野

『Forbes JAPAN』2017年4月8日

 

そういえばこのForbes JAPANも楽天マガジンなら月額380円で読み放題の対象です。私も読んでいます!

➡ 月額380円で200雑誌読み放題!楽天マガジンの電子書籍が熱すぎる!!

 

ブロックチェーン活用広がる 偽ニュース対策など情報の信頼性向上

日本経済新聞 2017年4月10日

 

ではそろそろ本題に入っていきましょうか!

➡ 仮想通貨で稼ぐには?長期投資か短期トレードか考えてみた。