知っておきたい!仮想通貨登録業者の分別管理とFXの信託保全の違い。

知っておきたい!仮想通貨登録業者の分別管理とFXの信託保全の違い。

SHARE

知っておきたい!仮想通貨登録業者の分別管理とFXの信託保全の違い。

 

どうもあっきんです!9月29日に仮想通貨の歴史にあらたなページが追加されました!

仮想通貨の取引所などを運営するためには仮想通貨交換業の登録業者になる必要があります。これは4月1日に施行された「仮想通貨法」に基づくものです。

登録業者となるには一定の条件をクリアする必要があるので、これまで営業していた会社も廃業に追い込まれています。

これは、仮想通貨が日本で広まっていく上ではとても重要なことです。ちなみに同日付けの報道はこんな感じです。

 

以下は日経新聞からです。

金融庁、仮想通貨交換業11社を登録 17社は審査を継続

金融庁は29日、仮想通貨と法定通貨との交換サービスを行うことができる仮想通貨交換業者として11社を同日付で登録したと発表した。

今回は4月時点で仮想通貨交換業を行っていた「みなし業者」9社と新規参入する2社が登録の対象となった。

申請中の17社は今後も審査を継続する。いずれにも該当しない残りの12社は廃業手続きに入るようだ。

金融庁は4月施行の改正資金決済法に基づき、9月末までに仮想通貨交換業の登録が必要であるとしていた。

今回はシステム管理体制や資金洗浄対策、監査法人などが審査対象となった。金融庁は健全な仮想通貨交換業として育成するため、登録後も対象業者をモニタリングしていくとしている。

今回登録された11社は以下の通り。

  • マネーパートナーズ
  • QUOINE
  • bitFlyer
  • ビットバンク
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • GMOコイン
  • ビットトレード
  • BTCボックス
  • ビットポイントジャパン
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • テックビューロ

※マネーパートナーズとSBIバーチャル・カレンシーズは新規

 

個人的に嬉しいのはマネーパートナーズSBIバーチャル・カレンシーズですね。

マネーパートナーズはFX会社で私もメキシコペソ円の運用をしている会社なので応援しています!

 

SBIバーチャル・カレンシーズはなんと言ってもリップル(XRP)です!

今のところ、取扱い通貨には入っていませんね。おそらく通貨が多いと審査に時間がかかるので後回しにしたのでしょう。

 

 

で、色々書きたいことはあるのですが、今回はちょっとした制度の話。知っておいて損はないと思うのでちょっと先輩面して書いてみます(笑)

 

仮想通貨登録業者の義務・分別管理とは?

わかりやすいページがあったので引用します。

顧客資産の分別管理について

お客様から預託を受けた金銭ならびに仮想通貨は当社の資産(当社保有分の仮想通貨を含む)との混同が生じないように、コンピュータ上の記録を正確に行います。

分別管理

 

入金された資金は顧客のお金と運営会社のお金で分けて管理されているんですね。きちんと区別されているから安心してね!ってことですね。

区別されているから安心・・・

本当に安心??

なんだか当たり前のような気もしてきましたね。

銀行に入金した途端にそのお金が行員の給与支払いに使われていたら大丈夫?って思いますよね(笑)

それを「うちの銀行では分けてますからご安心を!」って言われてもみたいな・・・

 

よく勘違いする人がいるのですが、預けている私たちのお金が補償されているというわけではありませんよ!

 

誤解を招かないように先ほど紹介したみんなのビットコインの記事では注意書きでこのような記載がありました。

 

顧客資産の分別管理について

※分別管理にてお客様の資産管理を行っておりますが、お客様の資産の全額を返還することを保証するものではございません。

 

な〜んかこれだといまいちですよね〜。極端な話、取引所が倒産したら預けている自分のお金は返ってくる見込みないですよね。。。

普通預金みたいに1,000万までなら銀行が破綻しても大丈夫!みたいな制度で守られると安心して預けられるんですけどね。【預金保険制度(ペイオフ)

 

ちなみに、私が資産を1,000万以上預けているFXってそこらへんはどうなっているか知っていますか?

 

FXの信託保全とは?分別管理との違い。

あまり難しい話ばかりをしてもしょうがないのでざっくりと大枠を説明しますね。

そもそも分別管理というのは金融商品取引業者すべてに義務付けられている法律です。銀行も証券会社もFX会社も対象です。

「自社のお金と顧客のお金を分けて管理しなさいよ」というものです。だから先ほどの仮想通貨登録業者では分けて管理していますよね。

でも、実はFX会社の場合はたいていの場合が分けて管理しているだけではないんです。

信託保全 」という管理方法を取っています。

 

わかりやすいイメージ図があったのでYJFX!の「信託保全について」という記事から引用させてもらいます。

これは『 通常の営業時 』のお金の流れです。

 

通常営業時

 

私たちがFX会社に入金したお金(100万)と含み益(20万)を合わせた金額(120万)は三井住友銀行みずほ信託銀行に預けられています。

そして万が一YJFX!が『 破綻した時 』にどうなるか見てみましょう。

 

破綻時

 

預けていた銀行から受益者代理人を通してお金が顧客に返還されます。先ほどの例でいうと、顧客区分管理必要額として120万が返ってくることになります。

ちなみに、返還額に上限はありません。

あっきん

あれ?銀行預金でも補償額は1,000万だったよね?FXの信託保全に上限が無いならこっちの方が手厚い補償とも言えるね。

 

気になるサイバー攻撃(DDoS攻撃)にあった時の補償は?

ここまで聞くと気になるのは最近多発しているサイバー攻撃ですよね。

特にFX会社は軒並みDDoS攻撃が原因でウェブサイトや一部のサービスを中断するような事態になっています。

最近だと、事前に身代金の支払いを要求したあとにサイバー攻撃をするケースもあったりしますからね。やっぱりあの国か。。。

万が一預けている資産が勝手に送金されてしまったら・・・って考えてしまいますよね。

こんな時の補償はというと、当然ですが仮想通貨法で義務付けられている分別管理をしているだけでは補償されません。

一方のFXの信託保全の場合はそもそも私たちが預けている資産は保全先の銀行にあるので大丈夫ですよね。

(最近サイバー攻撃のニュースを見て私の所にお問い合わせを数件いただいていたのでこんな話を取り上げてみました)

 

とは言うものの、私は楽観的に考えていたりもします。なぜならやっぱり日本の企業はしっかりしていますよ。

特に仮想通貨登録業者に証券系FX系大手企業が名前を連ねてきました。ということは嫌でもこれで仮想通貨取引所のサービス競争が加速します。

当然、顧客の信用を掴むために外部からの不正アクセスから顧客資産を守る仕組みも自然と構築されてきます。

一部の会社がやりだすとやっていない会社もやらざるを得ない状況になるので顧客に取っては嬉しい話ですね(^o^)/

 

仮想通貨取引所「ビットポイント」は既に信託保全対応!

最初からこれが言いたかっただけじゃ(笑)

だってビットポイントはとても特徴のあるサービスを打ち出しているのにHPが地味だから・・・(笑)

応援しているのでしっかりアピールしておきます。しかも素敵なのは信託保全の導入を2016年7月という早い段階で打ち出している点です。

私は今年の4月くらいにこの記事を見つけて凄い会社だな〜と好きになってしまいました。

 

記事から一部抜粋するとこんなことが書かれています。(仮想通貨法施行前に書かれています)

現状では改正資金決済法が未施行であり、仮想通貨取引において信託保全スキームの導入は要求されておらず、また、将来的な顧客資産の分別管理において信託保全スキームの導入までは要求されない可能性もあります。

ただ、当社としては、仮想通貨が「財産的な価値」として保護されるものである以上は信用・信頼に基づく取引が実現されるべきとの考えから、本スキームの導入を決定致しました。

日証金信託銀行との信託保全スキームを導入より

 

信託保全まで求められなくても、顧客が安心して取引できるように自主的に信託保全を導入しちゃうよってことですね👏👏

こういう会社好きです。でも地味なんですよね〜(笑)

 

ビットポイント言えば

ちなみに、ビットポイントは現状で唯一ビットコインFXでMT4が使える会社です!私はここでビットコインFX自動売買をしています。

 ビットコインでFX自動売買はビットポイントだけ!評判のMT4は凄い!

 

仮想通貨取引所「コインェック」はビットコインの不正送金を補償!

今年の6月1日に日経新聞にこんな記事が出ていました。

仮想通貨の不正引き出しに補償 国内初、大手2取引所が導入

大手2取引所とはビットフライヤーとコインチェックのことでした。さすがに勢いのある2社は対応が早い!と思って詳しく各社のサービスを調べました。

すると、大きな違いがあったので結論だけ書いておきますね。

 

2社の補償内容の違い
  • ビットフライヤー・・不正に日本円で出金された場合の損害
  • コインチェック・・・日本円・仮想通貨どちらも補償対象(上限100万)

 

普通わざわざ日本円に換金して出金しないですよね。

こうしてみるとコインチェックが国内で仮想通貨取引高1位というのも納得ですね。とりあえず仮想通貨を買ってみようという人はコインチェックがおすすめです。

 

コインチェックで口座開設

 

ということで、ちょっと真面目なお話でした。素朴な疑問があればいつでもLINE@で聞いてくださいね〜(^o^)/