配当で5万!?株価指数CFDでNYダウを買う。ブログで売買戦略公開!

配当で5万!?株価指数CFDでNYダウを買う。ブログで売買戦略公開!

SHARE

配当で5万!?株価指数CFDでNYダウを買う。ブログで売買戦略公開!

 

どうもあっきんです!お待たせしました(笑)

以前こちらの記事でNYダウは魅力的だからこれから買いにいってみるよ〜と書いたのですが、思いのほか反響が大きくてビックリしました!

 これから株価指数CFDでNYダウに投資する理由。

 

ちょっと口座開設で手間取ってしまい、ようやく今日に至りました👏

(手間取ったのは、岡三オンライン証券の口座開設手順が2段階になっていたからです。)

 

あっきんの失敗をメモ
  1. 証券総合口座の申込&完了
  2. くりっく株365(取引所CFD)取引口座の申込

2は総合口座が完了してログインできるようになってから別で申込しなければいけない。

 

あっきん

以前ワークショック夜の部で読者さんからアドバイスをいただいたので先に注意点を書いておきます!

 

NYダウ運用の心得
  • NYダウの投資はいつもの積立投資よりはスパイス効いてます!
  • 狙えるリターンも大きいですが、リスクも高めです
  • 投資するなら余裕資金のほんの一部くらいの感覚がおすすめ!

 

ってこれだけ聞いてもなんのこっちゃって話なので先に復習も兼ねて魅力をさらりと解説します。

後半ではリスクを抑えてリターンを狙いにいくための私なりの売買戦略(必要資金をいくらに設定するか?)をまとめています。

 

NYダウは株価が好調なら期待リターンは脅威的!

NYダウは米国の大手有名企業30銘柄で構成される株価指数で、単位はです。仕組みは単純で、1枚買って100円値上りすると1万円の含み益です。

ではこの1年(16/11〜17/11)でどれだけNYダウが値上りしたか見てみましょう。

 

NYダウの価格推移

 

トランプ大統領のおかげもあってかこの1年で米国企業の株価はまさに右肩上がり👏

たった1年で4,500円も値上りしたので仮に1年前にNYダウを1枚買って持っていればすでに利益が45万出ているんです。

以前ワークショップでお会いした人でもう少し前から株価指数CFDでNYダウを1枚買った人がいました。確か含み益50万超えてるとか言ってたような〜(買って持ってるだけですよ!)

これに加えて株価指数CFDは元は株価なのでみんな大好き配当所得があります。これがまた魅力的!予想では1年間の配当合計が5万超え!

 

 

驚異的なリターンですね。値上り益+配当で1年持っているだけで50万も利益でてたという(笑)

こんな金融商品あるって知らない人けっこういるとおもうんですよね〜。ようは「 投資は知っているか知らないかの差。上手い下手ではない。」ってことなんですよね!

 

NYダウを買う上での注意点。押さえるべきポイントは?

投資家A:へー。でもそれだけ利益が出るってことは買うのにたくさんお金いるんじゃないの〜?

あっきん:いやいや。NYダウ1枚買うのに必要な担保金(必要証拠金)は36,300円です。(詳しくは手数料:必要証拠金一覧

投資家A:ほんまや!4万円でお釣りくるやん!じゃ〜40万円出して10枚持ってたら配当も合わせて500万の利益出したってこと?

あっきん:いやいや(汗)。1枚36,300円で買えるだけで4万円しか口座に無かったら余裕資金は3,700円。つまり買った値段から37円下がればロスカットになりますよ〜。

投資家A:あっそうなん?何それロスカットって!?じゃ〜いくら口座に入れておけばいいの?

あっきん:具体例で見るのがわかりやすいですね。つい最近結構ガツンと下がったので見てみましょう。

 

 

あっきん:右側のチャートがNYダウです。1日で1,500円下げました。このあとはじわじわ上げてきていますが。この相場でロスカットを回避するなら15万円の余裕資金が必要です。

投資家A:そういうことね(笑)でもやるなら15万と言わず、もう少し余裕みておきたいような・・・でもいくらがいいのかな????

あっきん:そうそう。そこが考えるポイントなんです!ロスカットにならずに含み損に耐えながら上げ相場についていくにはいくらあれば良さそうか?

投資家A:未来のチャートが見えればかんたんなんですけどね(笑)

あっきん:そうそう(笑)!でも、タラレバを言っても仕方ないので私は過去の値動きを調べて余裕資金を決めたいと思います!

 

NYダウの過去チャートを分析。いくら下がってる?

未来のチャートを予想しない私は過去チャートはしっかり見ます。歴史は繰り返しますからね。まーかっこいいこと言うてもただ値動きみるだけですが(笑)

結論から言うと「ここ5年間で一番下げたのは2015年で下げ幅は2,200円です。」

 

nydow 5years chart

 

100円の下落で1万円の含み損をかかえるので、2,200円の下落に耐えるには22万あればよかったということですね。

 

始める時期で余裕資金は違う?
  • 下落直前に買った人は22万の余裕資金
  • 1年前に買った人(17,100円で)なら下落直前(18,300円)に12万含み益を確保
  • 結果的には10万の余裕資金で良い

 

さらに言うと配当(年間5万)でもじわじわ増えていきますしね〜。

 

結論。1枚買うのに25万確保します!

大事なところなので要点をまとめておきますね

 

必要資金はいくらか?
  • 1枚買うのに36,300円(必要証拠金
  • 下落時にロスカットされないように別に余裕資金がいる
  • 過去5年で最大2,200円下がっていた
  • 余裕資金は22万でロスカット回避
  • 始めた時期の違いや配当も踏まえて・・

 

【必要資金はコレ!】

必要証拠金 4万 + 余裕資金 22万 = 26万だけど値上り益配当も少し期待して合計25万を採用👏

 

これが決まればあとはかんたん。入金して買うだけです。いつ売るか?は相場を見ながら、グループチャットやツイッターなどで意見交換しながらゆっくり考えます(笑)

 【新企画】akilogに会員制のグループチャットを設置します!

 

【解説】CFD株価指数でNYダウを実際に買ってみた。

私は17/01から100万でCFD株価指数を始めて10月末で140万ほどまで資産を増やせました。使っていたのはM2J(マネースクウェア・ジャパン)です。

11/15現在ではM2Jが口座開設ができないこと取引手数料が岡三オンライン証券の方が安いこともあり11月からは仕切り直して岡三オンライン証券で取引を開始します。

入金額は140万円です。

 

NYダウ購入までの流れ
  • クリック入金で140万を入金【取引パスワード必要】
  • 振替出金指示でくりっく株365に140万を移動
  • 買いたい枚数を成行注文で購入

 

そして以下のツイートに記載している画像が全STEPのスクリーンショットです。参考までに載せておきますね。(画像をクリックすると拡大して見ることができます!)

 

 

建玉一覧でいきなり含み損24,000円と表示されました(笑)慣れていない人はびっくりするかもしれないので解説しておきます!

 

 

これで下ごしらえは終わりです〜。あとはほったらかしで何もしませ〜ん!長期保有前提なので動かしません。

これは私のやり方なので数万円の利益が出たら売ってしまうというのもありだと思います!正解なんてないので自分の好みで決めましょう。

ちなみに、私が次のアクションを起こす時はツイッター&ブログで発信します

(最近なんだかガラス張りの中でトレードしている気分(汗)透明性が求められる時代だからさらりとやってのける(笑))

 

ブログで公開!あっきんのNYダウはどうなった?

さてさて、ここからは細かい情報をブログに足していくのは大変なのでツイッターで随時、値動きや配当について発信していきます!

ブログ+ツイッターは便利ですね(^o^)/

気になる人はツイッターフォローしておくといいですよ〜。ガンガン絡んでくださいね。この下のツイートをスクロールすると関連ツイートをさかのぼって見ることができます!

私は140万入金してNYダウを3枚買いました。NYダウの取引にあてる資金は75万です。残る65万は今後FTSE100で運用します。

運用方法はいまゆっくり考え中なのでまたブログで公開しま〜す!お楽しみに!

 

 


 

ちなみに、12月末までは岡三オンライン証券の場合はNYダウを買う時、売る時に必要となる153円の手数料が無料になるキャッシュバックキャンペーンをやっています。

口座開設後にエントリーすればOKです(プチお得情報でした👏)

 

岡三オンライン証券でCFD口座開設

 

 

NYダウと同じ25万で『ナスダック100』という選択肢も。

 トライオートETF自動売買を人気銘柄「ナスダック100トリプル」に変更!