これから株価指数CFDでNYダウに投資する理由。

これから株価指数CFDでNYダウに投資する理由。

SHARE

これから株価指数CFDでNYダウに投資する理由。

 

どうもあっきんです!季節の変わり目、ライザップ中ということもあり、がっつり風邪を引いていました。

おかげで貴重なトレーニングを1回分お休みすることになりました(寝込んでいて結果的に痩せたから別にいっか(笑))

昼間しんどくて寝ると夜に寝たいのに寝れない。。。で、あっきんは何をしていたかというと・・・ネットサーフィンしまくってました!

ちなみに意味もなくYahoo!ニュースを見ていたわけではありません。調べ物をしていたのです。それは自分の中のある疑問の答えを探すために。。。

 

やっぱり強い米国株式市場に投資しておけば良かったのでは・・・

 

株価指数CFD取引って何?

最近このakilogを見るようになった人にはちんぷんかんぷんだと思うので順に説明しますね。

私は2017年の1月から100万円の元手で株価指数CFD取引という新たな金融商品で投資を始めました。結果は大成功でした(^o^)/

10/25現在で100万円が146万になっています。

 

 

私の中で目標とする年利は20%なのでもはや目標はクリアしています。これ以上問題ないといえば問題ないのですが・・・

実はもっとかんたんに利益を伸ばせたんですよね(汗)

 

株価指数CFDをさらりと紹介。

株価指数CFDとは?

FXって米ドルとか豪ドルなどの通貨を売ったり買ったりして差額で利益をだしますよね。実はそのような仕組みを総称してCFD(差金決済取引)と言います。

CFDの最大の特徴はレバレッジが使えることです。現物取引ではないので少ない資金を効率的に運用できるので人気があります。

で、今回紹介するのがCFDの中のひとつ株価指数です。一番わかりやすいのでいうと日経平均株価指数ですよね。

 

CFD株価指数をもう少し詳しく。

CFD株価指数と言っても厳密に言うとたくさんの商品がありますが、私が主戦場にしているくりっく株365では4銘柄とシンプルです。

 

 くりっく株365とは?

東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称です。

 

 取引銘柄は4種類

銘柄

 

 取引の特徴

  • ほぼ24時間取引可能
  • 配当あり
  • レバレッジ取引
  • 祝日も取引可能
  • 売りからも取引可能

 

だいたいざっくりとしたイメージ掴めました?

FXと仕組みは同じで扱っているのが通貨ではなく日経225のような株価指数というだけです。

 

10ヶ月CFD株価指数を運用してみての感想。

私が2017年に入ってCFD株価指数で取引をしたのは日経225FTSE100(イギリスの株価指数)です。

得意の機械的な売買を繰り返して利益を積み重ねました。でもたった10ヶ月で100万が146万って凄いですよね?

あっきんが一番得意なFXトラリピでも年利20%とかなのになんでCFD株価指数はこんなにパフォーマンスが良いと思います?

 

答え。FXよりも株価指数の方が資金効率が良いから。

 

イメージはこんな感じです。

 

CFD株価指数取引イメージ

 

CFD株価指数は1枚という取引単位です。例えば日経225を1枚買います。買った値段より500円上がります。

するとそれだけで5万円の利益になります。FXのドル円で考えると110円の時に1万ドル買って115円の時に売るのと同じです。

では日経平均株価が500円上がるのと米ドル円が5円上がるのではどちらが早いと思います?

 

答え。日経平均株価の方が早い。

 

少し極端ですが、9/25〜10/25までの1ヶ月の日経225のチャートを見てください。わずか1ヶ月で1,600円も上がりました。

仮に1枚だけ日経225を持っていれば16万もの利益を手にすることになります。

 

日経225チャート

 

ちなみに、日経225を1枚買うのに必要な資金はなんと、、、約33,000円です。これがレバレッジ効果なんですよね〜。

以上がFXよりもCFD株価指数の方がパフォーマンスが良い理由です。ちょうどこの記事を書いている時にたまたまこんなコメントをいただきました(^o^)/

 

 

おそらくこの記事で初めて株価指数というものを知った人も同じように思ったかもしれませんね。

 

株価指数でNYダウに投資するメリット。

FXよりもパフォーマンスが良い株価指数。繰り返しになりますが、私は10ヶ月間あれやこれやと自身が持つテクニックを使いました。

結果100万を146万にしました。46万の利益ですね。私が投資した銘柄は日経225FTSE100です。

何が言いたいかというと、難しいことを考えなくても世界的な株高の追い風に乗って単純に買って持っていればそれだけでかなりのパフォーマンスが出たんですよね(汗)

 

例えば私がCFD株価指数を始めた2017年1月から1枚だけ買いポジションを持っていたら?

 

結論からいうと日経225を持っていれば25万の利益NYダウを持っていれば40万の利益なんですよね(笑)

いや〜もう笑うしかない。たった1枚ですからね。以下が根拠となる価格推移です。並べて表示しますね。

 

価格推移

 

そうです。CFD株価指数取引をするのであればNYダウが一番パフォーマンスが良いんです。この結果こそ、NYダウに投資する最大のメリットです。

 

これまでのCFD株価指数取引における反省点。

ちょっとだけ専門的になるのですが、私が得意とするトレード手法は「逆張り」なんですよね。相場が下がっている時に買って上がったら売るというものです。

つまり相場の流れと逆方向のトレードをするんです。

この逆張りが一番有効に機能するのがFXのような為替です。それは相場が上がったり下がったりを繰り返すレンジ相場だからです。

でも株価指数って株なんですよね。株は基本的には右肩上がりです。つまり「順張り」相場なんですよね。

やっぱり順張り相場は素直に流れに乗っていく方が良いと思うんですよね。これが10ヶ月間トレードをしてみて思ったことです。

 

NYダウを買っていく上での相場の見極めは?

でも臆病な私はこんな風に思ったんです。

 

あっきんの悩み
  • NYダウはどこまでも上がり続けるのか?
  • 下がることはないのか?
  • 自分でそんな予想ができるのか?
  • いつかくる暴落を予知できるのか?

 

逆に考えるとこれらの課題がそこそこクリアできるのであればさほど恐れることはないのではないか?と考えたのです。

そして、その答えをベットの中でネットサーフィンしながら探していたんです(^o^)/

 

答え。たぱぞうさんが持っていた!

 

少し長くなるのでここではざっくりと紹介しますね。詳しくはたぱぞうさんの記事を読んでください。

 GROWINはNYダウ株価をAIで予想するサイト

 

NYダウが予想できる!?
  • 「GROWIN」ならAIがNYダウの値動きを予想してくれる
  • 4年間でおよそ7割の的中実績
  • たぱぞうさんの実績でも7/8ヶ月的中

 

めちゃくちゃ面白くないですか!?久しぶりに「やってみたい!」って思いました。もちろんこれに頼るだけではありません。

暴落に備えてストップロスをおくということもきちんとします。これは当たり前です。なので大怪我することはありません(笑)

 

まとめ。これからの投資スタンス。

CFD株価指数の戦略

まずは始めに大切なことを書いておきます。

 

投資における利益とはリスクを負った者だけが手にする果実である。

 

なんだか聞こえの良い話になってしまったので、誤解を招くとあれなのでここで言っておきます。利益をより取りにいくにはよりリスクを負う必要があります。

リスクを負うのを嫌うのであれば利益は望めません。これは絶対です。少しでもお金を減らしたくないと思う人は投資をすべきではありません。

 

でも、リスクにも負い方というものがあると思うんですよね。リスク=危険と思いがちですが、投資の上では意味が違います。

投資において「どれくらいリスクをとるのか」という言葉は、「どれくらい変動幅をとるのか」という意味とイコールです。

こう考えると変動幅に耐えられるだけの余裕資金をしっかりもって投資に望めば恐れるものではないという結論に至ります。

この考えは私が11年間FXという商品価値が変動する相場の世界で生き残ってこれた理由でもあります。

それと、今後CFD株価指数取引は岡三証券オンラインで口座開設をして行います。取引手数料が圧倒的に安いからです。

 

岡三オンライン証券でCFD口座開設

 

 

11/15ついにNYダウを3枚買いました!

 配当で5万!?株価指数CFDでNYダウを買う。ブログで売買戦略公開!