リスクと投資金額のバランスの取り方。

起業家としての次のステップ。持続的に寄付をしていく仕組みを模索する。

起業家としての次のステップ。持続的に寄付をしていく仕組みを模索する。

 

どうもあっきんです!

私は2016/3に公務員を辞めてしばらくは個人事業主として活動をしてきました。

そして昨年には念願だった自分の会社を持つことができました。そろそろ設立から1年が経とうとしています。

そんな今、自分の頭には新しい構想がいくつかあります。そのひとつが寄付をする。です。

 

なぜ寄付をするのか?

なぜ寄付をするのか?

 

私も気づけば35歳です。2人の子を持つ親として子どもたちが成人する頃には社会はどう変わっているんだろうか?って思うんです。

長男が7歳なのであと13年すると20歳です。その頃には車を運転する人なんているのだろうか?

スマホはまだ存在するのか?TVはあるのか?仮想通貨はどうなってるのか?・・・。

総じて言えることは社会は今よりは豊かになっているんだろう。ということです。

 

でもこれって誰のおかげなんでしょうね。

自分は何もしていないのになぜ生まれた頃より豊かな社会になっているのかというと大人が働いてきたからです。

大人たちが会社という組織で働くことでより便利なモノやサービスが生まれてきたからです。

これには素直に感謝の気持ちでいっぱいです。

それと同時に今の自分は社会に貢献できているのか?って思うんです。現状ではできていません。

 

そう感じるきっかけとなったのは小学校のクーラー未設置問題です。

自分の子供はクーラーのある恵まれた環境で勉強しているのに学校が違うとクーラーすらない中で勉強している子もいるんです。

同じ奈良という地域においてもです。外国の話ではありません。子供たちに何ら罪はないのに生まれた環境によって差があることに心が苦しくなります。

 

こんな問題をきっかけに未来を担う子供たちに自分ができることはなんだろうか?って色々考えるようになりました。

子供を育ててわかったことは子供たちが元気に成長していく世の中って周りにいる大人も元気になるんです。

だからこそ、子供たちがよりよく成長していける環境を整えてあげることが自分のやりたいことなのかなと。

 

どうやって寄付するのか?

どうやって寄付するのか?

よし!寄付しよう!って思ってもどこに寄付すんねん!ってことを考える必要があります。

自分が解決したい課題は何なのか?それを解決できる事業(団体)は現在進行系であるのか?寄付金はどれぐらい必要なのか?・・・。

などなど色々な課題が出てきます。

現状ではそれらに対して一切答えをもっていません。これから考えていきます。

もっと言うとこれからの自分の仕事はどういった形で寄付をしていくのが良いか?を考えるというのも私のタスクなんですよね。

 

ただ、今の自分が費やせる時間を考えると一人ではそれらをできないこともなんとなく見えています。

というか、全てを一人でやる必要はなく同じようなことを考える人と一緒にやっていけばいいかな〜なんて思っています。

 

継続的に寄付をしていくには?

私がやろうとしていることはただ単にお金が余っているから寄付をするということではありません。

そうではなくて寄付を継続的にしていくためにどんな仕事(事業)をしていけば良いのか?ということです。

あくまでも事業で得た収益の一部を寄付に回すということです。

寄付をする=仕事を頑張るモチベーションになるんじゃないか?と思ったわけです。

 

こうすることで働く目的(意義)がはっきりと形に表れるんですよね!例えば「◯◯を実現するために今期は寄付金200万集めるぞ!」というふうに。

じゃ〜これをブログで「あっきんは◯◯に寄付したいのでお金くださ〜い!」って募っても集まるわけないですよね(笑)

だからこそ、私は新しく行う事業の一部を寄付に回すことにしたんです。図にするとこんなイメージです 

 

寄付

 

お金は使ってなんぼ。

お金は使ってなんぼ

私はお金を稼ぐことは悪いことだとは全く思いません。

お金を使う=誰かにお金を渡すということです。一般的にはお金を支払う代わりにモノやサービスを得ていますよね。

一見すると寄付=ただでお金を渡してるだけって思うかもしれませんがそうではありません。

例えば感動をもらったからお礼として寄付をするっていうのもありますよね。つい最近だとコレ。

 

 

私がやろうとしている寄付はこれの順序が逆になってるだけかもしれませんね。お金を渡す代わりに将来感動をもらうみたいな。

他にも、悲しい思いをする人が減ることも幸せを生むことに繋がりますよね。

ざっくり言うと良いことをすれば良いことが返ってくるんじゃないかという発想ですね。単純ですね(笑)

そのために私はお金を稼いでお金を使おうと思っています。

お金を担いで死んでも意味がないので社会の役に立つことにお金を使うんです。そしたら死ぬ時にちょっとは満足して死ねるんじゃないでしょうか(笑)

 

ってことでこれから寄付について学んでいきます 

私は新たに始めたお金研究所という有料マガジンの購読料の一部を社会貢献事業に寄付することにしました。

お金研究所はこちらから

 お金研究所の概要&購読

 

お金研究所というメディアを考えることになった背景はココに書いています。

 新メディア『お金研究所』を起ち上げる理由。誰のためのマガジンか。

 

『お金研究所』では投資経験豊富なファイナンシャルプランナーが執筆します。このために銀行を退職しました。

 勤続14年で銀行を辞めた本当の理由。誰のために働くのか?