為替とは何か?身近な事例で考えてみた。

私が仮想通貨投資を辞めない3つの理由。市場心理を分析してみた。

私が仮想通貨投資を辞めない理由。市場心理を分析してみた。

 

どうもあっきんです!

最近ツイッターを見ていても仮想通貨について情報発信している人がどえらい減ったな〜って感じません??

そりゃ〜そうですよね。これだけの暴落相場で凹みますよね(笑)

でも、こんなときだからこそ私が今どんなことを考えているか買いておこうと思います。

人それぞれスタンスが違って、いろんな意見があるのですが、私は強気な姿勢を崩しません。

 

そもそもなぜ爆上げ、暴落したのか?

私は仮想通貨投資をするにあたって2017年4月に感じたことはこれからどんどん仮想通貨に資金が流入する。

だから上がるだろうと考えました。理由は「改正資金決済法」が施行されたからです。

法整備が一定なされたことで仮想通貨に一般の人が投資できる環境がそれなりに整ったからです。

そこから12月までどんどん上げ幅も拡大して仮想通貨の価格は世界の金融市場で歴史を塗り替えるチャートを描きました。

で、なぜこれだけ爆上げしたかというと、「買えば明日には上がる」とみんなが思ったからです。買いが買いを呼んだんです。

仮想通貨の価格は市場規模が小さいため需供バランスでほぼ決まります。つまり買いたい人が多ければ上がるんです。

 

チャート

 

ではなぜ暴落したのか?

きっかけはビットコインの先物が導入されたからです。大口の売りが入る状況に変わったんですね。

これを機にそれまで飛ぶ鳥を落とす勢いで上げてきた仮想通貨市場は見るも無残に下降トレンドを描きました。

今度は売りが売りを呼ぶ展開です。

なぜか?

ビットコインFXって売りからも入れることはご存知ですか?

小馴れたトレーダーはトレンドの転換を見極めると売りで相場に入ってきます。レバレッジが効いているのでかなりのボリュームがあります。

また、それまで買い(ロング)で相場に入っていたトレーダーは無残にもロスカットにあいました。

ロスカットは強制的に持っている買いポジションを売られることです。つまりこれも売りを呼ぶことになります。

この流れの中で各国の公的機関による規制のニュースも売り要因として幾度となく出てきましたね。

 

と、爆上げからの暴落はなんとなく相場を見ていた人は察しがつくのではないでしょうか?

 

私が仮想通貨投資を辞めない3つの理由。

市場の出来高を見ても一時期に比べかなり少なくなりました。

ツイッターでも仮想通貨の買った売ったの話題をするのはトレーダーぐらいですね(笑)

私はと言うと、毎月の積立購入も続けていて、短期売買もマメにしていたりします。

なんでこんな相場で仮想通貨を買っているのかと言うと、私にとっては仕込み時だからです。

以下でそのように考える3つの理由を述べます。

 

市場心理の冷え込み。

市場心理

 

確認のため、7/14現在のBTCチャートを見てみましょう。

 

btcチャート

 

最近は価格が動かないというのもこれまでに無かった特徴ですね。

大きく上がるわけでもなく、下がるわけでもない。取引する人が減っているからですね〜。

市場心理の冷え込みは仮想通貨ブロガーが記事を書いていないことが物語っています。

アフィリエイト目当てで仮想通貨ブログを書く人たちは報酬が入ってこないので仮想通貨のブログを書きません。

2017年はこぞって仮想通貨の情報発信をする流れがあったのですが、今や激減しましたね。

この事実はひとつ押さえておきたいポイントです。

 

仮想通貨ブロガーで一番有名なマナさんも先だってこんなツイートをしていました。

 

 

 

 

影響力のある人がこのようにツイートしているのでどう見ても冷え込んでいますね。これは少なからず伝染していきます。

 

 

マナさんのツイートを見ていると相場が上がってくるのは2,3年後というイメージでしょうか?

あっきん

誤解のないように言っておくと、マナさんだけのツイートで判断している訳ではありません。載せたのはマナさんは大衆心理を感じ取るのが上手でおおよそ万人の方向性を代弁してくれていると感じるからです。

 

また、マナさんと同じく仮想通貨ブログで有名なイケダハヤトさんも冷え込む仮想通貨市場を感じとってブログのタイトルを戻しましたね(笑)

こんな動きも今の仮想通貨市場を表していると思います。

 


仮想通貨の世界によく出てくる格言「歓喜で売って悲鳴で買う」からするとそろそろ買い時では無いでしょうか?

今は悲鳴を通りこして閑散とした状態ですかね(笑)

 

買いたいけど買えない人もいる。

これは私がナンピン買いを多用するトレードスタイルだからかもしれません。

つまり一気に買わないので下がっても買うだけの体力を残しているんです。

こんなやり方をする私からすると例えばビットコインを150万で買うのになんで半額の75万で買わないの?って話です。

買いたい鞄が半額でバーゲンセールしてるのに買わないのってほんとにその鞄欲しいの?って感じです。

将来的に上がると思う投資対象であれば安いときに買う方がお得でしかありませんよね!

 

また、ほんとは買いたいけど買えない人が多くいることも感じています。

昨年の爆上げ相場で余力を残さず買っている人は相当数います。

つまり今は高値掴みをしている状態なので安くて買いたいと思いながらも買うだけの体力がありません。

また、気持ち的にもまた下がったらどうしよう・・・という心理になります。

安い時に追加で買えば平均取得単価も下がるので含み損が解消されるまでの時間も短縮できるんですけどね〜。

「いやいや、そんなことわかってるよ!だからただ買う体力がないだけだから!」って言う人いますよね(笑)

 

つまり、心理的に不安があり買えない、資金が追いつかないから買えない人たちが多くいるので上がらないとも言えるんです。

 

大きな上げ材料が出てこない。

上げ材料

例えば国内だと金融庁絡みの規制のニュースは出てくるものの、新規参入者が増えるようなニュースは出てこないですよね〜。

例えばLINEの取引所が日本に上場とかはわかりやすいニュースですよね。

LINEは自身のプラットフォームにアクティブユーザーをかなり抱えるので、ここで仮想通貨の売買とかできるようになると新規参入者も見込めます。

また、コインチェックの再開もそろそろかとは思いますが、まだですしね。

大きな上げ材料がここのところは無いというのが上がらない理由のひとつでもあります。

でも、海外ではわりとポジティブなニュースも出てきています。ただただ、反応する日本人が減っただけですね。

 

仮想通貨に夜明けはくるのか?

2018/3/20にブルームバーグが出したモルガン・スタンレーのレポートは興味深いです。

 

  • ビットコインのピークへの上昇の速さはナスダックの15倍
  • ナスダックは519日で278%上昇、ビットコインは35日間で248%

 

確かにナスダックのチャートと形が似ていますね〜。

 

 

ちなみにこの情報は3/20時点のものですがつい最近のチャートも存在します。

 

 

歴史は繰り返すんでしょうね。だとするとそろそろ底に近くなってる気が・・・。

 

あっきんが仮想通貨の未来を疑わない理由。

仮想通貨の未来

私は仮想通貨・ブロックチェーンという技術に対して明るいイメージを持っています。

ちょうど、インターネットが誕生した頃と同じじゃないかなと。

誰が今のようなリアル店舗がないネット通販を信じたでしょうか?

何度もこのブログで買いていますが、多くの人は実社会で身近に使えるようになってようやく実感します。

それまでは、一部の人が変わったことしてるな〜という認識です。

 

では、その変わったこと(仮想通貨やブロックチェーン)がそんなに凄いのか!?って話ですが、凄いですよ。

詳しくは最近でた堀江さんの書籍とかを見ればわかると思います。

 『これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話』は現実になる。

 

やっぱりこの人(堀江さん)だけはずば抜けて社会の3年先5年先を見通す力があると思います。

 

 

ということで、私は2017/4から仮想通貨は買いというスタンスを変えていません(笑)

だからこそ閑散として短期売買勢が去ったこのタイミングでも仮想通貨を買い足しています。

それは、投資家としては当然で、上がると思う銘柄が安い時にたくさん買いたいと思うからです。

 

投資は全て自分の決断が利益または損失として100%自分にふりかかってくるから私は好きなんです。

自分が未来をどのように見通しているか?

よく、ツイッターとかを見ていると他者を批判したりする人もいますが、自分と違う意見の人を排除する必要はないんですよね(笑)

自分が右だと思えば右に進む。左だと思えば左に進む。わからなければ進まないという選択をすればいいのです。

 

と、いうことで仮想通貨市場の現状と今、私が思うことを雑多ですが書いてみました!

7月も迷わずマイペースで仮想通貨に投資していきます(^o^)/

 【ブログで実績公開中】毎月38万円を仮想通貨に積立で分散投資中!

 

ちなみに、私は仮想通貨だけに投資しているわけではないので守りを徹底するためにも分散投資は欠かさず行っています!

 脱初心者!あっきん実践中のおすすめの資産運用10種類を紹介!

 

メニュー