【ブログで実績公開中】毎月38万円を仮想通貨に積立で分散投資中!

【ブログで実績公開中】毎月38万円を仮想通貨に積立で分散投資中!

 

どうもあっきんです!

本日、7/15に16回目の仮想通貨積立を行いました。

私は長期的な視点から仮想通貨市場の成長を期待しているので余裕資金の範囲内でたんたんと積立しています。

現状は2017年と比べると冷え込んでいる仮想通貨市場ですが、積立購入の強みを活かしてたんたんと買い続けます。

上がってから買い始めたのでは投資としては旨味がないので、今から準備をしておきます

 

仮想通貨の購入履歴。何にいくら積立投資したのか?

仮想通貨積立投資の経過

 

私は2017/4から日本円で買える仮想通貨に1通貨2万円ずつ投資を始めました。

コインチェック12通貨Zaif1通貨(モナコイン)です。

その後、ビットコインの分裂によって誕生したビットコインキャッシュ(BCH)とザイフで買えるトークン(合計10種類)にも積立をしました

そして6/4現在では10銘柄3.8万円ずつという配分になっています。

どこの取引所でどれだけ買ったかは以下の表にまとめています

 

仮想通貨積立

 

7/15時点で積立合計は536万円です。

一度に536万円も出せないものの、毎月の余裕資金からならなんとか出せるんですよね〜。

これが積立投資のメリットです。気がつけば結構な金額になっているんですよね!

 

仮想通貨の売却履歴。いつ、いくらで売ったのか?

これまでに以下の通貨を売却しています。

※ネムは売却したというか、コインチェック事件で補償された分です。

 

売却した通貨一覧
  • ビットコイン(BTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(NEM)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ダッシュ(DASH)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)
  • Zaifで買えるマイナートークンたち

 

かんたんに記録として載せておきますね。

その時その時で自分なりに考えて、一旦利益を確定するという行動をしました。

 

ビットコイン(BTC)を売却。

10/30にビットコインの分裂騒動があったので、一旦持っていたビットコインを全て売りました。

積立額が14万円(7ヶ月分)で売却額が62万だったので差し引いた利益は48万でした!

12月のビットコイン価格200万円から見ると「売らずに持っておけば〜」ってなるんですけど、それは結果論ですからね。

投資の世界では未来がわからない中での判断が必要です。結果論を言えばきりがないので後ろは振り返りません(笑)

 

ビットコイン売却時のチャート

 

 

モナコイン(MONA)を売却。

2ちゃんねるから誕生したネタのようだけど機能はそれなりという憎めない国産の仮想通貨モナコインはまさに爆上げを記録しています。

どこまで上がるかなんてわからないので最近では2倍上がるたびに部分的に売却しています。まだ平均35円で買った409MONAを保有しています。

 

モナコインチャート【12/21】

 

ザイフでは価格を指定して売ることができます。なので、前回の売値の2倍の2,720円で売却するという指値注文を出しています 

 

指値注文画面

 

これまでの合計4回の売却によって166万円が返ってきました。ちなみに元手は7ヶ月分の積立額14万円です👏

 

CCからのネム盗難事件でXEMが円で返ってきた

がっつりメディアで取り上げられたのでもはや言うまでもないですよね(笑)

私もコインチェックで買っていたネムが盗難にあい、結果、補償ということで日本円で返ってきました。

 

少し人より早くに買い始めていたこともあって結果として投資額20万で利益68万でした。

ネムは今後も積立銘柄として買い増していきます。

少しでも増やしてハーベストします(笑)

 【実績公開】仮想通貨ネム(XEM)の委任ハーベストでNEMを増やす!

 

匿名通貨(ZEC、DASH、XMR)を売却

時事通信が以下のように報じています。

『コインチェック(東京)が、送金先を追跡できない匿名性の高い仮想通貨3種類の取り扱いを打ち切る方向で調整している。』

 

 

4/12現在では公式からのアナウンスが出ていないので、確定ではありません。

恐らく金融庁のスタンスも意識した上での判断だと私は先読みしました。

理由が理由だけに無理して保有しておく必要もないかなと思い、売却することにしました。

 

 

 

Zaifで買ってたマイナートークンを売却

金融庁が出しているホワイトリストに入っているトークンが伸びるかも?と思って積立で買っていました。

ただ、現時点では他にも有望なトークンが出てきていています。

また、主要通貨に資金を寄せたいという思いもあって、一旦整理してみました。

これにより5月からは10銘柄に3.8万円ずつ投資することになりました。

 

 

オーガー(REP)を売却

コインチェックでは匿名通貨と合わせてオーガー(REP)の取扱いも廃止されることになりました。


それに合わせて2017年に買っていた分を売却しました。

 

 

私がやっていることはとても単純です。

毎月1回、全種類買う。十分利益がでたところで一部売る。利益はまた積立投資に回す。

これが私の仮想通貨積立投資の全てです。

ちなみに、私は仮想通貨以外にもいろいろ分散投資しています。

 【ブログで公開】積立投資に毎月50万!?初心者におすすめは?

 

【ブログで公開!】仮想通貨投資15ヶ月目の運用成績は?

ここからは私が実践している分散投資でどれだけ利益、含み益が出ているかお見せしますね!

 

積立状況
  • 購入日:4/27 5/26 6/27 7/31 8/31 9/30 10/20 11/30 12/21 1/12 2/2 3/19 4/12 5/10 6/4 7/15
  • 積立額:536万円

 

7/15時点の運用成績を見える化した図を用意しました。

売却額はこれまでにそれぞれの事情により売ったお金です。

評価額は7/15時点のもので複数の取引所で買っているのでクリプトフォリオで資産推移を見ています。

 

で、「これまでに536万積立して今の時点で総資産がどれくらい増えてるの?」って話ですが、こんな感じになります。

 

 

ちなみに、先月はこんな感じでした。

 

 

7/15時点では積立額536万に対して含み益372万です。すでに520万は利確しています。

つまり積立額以上に日本円に換えているのでこの瞬間に仮想通貨が電子クズになっても投資成績はプラスです。

これだけ仮想通貨市場が一時期に比べて冷え込んでいる中でこのパフォーマンスはまずまずだと思います。

安い間にたんたんと買うことで平均取得単価を下げていきます。

またジワジワ上がっていくと、ここ数ヶ月安値で買えている分、一気に含み益も増えていきます(笑)

 

いくつもの取引所で仮想通貨を買うと毎日の価格チェックが面倒になってきます。

そんな人にはアプリでまとめて管理するのがおすすめ!

 仮想通貨おすすめアプリ!クリプトフォリオで価格と資産を一括管理!

 

毎月積立で仮想通貨に分散投資する理由。

仮想通貨分散投資

 

そもそも仮想通貨の魅力ってなんだと思いますか?

 

ズバリ『将来性』です。将来性があるから投資意欲の高い人はこぞって投資しています。

みんなが投資するので価格はどんどん上がっていきます。しかも仮想通貨はいわば世界共通の通貨です。買いたいと思う人の数が違いますよね!

これこそ私が仮想通貨を買おうと思ったきっかけです。

 

今なら株や投資信託よりも高い確率で高いリターンを狙えると思っているので積極的に資金を仮想通貨に換金しています。

こんな話を聞いたあなたはこう思うかもしれませんね。

 

上がると思って買った銘柄が上がらなかったら・・・

確かにこのリスクはあります。でもリスクは抑えることができます。それが分散投資です。さらには積立投資です。

では、これから私がそのように考える理由をお話ししますね。

 

仮想通貨は爆上げを期待できる。

この昨年4月から仮想通貨法が施行されたこともあり、ますます需要が高まることは疑う余地がありません。

ちなみに昨年で一番爆上げした仮想通貨はリップル(XRP)です。

 

 

ま〜これは半分ネタですが、つい最近でも短期間でサクッと資産増えてます。

 

 

仮想通貨は暴落するリスクもある

仮想通貨は株式や投資信託、FXとは比べものにならないくらい暴落します。2/2時点の私の資産を見るとよくわかります。

わずか3週間ほどでコインチェックで買っている仮想通貨の評価額が半分になってます(汗)

 

爆上げもあるし、暴落もあるというのが仮想通貨の特徴です。

これは普通の金融商品とは比べ物にならないくらい激しいということを知っておく必要があります。

 

積立なら暴落した時も怖くない。

積立で毎月買うのは一度に大金を用意しなくてもいいというメリットがありますよね。

でも、メリットはそれだけではありません。ちょっとずつ買っていくと、暴落した時にも買うだけのお金が残っていますよね。

つまり、安い時に買うことができるんです。1個100円のりんごが突然のバーゲンセールで1個50円になったみたいな話です。

いつもなら100円で1個しか買えないところを2個買えますよね!

こうすることで無理せず安値で買うことができます。

 

仮想通貨投資は分散投資がおすすめ!

 

私は4月に仮想通貨投資を始めようと思った時に「これは分散投資がハマる!」と思っていました。

理由はかんたんです。どれが一番上がるかがわからないからです。そんな当たらない予想をするよりもまだまだ仮想通貨市場は始まったばかり。

日本の取引所に上場されている銘柄全部がジワジワ上がるのでは?と考えたんですね。

株や投資信託なら商品の数が無数にありますが、仮想通貨の場合は日本の取引所で買えるものなんて24種類(トークンも含む)しかないんです。

つまり私が今日時点で買っている銘柄全部です(笑)

どれが上がるかわからない中であえて銘柄を絞る必要なんてないんじゃないの?って思っているんですね。

 

仮想通貨はどこの取引所で買うの?おすすめは?

仮想通貨を買える取引所もこの1年くらいでどんどん増えています。

言えることは確実にサービスが良い取引所が増えていることです。各社激しいサービス競争を繰り広げていますからね(笑)

で、仮想通貨投資をこれから始めるなら取引所はどれがいいの?って話をサラリとしておきます。

 

取引所選びのポイント
  • 安全性(コールドウォレット)
  • 取扱銘柄
  • 取引手数料・送金手数料
  • 使いやすさ(操作性・入出金)

 

総合評価NO.1!bitbank(ビットバンク)

ビットバンク

 

コインチェックからネムが流出した原因にお財布をオフライン(コールドウォレット)にしていなかったことが挙げられます。

ここで紹介するbitbank(ビットバンク)は以下のように取扱通貨全てでコールドウォレットに対応しています。

当たり前ですが、とても大切なことです。

コールドウォレット

 

これに加え、bitbankは取引が全て板取引なのでスプレッドは存在しません。

また、9月末まで取引手数料無料キャンペーンもしているので、手数料も問題ないです。

入金も住信SBIネット銀行からだと24時間365日反映されます。

あまりのサービスの充実っぷりにコインチェックをずっと使ってきた私は感動しました(笑)

気にいったので法人口座も作りました。気になる口座開設にかかる日数は3日ほどです。

 

 

ビットバンクで口座開設

 

仮想通貨の保管についてさらに詳しく知りたい人向けの記事。

 【解説】仮想通貨のおすすめの保管方法は?ウォレットの種類と特徴。

 

送金手数料がゼロ!BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)も最近サービス良くなっています。

ここももちろんコールドウォレットで各仮想通貨を管理しています。

取扱通貨も増えています。(BTC、ETH、LTC、XRP、BCH)の5銘柄で、こちらも板取引なので手数料はかかりません。

さらに、このビットポイントが珍しいのが仮想通貨を送金するときの手数料がかからないんです!

 

送金手数料

 

ちなみにビットポイントがあまり知られていないのは派手な宣伝をやらないからです。

 

ビットポイントで口座開設

 

ネムを買うならZaif1択!

ネム

コインチェックのネム盗難事件でいろんな意味で有名になった仮想通貨ネム。

盗難後はネムの価格が極端に下がっています。でも冷静に考えてください。

コインチェックの管理体制に不備があったからネムは盗まれ闇サイト経由で売られているんです。

ネム本来の価値に何ら変わりはありません。4/12現在の時価総額ランキングでもまだ15位と上位にいます。

そんなネムが買えるのはZaif1択といっても過言ではないでしょう。

Zaifトークンというダークホース的なものが買えるのも人気の秘密です。

使い勝手はいまいちですが、個性は際立っています

 

ネムが買えるザイフで口座開設

 

Lisk(リスク)を買うならbitFlyerで!

Liskは時価総額が23位と高く国内でも人気の通貨です。

今まではコインチェックで買っていたのですが、4/12現在では買えないのでbitFlyerで買うことにしました。

私の口座では総投資額23.5万に対して評価額が約70万としっかり含み益を出してくれています。

今後も国内で買われることも考えてしっかり積立していきます。

 

bitFlyerで口座開設

 

まとめ。仮想通貨投資は面白い。でもリスクもある。

仮想通貨投資のまとめ

始めの方にも書きましたが、私が仮想通貨に積立で投資をしているのは仮想通貨の将来性に期待しているからです。

価格の値上がりということだけでなく、仮想通貨⇢ブロックチェーン技術がもたらす産業革命に心を踊らせているからです。

あなたは、2018年に入ってメルカリLINEまでもが仮想通貨市場に参入してきていることをご存知でしょうか?

 

【日経新聞:1/11】メルカリ、仮想通貨決済を導入 18年内にも

「ビットコイン」など主な仮想通貨で支払えるようにする。資産運用や融資といった金融関連サービスの提供も検討する。

 

【日経新聞:1/31】LINE、仮想通貨参入 携帯事業にソフトバンク出資

すでに金融庁に仮想通貨交換業の登録を申請しており、登録後に仮想通貨の売買のサービスを開始したい考えだ。

新会社は仮想通貨に使われる基盤技術「ブロックチェーン」の開発のほか、ローンや保険などの金融商品の販売も手掛ける。

 

これらの企業のサービスで実際に仮想通貨決済が始まり、今まで仮想通貨を利用することがなかった人たちが「仮想通貨すごっ!」ってなったら・・・

やっぱり仮想通貨持っておくと便利やな〜ってなったら・・・

こんなことを想像すると仮想通貨の未来に期待せずにはいられません(笑)

 

そんな期待感から私は仮想通貨にコツコツ投資をしています。年単位での保有を考えているので一時期の価格はあまり気にしません。

メディアなどを見ると「億り人」と呼ばれる人をこぞって特集している感じがいなめないですが、爆上げのあとには暴落があります。

なので一攫千金などを狙うのではなく、将来的に少し増えたらいいな〜という感じでのんびり投資するのがよいと思います。

そういう意味では私のような仮想通貨を毎月積立で買うというスタイルはリスクを抑えた投資だと思います。

色々考え方はありますが、私は『まずはやってみる。ちょっとだけね。』という感じで入るのがいいかと思っています(^o^)/

 

私は積立で買っているのとは別に少し多目に個別銘柄も買っていたりします。

なぜ買おうと思ったのか?などをまとめた記事がこちらです。

 

 仮想通貨リップルとは?今後の将来性・最新ニュース・買い方を網羅。

 仮想通貨YUKIが新たな上場方式発表!!価格に与える影響を考えてみた。

 【誕生】スポーツ界の仮想通貨NANJCOINとは?2ch発祥の国産コイン!

 

仮想通貨でFXなんてやってたりします。しかも自動売買です。

あっきんは元々はFXのトレーダーなので実は一番好きなジャンルなんですよね〜(笑)

 【ビットコインFX自動売買】ブログでやり方と運用実績を完全公開中!

 

買った仮想通貨は取引所に置いておくのはおすすめしません。

私はコインチェック事件での反省を踏まえて、ハードウェアウォレットで保管しています。

 【解説】仮想通貨のおすすめの保管方法は?ウォレットの種類と特徴。