フィンテックとは?まだ知らないの?意味がわかれば面白すぎる!!

fintech

SHARE

フィンテックとは?まだ知らないの?意味がわかれば面白すぎる!!

ついに私もフィンテックの勉強始めました!お金を増やすにはお金のあり方が根幹から変わるかもしれないFintechを知らない訳にはいかないよね!

と言ってそうそう!と言えるあなたは時代の波に乗れています(^o^)/

数年前からスマホのニュースとかでも取り上げられておそらく全く聞いたことがないという人はあまりいないと思います。

でも、知っているようで知らないのがこの「フィンテック(Fintech)」です。近い将来このブログのメインテーマになると思うので入り口だけ紹介します!

フィンテック(Fintech)とは?

Fin(Financeファイナンス=金融)+Tech(Technologyテクノロジー=技術)=Fintech

かんたんに言うと「スマホのような情報端末を使っていろんな金融サービスを利用できるようになること」です。

どれくらい凄いかと言うとインターネットが出来たことと同じくらい革命的な技術です。よく書籍などで金融革命と言われているのはそのせいです。

フィンテックは何を生み出し何を破壊するのか?

iphone

これは私がフィンテックについて色々調べて感じたことです。世の中革新的な技術が世に出るとそれを使ったサービスは爆発的に売れ、これまで使われていたサービスは消えます。

わかりやすいところで考えるとスマートフォンですよね。この普及によりAppleやソフトバンクは大きく成長しました。

代わりに既存の通信事業者は苦戦を強いられていますよね。固定電話も消え、大きなPCも消え、一人一台が当たり前になり、家の電化製品も変わりましたね。

 

じゃーフィンテックによって消えていくサービスや企業は?

こう考えて次のフィンテックによって変わるサービスを見ていくと自ずと見えてきます。意味がわかると面白いところです(^o^)/

フィンテックで変わるサービス

私が読んだ書籍の中では7つほど紹介されていましたが、特に資産運用に関係するものを紹介しますね!

フィンテックとともに最近耳にタコができるくらいニュースで出てくるのが人工知能ですよね。これが大きくお金の増やし方を変えようとしています。

ロボアドバイザーって知ってる?

人間に変わって人工知能があなたのお金の運用を代行していくれたり、助言してくれたりするサービスです。

ソフトバンクのペッパーのようなヒト型ロボットではありません。

資産運用をしたことが無い人が一番悩むのがどんな商品を選べばどれだけ儲かってどれだけリスクがあるかわからないことですよね。

これを賢いロボットがあなたに質問をしてきて、その答えからベストな金融商品(株・不動産・債券など)を選んでくれます。

あなたがそのプランでOKとすれば早速運用を開始してくれます。払うのは運用資産の1%程度と格安なのが魅力です。

なんでも投資するという意味では投資信託に似ていますが、投信の場合手数料3%が一般的です。その差は何だと思いますか?

人件費です。ヒトに変わってロボットがこのアドバイス業務を行うからです。

ということは無くなるのは銀行・証券・保険の営業マン!?

最近こんな記事見ませんか?「5年以内にAIによって無くなる仕事TOP10」みたいなやつ。なんだか人間の存在価値が試されているような気がしてなりません。

human

こんなことを考えると本当に革新的な世の中が来そうですよね!少なくとも低レベルな知識の営業マンに当たることはなくなりそうですね(^o^)/

 

ソーシャルレンディングって知ってる?

network

貸し手と借り手の仲立ちをするサービスです。お金を貸して金利収入で儲ける・・・これって銀行の仕事!ですよね。

決済サービスが成熟化したことでお金を借りたい企業はわざわざ銀行の融資を受けなくてもスピーディーに投資家から直接お金を借りられます。

お金を貸す方のメリットとしては、金融商品だけで無く、社会的に意義のある事業にお金を預けることができるようになります。

例えば・・・

私はコーヒーが大好きです。スタバも好きですが、老舗のもっと豆にこだわったコーヒー屋さんも大好きです。

ここのオーナーが途上国から有機コーヒー豆を独自で仕入れて日本には無い新たなカフェを作りたい!と思ったとしましょう。

コーヒ屋のオーナーは事業には自信がある。でも銀行融資はハードルが高くてお金が借りにくい。そうだソーシャルレンディングを使おう!

となり、このビジネスモデルに感銘したあっきん他数百名がスマホでポチッと融資決済をする。するとビジネスは動き出し、数ヶ月後には元金と金利数%が投資家に返ってくるみたいな流れです。

お金を増やすという意味では少しロボアドバイザーよりリスクが高い気もしますが、単に増やすだけでなく社会的な意義のあるものに投資できたら面白いですよね!

 

ビットコイン(仮想通貨)は知ってるよね?

dollar

出た−!!という感じではないでしょうか。個人的には興味がありいろんな人から勧められてはいたものの手を出してはいない分野でした。

2014年に起きたマウントゴックスの巨額消失事件はご存知ですか??当時「そりゃ仮想通貨だもんなー。誰かに悪用されてデータ取られたらおしまいだもんな」って私も思ってました。

ところが昨今、改めて注目されていてメガバンクも仮想通貨による決済に力を入れています。

なんで?仮想通貨なんか銀行は信用できないから使わないんじゃないの?って思いませんか?

それを支えるのがフィンテックの技術「ブロックチェーン」です。データの改ざんを困難にする技術のことです。

実はこのブロックチェーンが一番のフィンテックの革命的技術の代表なんです。ビットコインのイメージが悪くなったのはデータの改ざんが行われたからなんですよね。

でも、データが絶対に改ざん出来なかったら?仮想通貨で決済できたら?銀行としてもお金を管理するのに必要なシステムや人件費を大幅に削減できます。

これによりお金を預けたり引き出したり、送ったりする時にな無駄にかかる取引手数料が無くなります。

とても有り難いことですよね!そうなってくると海外とのお金のやり取り(為替取引)にも影響してきそうですよね。

つまり究極は米ドルが基軸通貨ではなくビットコインが基軸通貨となるのか?など想像は膨らみますね(^o^)/

すると早いうちからビットコインを持っておけば・・・・

 

フィンテック少しイメージわきました?

この金融革命はインターネットが登場した時と同じだと私は感じています。

インターネットも情報革命・IT革命と言われ世に出始めた頃は一部の人だけが利用するマニアのおもちゃのような感じでした。

でも、ビジネスの世界に利用されることで瞬く間に社会の構造が変わりました。この変革の可能性をいち早く感じとったのがソフトバンクの孫正義氏です。

私が尊敬する実業家の一人です。彼の伝記は何十冊も読みました。彼はジョブスが発明したiphoneの可能性を見抜き、多額の融資を受けてボーダフォンを買収し、携帯電話業界に入ってきました。

彼はその当時から「iphoneは社会を変えるきっかけになる!」と言っていました。そしてソフトバンクを世界的な規模の企業に成長させました。

要するに先見の明は大切ということです。ということで、これから順次どれが資産運用に向いているか、分析しつつ、実際に自己資金を投入していく予定です!!

新しい分野を開拓して投資するのは楽しいです!リスクと上手に向き合いながら賢くお金を増やす方法を探していきます。

乞うご期待!!

 

フィンテックがわかる本

全体が一番よくわかる本です。図解が多く一番最初に読むのにおすすめ。

情報量が多いのでもう少ししっかりとフィンテックの背景を知りたい人向け。

仮想通貨の生命線。ブロックチェーンを正しく理解するにはおすすめ!金融系の人向き。

 

LINEやTwitterで感想を聞かせてね!更新情報も配信中!