【実話】複利効果で30万が11年後に1000万!毎月の貯蓄を投資に。

【実話】複利効果で30万が11年後に1000万!毎月の貯蓄を投資に。

SHARE

【実話】複利効果で30万が11年後に1000万!毎月の貯蓄を投資に。

 

どうもあっきんです!この記事は運用でお金を増やしたいと思っている人にもっとはっきりと私がお金を増やせた秘訣を伝えたいと思い書きました。

記事数が増えてくると過去記事に埋もれてくるのでここでしっかりと投資における複利運用の効果をまとめておきます。

 

投資資金を大きく増やす2つのスパイス。

私は2006年12月から2回目のFXでの資産運用をスタートさせました。そして2017年の4月にFX口座の運用資金が1,000万を超えました。

「30万を1,000万に」という数字だけを見るとかなり疑いの目になると思うのですが、11年という時間をかければ可能です。

逆に1年とか2年でということであれば恐らくそれはあなたには真似できない手法です(笑)美味しい話には裏があると思いましょうね。

 

ではただ11年なんとなく運用してきたのか?と言われるとそうではありません。欠かさず実行した2つのルールがあります。

  • 運用で得た利益を再投資(絶対に出金しない)
  • 毎月の貯蓄の一部を投資に回す

 

どちらか1つを実践している人はいると思いますが、どちらも大切です。これを読んだあなたは今月から実践してくださいね!

 

複利効果を解説。再投資は魅惑の果実。

昨日のワークショップでもこんな話になりました。

「運用してお金が増えるともっと増やしたくなるから出せないよね〜」

運用で利益が出たから美味しいもの食べようとか、カバン買おうとかあると思います。でも資産を確実に増やしたいのならご褒美は後にとっておきましょう。

私がそう言える理由を今から解説しますね。

 

 もしも年利10%で運用を続けたら30万はどこまで増える?

 

30万を年利10%で運用すると1年後の利益は3万ですね。これを使ってしまうとずーっと口座残高は30万ですね。

でも使わずに再投資して運用をつづけるとこのような結果になります。

30万を年利10%で複利運用

30万を年利10%で複利運用した場合

 

10年後には30万が77万になっています。ここで私が強調したいのは30万が77万になっていることではありません。

それだと10年で資産が2.6倍になったに過ぎません。表の右側の1年あたりの利益です。

複利で運用することで1年で3万の不労所得を生み出した「お金のなる木」が10年後には7万の不労所得を生み出す木に成長していることです。

お金のなる木

もっと年数が経つと20年では18万、30年では47万の不労所得を生み出す木になっています。

複利効果とはこのように年数が経てばたつほどお金がたくさんなる木に育つことです。グラフで見ると増え方のイメージがよくわかります。

複利効果がわかるグラフ

複利効果がわかるグラフ

 

グラフの右側の方がお金の増え方が大きいですよね。だから最初に私はご褒美は後に取っておきましょうと言いました。

複利効果が大きく表れるのは10年より20年、20年より30年ですね!これを知ると増やしたお金は使わずに再投資することがいかに効率的かわかりますよね。

だから複利効果は魅惑の果実なんです(笑)

 

貯蓄の一部は投資に。複利効果を倍増せよ。

利益を再投資することで10年後には残高を30万から77万まで増やすことが可能でしたね。でもこれでは私のように11年で1,000万にはなりませんね。

ではどうしたらいいんでしょうか?

私は今から11年前に同じことを考えていました。社会人2年目ながらにいつかは働かなくてもお金が入ってくる生活がしたいと思っていたんです。

楽をしたいという思いではなく、ある程度の不労所得があればゆとりのある生活を手にいれられるのではという思いです。

 

そんな思いを実現するために私が考えたのはコレです。

貯蓄に回すお金を投資に回す。

先ほどの複利効果の解説では運用の後半ほどたくさんお金が増えるということを言いました。でも30年後を楽しみに生きる人生なんていやですよね。

詳しくは 老後のために生きる人生は退屈。今を生きれば「不安」もなくなる。

 

そこで私は今から11年前に給与の一部を必ず貯蓄ではなく、投資に回すというルールを決めました。

具体的な数字を言うと、給与から2万、年に2回のボーナスから10万の合計44万です。この数字に特に意味はありません。

これくらいなら毎月回せるなという無理のない金額にしました。ではこれがどれだけの効果があるのか数字で見ていきましょう。

 

 積立の効果を検証!

それでは先ほど紹介した複利運用の表に月々1万と3万積立で足したパターンを加えます。

計算の仕組みはこんな感じです。

  • 30万×1.1=33万(年利10%で運用)
  • 33万+12万=45万(月1万ずつ貯めたお金を投資に回す)
  • 45万×1.1=50万(年利10%で運用)
  • 以下同様

 

そしてこれが計算結果です。

月々数万を投資に回して複利運用

月々数万を投資に回して複利運用した場合

 

計算上は1年後に投資に回していますが、毎月投資に回した方がさらに大きな数字になります。

それでも、10年目の時点で月に1万でも貯蓄して投資に回した場合とそうでない場合を比べると269万と77万の差があります。この差はなんと3.5倍です。

さらに月3万と月0万を比べると637万と77万の差で8.3倍です。さらに年間の利益の差も90万と7万の差です。

つまり、月3万貯蓄に回すお金を投資に回して10年間年利10%で運用すると、30万が637万になっているということです。

1年の利益をみると10年目では90万も増えています。月々7.5万の不労所得を得ていることになりますね。

 

月に1万でも投資に回すだけで回さないときと比べて資産を3.5倍にも増やすことができました。この仕組みを私は利用して私は30万を1,000万にまで増やすことに成功しました!

 

運用開始額が少なくても早く始めた方が良い訳

投資資金を大きく増やすには2つのルールを実践すると効果的であることがわかりました。

  • 運用で得た利益を再投資
  • 毎月の貯蓄の一部を投資に回す

 

そして数字の面からも貯蓄を投資に回すことの効果がいかに大きいかもわかりました。

では、ここで面白い計算結果を紹介します。次に紹介する2人の運用資金、10年後はどちらが多いと思いますか?

  • Aさん:運用資金100万からスタートします。
  • Bさん:運用資金30万ですが、月々1万は投資に回せます。

 

比較結果

開始100万と30万の比較結果

 

なんと始めの運用資金が30万円と少ないBさんの方が10年後の資産がAさんより多いんです!!

1年目に資産が70万も差があるのにですよ!つまりそれだけ積立による効果が大きいということです。

このような結果を私は知っているので投資資金が少なくても月々に運用に回せるお金を用意できる人には早く始めることをおすすめしています。

 

また、この結果からも100万円貯めてから運用をしようという考えがいかに時間を無駄にしているかがわかりますね。

30万で始める方が気分的にも負担も少なく、始めやすいというメリットもありますしね!ということで運用は早く始めましょう!

 

「投資に回す貯蓄がない」は本当か?

「お金持ちはケチ」って聞いたことありませんか?

あながち間違いではないと思っています。お金持ちの人=お金を増やしている人であれば無駄なお金を払うのが嫌いだからです。

つまり必要なモノにはしっかり投資するけど必要で無いものは一銭も投資したくないという考えです。

このような考えをするとお金は自然と増えていきます。あなたは無駄な出費をしていませんか?

月に1万〜3万を投資に回そうと思った時に、何気ない出費を抑えることでお金を生み出すことができます。

  • なんとなく定期預金に貯蓄しているのを減らす
  • スマホ代を格安SIMにして減らす
  • なんとなく入っている保険を見直す

 

金額が大きいものだけを書き出してみました。特にほとんどの人がやっていないのが保険の見直しです。

日本人は保険の知識がないので保険屋さんに言われるがままにお付き合いで加入しているケースが多いです。

それがその人にとっても必要な保障であれば良いのですが、ほとんどはそうではありません。

偉そうに言う私も保険は詳しくないので保険のプロに来てもらうことにしています。つい最近も見直しを行いました。

 わが家が3年に一度「保険の見直し」をプロに相談する理由。

 

まとめ。投資は早く始める。

この記事では複利効果の凄さを実感してほしくていつもより多く数字を載せました。話のポイントをまとめますね。

  • 投資は複利運用が大切。利益は再投資しよう
  • 毎月、貯蓄ではなく投資に回すと格段に早く増える
  • 貯まってから運用するより少額からでも早く始める方が効率的
  • 少額から始める方がリスクも少なく気持ち的にも楽
  • 無駄な出費を見直せば投資に回せるお金はあるはず

 

いかがでしたか?これが複利効果です。利益がさらに利益を生んでいく複利の効果の大きさは、物理学者アインシュタインが「人類最大の数学的発見」と言ったことでも有名です。

これを頭において何でお金を増やすかを考えると良いと思います。

ちなみに、私は株や投資信託ではなくFXが一番複利効果を活かして増やすのに合っていると思います。

 

この記事では年利10%で資産を増やすことを前提に計算をしてきました。これは私が今から11年前に描いたビジョンです。

でも実際にはもう少し良い結果を安定的に残せています。そんな私のFXのやり方をまだ知らない人はぜひこの動画を見てください。

FXで私が負けていない理由がわかる内容になっています

 「世界一わかりやすいFXの教科書【動画】」を公開!