【3年目】少額でほったらかし投資ができるFunds(ファンズ)とは?あっきんが使い続ける理由。

【3年目】少額でほったらかし投資ができるFunds(ファンズ)とは?あっきんが使い続ける理由。

 

ここでは貸付投資を身近なものにしたFunds(ファンズ)を解説していきます!

あっきんは2019/1にFundsのサービスが開始されてからこれまでに9、合計で572万円の資金を投資しています。

初めての人は企業にお金を貸して貸し倒れ(貸した資金が戻ってこないかもしれないこと)にあったらどうするの?って気になるでしょうがぼくはかなり楽観視しています。

理由はFundsがよくあるソーシャルレンディングとは決定的に仕組みが違うからです。

 

Fundsの仕組みは?

Fundsの仕組み(1)

Fundsは、企業が事業資金調達のために作ったファンドへ1から投資できる資産運用サービスです。

貸したお金に利息が付いて返ってくるだけでなく、優待サービスなども受けられます。口座開設をして案件に応募することで貸付ができます。

ファンドの仕組みについてメルカリファンドを例に解説します 

 

fundsの仕組み

 

ぼくたちが投資した資金はファンド組成企業であるファンズ・レンディング社を通じてメルカリ社に貸付され、メルカリグループが提供するメルペイ事業に利用されます。

ファンドの条件は同じメルカリファンドでも微妙に違います。最近のものだとこんな感じです 

 

fundsの仕組み(2)

 

予定利回り1.50%で運用期間は10ヶ月です。この他にもメルペイポイントの還元という嬉しい特典もあります 

 

メルペイのポイント還元一覧

 

例えば30万円投資した場合は1.5%の利息とは別にメルペイポイント1,000ポイントが貰えます。ポイント好きなぼくには嬉しい特典です。

これは一例なので他にも施設利用券や割引サービス、新サービスのモニターなどいろんな優待があります。

 

また、最近ではタイムセールと題して一定期間に応募するとAmazonギフト券が上乗せでもらえるキャンペーンもあったりします。

口座開設をしていると登録しているメールアドレスにこれらの情報が届きます 

 

ファンズのタイムセール情報

 

Fundsの貸し倒れリスクは?

Fundsでは2021年8月5日時点で、累計で97億円の応募をしていますが、返済遅延や貸し倒れを1件も発生させていません

この確かな実績こそが安定した利用者の増加につながっています。ではFundsはなぜ貸し倒れがなく、これからも起きにくいと考えられるのでしょうか?

 

1つは融資先の企業の知名度、財務状況など厳しい審査を通過した会社しか扱っていないからです。

審査は企業にとって負担になるのでFundsの審査を通過できる企業はそれなりのコストを払える企業であり、金銭的に余裕がある企業と言えます。

 

もうひとつはFundsでお金を借りたい企業はお金を借りることを主目的としていないからです。

例えばメルカリファンドがお金を集める理由は「Fundsを通してメルカリ、メルペイを認知いただきより多くのお客様に利用していただけるようなサービスとなる」と書かれています。

メルカリほどの企業ならわざわざFundsでぼくたちやFunds社に高い金利を払わなくてもメガバンクからもっと安い金利でお金を集められることは容易に想像できますよね!

そうなんです。彼らはFundsというデパートに出店してメルカリを普段利用しない人に知ってもらうことが目的なんです。自社の広告宣伝費を使って利息を払ってるイメージです。

 

より詳しくは東証マネ部!さんのこのインタビュー記事で 

 

 

こうしてぼくがブログやSNSでメルカリファンドを紹介することもメルカリからすると露出を増やす機会に少なからずなりますよね。これが彼らの狙いです😊

 

運営するFundsでどんな会社?

fundsを運営するファンず株式会社

2016/11に創業したベンチャー企業、ファンズ株式会社がサービスを運営しています。

代表取締役の藤田さんは早稲田大学卒業後、㈱サイバーエージェントに入社。2007年にマーケティング支援事業を行う企業を創業し、2012年上場企業に売却。

2013年に大手ソーシャルレンディングサービスの立ち上げに経営メンバーとして参画。2016年11月に株式会社クラウドポート(現ファンズ㈱)を創業しました。

 

最近だと最も注目されているスタートアップ企業というカテゴリで2位を受賞しています 

 

Great Entrepreneur Award

引用:Great Entrepreneur Award「最も注目されているスタートアップ企業」カテゴリでFundsが2位を受賞

 

藤田さんはぼくも何度かインタビューやイベントでご一緒させていただいたことがあります。とても誠実で気さくに話せる人柄が印象的です。

また、ファンズ社のミッションである「未来の不安に、まだない答えを。」という言葉がぼくは大好き言葉です。

 

 

ブログで公開!Fundsの投資実績は?

10/7現在で運用を終えているぼくの投資実績を載せておきます。これまでに9のファンドに応募し、累計で122,483の利息を獲得しています✨

平均の実績利回りは3.2%です。この他に優待で得たポイントやサービスがあります。

 

ファンズの取引実績

 

また、現在運用中のファンドは4件です 

 

ファンズで運用中の案件

 

合計80万円4の投資先に分散して投資しています。また、これとは別にさらに200万円の応募を完了しています。

 

あっきんがFundsで積極投資する理由

fundsで積極投資する訳

8/17付の日経新聞に掲載されたのですが、FundsでESG投資ができる環境が整ってきました 

 

 

ESG環境Environment)・社会Social)・ガバナンスGovernance)の頭文字を取った言葉で、ESG投資をすることで環境や社会課題の解決を後押しできるようになります。

投資をしてお金が少し増えるだけでなくこのような取り組みに貢献できるって素敵なことだと思いますし、子供たちにも伝えていきたいと考えています。

なのでこの記事を読んだあなたもぜひぜひFundsを利用してぼくと一緒に投資を通じて社会をよりよくする行動を起こしてみませんか?

 

Fundsでは貸付期間が1年未満のものが多く、1円から投資できるので銀行口座に余っているお金をちょっとの間運用しておくことができます♬

事前準備として口座開設が必要なのでまだ開設できていない人は以下からどうぞ。Amazonギフト券がもらえるキャンペーンやってます 

 

\ファンズの口座開設はココから/
Funds
 

目次に戻る

関連記事です。

今年に入ってFundsに新しく登場した高利回り案件に200万円投資しました。詳しくはこの記事で 

 

funds(ファンズ)に高利回り案件登場!サニーサイドモール小倉ファンドとは?ノンリコースローンの安全性を考えた。 funds(ファンズ)に高利回り案件登場!サニーサイドモール小倉ファンドとは?ノンリコースローンの安全性を考えた。

 

Fundsと同じくほったらかし投資ですが、もう少しリスクを取ってリターンを狙えるのがマネースクエア社のトラリピです。

 

【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを6年使ってるあっきんが解説。 【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを6年使ってるあっきんが解説。

 

投資にはお金を増やす以外に世の中を知るきっかけになるというメリットもあります。子供たちが実践している投資はコレです。

 

【4年目】PayPay証券でお年玉を全額米国株に。ブログで2人の運用実績を公開中! 【4年目】PayPay証券でお年玉を全額米国株に。ブログで2人の運用実績を公開中!

 

あっきんはブログ以外にもツイッターやインスタ、YouTubeで発信しています。気軽にコメントくださいね!

SNSのアカウントはココにまとめています。

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/