資産運用は貸付投資の時代へ。Funds(ファンズ)で年率1.5%〜6%の利息を受取る。

資産運用は貸付投資の時代へ。Funds(ファンズ)で年率1.5%〜6%の利息を受取る。

 

どうもあっきんです!

つみたてNISAなどの新しい制度のおかげもあって資産運用を始める人が若い世代でも増えています。

みんな資産運用の必要性はわかっているんです。銀行にお金を置いていても増えない。だったら自分で運用してお金を増やそうじゃないかという機運が高まっています。

実際に2018年から投資を始めた人も多いと思いますが、振り返ると2018年は株式投資や仮想通貨投資でお金も心も消耗した人が多かった年ではないでしょうか。

 

増えると思って投資したけど、結果的に資産を減らしてしまった・・・。やっぱり自分には投資なんて向いていないんじゃ・・・。

こんなことならお金は定期預金にでもして貯めていったほうがよかった・・・。

 

こんな風に感じたあなたに朗報です!

 

資産運用は株や投信や仮想通貨やFXやロボアドバイザーだけの時代ではありません。

貸付投資の時代へ突入です!!!

 

なぜ資産運用は「貸付投資」の時代なのか?

資産運用は貸付投資の時代

最近の投資を始める人の入り口ってつみたてNISAに代表される投信積立だと思います。

投信で買っている銘柄ってほとんどが株式です。値動きがある金融商品で一般的なものが株式だからです。

でも2018年のような相場を見てください。つみたてNISAの人気銘柄のどれを買っても残念ながら資産は増えませんでした。

増えないどころか資産を一時的にではありますが、減らしてしまいました。変動商品だからです。

 

でも、お金って貸して増やすこともできるんです。

一番わかりやすいところで言うと銀行に貸す(預ける)場合ですね。ご存知のとおり日本はゼロ金利政策を長年貫いているので全く増えません・・・。

じゃ〜社債だったらどうか?と言うと確かに定期預金よりは利回り良いですよ。最近話題になった個人が借りられる社債だとソフトバンクで、1.57%でした。

 

 

でもどうでしょう。確かに東証一部上場企業だから信頼できるんですけど、1.57%って正直私は魅力に感じません。

恐らく変動商品でお金を増やそうと思う層にはあまり響かないですね。単純に利回りに魅力がないからです。

 

変動商品ではロボアドバイザーとか1,000円で株が買えるワンタップバイとか目新しいものが出てきているのに貸付投資市場はあまり変化がなかったんですね。

そんな時代が今あるひとつの企業によって終わりを告げようとしています。

 

Funds(ファンズ)とは何なのか?

funds.jp

 

Funds(ファンズ)は事業資金を借りたい企業と個人をつなぐ貸付ファンドのオンラインマーケットです。

Funds自身はオンラインマーケット(プラットフォーム)なのでマッチングをしてくれるところです。

私たち個人投資家はこのマーケット上でこの企業にお金を貸そうと決めます。企業側はこのマーケットを利用することで自社で集客しなくても個人からお金を集められます。

 

Funds(ファンズ)はどこが運営しているの?

株式会社クラウドポート

株式会社クラウドポートが運営しています。代表取締役は藤田雄一郎さんです。

実はあっきんは以前に藤田さんにお会いしたことがあります。ま〜爽やかですよ(笑)見るからに優秀です。

ツイッターでも絡んでたりして最近だと妹さんのケーキ屋さんがオープンしてレジ手伝った〜なんて話題も出ていました。

 

 

ちょうど今日、意気込みもツイートされていますね!

 

 

そうそう。ファンズは貸付ファンド版ZOZOTOWNのようなイメージなんでしょうね。初めて聞いた時は私もそう思いました。

 

Funds(ファンズ)の特徴は?

参考:誰でも買える個人向け社債「風」のFundsーー資産運用の新たな選択肢となるか

 

インタビューの中で藤田さんはFundsが取り扱うのはこの個人向け社債に「似た」ものと表現しています。

何が違って何が似ているのかというと。

 

  • 社債は証券会社経由。貸付ファンドは個人が自由に購入可能(1円単位)
  • 共に最終的には事業資金として企業へ貸付
  • 株や仮想通貨のような激しいボラはなく、銀行貯金よりは利回りある

 

金融商品の位置づけとしてはここらあたりなんでしょうね。

 

 

個人向け社債以上、ソーシャルレンディング未満。まさにミドルリスク・ミドルリターン。

 

目指すべき未来。藤田さんの考え。

貸付けファンドのオンラインマーケット「Funds (ファンズ)」をリリースしました。

藤田さんのnote:貸付けファンドのオンラインマーケット「Funds (ファンズ)」をリリースしました。

 

同日に藤田さんがnoteで自身の言葉で綴られています。気になった部分をメモしておきます。

 

なぜ日本では資産運用がこれほどまでに普及しないのか?

ー資産運用における選択肢の少なさに着目している。もっと初心者が簡単に手間なくチャレンジできる方法が必要。

 

コツコツ安定型の運用を求める個人投資家。

ー大きく儲けなくても良いから、なるべくリスクを抑えて手堅く堅実に運用したい、将来の備えを作りたい。意外にも、そう考える人が大勢いる。

 

ここ数年で急激な成長を遂げたソーシャルレンディングについて。

ー参入企業も増え大変な盛り上がりを見せていたが、昨年から一部の運営企業で問題が発生し、業界全体が正念場を迎えている。

利回りは多少低くてもいいので、堅実にコツコツ資産形成したいという個人のニーズに満足に応えられているサービスがこのFundsである。

 

でもここまでの説明だとソーシャルレンディングとの差別化ができていないような気もしませんか?

大丈夫です。そこはもちろん押さえられています。じゃないと後発で出てくる意味ないですからね(笑)

 

Funds(ファンズ)の「関係会社貸付」のメリットは?

関連会社貸付のメリット

クラウドポートには最近になって元財務省のメンバーなどが参加しています。

恐らくこのようなアイデアの裏側にはこういった経営陣、アドバイザリーボードの存在も大きく影響しているのでしょう。

何というか、賢い!って思ってしまいました(笑)

順を追って解説しますね。

 

通常の貸付投資のお金の流れ。

これまでのソーシャルレンディングで多かったパターンです。

例えばあっきん(個人投資家)が100万を投資したとします。その時のお金の流れはこのようになります。

 

これまでの貸付投資のお金の流れ

 

実際は集団で投資するのであっきん一人ではないのですが、簡略化しています。3つの事業に30万もしくは40万それぞれお金が回りました。

これで事業を回して利益を生み出します。

 

事業が上手くいき、資金が返ってくるパターン。

A社は決められた期間内に元金と予め約束していた利息(例えば5%)をあっきんに返済する必要があります。

そのときのお金の流れはこのようになります。当然のことながら一部は利益としてA社が持っています。

 

通常の返済パターン

 

あっきんが貸したお金100万で事業が上手くいき、社会に製品やサービスが還元されました。

A社は自己資金だけではできなかった事業をお金を借りることで成し遂げ、利益が出ました。お金を貸したあっきんもお金が増えて返ってきたのでハッピーですね!

これこそ投資が社会を豊かにするという典型例です。

 

事業が一部失敗した場合。

でも実際問題やる事業全てが成功して期間内に元本+利益をそれなりに回収できるなんてことはあり得ません。

例えば30万投資した事業で資金が10万しか回収できない場合はこのようになります。

 

事業が一部失敗した場合

 

この時にA社に返ってきた資金の合計は90万です。

これまでのソーシャルレンディングの仕組みだとこのような事業失敗のリスクは個人投資家が負うことになっています。

結果的にあっきんのお金は100万が90万になり、10万円の損失が出たことになります。

 

これが、関係会社貸付だとこうなる。

今回ファンズで採用されているスキームでは個人投資家のお金を運用するのはA社ではなく、A社の関連会社(グループ会社や子会社)です。

この関連会社はA社に対して返済の義務が発生します。なので先程のように一部事業が失敗した場合はこのようになります。

 

関連会社貸付

 

事業で失敗して回収できなかった10万の損失は個人投資家あっきんが被るのではなく、関連会社が被るのです!!

また企業にとって最も大切な信用(評判)がかかっているので、仮に関連会社で事業が上手くいってなければA社が是が非でも関連会社をサポートしますよね。

 

もっと極端に言うと、あっきんがあなたからお金を借りてあっきんの息子の会社で事業をしたとしましょう。

息子の会社の事業が上手くいかないのを理由にあなたへの約束をないがしろにできないでしょってことです。

なぜならあっきんの息子の会社の信用を無くすことはあっきんの会社の信用を無くすことになるからです。

事業が上手くいってなくてもあっきんの会社の資金を使って、何事もなかったかのように「お金ありがとう!助かったわ!上手くいったから利益も乗せて返済したよ👍」

ってなりますよね(^o^)/

 

これまであっきんが積極的にソーシャルレンディングをやらなかったのは投資家が負うリスクがリターンの割に重すぎやしないか?って思う部分もあったからです。

 

Fundsで実際に投資してみた!

1/23にFundsとして初めての応募案件が3件ありました。当日はPCの前に待機し、応募時刻にすかさず申込みをして見事3件とも応募できました。

管理画面を見るとこのようなな感じで自分が出資している案件が確認できます 

 

fundsの応募案件一覧

 

例えば一番上に表示されている『 アイフルビジネスローンファンド#1 』だと12ヶ月間で年利1.8%で30万円を貸付していることになります。

貸した資金がいつどれだけ返済されるかも一目瞭然になっています。

 

アイフルビジネスローンファンド

 

利息は3ヶ月に1回振り込まれ、最後に元本も上乗せされてくるようになっていますね。

私が応募した案件で一番期間が短い『 LENDYオンラインレンディングファンド#1 』だと以下のような返済スケジュールになっています。

 

 LENDYオンラインレンディングファンド#1

 

こちらは期間が短いので一度に元本と利息が返済されるようですね!

 

Fundsで利息が付いてきた!

 

【7/4更新】現在応募しているFundsの案件一覧

7/4時点で募集している案件は1件です。

 

Funds新案件の概要

 

  • 抽選方式受付 7/4(木) 〜 7/9(火) 10:00
  • 先着方式受付 7/12(金) 19:00 〜 7/22(月) 12:00

 

これまでのFunds募集案件一覧

Funds募集案件一覧

 

これまでの実績ベースだと平均して一人あたり25.0万円を投資していますね!

 

Fundsの募集案件をいち早く知るために。

Fundsに口座開設をしておくと募集案件が追加されるとメールが届きます。

 

Fundsからのメール

 

これまでは人気が出過ぎて応募が秒殺するという状態でしたが、3/27の案件のように1億円規模の応募であればかなりチャンスがあると思います!

ぜひこの機会をお見逃しなく(^o^)/

 

Funds(ファンズ)で新規登録

 

貸付投資の魅力は変動商品ではないという点につきます。

ただ全くリスクがない訳ではないので投資を始める前にクラウドポートの藤田社長に直接会って気になることを全て聞いてきました。

 

【取材】Fundsの藤田社長に投資家が負うリスクを徹底的に聞いてきた! 【取材】Fundsの藤田社長に投資家が負うリスクを徹底的に聞いてきた!

 

7/4に出た案件から抽選方式による応募が可能になりました。これでクリック合戦ともおさらばです。あっきんも早速投資してみました!

 

【実戦】Funds(ファンズ)に抽選方式の案件が初登場!申込み方法と注意点を解説。 【実戦】Funds(ファンズ)に抽選方式の案件が初登場!申込み方法と注意点を解説。

 

Fundsと違い変動商品ではありますが、毎日少しずつ金利が増えて為替差益分でも投資資金が増えているのがズロチ円の投資です。

 

【9ヶ月目】FXズロチ円でスワップサヤ取りの実績をブログで公開!始め方も解説。 【10ヶ月経過】FXズロチ円でスワップサヤ取りの実績をブログで公開!始め方も解説。

 

わからないことがあれば遠慮なく聞いてくださいね(^o^)/いただいた質問から私自身も学ぶことが多いので!

 

あっきんは読者さんとのコミュニケーションも大切にしています。以下で3つの方法を紹介します!

  • LINE@で直接トーク!
    • スマホで見ている人はココをクリック!
    • LINEでお友だち追加できるよ!
    • PCで見てる人はQRコードをスマホで読み取っても良いかも!

    QRコード

     

  • STEP.2
    ツイッターで聞いてみる
    • ツイッターアカウントはココ
    • @_akkin_naraを投稿文に入れると届くよ
  • STEP.3
    質問箱で聞いてみる
    • 匿名で聞けるのが質問箱
    • 返信はツイッターに流れてくるよ
    • ツイッターであっきんをフォローしよう!

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/