FXにおける両建ての使い方。ロスカットを回避?含み損を減らす?

FXにおける両建ての使い方。ロスカットを回避?含み損を減らす?

 

どうもあっきんです!

FXを始めてはや12年。私は自動売買でシステマチックにトレードするのが大好きなんです。

相場を見なくてもいいので上手に使えばまさに不労所得になるので。

で、時にはもっと工夫して利益率上げれないかな〜なんてお風呂で考えたりもします(笑)

意外とふとしたときにアイデアって思いつきますからね!

そんな経験からちょっと面白いトレード手法を簡単にですが紹介しますね。FXの両建てと言われるものです。

 

FXの両建ての仕組み。

FXの両建てとは同じ通貨ペアで買いポジションと売りポジションの両方を同時に持つことを言います。

例えば以前紹介したトラリピハーフ&ハーフなんかはゾーンを分けて注文しているので同時に買いと売りポジションを持つことはありません。

 【検証】トラリピハーフ&ハーフをラップさせると利益は増える?

 

で、なんでわざわざ同時に両方のポジションを持つか?って話です。

結論を先に言うと、同時に持つことで一時的に損失を抑えることができるからです。

極論、ロスカットを回避することもできます。

 

FXで両建てを使って含み損を減らす方法。

それでは具体的な例で両建てのメリットを見てみましょう。

まずは通常に買いポジションだけ持っていた場合です。

米ドル/円が110円の時に1万通貨を買ったとします。

円高になり10円下がって米ドル/円が100円になった時に含み損はいくらでしょうか?答えは10万円です。

 

買いポジションだけ

 

ここまでは大丈夫ですね?

買いポジションだけ持っていると米ドル/円がどんどん下がると含み損もどんどん増えていきます。

ではここで売りポジションを同時に持ってみましょう。

 

両建ての場合

 

105円まで下がったところで買いと同じ10,000通貨だけ売りポジションを持ちました。

買いの反対なので売りは米ドル/円が下がっていくと含み益が増えていきます。

例の場合は米ドル/円が100円になったところで、5円の下落なので5万円の含み益が発生しました。

この分が買いの含み損と相殺されてトータルの含み損が5万円になりました。

買いだけの場合だと含み損が10万だったものが売りを併用することで5万まで減らすことができました👏

 

FXで両建てを使ってロスカットを回避する方法。

ではもう少し考えてみましょう。

先ほどと同じ110円で10,000通貨の米ドル/円を買った取引を使います。

この取引をするのにFX口座に15万円入金していたとします。さて、ロスカットは米ドル/円がいくらの時でしょうか?

 

ロスカットはいくら?

 

答えは99.4です。

ではここからロスカットを回避するために売りポジションを持ちます。

先ほどと同様に105円で10,000通貨の売りポジションを持つとどうですか?

 

売りポジション

 

100円の時も95円の時も含み損は5万円ですね。

買いと同じだけの売りを持つことでそれ以上含み損が増えなくなります。

ということは、どこまでいってもロスカットの目安である含み損が10.6万円にならないのでロスカットを回避できますよね〜👏

 

FXにおける両建てのデメリット。

これだけだと夢のような無敵な技みたいになってしまいます(笑)

これまでで解説したようなメリットがありますがデメリットは大きくわけて2点あります。

 

マイナススワップが発生する。

米ドル/円で考えましょう。

買いポジションだけだとスワップはプラス分だけです。つまり毎日金利が少し付くパターンです。

でも売りポジションはその反対なので毎日スワップ分が引かれていきます。

例えば私がトラリピで毎日お世話になっているマネースクエアだとこれだけのスワップが発生します。

 

スワップ(トラリピ)

 

10,000通貨あたり買いだと11円で売りだと−36円です。

つまりマネースクエアの場合だと10,000通貨の米ドル/円を両建てしていると差し引きで1日あたり25円スワップが引かれます。

1ヶ月だと750円ですね〜。ま〜私の経験上、FXは差益が効いてくるのでスワップは誤差ぐらいの感覚ですが(笑)

 

売りポジションが含み損になることも。

米ドル/円が下がっているときは売りポジションを持っていると含み益が増えるので助かります。

でも、新規で持った売値よりも反対に上がり続けると今度は含み損になってしまいます。

 

売りポジションのデメリット

 

この場合だと100円まで下がったときは含み益5万です。

そして105円まで戻ったときは含み益はゼロ。

ここから上がっていくときにまだ売りポジションを持っていると110円の時では含み損5万になります。

このことからも両建てで持った売りポジションはどこかで決済してしまわないといけないことがわかりますね!

 

まとめ。両建ては使うべきか?

FXってとてもよくできた取引システムだと思います。

言ってみれば人のお金を借りて実力以上のボリュームで外貨を売買できるんですよ(笑)

そんでもって、買い過ぎてロスカットになりそう〜((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルって時に両建てでロスカットが回避できちゃったりして。

ただ、私からするとこの両建ては円高になったときに慌ててするようではイケてないですね。

予め「◯◯円になったら売りを◯◯通貨だけもって、◯◯円になったら決済する」と決めた上で使うのであればアリなのかなと思います。

ということで、ちょっとした小技の紹介でした〜(^o^)/

 

設定次第でパフォーマンスも大きく変わるのがトラリピです。ここはしっかり頭を使って効率的に不労所得をGETしたいですよね〜(笑)

今月は珍しく幸先好調です!

 

 

トラリピ口座開設はこちら

 

トラリピを始めるならキャンペーンやってる今がほんとにお得です。珍しいキャンペーンなので今が始めどきですよ〜 

 【お得】マネースクエアがトラリピ手数料無料キャンペーンを開始!!

 

私の毎月の運用成績はこちらの記事で公開しています。

 【2015.8開始】毎月の運用実績は?マネースクエアのトラリピで資産運用中!