リスクと投資金額のバランスの取り方。

【保存版】FXで生き残るためには。実効レバレッジ3倍の意味を解説。

【保存版】FXで生き残るためには。実効レバレッジ3倍の意味を解説。

 

どうもあっきんです!

私はFXのスワップ投資では資金の目安をだいたいレバレッジ3倍にしています。

これは経験則からくるもので絶対に3倍だから安全!というものではありません。

でもこの感覚こそがFXの資金管理には重要なんです。もしあなたが長くFXの相場で生き残りたいのであれば・・・。

なので、ここではそもそもレバレッジ3倍ってどういうことなのか?を完全に解説します 

 

実効レバレッジはどこで見る?

具体例をお見せします。

以下は私が豪ドル/円のスワップ投資を始めたヒロセ通商の口座です【10/2現在】

証拠金状況という所でレバレッジをリアルタイムで確認できます。

 

実質レバレッジ

 

実効レバレッジ3.49倍と書かれている所がこの記事で解説する数字の意味です。

ちなみに、豪ドル/円はレバレッジ4倍で運用するゼ!ってプランを立てて始めています。たまたま含み益が多くでているので(1万ちょっと)レバレッジが下がっている状態です。

レバレッジ4倍になった経緯はこの記事にて。

 【2ヶ月目】米ドル・カナダドル・豪ドルをレバ4倍でスワップ積立投資。

 

現実世界では実効レバレッジ1倍が当たり前。

例えば時計屋さんで30万円の時計を買います。

30万円で売られている時計を手にするには30万円の現金を支払います。これはFXで言うところの実効レバレッジ1倍です。

 

実効レバレッジ1倍

 

実効レバレッジ3倍で買うなら?

ではFXに近づけていきます。実効レバレッジ3倍で買っている状態は以下のようなイメージです。

 

実効レバレッジ3倍

 

あら不思議!30万円の時計を買うのに10万円でいいんです(笑)

これがFXの最大の魅力かつ多くの人が魅力に取りつかれ退場していく甘い罠でもあります。

買ったというか借りているイメージです。条件を満たしたときには返さないといけません。

 

その条件とは、『時計の価値が10万円値下がりしたら預かった10万円は没収』というものです。

 

通貨で実効レバレッジ3倍を考える。

では、時計ではなく通貨、例えば米ドル/円で考えるとどうでしょうか?

30万円の時計が20万円になった時(価値が2/3になった時)に預けていた10万円は没収されるというのが先ほどの例でした。

これって預けた金額10万円分、時計の価値が下落したら10万円没収ということですね。

 

では1ドルが100円の時に実効レバレッジ3倍で1ドル借りるのにいくら必要ですか??

33円必要ですね 

 

レバレッジ3倍

 

ではこの1ドルの価値がいくら下がれば預けた33円は没収されますか??

預けたのが33円なので33円ですね。

このイメージを図にするとこんな感じです 

 

チャート

これでもう実質レバレッジ3倍の意味がわかりましたね 

 

FXで生き残るヒントとは?

では次にあなたが考えるべきことは何でしょうか?

それは没収価格にならないようにレバレッジを考えることです。

FXは言わば没収価格にならなければずーっと借りたままでいいんです。都合よく値上がりした時に返却すれば利益がもらえます。

値動きが一定でも金利の高い通貨を買っておけばスワップと呼ばれる金利収入を手にすることができます。

多くの人は目先の利益を大きくしたいがために実効レバレッジを高くして外貨を借り過ぎてしまいます。

これが人間の弱さでもあります。

お金を増やしたいから投資(FX)を始めたのに前のめりになり過ぎて結果的に資金を溶かしてしまいます。

 

FXの失敗例

 

私自身も今から12年前にわずか2週間で50万円を8万円にしたという苦い経験を持っています。

でも、よくよく考えるとこのレバレッジの理解がなかっただけということがわかったんですね。

だからこそ、資金管理を徹底すれば下がっても上がるまでほっとけばえ〜やん!って思えるようになったんです。

この発想をそのまま使っているのが私がメインで運用しているリピート系自動売買だったりします。

 【解説】トライオートFXの自動売買が進化!評判は?トラリピとの違いは?

 

繰り返します。

FXで大事なのは資金管理です。つまりはレバレッジを制することにあります。それができれば生き残れます(笑)

目の前の人参を追い過ぎずに生き残りましょう!

 

生き残れ!

 

私の運用ジャンルは割と広めです。主だったものは週次報告でジャンル分けして紹介しています。

 【週次報告】あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開!

 

質問があればLINE@質問箱などにお気軽にどうぞ

※いただいた質問と回答も参考になるものであればこの記事に追記します!