ポテチで学ぶ。あなたのお金は減っていく。

FXを少額でスタート。元手10万に月1万加えてほったらかしトレード!

FXを少額でスタート。元手10万に月1万加えてほったらかしトレード!

 

どうもあっきんです!

少額でFXを始めてみたい。どうすれば?

という質問をよくいただきます。

で、たまたま昨日お風呂に入っていたらこんなやり方どうかな〜って思いついたのでメモ書きしておきます(笑)

アイデアって何気ない時にふと思いつくもんですね

 

少額でFXをスタートするならマネパを使う。

ここで紹介するやり方はマネパ(マネーパートナーズ)というFX会社のサービスを使います。

一般的なFX会社の最低取引単位は1,000通貨です。

でも、マネパのパートナーズFXnanoというサービスを利用すると100通貨から取引ができます。

 

fxnano

 

一番安い外貨である南アフリカランド/円を選べば100円で100通貨を買えます。

私がメインにトレードしている米ドル/円なら買うのに必要な担保金(必要証拠金)は440円です。

※1ドル=110円のレートで計算

 

また、私は自動売買によるトレードしかしない派なので、連続予約注文という発注方法を使っています。

等間隔に買い注文を並べて少し上がったら売るというシンプルなロジックです。

イメージとしてはこんな感じです

 

連続予約注文

 

私が1,000万以上運用しているトラリピと似たような感じです。

使い勝手はトラリピの方が良いです。

ただ、マネパはより少額から始められるFX自動売買という点で人気を集めているサービスです。

 

スタートの元手10万円の基本設定はコレ。

ここで紹介する設定の詳しいところは別記事を見てください。

 【ブログで実績公開】100通貨でFX自動売買。マネパ連続予約注文の攻略法!

 

簡単にプランを説明すると、米ドル/円で110円を真ん中として下は買いのみ、上は売りのみの新規注文を並べるというものです。

米ドル円は110円あたりをウロウロするという性質を利用しています。

 

指値注文のイメージ

 

より詳しい注文内容は以下の表を参照。

 

注文詳細

 

1本あたりの注文を200通貨にしています。

仮に運用資金を5万円でと考えるのであれば100通貨にするだけです!

このプランでは買い注文だと米ドル/円が95円になった時は損切りするようにしています。

万が一急な暴落相場がきた時に大損しないようにするためです。

95円になった時の含み損が約3万円になるようにしているので、MAXの損失は3万ということです。

以上が基本プランです

 

月1万の運用資金で新規注文を増やす。

お気づきかもしれませんが、この無数の買い注文(売り注文)を並べるやり方は本数が多い方が利益がでます。

例えば5/15現在の米ドル/円は110円付近です。

ということは、110円付近に注文を並べておけば新規注文&決済注文が成立しやすいですね。

 

で、ここからが私が思いついたやり方です。

1万円で出せる数本の注文を110円付近に並べるというものです。

どういうことか図で説明します。

売りは買いの反対なのでわかりやすい買いで説明します。

 

基本プランの注文位置を確認。

トラリピのシミュレーションツールを使って新規注文を出す価格をリストにしたものです。

 

指値注文一覧

指値注文一覧【M2J らくトラ運用試算表より】

 

この表によると110円に一番近い買指値は109.82円です。次は109.04円です。

これらを図にするとこんな感じです

 

基本プラン

 

1本1本の注文間隔は0.78円です。これが基本プラン。

 

追加の1万円で出せる注文は?

まずは一番110円に近い109.82の買い注文を出すのに必要な資金を確認しましょう。

求めるのは買うのに必要な必要証拠金と95円までの下落に耐えるための余裕資金です。

ざっくり110円として計算すると1,940円必要です。

 

必要資金

 

ではその下の109.04円は?と順番に計算していき、合計金額が1万円以内に収まる範囲を求めました。

結果を表にしています。

 

必要資金の計算2

 

ちょっと1万円をオーバーしましたが、運用利益も含めるとま〜誤差ですね。

ということで、追加の1万円でなんと100通貨の注文を6本も出せることが判明しました!

 

毎月1万ずつ足していくと。

1万足すと1本あたり100通貨の新規注文を6本出せることがわかりました。

これを毎月繰り返すと、1ヶ月ごとに6本の新規注文が増えていきますね。

イメージはこんな感じです

 

毎月繰り返すと

 

具体的に利益がどう増えるかを計算してみます。

109.04円で買って1円上がった110.04円で売る場合、基本プランの200通貨では200円の利益です。

でも2ヶ月目には200通貨+100通貨+100通貨=400通貨の新規注文を出しています。

つまり、同じ値動きでも得られる利益は400円です。

なんだかお得感ありますよね!

 

運用リスクを確認!

たった2万円足すだけで1回あたりの利益が200円から400円に変わりましたね。

なぜこのようなことができるかと言うと、リスクを取っているからです。

10万円の基本プランは95円になった時に出る損失は約3万円です。

これに対し、追加の1万で出した注文は95円になった時に出る損失は7,700円です(表の余裕資金分が無くなる)

つまり、投資したお金に対し失う金額が大きい=リスクを取っているからなんです。

リスクを取っているからこそリターンが大きいんです。

元々の投資金額が小さいので多少のリスクを取ってリターンを取りにいくというのは作戦としてはアリだと思います。

 

運用プランのまとめ。

運用プランのまとめ

 

いかがでしたか?

より値動きがありそうな範囲を狙って効率的に注文を並べておく方が利益はでます。

ここでは110円付近に6本の注文を追加する例を出しました。

理由は5/15現在の米ドル/円が110円付近だからです。

仮に来月に105円あたりになっていれば105円を真ん中として6本の買い注文を並べても良いですよね

 

105円付近に注文

 

このように毎月運用資金を足しながら新規注文の本数を増やすことでよりお金が増えるスピードが上がります。

始めは誰でも少額の運用資金です。

でも、地道なことをコツコツ1年、2年と積み重ねることで気がつくとまんざらでもない運用資産になっているものです。

ということで、せっかく思いついたプランなので今後は毎月1万円を入金して運用していきますね。

最後になりますが、マネパでは口座開設をすると取引資金1,000円がもらえるキャンペーンをしています。

 

campaign

 

なかなか珍しいキャンペーンなので始めるには良いきっかけだと思います

 

マネパで口座開設

 

連続予約注文の詳しい注文方法などはこちらの記事に書いています。

 【ブログで実績公開】100通貨でFX自動売買。マネパ連続予約注文の攻略法!

 

運用の元手を毎月増やすことも大切ですが、利益を再投資していくことも大切です。

複利運用を心がけることでお金が増えるスピードを短縮することができます。

 【実話】複利運用で30万が11年後に1000万。驚くべき複利効果とは?