FXTFでMT4を使ってバックテストをしてみた。導入手順と注意点を解説。

FXTFでMT4を使ってバックテストをしてみた。導入手順と注意点を解説。

 

どうもあっきんです!

FX自動売買をさらに研究すべく、バックテストにチャレンジしてみました。

今までやったことがない未知の領域なので、時間かかりました。

慣れれば簡単なんですけどね(^o^)

ちょっとしたことでつまづくと先に行けないので気になる点をメモしておきます。

 

バックテスト環境を確認!

私は普段Macでブログを書いています。

MT4をインストールして自動売買するためのソフト(EA)を入れるにはWindowsパソコンが必要です。

24時間インターネットに繋がっている必要があります。

自宅に24時間稼働しっぱなしでもOKなPCがある人はそれを使います。

それ以外の人は仮想デスクトップを使うと良いでしょう(以下はイメージ図)

 

vps

 

これがあると一台のMacでMac環境とWindows環境の両立ができます

簡単に画面を切り替えることができます

 

vpsイメージ

 

仮想デスクトップ(VPS)については以下の記事にまとめています。

 お名前.comのVPSならMT4が格安で常時稼働に!Macで設定してみた。

 

ここからは私がFXTFのMT4をダウンロードしてバックテストするまでにしたことを紹介していきます!

 

あれ?メモリ容量が足りない!?

私はビットコインFX自動売買もしているのでビットポイントMT4も常時稼働しています。

ここに通常のFXをやるためのFXTFのMT4を入れると2つのMT4を稼働させることになります。

これだと今の契約プラン(メモリ容量1GB)だとフリーズします。

なので、先にアップグレードしてメモリ容量を2GBにする必要がありました。

 

vps plan

 

そしてプランを変更すると・・・

な、なんと・・・

OSがアップデートされて、これまで使っていた仮想デスクトップ環境初期化されました〜(T_T)

ま〜慣れているのでもう一度ビットコインFXの環境を用意するのに5分ほどでできましたが。。

 

FXTFでバックテストをするまでの全手順。

さて、ここからは米ドル/円(USD/JPY)でバックテストするまでの全手順を紹介していきます。

手順を先に確認しておきます。

 

タイトル
  1. MT4をダウンロード【FXTFから】
  2. 過去チャート(ヒストリカルデータ)をダウンロード【FXTFから】
  3. MT4にあっきんEAをインポート
  4. バックテスト開始

 

MT4をダウンロード

 

以降の手順についてはFXTFの公式サイトで図解されています。

 FXTF MT4 取引システムダウンロードの手順

 

過去チャート(ヒストリカルデータ)をダウンロード

step2

マイページにログイン

 

口座開設時に届いた書留に記載のIDを使ってマイページにログインします。

左にあるチャートデータから各通貨ペアの過去チャート(ヒストリカルデータ)を入手できます。

以降の作業については以下の記事を見ながら進めます。

 ヒストリカルデータの取得方法

 

あっきんEAを導入する

あっきんEA(SimpleTrade)はあっきんが直接販売しています。

ビットコインFXで自動売買をしたかったので自分好みのソフトを専門の業者さんにお願いして作りました(笑)

バージョンアップに伴い、少しずつ値上げしています(4/16現在で650人ほどのが利用)

導入については完全解説マニュアルがあります。

詳しくはこちらの記事を読んでください。

 只今あっきんEA販売中。MT4でビットコインFX自動売買を始めよう!

 

いよいよバックテスト!

ここまではすんなりできました。

ところが、バックテスト結果がどうしても上手くでませんでした。

後ほど私が行き詰まった箇所を紹介します。

FXTFではバックテストについてもやり方をしっかりと用意してくれています。

以下のPDFがマニュアルです。

 MT4のバックテストの方法(PDF)

 

ここまでで一通りの説明は終わりです。

 

バックテストでつまづいたポイント

大きくは2つあります。

・pipsやlotっていう単位が慣れないからわかりにくい

・バックテスト結果が上手くでない!?

 

pipsやlotという単位を整理しておく。

慣れないので単位がわかりにくかったんですよね〜。

実際にあっきんEAに入力した数字と照らし合わせてみるとわかりやすいです。

 

単位

 

1ポジションあたりの注文ロット数ですが、0.01lot1,000通貨を表します。(取引コース:1,000通貨を選択している場合)

また、レンジ上限・下限に入力する単位はです。110ならば110円という意味です。

トラップの刻み値や利確幅にある数字のpipsですが、100pips1円です。

利確幅100pipsとは、ドル円レートが1円動いたら決済してね!という意味です。

 

セッティング欄の単位にはまった・・。

エキスパート設定のテスト設定の欄を完全に見落としていました。

初期値ではUSDになっていたのでバックテスト結果が思うような値になりませんでした。

ここを手入力でJPYに書き換えるといけました(^o^)/

 

間違え箇所

 

この解決策を見つけたのは私ではなくあっきんEAの部屋にいる人です。

私より先にFXTFにてあっきんEAを使ってバックテストしているので、私の間違えに気付いてくれました👏👏

改めて、聞きたい時に聞ける人がいるコミュニティって心強いな〜と思いました。

FXでMT4を使ってバックテストをして・・・ってかなりマニアックな領域なのでなかなか情報共有できないのが普通です。

 

これからバックテストをどう使うか?

私が得意とするトレードは単純売買を繰り返すものです。

例えば、米ドル円110円〜115円の間に0.2円間隔1,000通貨ずつの買い注文を並べたらどうか?というふうに。

言ってみれば、買い注文を網の目上に仕掛けるだけなので肝心なのはどこにどれだけ仕掛けるか?なんです。

ということは、過去のチャートデータがあれば最適解は当然のことながら出ますよね(笑)

これを参考により資金効率が良い設定を導きだしたいのです。

ということで、この記事ではバックテストを始めるまでの手順を簡単にまとめてみました

 

FXTFで口座開設

 

あっきん

FXTFではビットコインの過去チャートも入手できるとのことでしたが、4/18現在ではできませんでした。

 

カスタマーに確認したところ、現在サイトをリニューアル中で該当箇所がアクセスできないそうです。

 

1ヶ月ほどの間に公式サイトからビットコインなどのヒストリカルデータを入手できるように対応するとの回答をいただきました!

 

FXTFはMT4を使って自動売買したい人におすすめです。とても真面目な感じが伝わってきますね!

 MT4が使えるFXTFで自動売買を極める。バックテストを使い倒す!

 

あっきんEAを使ったビットコインFX自動売買についてはこちらの記事でまとめていま〜す。

 【ビットコインFX自動売買】ブログでやり方と運用実績を完全公開中!