イデコ(iDeCo)で自分年金づくり。メリットや加入資格・おすすめ銘柄を解説!

イデコ(iDeCo)で自分年金づくり。メリットや加入資格・おすすめ銘柄を解説!

 

こんにちは。ひろこです!

イデコ(iDeCo)っていいって聞くけど、つみたてNISAと何が違うの?どっちがいいの?って質問をよくいただきます。

どちらも非課税の積立投資なのでどこが違うのかよくわかりませんよね。そこで、この記事ではイデコについてポイントをしぼって整理しました!

 

イデコ(iDeCo)ってなに?

イデコ(iDeCo)とは厚生労働省が所管する個人型確定拠出年金で、老後の資産づくりのための制度です。

公的年金にプラスする自分のための年金を積立てる国の制度です。

税制的にも非常に優遇されているのが特徴です。

 

加入資格と拠出限度額を知ろう

仕組みを知る前に、まずは、自分が加入できるのかが知りたいですよね。

「60歳未満ならほとんどの人が加入できます。」と説明されていることが多いのですがどうなのでしょうか?

手続きを始めたら、「加入できませんでした」ってなったら、手続きの時間がもったいないので表にまとめてみました。

 

イデコ iDeCo 加入資格 限度額

 

自営業・フリーランスで国民年金基金に上限まで加入している人はiDeCoには加入できません。

 

会社員の人は加入資格が少し複雑ですね。

大企業に勤める人は、企業型の確定拠出年金が会社で採用されていることが多く、イデコ(iDeCo)との同時加入を認める場合には、規約の変更などが必要なため加入できない場合があります。

上記のような人は会社の人事部・総務部などに確認してみてください。

 

また、国民年金未加入の人や保険料納付免除者に該当する人は加入できません。

 

イデコ(iDeCo)の仕組みを知ろう!

加入できるかわかったら、仕組みをみていきましょう。

毎月積立を行い、60歳以降に年金か一時金を受け取るという簡単な仕組みです。

 

イデコ iDeCo イメージ

 

メリットは運用益の非課税と積み立てた金額の所得控除

イメージの中にも記載していますが、メリットは運用益が非課税となることに加えて、毎年積み立てた金額が所得控除の対象となるということです。

ふーん。所得控除になるんだー。

ってさらっと流してしまいがちですが、これが侮れません。後ほどシミュレーションした結果を紹介しますね!

 

60歳以降に受け取るときも税制上のメリットあり

60歳以降に受け取る時は、一時金、年金またはその併用が選択できますが、受け取り時も退職所得控除公的年金等控除といった税制上のメリットを受けることができます。

たとえば、30年間掛金を積み立てて60歳に一時金で受け取ると最大1,500万円まで税金がかかりません。

※掛金を30年間積み立て、給付金を一時金(一括)で受取る場合

iDeCoの所得控除の効果を比較してみた!

参考までに、25歳(独身)、35歳(扶養配偶者あり・子供1人)、45歳(扶養配偶者あり・子供2人)の3パターンをシミュレーションしてみました。

参考:節税シミュレーター

 

25歳(独身)の場合

イデコ iDeCo 所得控除 シミュレーション

 

毎月1万円積立をした場合にiDeCOに加入した場合としない場合で支払う税金の差額が24,300円もあります!

12万円投資をして24,300円の利益を出すのと同じことですよね(^o^)/

35歳(扶養配偶者あり・こども1人)

 

毎月2万円積立をした場合にiDeCOに加入した場合としない場合で支払う税金の差額が73,000円もあります!

24万円投資をして73,000円の利益を出すのと同じことですよね(^o^)/

45歳(扶養配偶者あり・こども2人)

イデコ iDeCo 所得控除 シミュレーション

 

毎月3万円積立をした場合にiDeCOに加入した場合としない場合で支払う税金の差額が120,500円もあります!

36万円投資をして120,500円の利益を出すのと同じことですよね(^o^)/

 

このように、積み立てた金額が所得控除の対象となり支払う税金が少なくなるのがiDeCoの税制優遇の一番の特徴です。

※ご自身の年収や扶養の状況などにより控除額が違うのでご自身でシミュレーションしてみてくださいね!

 

iDeCoのデメリットは?

イデコは、60歳まで受け取りができないというのが最大のデメリットです。

ただ、反対に老後の資金をきちんと確保できるというメリットともいえます。強制貯金的な意味合いですね!

また、イデコの運営主体である国民年金基金連合会が月103円(税込)、資産を預かる信託銀行(事務委託先金融機関)が月64円(税込)かかるので、167円が毎月の掛金から差し引かれて運用されます。

所得控除と合わせて考えると年間2,004(167円×12ヶ月)の口座管理手数料については気になるような額ではないと考えますけどね!

 

なお、加入手続きを申し込む金融機関によってはさらに口座管理費用が発生するので、利用する金融機関選びの際は注意が必要です。

ちなみに、SBI証券楽天証券無料となっています!

 

iDeCoでおすすめ商品は?

iDeCo(イデコ)では、イデコ用の購入手数料がかからない投資信託があります。

また、元本を極力減らしたくないという人向けに定期預金、保険といった元本確保型商品もあります。

ただし、購入できる商品のラインナップは加入手続きを申し込む金融機関によって違いますし、1つの金融機関でしか申し込むことができないので、じっくりと考えて金融機関を選ぶことが必要です。

私はiDeCoに関しては10年以上かけて長期で積立投資をしていく前提の仕組みなので資金が増えるものに投資をしていくのが良いのではと考えています(^o^)/

 

楽天証券で買えるおすすめ銘柄は?

おすすめは楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))です。通称「楽天VTI」です!

これひとつで米国株式にまるごと投資ができ、信託報酬も0.1696%と低コストなのでいいですね!

似たようなシリーズで楽天・全世界インデックス・ファンドもありますが、米国一本の方が利回りもよくなると考えています。

参考:楽天証券のiDeCo取扱商品一覧【公式】

 

※iDeCoは年金制度ということもあり楽天カードで買ったらポイントが付与されたり、楽天ポイントをiDeCoの拠出金にするということはできません。

 

楽天VTIについてはこちらで詳しく商品や運用実績について解説しています 

 

楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)の利回りをブログで公開! 楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)の利回りをブログで公開!

 

SBI証券で買えるおすすめ銘柄は?

SBI証券で買えるおすすめ銘柄は三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)です。先ほどの楽天VTIにかなり近いです。

楽天VTIよりも後から出てきているので信託報酬も0.1728%とさらに低くなっています。

参考:SBI証券のiDeCo取扱商品一覧【公式】

 

スイッチング機能も知っておきたい!

なお、イデコ(iDeCo)には、上記のような変動商品を買っていき、十分に値上がりしたから売却益を確保しておきたいという時はスイッチングという機能がおすすめです!

スイッチングを使って投資信託を売却して元本確保型の定期預金などに非課税で資金を振り替えることができます。

相場の状況を見ながら定期預金から投資信託に、投資信託から定期預金にといった使い方ができる制度です。

ツイッターで調べるとiDeCoのスイッチングやっている人が結構出てきました(^o^)/

 

 

 

 

イデコ(iDeCo)とつみたてNISAの比較

2018年から始まったつみたてNISAと比べてみました。大きく違うのはiDeCoは引き出しが60歳以降であることですね!

イデコのメリットはつみたてNISAよりも税制優遇されている点です。

 

イデコとつみたてNISAの違い

 

イデコ(iDeCo)とつみたてNISAの使い分けはどうしたら?

色々なケースが考えられますが、iDeCoの最大のメリットは所得控除なので課税所得があるサラリーマンの年金として使われるケースが多いですね。

そもそも課税所得がない人であれば所得控除を受けられないのでつみたてNISAと同じということになりますよね。

ただiDeCoはあくまでも自分年金という位置付けなのでお金を引き出せるのは60歳以降です。

 

なので子供の教育資金を貯蓄だけでなく投信でも買って増やしながら貯めたいという人はつみたてNISAがおすすめです!

 

以上ざっとiDeCoについてまとめてみました。

疑問点については適宜質問などいただけたらと思います(^o^)/

 

将来に備えて漠然と貯金をしているよりはこのような税制優遇のある制度を使って元本以上に増やしていくことは良いことだと思います。

ただ、積極運用派のわが家としては、積立限度額が限られていることや米国株式に長期で投資したときの利回りがざっくり平均6.5%〜7%程度であることからそれだけでは物足りないとも考えます。

なので投信を買うだけではなくトラリピなどのもう少し高い利回りを狙える仕組みを使って運用しています。

このあたりはあっきんが専門なので関連記事を読んでくださいね!

 

年利7%を超える投資は怪しい?期待利回り10%超えのトラリピは大丈夫? 年利7%を超える投資は怪しい?期待利回り10%超えのトラリピは大丈夫?

 

つみたてNISAでどれぐらい利益が出るものなのかは毎月わが家の運用実績を更新しているこちらの記事が参考になると思います。

 

【実績比較】FPひろこが選んだつみたてNISAおすすめ銘柄。商品をどう選ぶ? 【実績比較11ヶ月目】FPひろこが選んだつみたてNISAおすすめ銘柄。商品をどう選ぶ?

 

教育資金の貯め方についてはよく「学資保険を使ったほうが・・」という相談を受けます。数字で比較するとメリットがあまりないことがわかります。

 

教育資金の貯め方。預金か学資保険か投資信託か?FPひろこが解説! 教育資金の貯め方。預金か学資保険か投資信託か?FPひろこが解説!