FXの基本的な注文方法まとめ。これだけで十分!

FX始め方やり方

SHARE

FXの基本的な注文方法まとめ。これだけで十分!

ここではFXの基本的な注文方法を紹介します。

実際に全てを使いこなしてトレードするわけではないので、イメージだけ掴めばいいです。

 

FXの基本注文(成行、指値、逆指値)から

成行(なりゆき)注文

今表示されている値段(為替レート)で買いたい・売りたい」という時に有効な注文方法。

レートを指定せず、為替動向を見ながらに注文する方法なので、すぐに注文を出せて、売買も成立しやすいという特徴があります。

order

 

株の売買では「金額は幾らになってもいいので、買いたい・売りたい」という時に使われるのが成行注文ですが、FXの場合は「現在の価格でスグに売買する」という意味合いを持ちます。

 

指値(さしね)注文

買いたい価格・売りたい価格」を指定して取引する方法。

為替市場は絶えず変動し続けているので、レートが常に自分が取引したい価格だとは限りません。

納得した値段で取引したい、パソコンの前でじっと待つ時間がない人は、この「指値注文」が便利です!

order

 

逆指値(ぎゃくさしね)注文

現在のレートより「価格が上がったら買う」「価格が下がったら売る」というように、指値注文とは逆の注文を出す方法です。

ややこしいだけですよね。この図を作っている自分も少し心が折れました。

ということで、関係を表にまとめてみました。

table

買いから入るトレードをしている時には次のような役割をします。

  • 今より高いレートで買いたい➞相場が上昇トレンドの時に確実に新規で買える
  • 今より低いレートで売りたい➞買いポジションを持っている時に含み損をそれ以上増やさない
 

IFD(イフダン)注文とは?

いよいよ本題に入っていきますね!

先に3つの基本注文を説明したのは、基本注文の組み合わせだからです。

 

IFD(イフダン)注文とは、一度に二つの注文を出して、最初の注文が約定したら二つめの注文が自動的に発動される注文方法です。

order

二つめの注文は、最初の注文が成約しない限り発動されることはありません。

注文は、指値でも逆指値でも出せます。

また、思惑どおりに相場が動いた場合の「利益確定」のためによく使われます。

 

OCO(オーシーオー)注文とは?

一度に二つの注文を出して、どちらかの注文が約定したら別の注文が取り消しになるという注文方法。

order

このような注文を出す目的は2つの意図があります。

価格を事前に決めておけるので迷いが売買に影響することはありません。

  • 利益が出た時に事前に決めておいた価格で利益が取れる
  • 相場が予想と外れた場合に一定の損失を確定することで、被害を小さくできる
 

IFO(アイエフオー)注文とは?

IFD(イフダン)注文とOCO(オーシーオー)注文を組み合わせた注文方法で、両者の特徴をそのまま活かした方法。

最初にIFD注文が約定した後に、自動的にOCO注文が発動される仕組み。

IFDでは、決済注文は一つしか発注できませんが、OCOは一度に二つの決済注文が可能です。この両者を組み合わせることによって、一度に3つの注文が出せて、決済注文も二つ可能になる。

order

新規ポジションの確保」「利益確定の指値」「損切りの逆指値」を同時に3つ発注できて、最初の注文が約定されると、二つの決済注文も自動的に発動されるということです。

あっきん

ややこしいので私はIFD注文を基本として損切り設定を加えたい時に使うのがIFO注文と覚えています!

【応用編】トラリピとは?

もういちどIFD(イフダン)注文を見てみましょう。

ifd

相場に対して買い注文と売り注文のトラップを仕掛けるイメージを持ってください。

相場で上がるか・下がるかが100%予想できたら億万長者になれると思いませんか??

で・き・た・ら・ですけどね。

できませんよね?

だったら予想しても無駄だと思いませんか?

そう考えたある人はだったらこうしよう!と考えました。

IFD(イフダン)注文をたくさん並べておこう

仕組みはこんな感じです。

相場が動くことで自動的に買いの新規注文が成立していきます。

order

IFD(イフダン)注文の買い注文が成立すると、あらかじめ指定した価格まで相場が上昇すると下図のように自動的に売りの決済注文が成立します。

toraripi

あとは相場が範囲(レンジ)内にいる時はこの注文を自動繰り返します。

これがマネースクウェア・ジャパンが開発したトラリピ(トラップリピートイフダン)の仕組みです。

近年ではこのような注文方法を連続注文リピート系注文と呼ばれています。

やっていることはIFD注文を機械的に並べているだけなので、高度なロジックにもとづいて運用をするシステムトレード(自動売買)とは違います。

 

実は私自身もこの仕組みで10年ほど前から手動でIFD注文を繰り返し発注し、細かい利益を積み重ねてきました。

そして2015年8月からトラリピを利用していますが、やっぱり自動で全てをやってくれるのは便利です。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます!用語解説、注文方法と少し固い話が続いたので箸休めにちょっといつもと違う話を次にします!

次の記事 ➡ FXで負ける人が多い理由3選。これからFXを始める人は勝ち組になろう!

 

FXの始め方やり方まとめ記事に戻る