ポテチで学ぶ。あなたのお金は減っていく。

レジャーナノS にリップル(XRP)を送金。エラーが出た時の対処法は?

レジャーナノS にリップル(XRP)を送金。エラーが出た時の対処法は?

 

どうもあっきんです!

ハードウェアウォレットの「Ledger Nano S(レジャーナノS)」を購入したので早速使っています。

前回の記事でBTCの送金までは完了したのですが、リップル(XRP)のくだりでつまづいたので今回まとめてみました。

前回の記事はこちらを参照。

 【Ledger Nano S】レジャーナノSの使い方や注意点、感想を網羅。

 

リップルのウォレットアプリを「Ledger Nano S」本体にダウンロード

前回の記事で、「Ledger Manager」をダウンロードしています。

次にすることはリップル専用のウォレットアプリを本体にダウンロードです。

まず、パソコンにダウンロードした「Ledger Manager」を開きます。

アイコンはこんな感じのやつです。

 

レジャーマネージャー

 

この時「Ledger Nano S」本体はPCと接続していてくださいね。

        

 

少し下にスクロールすると、「Ripple」のアイコンが現れます。右横の下矢印↓をクリックします。

 

 

Rippleのアイコンが表示されていればOKです。

これで「Ledger Nano S」本体にリップルのウォレットをダウンロードできました。

 

リップルウォレットアプリをPCにダウンロード

先ほどはレジャーナノ本体にウォレットをダウンロードしました。

次にリップルのウォレットアプリをPCにダウンロードします。

ウォレットアプリダウンロードにアクセスします。

 

 

Ledger Wallet Ripple」をクリックします。

 

 

GET THE APP」をクリックします。

 

 

DOWNLOAD」をクリックします。

 

ダウンロードが完了したら、ウォレットアプリを立ち上げます。

 

 

この画面がでればOKです。

次に「Ledger Nano S」本体の作業に戻ります。

 

 

Rippleのアイコンを真ん中に表示させ、上の2つのボタンを同時にクリックします。

 

 

このページが表示されると完了です!

 

リップル(XRP)を実際に送金してみる。

では、リップルを「Ledger Nano S」に送金してみます。

私ははコインチェックに置いてあったリップルを送金してみました。

 

まずは、コインチェックにログインします。

 

 

「コインを送る」をクリックし、「Rippleを送る」をクリックします。

「Ledger Nano S」のアドレスを確認してみましょう。

 

 

左から3つ目の↓矢印をクリックします。

 

 

このアドレス宛に送金します。

間違わないためにも、必ずコピーしましょう。

 

 

「送金先リストの編集」をクリックし、コピーしたアドレスを貼り付けます。

 

 

今回はXRP宛先タグを使用するをチェックしなくても構いません。

 

①の宛先、②の数量だけ入力すれば、簡単に送金することが出来ます。

 

 

試しに30XRP送金してみました。1秒ほどで、届いてました。 さすがリップルですね👏

 

レジャーナノSでエラーがでた時の対処法。

作業の中で2度エラーがでたので記念に載せておきます。

恐らく同じようなエラーがでた人もいると思うので怒らず焦らず作業を進めましょう。

 

【エラー①】本体にウォレットアプリをインストールできない

この記事の一番最初に書いた手順です。

「Ledger Manager(レジャーマネージャー)」からリップルウォレットをダウンロードする時に以下のエラーがでました(泣)

 

表示されたエラー:unable to install application

 

考えられる原因としてファームウェアのアップデートがありますが、私の場合は先にこの作業をしていました。

ファームウェアのアップデートについては以下を参照。

 レジャーナノSファームウェアのアップデートについて。

 

これ以外に試したことはレジャーナノをPCから抜いて、PCを再起動です。すると何事もなかったかのようにできました👏

 

【エラー②】PCにダウンロードしたウォレットアプリを起動した時

PCにダウンロードしたリップルのウォレットアプリを起動した時に以下のような画面になりました。

 

 

表示されたエラー:Unable to synchronize your wallet

 

一度「Ledger Nano S」を抜いてやり直すか、以下の方法を試してみるといいようです。1回で正常に起動しました。

 

 

「Quit app」の画面で上のボタンを同時に押してください

 

 

この状態でもう一度、PC上のリップルウォレットを起動させてみましょう。

 

レジャーナノSでリップルを送金してみて。

 

感想

ここに来るまでにレジャーナノSの設定を経験しているのでリップルウォレットのダウンロードは簡単でした。

ただ、数人の読者さんからエラーがでて先に進めないとの情報をいただいていたので記事にしてみました。

エラーが出る原因は①ファームウェアのアップデートができていない。か、②再起動などをしていない。のどちらかでしょう。

 

これ以外にエラーがでたケースと対処法などがあればLINE@で教えてください。

記事に追記しておきたいと思います

 

LINEのID検索の場合は「zob7690d」です。

 

ということで、かなりレジャーナノSに慣れてきたので安心できるようになりました。

まだ、取引所に仮想通貨を置きっぱなしにしている人はコインチェック事件のように取引所から盗まれることも覚悟しておきましょう(笑)

 【解説】仮想通貨のおすすめの保管方法は?ウォレットの種類と特徴。