【新着】分散投資の本質がわかる記事。

【23,000円!?】XRPが買える仮想通貨取引所『Liquid by Quoine』が熱い!

【23,000円!?】XRPが買える仮想通貨取引所『Liquid by Quoine』が熱い!

 

どうもあっきんです!

仮想通貨は爆上げしてから買うものではありません。安いときに買いましょう。

高い時に買えるのに安い時に買えない意味がわかりません(笑)

でも何を買ったら良いの?って話ですが、私は主要通貨の中でもBTCとXRPにフォーカスしています。

その他はNANJCOINやYUKIなどの国産仮想通貨です。

イメージとしては昨年のような狂ったような爆上げはこないでしょうね。でもアレがあったおかげで今があります。

金融商品として仮想通貨を誰しもが売買できる下地が徐々にでき始めています。

そんな流れの現状で、何かバブリーな匂いがするキャンペーンが打ち出されました。恐らくビットコイン暴落後ではこの規模は初!!です。

 

私が知る限り、国内の仮想通貨取引所で現在キャッシュバックキャンペーンをやっているのはビットポイントだけです。

新規口座開設&5万円の入金で3,000円相当のビットコインがもらえるというものです。コレ 

 

ビットポイントキャンペーン

 

ですが、今回のLiquid(リキッド)のキャッシュバックは規模が違います!

なんと、最大で23,000円相当のQASHがもらえます。もちろん日本円に換金できます。

ビットポイントと同じ新規口座開設&5万円以上の入金でも13,000円相当のQASHと金額が違います(笑)

期間は11/16(金)の23:59までです!

 

 

仮想通貨取引所『Liquid by Quoine』(リキッドバイコイン)とは?

リキッドバイコイン

この取引所は2017年9月29日に金融庁(関東財務局)から仮想通貨交換事業者として第一号登録(登録番号:関東財務局長第0000号)を受けています。

ちなみにリキッドを運営するQUOINE(コイン)はシンガポール、日本、ベトナムにオフィスを構える世界初のグローバルな仮想通貨企業です。

 

この取引所の強みはズバリ安全性です。全ての仮想通貨をコールドウォレットに保管しています。

コールドウォレットっていうのは簡単にいえば、インターネットから切り離したオフラインで仮想通貨を保管するということです。

コールドウォレットで保管することで、以前にコインチェックであったようなハッキング被害にあわないようにしています。

 

日本円で買える通貨は10種類。

取扱通貨

 

仮想通貨の時価総額ランキング上位4つ(2018/10/17現在)とも日本円で買えます。

ちなみに、仮想通貨の時価総額はコインマーケットキャップでいつでも見ることができます。

 

時価総額ランキング

 

そして大事なのが取引所比較でよく出てくる手数料です。

仮想通貨取引に慣れていない人は知らないかもしれないのでさらりとそもそもの取引所って何?をおさらいしておきます。

 

販売所と取引所では手数料が恐ろしく違う。

ざっくりいうと販売所はお店から買うから買値と売値の差が大きく手数料がめちゃ高いです。なので一切おすすめしません。

一方の取引所は買いたい人と売りたい人の折り合いがついた価格で買うので手数料がかかりません。

一般的にはこのような取引を板取引と言います。

例えばビットフライヤーの中を見るとビットコイン販売所とビットコイン取引所があります。知らない人は販売所で買っています💦

 

販売所と取引所の違い

 

Liquidは安心の取引所でアプリも見やすい。

リキッドは取引所です!

こんなイメージで安く買いたい人と高く売りたい人が指値を入れて注文できます。

 

板取引のイメージ

 

ちなみに、この板取引はスマホアプリでできます 

Liquid by QUOINE ライト版」で取引が可能な仮想通貨はBTC, ETH, BCH, XRP、QASHの5種類の現物となっています。

 

スマホアプリの画面

 

実は意外と人気な取引所だったりして(笑)

実は何を隠そうあっきんもめちゃ使っているのがこのリキッドです。

でも、これは私だけでなく、日本中の人が使っています。24時間の出来高を見ればすぐにわかります。

ぶっちぎりの1位です。毎日です(笑)

 

取引高

 

最近は2017年と違って勢力図も変わったので純粋にサービスが優れている所が人気です。

その他にも何故これだけ利用されているかなんですが・・・。あまり大きな声では言いたくないのですがアービトラージとか・・・できたりします(笑)

大抵の場合はLiquidの買値が一番安かったりして、反対にbitbankが高かったりして・・・。

そんなこともあるのでbitbankにも口座開設しておくと良いでしょうね!

 

ビットバンクで新規口座開設

 

ちなみにビットコイン(BTC)だとLiquidに軍配が上がりますが、リップル(XRP)だと一番人気はbitbankです。

ということで少しサービス面で比較してみました。

 

bitbankとLiquidの手数料の違い。

明らかに差があるのは仮想通貨を海外の取引所やウォレットなどに送るときの送金手数料です。

なんと、Liquidは送金手数料が無料なんです!

仮想通貨の送金手数料

 

日本円の入金はクイック入金にも対応しているLiquidに軍配があります。

ただし、住信SBIネット銀行に口座を持っている人なら土日関係なく24時間すぐに反映されます。

入金手数料

 

日本円の出金に関しては、bitbankの方が早いので有利です。

日本円の出金

 

こうして比べて見ると現状一番人気のbitbankに引けを取らないというか、bitbankよりも有利な条件となっている部分もあることがわかりますね!

 

【注目】23,000円のキャッシュバックは凄い!

ただひとつbitbankと決定的に違うのがキャッシュバックキャンペーンを始めたことです!

金融庁の目もあってあまり派手なやつはできないのかな〜と感じていたのですが、まさか、まさかです(笑)

もしかすると金融庁も少しスタンス変わった??とか思ってしまいます。

 

キャシュバックバナー

 

期間:2018年10月17日(水)〜2018年11月16日(金)

新規口座開設の申し込み&30日以内に以下の条件達成ごとにQASHがもらえます。

 

達成条件

 

えーっとですね、口座開設をしてですね、5万円を入金するだけ13,000円相当のQASHがもらえます(笑)

もちろんもらってすぐに売れば日本円に換金できますよ!

ちなみに、QASHがもらえるのはすぐではなく2018年12月下旬に付与予定とのことなので慌てないように。

またQASHって何?って話ですが、このQASHトークンは金融庁認可取引所初のICOである点も注目ポイントです。

QUOINE社は2019年には銀行業の免許取得も予定しています。

より詳しくLiquidについて知りたい人は仮想通貨大手メディアのCoinPostの以下の記事がわかりやすいです。

関連:【速報】QUOINEのLiquidプラットフォーム、ローンチ予定日が発表される

 

ということで、あっきんもガンガン使いまくってるLiquidが派手なキャッシュバックキャンペーンを実施したので取り急ぎお伝えしました(^o^)/

せっかくなのでBTCとかXRPに興味ある人はこの機会に口座開設しておくと良いでしょう!

 

リキッドで新規口座開設をする

 

ちなみについ最近もXRP買いましたよ〜!一部は利確しましたが、まだ2/3は保有しています。

 

 

この前の爆上げした時に1/3だけ売却しました。

 

 

そしてまた55円で10万XRP買いました(笑)

 

 


あっきんが注目している仮想通貨に関する最近の記事。


私の仮想通貨に関する現状のスタンスはこちらの記事に書いています。

 私が仮想通貨投資を辞めない3つの理由。市場心理を分析してみた。