FXの必要証拠金とは?計算方法は?

FX始め方やり方

SHARE

FXの必要証拠金とは?計算方法は?

そもそもFXとはどんな仕組みなの?

FXは通貨の値動きに投資する取引です。

安く買って高く売る、もしくはFXは売りからも入れるので、高い価格で売って安い価格で買うことで価格差により利益を生み出します。

fx

テコの原理レバレッジ)で数万円から始められるという特徴を活かして取引をします。

 

必要証拠金は担保金と考えるわかりやすい

下図を見てください。

leverage

たとえば、10万円しか自己資金がなくても、その最大25倍、250万円を使った運用ができます。これは、レバレッジ(=英語で「てこ」の意味)という、小さな金額を元手にして大きな外貨の取引ができるしくみがあるからです。

FXは「証拠金(担保金)取引」ともいって、FX会社に預けたお金(自己資金)は、直接何かを買う資金ではなく、保証金という担保。

10万円を担保に250万円を借りて売買しているイメージです。

 

必要証拠金の計算方法は?

必要証拠金は次の計算式で求めることができます。

通貨のレート ✕ 購入通貨単位 ✕ 数量 ÷ レバレッジ = 必要証拠金

 

米ドル円(USD/JPY)=100円の時に、30,000通貨を、レバレッジ25倍で取引する場合

100円 ✕ 10,000 ✕ 3 ÷ 25 = 120,000円

3万ドル買うためには12万円の必要証拠金を担保金として口座に入れておく必要があります。

 

いまではほとんどのFX会社はこのレバレッジは25倍となっています。

 

ちなみにこの必要証拠金マネースクウェア・ジャパンらくトラ運用試算表を使えば自動で計算してくれます。

toraripi

 

これでおしまい!

 

合わせて読みたい記事

FXのロスカットとは?計算方法は?

FXのレバレッジとは?計算方法は?2つの使われ方があるの知ってた?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。