はじめて投資をする時に考えるべきこと。

はじめて投資をする時に考えてほしいこと。

 

こんにちは!ひろこです。

ここでは投資をはじめる前にまず考えてもらいたいことを書きたいと思います。

あっきんのLine@にはよくこんな質問がきます。

 

「はじめて投資をするのですが、どの商品がおすすめですか?」

 

この質問はとても答えにくいんです。

それは運用する人がリスクに対してどう考えているかわからないからです。

投資をすると、自身の資産がプラスになることもあれば、マイナスになることもあります。

これはどの商品でも言えることです。

誰も資産を減らしたいと思って投資をする人はいないですよね。

みんな少しでも増えたら嬉しいなと思って投資を始めます。

でも、ほとんどの人が増えることを前提に商品を選んでしまいます。

 

で、実際に投資をはじめると、少し資産がマイナスになると不安になってしまったり、思っていたのと違うと感じてしまいます。

最悪の場合は、そこで私には投資は向いていないと思ってしまい、諦めてしまいます。

これってすごく勿体無いと思います!

そのような事にならないようにまずはこの記事で自分の頭の中を整理しましょう。

 

頭を整理する

 

では、資産が減ることをどのように考えれば良いのでしょうか?

金融機関の販売者のマニュアルには「お客さまのリスク許容度を知る」という項目があります。

これは、投資をすると資産が増えたり減ったりすることをしっかりと考えてもらうためにあります。

 

『 リスク 』の本当の意味を知ろう。

リスク

リスクがあると聞くと危険があるいうイメージがありませんか?

実は日常で使われるリスクの意味と投資において使われるリスクの意味では違いがあります。

投資の世界ではリスクとは資産が変動することを言います。

減ることだけではなく、増えることもリスクなんです。

 

10%増える可能性のある商品は10%減る可能性もあります。

30%増える可能性のあるものは30%減る可能性もあるんです。

では、自分自身は一体何%までなら資産が減っても大丈夫ですか?

 

何円減ってもいいかを先に考えよう。

円で考えよう

これから投資を始めようと考えている人に「何%まで減っても大丈夫ですか?」と聞いて、「私は◯%までなら大丈夫です!」

とはっきりと答えられる人はあまりいません。

先ほども書きましたが、みんな資産を増やしたくて投資を始めます。

私なら「できるだけたくさん増えて、あまり減らないものがいいです。」と答えますね(笑)

でもそんな良いとこどりな投資は残念ながらありません。

 

もっときちんと考えてくださいと言われれば、日本人は平均が好きな民族なので、「20%〜30%くらいかなぁ」と答えると思います。

こうなると投資対象として選択できるものは、変動幅が20%〜30%のものに限定されてしまいます。

それでは仮想通貨FXなどこの幅を超えてしまうものには投資できないという答えになってしまいますね。

そこで私は%パーセントではなくで考えてみることを提案します。

 

私は「1万円までなら最悪減っても大丈夫!」という人もいれば「10万円までても大丈夫!」と思う人もいるでしょう。

こちらの方が想像しやすいのではないかと思います。

ここでは投資しようと思っている額は考えないで下さい。

あくまでも何円までなら減っても大丈夫かをしっかりと考えて下さい!

 

投資金額はどう選ぶ?

投資金額の選び方

減っても大丈夫な金額がわかれば次に考えるのは投資金額です。

例えば10万円までなら最悪減っても大丈夫。と考えた人がいたとします。

そしてこの人が投資できるトータル金額が100万円だったとします。

投資額100万円に対して、許容できる損失額は10万円。

つまり10%まで損を許容できることになりますね。

 

ここではじめてどの投資商品を選ぶかを考えていくができます。

ではここで質問です。

 

質問

 

この人は10%まで損を許容できるから投資商品として変動の幅が10%程度のものを選べば良いのでしょうか?

変動幅が10%程度の投資商品となると、とてもリスクの少ない商品しかありません。

銀行で販売している投資信託でも10%以上変動するものがほとんどです。

 

ちょっと考え方を変えてみましょう。

投資金額である100万円を全て一つの商品に一括で投資する必要があるのでしょうか?

極端に考えると、減ってもよい10万円だけを投資に回してみるというのはどうでしょうか?

この10万円は減っても大丈夫な金額なので、リスクの大きい商品を10万円だけ購入してみるということもできますね!

 

投資の内訳

残りの90万円は現金なので安心ですね。

こう考えると投資できる商品の幅はとても広がりますね!

 

投資する前に損を覚悟をする。

損をする覚悟をする

最悪何円まで損しても大丈夫かをしっかりとわかって投資をすることはとても大切です。

最初はどうしても増えることばかり考えて投資を始める人がほとんどです。

特に、はじめて投資をしようと考えている人はこの傾向が強くなります。

私の14年の投資商品の販売経験から言えることですが、いくらリスクについての説明をしっかりとしたとしても、実際に投資したものの評価が下がってくると不安になってしまう人を何人も見てきました。

 

頭では損することもあるとわかっていてもきちんと覚悟ができていない人が意外とたくさんいます。

そうならない為にも、損してもよい金額を頭にしっかりとイメージしておくことはとても大切です。

 

また、損してもよい金額=実際の損失ではありません。

投資はあくまでも実際に売却してはじめて損失となります。

持っている商品の評価が購入時よりも下落し、表面的に損失が出ている状況を含み損と言います。

 

含み損

 

この含み損が出ているときにどれくらい冷静に投資判断ができるかが、今後投資で成功できるかどうかの別れ目です。

損してもよい金額がイメージできている人は、この含み損が損してもよい金額の範囲内であれば、慌てる事はありません。

また相場が上昇してくるまで待つのか、それとも一旦解約して投資を見直すのかの判断をきちんとすることができるのです。

 

光

 

長々と書いてしまいましたが、投資は資産を増やす目的でするものです。

でも、損が出てしまうこともあります。

そんな時にどう判断できるかは自分自身の覚悟ができているかいないか次第なんです。

最後になりますが、覚悟を決めた人は強んです。

覚悟を決めると心に余裕がでてきます。投資を楽しむことができます。

楽しむことで良い投資案件に出会ったりもします。お友だちもできます。

そんなきっかけにこのブログがなれば私も仕事を辞めた甲斐があります(笑)

 

ひろこのプロフィール

hiroko icon
 

  • 2018.3に14年勤めた銀行を早期退職。
  • 金融商品の販売が専門。FP資格保有。
  • あっきん嫁。37歳。奈良出身在住。

 

最近ツイートも始めました!ダイエットと投資関連を主に投稿していきます。気軽にフォロー&コメントお願いします(笑)

 

 

会社を辞めて真っ先にやりたかったダイエットの勉強を始めました(^o^)/

 37歳の夏。水着を着こなすためにダイエット!女性はいつでも痩せたい。