MONACOINモナコイン(モナーコイン)半減期以来の爆上げ最高値記録!

MONACOINモナコイン(モナーコイン)半減期以来の爆上げ最高値記録!

SHARE

MONACOINモナコイン(モナーコイン)半減期以来の爆上げ最高値記録!

 

どうもあっきんです!

最近すっかり忘れてました。可愛いモナコインをZaifで積立していたことを(笑)アイコンがとても気に入っています!

10月7日夜から8日にかけて急にツイッターで「モナコイン」のツイートが増えていたので見るとモナコインが爆上げしていました(^o^)/

 

あっきん

10/12にも再びえげつない爆上げを記録しました!詳しくは記事後半で(^o^)/

仮想通貨モナコイン久しぶりの爆上げで盛り上がる。

 

 

モナコイン(モナーコイン)とは?簡単に。

Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初の仮想通貨

通貨単位表記は「MONA」。Litecoinなどの採掘プール「2chpool」を運営していたわたなべ氏が、2013年12月23日にβ版をリリースするが、すぐにリセットを決定。

12月30日に新Monacoinの公式アナウンスを行い、2014年1月1日に正式リリース。

2017年3月8日にsegwitセグウィットの対応のシグナリング開始、4月27日、segwitは無事Activate。十分な期間を要してのsegwitのActivateは世界初

Segwitとは
ブロックチェーンのブロックに入るデータ量を増やす事ができます。簡単に言えば、Segwitされると、その仮想通貨の性能が向上します。

参考:最新技術「セグウィット」導入が相次ぎ、価格高騰に沸くアルトコイン市場

 

名前の由来となったのは2ちゃんねる発祥のAA「モナー」である。

モナー

10/8のモナーコイン爆上げの理由は?

 


親切な方が爆上げ理由を教えてくれました(^o^)/

ヨーロピアンさんのこの分析もしっくりきますね。ビットフライヤー上場で認知度は格段に上がったんです。

monacoinモナーコインの過去の最高値は?【全期間チャート】

2017年10月8日。モナーコインの全期間チャートを見ると綺麗に針のように最高値を3回記録していることがわかります。

ちなみにどれも最高値は99円です。せっかくなので歴史を振り返ってみましょう。

 

モナコイン 全期間 チャート

 

2014年8月1日にモナコインが最高値をつけたのはWBSワールドビジネスサテライトで取り上げられたからです。

当時のこんなツイートを見つけました(笑)TVって凄いね。

 


そして2度目の最高値は2017年7月1日です。この時は上がるべくして上がったという感じです。理由は2017年7月16日に迎えた「半減期」です。

モナコインの場合も2016年7月11日に迎えたビットコインの半減期と同じく半減期前に史上最高値を記録しました。

あっきん

なるほどなるほど。「半減期ね」爆上げの理由は半減期だったんですね!

そりゃ〜上がりますよね(笑)

だって半減期ですよ。。。。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

半分に減るのか?モナコインが?

は・ん・げ・ん・きって何?

半減期とは?ビットコインで考える

これについて一番わかりやすく書いていたのはこの本です

 

ビットコインは金と同じように有限です。逆に無限なのが日本円です。日銀が必要だと思えばいくらでも紙幣は発行できますよね。

じゃ〜どうやって市場に流通するビットコインは増えていくかというと発掘されているんです。

高性能なコンピュータを使ってビットコインを発掘して手に入れてるんです。システムに莫大なお金がかかるので庶民には縁のないお話ですが。

そんなビットコインですが、4年に1回のオリンピックイヤーに発掘によって手に入るビットコインの量が半分になると決まっています。

このルール半減期と呼びます。

半減期を迎えると同じ作業に対して手に入るビットコインが2分の1になるということです。

逆にいうと、この半減期の前後にビットコインの相場が2倍になってくれないと、コストをかけて発掘する意味がなくなります。

ビットコインの相場は市場参加者の「読み」によって決まっていくので、みんなが「2倍」になるはずだと思えば、価格は上がり続けますね。

ではオリンピックイヤーの2016年。ビットコインは半減期で価格が上がったのか?って気になりますよね。

それでは2016年7月11日に半減期を迎えたビットコインの過去相場を見てみましょう

ビットコイン過去チャート(半減期前後)

 

あからさまに半減期を前に価格が上がって半減期を過ぎると下がっていますね。

でも全体で見ると半減期前が約4万円で、半減期の後が約6万円ですね。市場参加者の心理を考えると当然の結果です。

そして肝心なことはこれはひとつの経験則ですね。仮想通貨は半減期前は価格が上がる傾向があるということですね。

ちなみにビットコインの次の半減期は2020年の予定です。果たしてこの時のビットコインはいくらになっているんでしょうね?

 

モナコインの今後は?将来性は?

仮想通貨はこれまでの歴史にない投資銘柄です。既存の分析手法は通用しません。

でも2017年に入って世界中で仮想通貨投資ブームが巻き起こっています。その根源にあるのは仮想通貨が未来を変えるという期待感です。

みんなが期待するような特徴を持っている仮想通貨はどんどん値上がりします。市場心理ってそんなもんです。

じゃ〜モナーコインの今後はどうなんでしょうね?将来性ってどれほど期待出来るんでしょうか?

ヒントを載せておきます。

 


まさにこれです。モナコインは投げ銭「投げMONA」という面白い使われ方があるんです。

投げMONA・・・ニコニコ動画やPixivといったサービスで活動しているクリエイターが、自分のプロフィールにモナーコインのウォレットアドレスを掲載しておき、作品を見た人たちがそのアドレスにモナーコインを送金する仕組み

 

これをランキング形式にしたMONA!JAPANが有名です。何かに似てますけどね(笑)

そしてMonappyもかんたんにモナーコインを使って送金できるサイトとして利用されています。メッセージも送れるのでコミュニケーションツールとしても使えます。

現時点ではモナーコインは日本でしか流通していない仮想通貨なので希少性は十分あります。

国内大手取引所ビットフライヤーでモナコインの取扱いが開始されたことはモナコインにとっては追い風であることは間違いありませんね。

 

ちなみに、私は4月から仮想通貨投資を始めましたが、今回のようにモナーコインが爆上げして喜べるのも少しだけ持っているからです。

国内の主要取引所に上場されている仮想通貨は時価総額も大きいものばかりなので上がりやすい傾向があります。

だから私は毎月28万円ずつ積立で仮想通貨に分散投資をしています。今の所この作戦は好調です(^o^)/

 【ブログで実績公開中】毎月28万円を仮想通貨に積立で分散投資!

 

【10/12再び爆上げ】チャートが表示されない?理由は?

 

 

 

モナコインが爆上げしている理由は単に今までが過少評価されてただけだと思いますね。

 

 

仮想通貨投資が面白いのは上値が見えないところです。これが天井か?と思っても歴史が無いだけに実は天井は10倍、100倍、1,000倍かもしれない。

 

10/13モナコイン8倍になったので半分売却!

10/13時点で平均35円で買ったモナコインを平均295円で半分売却しました!私に取って初めての仮想通貨利確です。

きちんと税金申告します(笑)

売却した後のリアルな運用口座はこんな仕上がりです。この売却で得たお金はビットコインFX自動売買に回します。

 

ザイフ口座状況

 

少しでも持っておいて良かったです!ということでモナコインまだまだ期待できそうなので積立で買い続けます!

 

モナコイン買うならザイフで口座開設

 

モナコインで100万稼ぐまでにしたこと全てはここに。

 モナコインとは?100万稼げた理由(戦略)と今後の相場・将来性の考察

 

モナコインの買い方はこちらに。

 モナコインの買い方・取引所選びを解説!ビットフライヤーvsザイフ!