iDeCoを始めるならマネックス証券のロボアド診断がおすすめ!

iDeCoを始めるならマネックス証券のロボアド診断がおすすめ!

SHARE

iDeCoを始めるならマネックス証券のロボアド診断がおすすめ!

 

どうもあっきんです!

老後のことを考えて節税メリットが大きいiDeCoへの加入を考えている人結構いますよね。この制度は言わば「老後の備えは自分でしっかりしてね。優遇制度は容易してあるからね」

って感じだと思うんですよね。

でもいざ自分でiDeCoの手続きを進めるといくつかの壁にぶち当たります。よく相談を受けるので私には問題点が見えています(^o^)

そんな問題を一手に解決してくれるのがマネックス証券のiDeCoです。投資初心者をしっかりサポートしてくれるサービスがそろっています。

 

どれくらいお得?iDeCoの節税効果とは!?

iDeCoは反則とも取れるような税制優遇を受けられるサービスです。明らかにお得ですからね。でもその分60歳以上にならないと引き出せないという点に注意してくださいね。

 

iDeCo3つの節税メリット
  • 積立額に応じて所得税・住民税が減る
  • 運用利益が非課税に
  • 受取時一定額まで非課税に

 

運用利益が非課税になるというのはNISAと同じですよね。通常だと約20%取られる税金がゼロで済みます。

そしてiDeCo最大のメリットが所得税・住民税が減るという点です。イメージとしてはこんな感じです。

 

iDeCoの節税イメージ

 

課税対象っていうのは収入のうち税金がかかるお金のことですね。iDeCoの素晴らしいところはiDeCoで積立で払ったお金分は課税対象から引いてくれるんです。

iDeCoという国の制度を利用してくれるんならそれに掛かったお金分は税金を免除してあげるよってことですね。

これを投資として考えると運用利益がゼロでも実質的には払わなくてよくなった税金分と同じだけのお金をもらったと考えることができますよね。

つまり積立額10万に対して払わなくてもよくなった税金分が2万なら運用利益2万を手にしたのと同じことです。

これだけでも利回り20%!!

 

もう少し詳しく見てみると、iDeCoは職業によって積立額の上限が違います。マネックス証券で試算している例を紹介するとこのような節税効果があります。

 

職業別iDeCoの節税効果

 

一番上の公務員Aさんだと年間の積立額14.4万円で2万8,800円の税金が免除になります。企業年金なしの会社員Bさんは積立額24万円で3万6,000円の税金が免除になります。

 

ちなみにこのサイトではかんたんに節税額をシミュレーションしてくれるので試しにご自身の場合はいくらぐらい税金が減るのか見てみると面白いですよ!

 

節税メリットシミュレーション

 

iDeCoの面倒な商品選定はロボアドバイザーにお任せ!

マネックス証券はiDeCoによくある「結局のところ投資経験が無いのでどの商品を選んだらいいかわかんない」というお悩みをAIによるロボアド診断で助けてくれます。

とってもかんたんですよ。5つの質問に答えるだけで理想的な組み合わせを提案してくれます。

試しに私も5つの質問に答えてみました。

 

iDeCoポートフォリオ診断

 

そしてこれがロボアドバイザーによる診断結果です

 

ロボアドバイザー診断結果

 

推奨配分の円グラフを見ると株式の割合が64.5%と一番多くなっています。これは私の回答からロボアドバイザーが「この人はリスクを取ってリターンを狙いたい人だ」と判断した結果です。

そして結果の下の方には具体的にどのような商品を買ったらいいのかが示されていますね。これなら詳しい知識が無くても運用を始められますね

これが本当に求められているサービスだと私は思います。正直私もどの投信をどれだけ保有するのが良いかなんて専門家の妻に相談しなければわかりません(汗)

 

ちなみに、右側に出ている「将来シミュレーション」はこのような結果を表してくれています。

 

将来シミュレーション結果

 

これはあくまでも私の診断結果リスクレベル7の場合の将来予想です。私は34歳なので25年後のだいたい60歳の時に資産がどうなっているかが出ています。

投資額は【23,000円 × 12 ヶ月 × 25年 = 690万】で、これが約1,046万になっている予想です。凄いですね(^o^)/

しかもこれとは別に上記で説明した節税メリットの恩恵をがっつり受けることができます。

 

マネックス証券なら面倒な申込も簡単に!

iDeCoに関しては申込が面倒といった声をよく聞きます。そんな声を受けてマネックス証券のiDeCoの申込はこんな工夫がなされています。

具体的には、WEBの申し込み画面から、自身に当てはまる項目をクリックして、画面に沿って必要項目等を入力するだけで、入力内容が印字された申込書類が届くようになっています。

また、iDeCoは職業等によって拠出限度額などが異なり、申込用紙も異なるんです。

でもマネックス証券のWEB申込であればそのようなことを知らなくても、申込書類ができるので手続きの煩わしさはずいぶん軽減されています。

みんなiDeCoの専門家ではないので詳しいことはわかんないですよね。それにいちいち分厚いマニュアルなんて読まないですからね。このような配慮はとても重要だと思います。

 

iDeCoを身近にしてくれるマネックス証券はおすすめ!

iDeCoは投資という面からは強力な税制優遇を受けられるのでやるべきです。言ってみれば払わなくてもよくなる税金分と同じだけの運用利益を約束された投資ですよね。

運用成績に関わらず常に20%の運用利回りは約束されているようなものですね(^o^)/

しかもNISAと同じように運用利益にかかる税金もなし。

今回紹介したマネックス証券なら今まで面倒だったiDeCoの商品選びや手続き面をかんたんにしてくれることで投資経験が無い人でも気軽にiDeCoに加入できるように設計されています。

ただし、気をつけなければいけないのはiDeCoは年金制度なので60歳以上にならないと運用資金をもらえないという点です。

ただ、老後の年金に不安を覚える人にとってはとても便利なサービスなので一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

マネックス証券でiDeCoを始める

 

老後の備えも大切。保険の見直しも大切。

 わが家が3年に一度「保険の見直し」をプロに相談する理由。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。