ポテチで学ぶ。あなたのお金は減っていく。

NANJCOINまとめ。9/15決起集会を終えて。今後の可能性や価格を考察。

NANJCOINまとめ。9/15決起集会で感じた今後の可能性や価格に関する考察。

 

どうもあっきんです!

ここでは私が国産仮想通貨として将来性を感じているNANJCOINについて最新の状況をまとめています。

9/15に東京で行われたNANJ決起集会で感じたこと。同日発表されたNANJCOINホワイトペーパー2.0から読み取れる今後の可能性について考えてみました。

 

NANJCOINの価格推移と歩みのまとめ。

先日高校時代の友人に数年ぶりに会いました。それまで全く投資の話とかしたことなかったのですが、仮想通貨の話になり・・・。

なんと、NANJCOINを知ってました(笑)

それだけでNANJCOINの国産仮想通貨としての認知度の高さを痛感しました。

でも、NANJCOINが誕生したのは2018/1/18です。それからと言うものNANJは仮想通貨界隈を震撼させる出来事を次々と起こしています。

一番有名なのは2018年に入って誕生した仮想通貨の中でも群を抜く伸び率でしょう。

 

NANJCOINのチャート

 

3/16に1satで上場したNANJは4/4に最高値66satを記録しました。仮に1satで買っていた人が66satで売ったなら66倍です(笑)

そして恐るべきなのがその後7satまで暴落したものが再び47satまで暴騰します。これだけでも約7倍の値動きです。

そして仮想通貨市場が冷え込んだ9/26現在は・・・。あら不思議!過去最安値の7satです。

この値動きが後の国産仮想通貨の上場ラッシュを生んだことは仮想通貨界隈の人なら誰もが知る周知の事実です。

 

では、価格の歴史はここらへんにして、NANJが成し遂げたことを振り返ります。誕生からわずか8ヶ月の出来事です。

 

  • 5/25:電子マネー「ビットキャッシュ」とコラボでeスポーツポロ応援企画第一弾を実施
  • 8/3  :世界最大級のeスポーツイベント「EVO2018」でのNANJCOINでの応援企画を実施
  • 9/20:スポーツ庁により「障害者スポーツ団体支援企業ロゴマーク」の使用を承認される
  • 9/23:NANJCOIN公式ウォレットAndroid版をリリース

 

これだけを見た人はNANJ㈱がどこへ向かおうとしているかわからないと思います。

それら全ては9/15に運営のやーぼさんが公開の場で話しています。

 

9/15決起集会。NANJが今後目指すもの。

決起集会の全容はYouTubeで公開されています。全部で90分の動画です。

 9/15NANJ決起集会動画はここから。

 

内容をまとめると次のようなイメージです。

 

NANJ経済圏拡大。

NANJのビジョンはスポーツに関わる全ての人をつなげるドアを創ることです。

以下はホワイトペーパーにおいて紹介されているNANJに関わる3者の役割を示した図です。

 

  • NANJ利用者:NANJを持っている人
  • 消費先となるグループ:アスリートやチーム
  • インセンティブ提供者:スポーツ関連企業等

 

nanj sikumi

 

この関係性の理解がとても重要なんですけど、ちと難しい。

そこであっきんが勝手に試行錯誤して例えばプロ野球でNANJが使われたらどうなるのかな〜というのを見える化してみました。

 

 

そしてこのNANJ経済圏拡大を実現させるのがNANJウォレットです。

 

NANJウォレットの役割。

nanj wallet

NANJウォレットはAndroidとiPhone用にアプリが開発されています。

9/26現在ではすでにAndroid版が公開されており、使えるようになっています。実際に使った人が書いてくれた記事

 

 

このウォレットの注目ポイントはNANJを送金するのにGASと呼ばれる少額のイーサリアムを必要としないことです。

NANJウォレットではユーザーは送金額の1%(送金下限、手数料上限あり)にあたるNANJを手数料としてNANJを送金できます。

これによってちょっとNANJを送るのにイーサリアムを買わないといけないっていう煩わしさから解放されます。

また、将来的に期待されているアップデードがプロクラスウォレットの実装です。

 

NANJプロクラスウォレット

 

プロクラスのウォレット権限ではウォレットに入金されるNANJCOINを任意の割合で自動的に希望するウォレットに分割できます。

これにより予め決めておいた配分で自動的にジュニアスポーツやパラスポーツなどへのNANJCOINの寄付(再投資)が可能になります。

NANJというお金がとてもなめらかに回っていく仕組みですよね〜。

 

さらにNANJウォレットに広告機能が実装されることも見落としてはいけません。

NANJウォレットはNANJ経済圏への入り口です。

例えば先ほど絵で紹介した球団にとってNANJウォレットをもつユーザーは貴重なお客さんです。

なぜなら、そのウォレットに「◯月◯日〜◯◯選手から特別イベントの案内があります」と宣伝するとどうでしょうか?

今までは直接、関わることができなかったファンに対してダイレクトに販促活動ができるんです!!!

これはどう考えても売上UPに繋がると思いませんか?これこそ新たな販路拡大ってやつです。

 

NANJ㈱が優先するもの。

決起集会の前半でやーぼさんが語った内容で大事な部分です。

「ホワイトペーパーにかかれていることを実現するために何を優先するか?」です。

それはNANJ経済圏内でNANを介して何らかのベネフィットを得ること(人たち)です。

それによって自然と投資先(NANJ)の事業価値が上がり、相場が変動すると考えているからです。

 

で、具体的にNANJ㈱が今やっているアプローチが何かというとこのNANJ経済圏に理解を示し、NANJを使ったイベントを開催していくれるスポーツ関連事業者の開拓です。

スポーツと言っても幅広いですからね〜(笑)

これらは企業と企業の契約になるので正式に決まった段階で突然プレスリリースとして周知されるイメージです。

 

国内取引所へのNANJCOINの上場について。

NANJCOIN経済圏が拡大するのにはそもそもNANJが気軽に日本円で調達できる環境の整備が重要です。

そのためには国内取引所への上場が必要となります。

これについては最近動きがあったことをご存知でしょうか?

 

 

これが意味するものは金融庁が個別にこの仮想通貨は上場に値するとかしないとかを判断するのではなく、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会において判断するということです。

ちなみに、9/26現在において協会がどのような基準で新規上場通貨を判断するかは公開されていません。

参考:仮想通貨交換業等に関する研究会 資料

 

仮想通貨交換業に関する 自主規制の概要について

 

仮想通貨交換業に関する 自主規制の概要について4

 

2017年は金融庁がホワイトリストと呼ばれるもので事実上、新規上場銘柄に縛りをかけていました。

これって金融庁自身もしんどかったと思うんですよね〜。

だってわかんないじゃないですか。個別の通貨のことなんて。わかんないのにどうやって判断するの?って疑問に思ってました。

それが、今回の改定で事実上は協会に新規通貨の上場については一任したことになります。

 

また、この資料には続きがあって活用事例というのが載っています。これについてはやーぼさんもツイートしてます。

 

 

該当箇所を拡大するとこんな文言が。

 

□スポーツ・e-sports振興

選手やチームへの投げ銭、支持・育成のための寄付・投票などに仮想通貨を利用する動き

 

う〜ん。なんとも臭いますね〜。これって誰がどう見てもNANJCOINのことですよね(笑)

ここでホワイトペーパーに書かれているロードマップも確認しておきましょう。

 

ロードマップ

一番近々の内容としては2018/10~2019/3アスリートやチームのウォレット登録開始日本国内取引所での取り扱い開始が明記されています。

どちらも相手がある話。特に取引所は大きな流れがあるのでNANJだけのスケジュール感では動きません。

でもそろそろ感は個人的には感じています。

 

あっきんの投資スタンス。

あっきんの投資スタンス

私はNANJCOINが高騰したときに一部は売却していますが、XRPと同様に個別通貨の中ではNANJCOINに期待しています。

それは決起集会でもやーぼさんが話していたように投機ではなく投資というスタンスでNANJという事業に投資しています。

なので、それほど拙速な価格上昇を期待しておらず、数年かけて上がってくれればいいな〜という感じです。

自分がNANJCOINを保有しているからこそ、興味を持ってNANJの動向にアンテナを張ることができます。

 

また、仮想通貨は価格こそ冷え込んだものの、金融庁も日本の将来に向けて着実に歩みを進めています。

来年度に34人もの増員要求をしていることも公表されています。

現状の金融庁は明らかに人手が足りておらず目の前の火事を消すのに追われてばかりですからね〜。

 

 

また金融庁が新規登録業者に求める書類審査の質問項目が従来の4倍の400項目に増えたという報道も出ています。

 

 

これって役所にいた経験から察するに大きな前進です。いわゆる役人が好きな審査マニュアルが整っているという理解です(笑)

ようは細かいことを事前に質問して回答を文書で求めておくことで何かあったときに「あれ?事前に約束してること守れてないよ〜」って突っ込めるんです。

これをお守りに新規業者に許可を与えるんです。

 

また、私の投資スタンスについてですが。

私はFXに関しては自動売買で短期の価格差を取っていきますが、仮想通貨に関しては中長期的な視座で投資に望んでいます。

そうなると自身が取るべき行動は安く買って高く売るということです。

世間が注目して、価格が上がってから買いにいくようなことはしません。あくまでも静かなときにしれっと買います(笑)

そのためにしっかりと投資対象について知ることが大切かと思います。

ということで、引き続きNANJの動向や仮想通貨全般の動向にアンテナをたてていきます!

※仮想通貨に関する情報はほぼほぼツイッターで情報発信しています!

 

NANJが爆上げしたときの私の売買経過をざっくりとですが、ブログにまとめています。含み益は幻想なので常に部分的にでも利確する癖をつけています。

 仮想通貨NANJCOINに2BTC投資した結果・・・。ブログで公開!

 

NANJが上場する前にあっきんはやーぼさんに会っています。そのときに取材させてもらった記事がこちら。

 【取材】NANJCOINの中の人に聞いてきた!見えてきた将来性とは?