NANJCOINが上場する取引所MIDEX(ミデックス)。半端ないって!

NANJCOINが上場する取引所MIDEX(ミデックス)。半端ないって!

 

どうもあっきんです!

ツイッターを見ている人はお気付きかと思いますが・・・

NANJCOINが次世代型の取引所MIDEX(ミデックス)に上場することになりました👏👏

って言われてもさっぱりわかりませんよね〜(笑)

私も全く知りませんでした。。。

 

 

でも調べるほどにテンション上がってきたので思いの丈をこの記事にぶつけます(^o^)/

 

NANJCOINがMIDEX(ミデックス)に上場するぞ!

夜中の1時にNANJのDiscord内で発表があったようですね!

 

 

 

そうそう。MIDEXはまだオープンしていない取引所なんです(笑)オープニング時にはすでにNANJがお店に並んでる感じっぽいですね〜(笑)

 

 

 

 

MIDEXとは?取引所の特徴を紹介。

MIDEX(ミデックス)はほんとに新しいプロジェクトですね〜。

香港に本社があり、スイスの銀行家や弁護士によってライセンスを受けたブロックチェーンベースの仮想通貨金融プラットフォームです。

事業内容は多岐にわたり、仮想通貨取引所の運営、銀行業、保険、ICO、貸金業、仮想通貨デビットカードなどです。

仮想通貨で銀行業と聞くとBankera(バンクエラ)!とイメージした人は通な人ですね(笑)

バンクエラよりは後発で、最近ICOが行われたところです。(既にICOは終了)

 

MIDEXはBancor プロトコルの採用

MIDEX BANCOR

Bancor(バンコール)という仮想通貨のプロトコルを採用しています。

ちょっとマニアックなのでざっくり解説すると、

マイナー通貨(草コイン)にありがちな通貨を売りたくても売れないという課題を解決する技術です。

具体的には通貨の発行主体に対して予め準備金を用意させておき、売りたい人はその準備金と交換できる仕組みです。

参考:Bancor Protocol はトークンエコノミーを支える大発明となるか?(前編)

 

で、なんでいきなりBancorが出てくるのかと言うとMIDEXの創立メンバーにBancor創立メンバーがいるからです。

ちなみに、バンコールはつい最近このようなプロジェクトも立ち上げています。

 バンコール、貧困と闘うためのコミュニティトークン・ネットワークをケニアで立ち上げ

 

MIDEXの共同出資者が半端ない。

MIDEX パートナー

 

MIDEXの技術面での支援者のメンツが半端ないですね〜。

上で紹介したBancorはもちろんのことIBMイーサリアムや日本でも馴染みのあるNEMも!

ちなみにこの方がバンコールの共同設立者であり、MIDEXのアドバイザーです 

 

partner-hertzog

バンコールの共同設立者Eyal HERTZOG

 

 MIDEXは全ての通貨が法定通貨で売買できる!?

MIDEXでは「すべての」通貨にフィアットペアを追加していく予定です。

実際にMIDEXのアドバイザーであるCoyoteさんのツイートでもお分かりいただけますね!

 

 

 

 

 

 

「取引ペアの一部はこちら!」に載っている画像は以下のものです。

上から6番目にJPY/MDXが存在します。

 

MIDEX通貨ペア

 

ちなみにMIDEXは既にエストニア香港で銀行ライセンスを取得しています。

 

MIDEXの取引所トークンについて。

2018年のトレンドと言うべき取引所トークン。

一番有名なバイナンスのトークンは上昇しまくってます(笑)

 

BNBチャート

BNB/BTCチャート【6/25時点】

 

これに対抗すべく、MIDEXもMDXトークンを発行しています。

以下でMDXトークンの特徴について簡単に触れておきます。

 

MDXは法定通貨と仮想通貨の間に入る。

 

mdk特徴

 

ちなみにMIDEXではNANJがJPYで買えることが発表されました。

 

 

MDXの価格上昇の仕組み。

MDXの仕組みはバイナンスのBNBを意識して設計されています。

以下ではわかりやすくMDXの使われ方が解説されています。

 

 

 

 

少し難しく感じるかもしれませんがここで解説されている仕組みは前半で紹介したある仕組みが活用されています。

そう。売りたくても売れないという課題を解決するBancorプロトコルです。

この考え方がMDXトークンには採用されています。これはもしかして・・・(笑)

 

MDXからMDIへ!

mdxからmdi

 

なんと、MDXは来年度以降にMDIに移行することが公表されています。

 

  • 取引所が受け取る毎日の利益の20%がMDI保有者に還元
  • 1MDX=1MDIの等価交換
  • 配当を得るには10,000MDI以上の保持が必要

 

要するにMDXの価格が安いうちに10,000MDX以上取得しておけば毎日配当がもらえるということです。

これってMDXを買いたくなる心理的なフックで、価格が上がる要因となります。

 

まとめ。MIDEX半端ないって!!

MIDEXのモスクワ陣営の皆様

 

と、ここまで知ったような口ぶりで書いていますが、ここ数日で調べたものをまとめただけです!

でも、知れば知るほどMIDEX面白いな〜って感じですね✨

要注目なので私もMDXトークンは買います。

ちょうどBTCが暴落していてバーゲンセールしているので(笑)

また、このような半端ない海外の取引所にいきなり並ぶNANJCOINも半端ないって!!!!

 

ちなみにMIDEXがオープンするのは7月上旬とのことです。時間などは未定。

 

 

詳しくはMIDEXのDiscordに入っておくといいでしょう。かなりNANJ民がいます(笑)

私のツイッターでもMIDEX絡みはなるべくタイムリーに発信するようにしますね〜(^o^)/

 

 

あっきんがNANJCOINについて書いた最近の記事。

 【買い増し】NANJCOINの普及に投資家として何ができるのか考えた。

 仮想通貨NANJCOINがeスポーツ分野に進出!NANJが存在感を増す。