NANJCOINを始めとした新規仮想通貨の国内上場要件やスケジュールは?

NANJCOINを始めとした新規仮想通貨の国内上場要件やスケジュールは?

 

ビットコインを始めとした仮想通貨の関心度が日に日に高まっています。

昨日、テレビ東京のWBSでもビットコイン高騰の要因として伝えられたので益々世間の関心が高まるものと思われます。

 

 

ちなみにあっきんが昨日取ったアンケートでは市場参加者はこのような状況のようです。

 

 

そんな中でそろそろ日本の取引所でも新規仮想通貨が上場しても良いんじゃないの?って思う人もそれなりにいます。

読者さんからもこんな質問をいただきました。

 

 

現状、NANJCOINは国内の取引所で買うことができません。なぜなら国内の取引所に上場していないからです。

ちなみに上場とはこういうことです 

 

 

モナコインはコインチェックには上場していませんでしたが、Zaifやビットフライヤーではすでに上場している通貨なのでコインチェックでは新規上場ということです。

これからお話しする上場は国内のどの取引所にも上場していない通貨(新規通貨)のことです。

 

新規仮想通貨が国内の取引所に上場するには?

新規仮想通貨が国内の取引所に上場するには?

現状は新規仮想通貨を上場するためのルール作りJVCEA( 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会)が行っているところです。

このルールが決まらないことには取引所も新規仮想通貨を発行して上場したい運営体も物事を前に進めることができません。

こういう状況なのでほとんどネットやSNSでも新規仮想通貨の上場が話題になることがありません。

既に名前が知れた国産仮想通貨に動きが見えにくくやきもきしている人もいるでしょうね。

でも安心してください。きちんと物事は進んでいます。

 

というのも、このルールの素案が出来上がって現在はパブリックコメントを受け付けている段階なんです。

 

 

どんなルールになっているかはここで公表されている以下の2つの資料にまとめられています。

 

 

以下でポイントを絞って中身を解説します。

 

新規仮想通貨の上場要件は?

新規仮想通貨の販売に関する規則(案)の第 3 章 受託販売業務が該当箇所です。

受託販売とは会員(取引所)が発行者の依頼に基づき新規仮想通貨の販売を行う業務のことです。

例えばコインチェックがNANJCOINを発行したNANJ㈱の依頼に基づき新規仮想通貨NANJCOINの販売を行うイメージですね。

 

規則の中では以下の点について細かい取り決めがなされています。

 

  • 第1節 体制の整備
  • 第2節 反社会的勢力の排除
  • 第3節 受託販売審査
  • 第4節 履行状況のモニタリング

 

またその他にも新規仮想通貨の安全性の確保販売価格の妥当性の審査についても書かれています。

より詳しい取り決めはガイドラインの方でまとめられています。

※これより詳しい内容はここでは割愛します。リンク先の規則やガイドラインを見てください(^o^)/

 

一通り読んでみて思った以上に細かく書かれているなという感想を持ちました。

それと同時にここに書かれている内容全てを審査する取引所も仮想通貨を発行する企業体もクリアしなければいけないと考えると大変な労力とお金が必要だなと思いました!

 

NANJCOINの現状

NANJの現状

これを踏まえてNANJCOINはどうなっているかというと情報は公式ブログにあるものが全てです。

2019年のNANJCOINについてから抜粋してお伝えします。

 

体制等変更について

2019年1月中にNANJ株式会社の役員構成を変更します。

 

これは新規仮想通貨の販売に関する規則(案)に基づくものだと考えられます。

新規仮想通貨発行体として求められている体制が整っているか?という視点で規則を遵守するために必要な変更なのでしょう。

 

公式Discordについて

具体的には日本居住者に対する海外取引所の利用等を目的とした勧誘や、それに準ずる行為が当局より何らかの指摘を受けた場合に必要に応じた措置をとります。(この対応は従来通りです)

 

これも規則に書かれている内容を遵守するための対応です。

 

NANJCOIN上場のスケジュール

NANJ上場のスケジュール

また、ブログでは上場に向けたロードマップについても触れられています。改めて読むととても重要かつ納得できる内容です。

全文そのまま載せるのでぜひ一読してください。

 

中長期ロードマップについて

中長期ロードマップの日本国内上場の目標期間を2019/2~4Qに変更します。

日本での取り扱いについては、日本国内の法規制、自主規制団体の動向次第で大きく時期が左右されるだけでなく、仮想通貨交換業社と足並みを揃えつつ、NANJ株式会社としても求められる様々な基準をクリアする必要があります。

昨年末、「仮想通貨交換業等に関する研究会」の報告書がまとまり、日本国内における新たなICO規制方針などが明確になりました。https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20181221.html

これまでの資料を確認すると、ICOについては投資性の高いものについては金商法での規制、それ以外のICOについては「ICOトークンを取り扱う仮想通貨交換業者に、事業の実現可能性等に関する情報提供を義務付け」し、自主規制団体の判断において取り扱いの可否が決まる方向で調整が進んでいます

NANJCOINはその性質上、後者のトークンの枠組みに属するものとして対応を進めています。

日本国内での取り扱いはプロジェクトを進める上で必ず通過しないといけないだけでなく、NANJCOINが幅広く活用されるための最低条件でもあります。

NANJCOINはその特性上、関連する事業者での導入等を進める必要がありますが、現状の枠組み(国内で取り扱われていないトークン)では、採用事業者側から見てかなりリスクが高いものです。また、スポーツという幅広く国民に支持される特殊な分野では、取り扱いに際しての事業イメージの毀損が懸念点として上がります。

日本国内で様々な広告宣伝活動を行う上でも、仮想通貨交換業者との連携が現状必須です。以上のことから、日本国内での取り扱いは我々にとって最優先の課題であり、関係各所と連携しながら継続して取り組みます。

 

なんだか魂がこもった文面ですね!

NANJがやろうとしていることを実現しようと思うと仮想通貨NANJCOINを買える環境が必須条件です。それが国内の取引所への上場です。

そのためには規則に従い、審査を通過するだけの体制になっていることが大切です。私が思うに現在やーぼさんを始めとした運営陣は必死でここを詰めているのでしょう。

 

パブリックコメント終了が7/26なのでこれ以降に正式に新規仮想通貨の販売規則が決まります。

当然のことながら上場審査に向けた事務手続きは素案がまとまった段階からスタートしていると思うので2019年中の上場は割と現実的なのかなと思っています。

そんなことを考えると楽しみで仕方ありません。もしかしてその上場先がコインチェックとかだったら・・・(笑)

2019年もあと6ヶ月なのでわざわざ海外の取引所でNANJCOINを買わなくても国内の取引所に上場するのを待っていればと思います。

 

日本では着々とルール作りがなされています。仮想通貨は株式や投資信託、FXのような金融商品として誰からも安心して取引ができるようになるための重要な局面を迎えています。

 

【2020年4月施行】改正資金決済法で取引所の暗号資産の管理はこう変わる! 【2020年4月施行】改正資金決済法で取引所の暗号資産の管理はこう変わる!

 

仮想通貨の中でも一番有名なビットコインは2020年に重要なイベントがあります。知らない人は今知っておくと良いでしょう。

 

【重要】2020年ビットコインの半減期とは?投資家あっきんの今後の予想。 【重要】2020年ビットコインの半減期とは?投資家あっきんの今後の予想。

 

あっきんの仮想通貨積立の歴史はここにまとめられています。毎月淡々と買い増すことで変動する価格に一喜一憂する心配はありません。

 

【1ヶ月目】仮想通貨に積立で5銘柄に5万円ずつ分散投資!ブログで実績公開中。 【11ヶ月目】仮想通貨に積立で5銘柄に5万円ずつ分散投資!ブログで実績公開中。

 

わからないことがあれば遠慮なく聞いてくださいね!いただいた質問から私自身も学ぶことが多いので(^o^)/

 

あっきんは読者さんとのコミュニケーションも大切にしています。以下で3つの方法を紹介します!

  • LINE@で直接トーク!
    • スマホで見ている人はココをクリック!
    • LINEでお友だち追加できるよ!
    • PCで見てる人はQRコードをスマホで読み取っても良いかも!

    QRコード

     

  • STEP.2
    ツイッターで聞いてみる
    • ツイッターアカウントはココ
    • @_akkin_naraを投稿文に入れると届くよ
  • STEP.3
    質問箱で聞いてみる
    • 匿名で聞けるのが質問箱
    • 返信はツイッターに流れてくるよ
    • ツイッターであっきんをフォローしよう!

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/