【成績公開中】日経225トラリピにハーフ&ハーフで挑戦(資金55万)

【高値圏での売り戦略】日経225トラリピにハーフ&ハーフで挑む!

SHARE

【成績公開中】日経225トラリピにハーフ&ハーフで挑戦(資金55万)

 

どうもあっきんです!

6月15日から設定を変えた日経225トラリピですが、7月24日時点での運用成績を公開しておきます!

日経225取引データ

 

7月24日以降の成績は全てTwitterで約定するたびにつぶやいています(笑)

 


ここからはこのプランを紹介していきます。(6月14日に書いています)株高なのであえての売りから入るトラリピです!

 

日経225のチャートでレンジを決める

チャートはいつもみんかぶさんのページで見てます。見やすいので好きです。

そして自分なりに分析した結果レンジはこの範囲かな〜と。

日経225チャート

 

直近の安値18,212円をしばらくは下回らないと考え、ストップロスを18,200円にしました。

高値は20,249円で今が19,900円なのでこれはもう少し高値を更新する可能性も排除できませんね。

なのでレンジの上のストップロスは20,500円としました。

 

ただ、次の2点から今回は売りを主体としたトラリピ戦略にしてみました。

  • 日本の主要企業の業績が良い割には日経平均株価が上昇しづらい
  • アメリカの先行き不透明感が払拭されない
 

売りトラリピが多いトラリピって?

先にイメージしているポジションを図で見てみましょう。

トラリピハーフ&ハーフ

今回もあっきんが使いまくっている【トラリピハーフ&ハーフ】で挑みます!

参考:トラリピ初心者にわかりやすい。米ドル円でハーフ&ハーフを解説。

 

このプランの特徴

  • 売りトラリピの方が合計ポジション数が多く
  • トラップ値幅(ポジション間隔)も買いより狭い
 

こうすることで密に売りトラップを配置することができるのでリターンを狙えますね。

もちろんそうするとリスクは増えます。

ストップロスにかかった時の損失額が大きくなります。実際に計算した結果が以下の図です

ストップロス時の損失

 

最悪の最悪で30万の損失です。

ちなみに、この記事を書いている今のレートは19,900円あたりなので、ここから一気に株高になるとどうでしょうか?

  • 19,900円で持った売りポジションは20,500円になると6万の損失
  • 20,100円 〃                     4万の損失
  • 20,300円 〃                     2万の損失
 

ということは合計で12万の損失ですね。こんな風に計算します。

難しくないですよね?

 

買いトラリピがストップロスにかかると

考え方は売りトラリピと同じですね!

ストップロス時の買い

 

  • 19,200円で持った買いポジションは18,200円になると10万の損失
  • 18,700円 〃                       5万の損失
 

ということは合計で15万の損失ですね。

売りトラリピに比べ、買いはポジション数も少なく控えめにしているのでストップロス時の損失も売りトラリピの半分です。

このようなプランなので売り中心の戦略だと言えますね

 

必要資金を計算してみる

売り注文は最大で30万の損失が発生するので、余裕資金として30万が必要です。

これに最大で保有する5枚分の必要証拠金が必要になります。

必要証拠金

日経225では1枚あたり50,270円の必要証拠金なので5枚で約25万円ですね。

以上から、この運用に必要な運用資金は30万+25万=55万ということですね。元々の予定が60万円なのでOKですね

60万円に収まるようにプランを考えただけですが(笑)

 

注文をスマホで出してみる

少しややこしいので参考までに載せておきますね。

ややこしいのはFXトラリピと違って逆指値でのトラリピ注文ができないという点です。

先に注文方法の全体像を載せておきます

注文イメージ

 

買いトラリピ

今のレートは19,943円です。これより低い価格の買い注文は指値です。つまり何も考えずにトラリピ注文を出せばOKです。

買いトラリピ1枚目

買いトラリピ2枚目

 

売りトラリピ

続いて売りトラリピです。買いトラリピの反対です。指値にあたる今のレートより高い売り注文はトラリピで出せます。

この場合だと20,100円と20,300円の売り注文はトラリピでまとめて出せます。

売りトラリピ1枚目
売りトラリピ2枚目

 

次が逆指値注文になる範囲です。もう一度注文予定を載せておきます。のピンク色の部分です。

注文イメージ

これはIFOCO注文を出します。これは1本ずつしか注文できません。逆に言うとトラリピはこれを組み合わせた注文ということですね。

3本載せるのは見にくくなるので例として19,900円の売り注文だけを載せておきます

[col3]IFOCO1[/col3] [col3]IFOCO2[/col3] [col3]IFOCO5[/col3]

 

あとは残りの2本について注文して全て完了です(^o^)/

IFOCOが成立した後は

例えば19,900円のIFOCO注文が成立して19,700円になって運良く2万の利益が取れたとします。

その時のレートは19,700円なので19,900円の売り注文はIFOCOではなくトラップリピートイフダン(トラリピ)で出します。

 

ということで、これで事前準備は全て終了です!

あとは何もせずにほったらかしで注文が成立していくのを待つだけです

 

CFDトラリピ口座開設はこちら

 

その他のCFDトラリピで運用中のプラン

【全記録公開】8万円でシンプルにトラリピ。「日経225」CFDに挑戦!

【限定特典付】35万円で始めるイギリス株価指数『FTSE100』のトラリピを公開!

 

トラリピの運用成績まとめ

【6月のトラリピ運用実績公開】FXとCFD株価指数でいくら稼いだ?