【3年目】One Tap Buy(ワンタップバイ)でお年玉を米国株に。ブログで2人の運用実績を公開!

【3年目】One Tap Buy(ワンタップバイ)でお年玉を米国株に。ブログで2人の運用実績を公開!

 

わが家では2018年2月に夫婦で話し合った結果、子供のお年玉を米国株で運用していくことにしました。

当時、子供たちの預金通帳に貯まっていた30万円(長男7歳)、12万円(長女4歳)を全額米国株にしました。

利用しているのは1000円から米国株が買えるワンタップバイです。銘柄も優良株に絞ってくれているので扱いやすいです。

 

運用から3年目を迎えたタイミングで長男に自分のお金をパパが代わりに運用していることを伝えました 

 


 

あっきん

この取組みが注目を集めたのか、TBSの情報番組で取り上げられました!詳しくは記事後半で😄

 

なぜお年玉を貯蓄ではなく投資に回すのか?

お年玉が入った預金通帳

私も妻のひろこも20代前半から投資をしているのでお金は増えるところにおいておくというのが基本的な考え方です。

また自分たちのこれまでの経験から長期的に積立で時間を分散しながら投資をしていくことで、目先の値動きに振り回されずに資産を増やしていけることを学びました。

その経験をもとに子供たちにもあたり前のように投資をしてほしいと考え、そのきっかけとしてお年玉で少しだけ株を買うのはどうかと考えました。

 

お年玉であればすぐに使うお金ではないので減ったところで不安になることもないですし、毎年もらえるのでコンスタントに積立ができます。

また、個別株を買っていくことで自然と社会情勢や経済にも目を向けることができるので活きた教材になるとも考えました。

 

なぜOne Tap Buy(ワンタップバイ)なのか?

ワンタップバイとは

ワンタップバイは日本初のスマホ証券サービスで1株単位ではなく、1000円から株が買えるのが最大の特徴です。

以下でサービスの特徴やメリット・デメリットを簡単に紹介します。

 

ワンタップバイのメリット

日本株は取引所が決めた売買単位(例:1,000株など)で行う必要があるため、ある程度のまとまった資金が必要になり、金額を指定して購入することはできません。

米国株は1株から買えるものの、マイクロソフトの場合、1株が19,000円ほどします。なので1,000円で株を買えるというのは最大のメリットです。

One Tap BUYでは、運営会社が市場からまとめて買った株をユーザーが自分の決めた金額分購入する仕組みになっているため、株の売買単位に縛られずに買うことができます。

 

取引イメージはこんな感じです 

 

ワンタップバイ使い方

 

日本株は9時〜15時までの取引で、米国株は24時間取引が可能です(ただし、米国株は米国市場が開いている時間に取引した方が少し手数料が安い)

 

また、アプリで取引が完結して、子供名義の口座が作れるのもわが家の株取引の目的と合致していて大きなメリットです。0歳から親の同意があれば開設できます

またアプリ内にはどんなことをしている会社かをマンガで紹介してくれているコンテンツがあるので子供に教えるのに便利です 

 

漫画コンテンツの紹介

 

ワンタップバイのデメリットは手数料!?

ワンタップバイで米国株を買うときは為替手数料と取引手数料がかかります。

為替手数料が業界で一番安いSBI証券などと比べると高いというのがデメリットです。

 

ワンタップバイSBI証券
取引手数料0.50%無料
為替手数料35銭(0.35円)4銭(0.04円)

※為替手数料は1米ドルあたり

 

SBI証券の4銭は住信SBIネット銀行の口座を使って、外貨預金口座から入金した場合のものです。

また、ワンタップバイの0.50%は米国市場が開いている22:30~5:00の場合で、それ以外は0.70%なので注意が必要です。夜に買ったほうがお得なんです。

もう少しわかりやすいように金額ごとで購入するときの手数料合計を比較してみました 

 

ワンタップバイSBI証券
1千円8円0.4円
1万円82円4円
10万円818円40円

 

1年に6万円ずつしか買わない長男のような取引をする場合は片道の取引差額が468円なので株価が変動することを考えれば誤差の範囲です。

繰り返し売買するわけではないので気になりません。

 

ワンタップバイの取扱銘柄は?(日本株/米国株)

日本株は2020/9/30現在で126銘柄の取扱いがあります。

 

銘柄名業種
旭化成化学
イオン小売業
UUUM情報・通信業
東日本旅客鉄道陸運業
任天堂その他清貧

 

ほとんどは東証一部の企業です。

続いて米国株の取扱銘柄です。全部で88銘柄あります。

 

銘柄名業種
アップル通信機器
ボーイング航空機・部品
コカ・コーラ飲料
マクドナルドレストラン
テスラ自動車

 

またアプリでは銘柄毎に保有状況や全ての取引履歴もサッと確認できます。 

 

銘柄情報

 

ワンタップバイはスマホ証券というだけあって大手ネット証券よりもアプリの操作性は文句なしです。

 

米国株で長期投資をするとどれぐらい増える?

長期投資

私が日本株ではなく米国株にこだわるのは米国は日本に比べて経済成長が見込めるからです。日本は働き手のなる人の数がどんどん減っていくので経済成長は見込めません。

経済が成長するということは株価も上がるということです。ではどれぐらい上がるのでしょうか?

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)を例として挙げておきます。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソンといえば、バンドエイドや綿棒、ベビーオイル、コンタクトレンズのアキュビューなどが馴染みあるとことです。

でも実はビジネスが売上高の約8割を医療機器や、医療用の医薬品が占めています。また58年連続増配している企業としても有名です。

では過去30年ではどれだけ増えたでしょうか?

 

JNJ チャート

 

1990年に6ドルだった株価は2020年5月1日時点で150ドルになっています。30年で25倍になりました。

ではこの間に毎年100ドルずつ買っていたらどうなったでしょうか?

投資額は30年で3,000ドルです。結果はコレです 

 

JNJのパフォーマンス

 

30年ただ毎年100ドル買っていくだけで投資額は9にも増えました。単年のリターンを見ても30回のうち21回はプラスです。

この結果を見ると、いかに長期間にわたって利息がつかない定期預金でお金をおいておくことがもったいないことをしているかがわかりますね。

 

お年玉を年利5%で増やせたら?

最初に購入したときはそれまで預金通帳に何も考えずに貯めていたお年玉を一括で投入しました。2018/2時点でのリアル明細が以下の写真です 

 

お年玉

 

  • 長男(7歳)の口座:32万円
  • 長女(3歳)の口座:12万円

 

始めはこの金額でスタートしてここから毎年6万円ずつ投入していきます。

お年玉だけだと3万円ほどなのでちょっと寂しい気もするので子供の日のお金や誕生祝いを足して年間6万円としました。

 

では毎年6万円を年利5%で増やせたらどうなるでしょうか?

子供の時から運用するとあたり前ですが、運用期間をとんでもなく長くとれちゃいます(笑)

 

計算が煩雑なので最初に投入した〇〇万円は含めずに単純に毎年6万円(月に0.5万円)を積立して5%で増やしたという条件で試算しました。

長女は3歳から運用を始めたので20年後の23歳(社会人1年目)だとこのような結果になりました 

 

シミュレーション

 

積立元本が120万円で増えた額が84万円なのでトータル204万円です。社会人1年目で200万円の資産持っていたらなんだかリッチな感じしませんか(笑)

でもせっかく20年も運用してお金を増やせたのにそのまま辞めてしまっては勿体ないです。このまま運用を続けるとどうなるかも試算してみました 

 

積立額評価額
20年後(23歳)120万円204万円
30年後(33歳)180万円409万円
40年後(43歳)240万円744万円
50年後(53歳)300万円1,290万円
60年後(63歳)360万円2,179万円

 

なんと63歳まで積立を続けると360万円2,179万円にも増えています!!これが長期投資の恐るべき力ですね!

これを痛感しているのでわが家では早くから投資を始めるためにこのようなお年玉を使った資産運用を試みています。

実際のところは、大人になっても年6万円しか積立しないということは考えられないのでもっともっと大きな資産になっているでしょう。

 

以上が控えめに見積もった運用計画です!

 

ブログで公開!ワンタップバイの運用実績は?

ワンタップバイ子供の運用口座

ここからは時系列で実際にワンタップバイでお年玉を運用してどれだけ増えたのか?リアルな運用実績を公開していきます。

2018//02/15に初回分を購入し、それ以降は年に2回、3万円ずつ入金し、米国株を買い増ししています。

 

2年目の実績(2019/5)

2年目の運用実績

長男口座は投資額39万円42万6,812円に増えていました。

株式市場の平均値とも言えるS&P500は開始時に2,716ドルだったのがこの時で2,880ドルに増えています。株式市場は上げ下げを繰り返しながらも成長しています。

 

3年目の実績

3年目となった2020/4/30に2020年1回目の買い増しを行いました。夫婦で相談した結果、このタイミングで長男にお年玉を運用していることを伝えました!!

ちょうどコロナショックで家にいる時間が長いこともあってゆっくりと長男と話しあう時間が取れたのと、どうぶつの森でカブ取引を経験して面白そうにしていたのでここだと思い話を切り出しました。

そして一緒にスマホアプリを見ながら長男がどの銘柄を持ちたいかを考え、値上がりしていた銘柄を売却し、値下がりしていた銘柄を買い、ポートフォリオを以下のようにスッキリさせました 

 

ポートフォリオ見直し

 

コロナショックの影響で生じた原油ショックで大きく値を下げていたボーイング、エクソン・モービルの保有量を多くしてみました。

長女の口座はパパの好みで長男とはまた違った布陣にしています。まとめると4/31時点で以下のようになっています 

 

3年目の運用実績

 

6/30にコロナの影響でもらった給付金10万円でさらに買い増しをしました 

 

ワンタップバイ買い増し

 

どういう考え方でどんな銘柄を買い増ししたかはインスタの投稿でまとめたのでスライドして見てください 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっきん_元公務員☘投資家(@akkin_akilog)がシェアした投稿

 

また、10万円と合わせて配当金でも買い増ししています。

米国株なので配当はドルで付与されるのですが、ワンタップバイの方で円に換金してくれます。配当金の履歴はこんな感じです 

 

配当金の履歴

 

10万円分買い増し直後の6/30時点の二人の口座状況です 

 

最新の運用実積0630

 

4ヶ月が経過した10/31時点です。買い増しした株が値上がりして含み益が伸びています✨

 

ワンタップバイの実績1031

 

ここまでの実績を時系列で整理すると以下のようになっています 

 

長男口座長女口座
2018/0230.0万(30万)12.0万(12万)
2018/1134.5万(33万)15.6万(15万)
2019/0237.9万(36万)18.7万(18万)
2020/0446.2万(42万)25.0万(24万)
2020/0662.9万(52万)38.4万(34万)
2020/0975.7万(52万)50.0万(34万)
2020/1069.6万(52万)45.5万(34万)

※( )は投資額

 

年間6万円の積立の内、まだ3万円は残っているので11月中に買い増しをする予定です。

 

親子でTBSの情報番組に登場!

なんと、なんと、この取組みが珍しかったのかTBSさんの取材を受け、全国放送で流れるという奇跡が起こりました!!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっきん@投資家🍀元公務員|お金の勉強(@akkin_akilog)がシェアした投稿

 

ワンタップバイの子供名義の口座に関するよくある質問

ワンタップバイの子供名義の問い合わせ

お年玉を運用している人ってあんまりいないせいか、ワークショップなどで読者さんに会うとよくワンタップバイでの運用について聞かれます。

参考になりそうなものをピックアップして載せておきますね!

 

子供名義の口座開設手順は?

先に親の口座開設手続きをする必要があります。その後に子供の名義で再度、口座開設の申し込みを行います。

この時に親のIDが必要になります。

 

子供名義も特定口座は作れる?

One Tap BUYの口座は「特定口座(源泉徴収あり)」です。その他の口座は選べません。

なので売買による利益や配当にかかる税金の処理は確定申告不要で税金の納付も証券会社が代わりに処理してくれます。

 

ジュニアNISAは適用できる?

できません。ジュニア制度そのものが人気がないせいか2023年末に廃止されることが決まっています。

2020年から始めても4年間しか投資できませんし、手続きも面倒なのでそこまで積極的に利用を考える必要もないかなと思います。

 

その他、質問などあればこの記事に追記していきます!

 

以上がお年玉を米国株で運用している理由と運用実績でした。

ワンタップバイは1,000円から米国株が買えて、配当なども受け取れるので十分に子供でも株式投資ができるサービスです。

今なら3万円の投資で500名1万円キャッシュバックされるキャンペーンやってみます!

 

キャンペーン広告

 

One Tap Buy口座開設

 

関連動画です。

5月2日にLIVE配信であつ森についてや子供にお金の教育を積極的にしていることなどを話ました。YouTubeにアップしています。

 

 

関連記事です。

よく聞かれるのですが、父のあっきんは米国株投資は少しでトラリピをメインにして資産運用をしています。20歳以上からできます。

 

【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを5年使ってるあっきんが解説。 【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを5年使ってるあっきんが解説。

 

わが家がお金の教育に力を入れるのには理由があります。思うところを記事にまとめてみました。

 

わが家が子供にお金の教育を惜しまない理由。子どもにどんな人生を歩んでほしいのか? わが家が子供にお金の教育を惜しまない理由。子どもにどんな人生を歩んでほしいのか?

 

ワンタップバイで個別銘柄を買うのも良いですが、非課税枠を上手に使って長期積立投資ができるつみたてNISAも投資の入り口としては良いです。

 

【実績比較】FPひろこが選んだつみたてNISAおすすめ銘柄。商品をどう選ぶ? 【実績比較25ヶ月目】FPひろこが選んだつみたてNISAおすすめ銘柄。商品をどう選ぶ?

 

あっきんはブログ以外にもツイッターやインスタ、YouTubeで発信しています。気軽にコメントくださいね!返信めちゃ早いです(^o^)/

SNSのアカウントはココにまとめています。