【2019年版】あっきんが100万円で資産運用するなら?期待利回り10%で考えた。

【2019年版】あっきんが100万円で資産運用するなら?期待利回り10%で考えた。

 

どうもあっきんです!

私のLINE@にいただく質問やワークショップでの議論のネタになりやすい話題で「100万円であっきんが資産運用を今からするなら」というのが鉄板です(笑)

私の資産運用のスタイルはかなり変わっていて、ジャンルを幅広くしてその時々で使い分ける点です。

相場は生き物なので常にこれをやっておけばいいみたいな普遍的な商品はありません。

2017年ならわかりやすく仮想通貨に資金を投入していましたし。

ただ、話のきっかけとして2019年のあっきんなら今からコレでいく。という目安はあっても良いのかなと思ったのでまとめてみました。

 

2019年。あっきんの運用方針。

2019年あっきんの運用方針

2019年の相場は米国の利上げペースに黄色信号が点灯したこともあり、株式市場では明るい相場は期待できそうにありません。

もし株式相場が軟調な動きをするのであればそこに向かって買いで入っても思うような結果は得られません。

そんな不透明感がある中で、私がポートフォリオを組む上で以下の方針を掲げました。

 

  • 相場観が必要なものは選ばない
  • マメに運用状況を見ておかないといけないものはいれない(ほったらかしで大丈夫なものを選ぶ)
  • 見た目利益が出ているけど含み損がもっと出ているみたいな商品を選ばない(※)
  • 期待利回りが違う商品に分散して投資をする

 

※利益も出てるけど含み損も出ているというのはレバレッジ商品特有です 

 

トライオートFXの運用実績

 

運用を始めたタイミングによってはたくさん含み損を抱えるケースがこれです。まだ運用を始めてから半年ほどですが。

131万増えたけど155万含み損抱えてる状態ってあんまり嬉しい気持ちにはならないですよね(^_^;)

この商品設計自体は続けていけばトータルでプラスになるというものなのですが、少しやんちゃなので今回は選んでいません。

 

以上が私が商品を選ぶときの条件です。

 

リスクとリターンのバランスを考えよう。

リスクとリターンのバランス

資産運用と投機(ギャンブル)は違います。

投機(ギャンブル)と呼ばれるものは期待値がマイナスです。やり続けても儲かるのは胴元。もちろん一時的に賭け手が儲かる場合はあります。

わかりやすいのは宝くじです。一発当たれば◯億円!と夢がありますが、確率が恐ろしく低い・・。結局儲かるのは主催者ですよね(^_^;)

 

一方、資産運用は分散投資をしながらリスクを和らげ、時間をかけてゆっくりと資産を増やしていものです。

相場によっては一時的に資産を減らすこともありますが、長期的な視点で資産を増やしていくものです。

 

この前提を踏まえて、いざ何に投資をしていくか?を考えるときに知識として知っておく必要があることはリスクとリターンの関係です。

基本的には投資は変動商品(値動きがあるもの)に投資していくので一時的に資産が減ることもあります(含み損が出る)。

その含み損が出る(元本割れが起こる)幅が大きい商品ほどリスクが高い商品であり、リターンが大きい商品です。

例えば、投資の入り口として近年始める人が多いつみたてNISA(投資信託)ですが、どれぐらいの変動があるかご存知ですか?

 

 

株式市場が下げた2018年に毎月1万ずつ買っていたら大きく減ったものは12万円が9.3万円に減っています(21.8%の下落(表上から2番目))

資産を株式だけでなく、値動きが小さい、債券などにも分散している商品を運用していれば12万円が11.1万でした(7.1%の下落(表一番下))

 

ここで私が伝えたいことは比較的値動きの変動を抑えられる積立投資ですらこれだけの資産の変動があるということです。

多くの人は増えるイメージばかりをもって反対に動いた場合を想定していません。減ることだって時にはあります。

ただ、資産運用はトータルで増やしていくものなのでひとつの商品で一喜一憂する必要はありません。

リスクを分散させることでトータルで増やすことを考えていきましょう。

 

分散投資でリスクを分散

 

また、お洋服と一緒でトータルでコーディネートするためにはバランスが大切です。これは私が特にこだわるところです。

このバランスを考える上でひとつの重要なルールを確認しましょう。

 

  • ハイリスクはハイリターン・・・資産の変動幅が大きい商品は期待利回りも高い
  • ローリスクはローリターン・・・資産の変動幅が小さい商品は期待利回りも低い

 

リターンの意味はわかりやすいですね。期待利回りのことです。5%なら100万円が1年後に105万円になるかもってことです。

リスクの意味は危険ではなく、資産の変動幅が大きいことです。

リスクとリターンのバランスを取るということは、リスクが高い商品には資金を少なく、リスクが低い商品には多く資金を配分することです。

 

これらを踏まえて、あっきんが2019年100万円で運用するならどういう商品を選ぶか?を解説します!

 

あっきんが100万円で資産運用するなら。期待利回り10%

運用商品と資金配分を公開します!

 

 

【2019年版】あっきんが100万で運用するなら。期待利回り10%

 

商品ひとつで100万円を期待利回り10%で運用するのであればズロチ/ユーロのサヤ取りだけでもいいんです。

そうしていないのはリスクを考慮しているからです。

投資に絶対はないので数値化できていない不確実性もあります。なのでより期待利回りが低いもの、高いものに分散しました。

 

また、期待利回り15%部門はトラリピかトルコリラのスワップサヤ取りか悩みに悩みまくったので並列表記にしました。

ひろこともかなりの時間を話し合ったのですが、最後は好みの問題ちゃう?というオチです(笑)

トラリピはすでに30万チャレンジ企画を始めているので、トラリピやってる人で違う運用もしてみたい!って思う人はトルコを選ぶというパターンもあるのかなと。

 

以下で個別の運用商品の解説をします。運用を始めるときは個別記事をよく読んでくださいね!

 

貸付投資fund(ファンズ)【5%】

funds.jp

貸付ファンドは、利回りと運用期間が予定された金融商品です。

変動商品ではないので、リターンを狙える確実性の高さからポートフォリオに入れました。そもそも案件に応募できるかどうかの話はありますが(笑)

1円から投資可能なので分配金や返済された元金の再投資もしやすいという点も使い勝手の良さを感じます。

※1/23(水曜)10:30〜 投資申込みの受付開始!

 

関連記事:資産運用は貸付投資の時代へ。Funds(ファンズ)で年率1.5%〜6%の利息を受取る。

 

ズロチ円のスワップサヤ取り【10%】

スワップのサヤ取りはFX会社が毎日提示しているスワップの差を利用した投資手法です。

一般的なスワップ狙いの高金利通貨投資はスワップは増えるけど、通貨そのものが下がるので為替差損もでます。

なので結果、増えてるように見えて増えていないんですよね〜。

 

でもスワップサヤ取りを使うと同じ通貨を同じ量だけ買いと売りを保有するので為替が上がろうが、下がろうが、トータルの評価額は変わりません。

毎日買いスワップ(プラス)と売りスワップ(マイナス)の差だけ増えていきます(^o^)/

それのさらに進化系がズロチ/円を買ってユーロ/円を売るというかなり変わったサヤ取りです。

違う通貨なのに値動きがほとんど同じという特徴を利用したものです。

 

同じ値動き

 

また、もうひとつ目新しい点としてどちらの通貨もスワップがプラスなんです!なかなか無い組み合わせです(笑)

 

ズロチ円とユーロ円のスワップ

 

私自身はこの運用を100万で2018/9/24から開始し、毎週の運用成績も公開しています。

2019/1/16時点の状況口座状況を載せておきます。

 

ズロチ円スワップサヤ取りの運用実績

 

この運用は私と同じやり方をするのであれば20万円単位が目安となります。

 

関連記事:【6ヶ月目】FXズロチ円でスワップサヤ取りの実績をブログで公開!始め方も解説。

 

ほったらかし投資トラリピ【15%】

トラリピはFX自動売買の老舗的な存在です。

私自身、2015/8から運用をしていて現在2,100万円で運用しています。

相場が動きそうな範囲を狙ってトラップを仕掛けるだけなので、上がるとか下がるとか予想しなくて良いのが楽ちんです。

12/20から30万で始めた運用の1/16時点の状況は以下のとおりです 

 

トラリピ運用実績

 

また、期待利回り15%の根拠ですが、現在運用中のモデルで過去2年運用した場合のバックテストをしています。

その結果、直近2年間の運用で得た利益が107,500円だったので年換算すると53,750円です。

これより期待利回りは17.9%(353,750円/300,000円)となっています。

※ただし、トラリピは含み損を一定抱えることを前提とした運用なのでバックテスト時も含み損はいくらか出ています。

この含み損は相場が円安になったときに全て解消される見込みです。

 

買いポジションをいくつか持っている時は含み損がいくらか存在します(図中の10日後と30日後)

ここから相場が上がってくると決済され、利益になります(図中の20日後と40日後)

 

トラリピがレンジになるイメージ

 

 

トラリピはこの記事で紹介する4つ商品の中で最も資産の変動幅が大きいです。利益も出るし、相場が下がった時は含み損を抱えます。

また、私と同様のリスクレベルで運用を始めるのには最低30万円は必要です。

 

関連:【12/20開始】ゼロから始める。あっきんトラリピ30万チャンレジ!!

 

トルコリラスワップサヤ取り【15%】

冒頭に紹介したズロチ円のスワップサヤ取りはいきなり変化球でしたが、こちらは王道中の王道のサヤ取りです。

同じ通貨を違うFX会社で買いと売りで保有します。

私が実際に使っているFX会社のスワップの差額実績をまずは見てみましょう。

 

スワップ差額

 

平均で1ヶ月あたり、952円のスワップを受取ることができています。

期待利回りを計算してみると・・・。

運用資金は両方の口座に3万円ずつ入金しているので6万円です。実際にはスプレッド(手数料)が発生するのでざっくり11ヶ月分のスワップが利益です。

 

  • 運用利益=952円/月×11ヶ月=10,472円
  • 期待利回り=(60,000円+10,472円)/ 60,000円=17.4%

 

トルコリラのスワップサヤ取りの期待利回りは17.4%という計算結果になります。

※スワップはトルコの金融情勢によって変動しますし、FX会社の運営上の都合によっても日々変化することは知っておく必要があります。

 

関連:【ブログで公開】トルコリラ円サヤ取り1ヶ月目。FX積立投資でスワップポイント生活!

 

【重要】運用上の注意点とQA集。

運用上の注意点

この記事で紹介したプランは私が運用をするならという前提です。

私も常にあらゆる投資で勝ち続けているわけではないので失敗することもあります。その過程もこれまで全て公開しています。

関連:激動の2018年!あっきんの投資の成功と失敗。私生活をサラリと振り返った。

 

これらの失敗を踏まえ、現状の株式、為替、仮想通貨の相場を見てなるべく損をしないような安牌な運用商品でポートフォリオを組みました。

ここまでの説明でおわかりだと思いますが、決して利回りを約束するものではないのでその点は知っておくべきこととして明記しておきます。

 

また、たまにいただく問合せで「とりあえずコレやっておけば大丈夫ですか??」と聞かれます。

聞かれた方の立場になるとわかると思いますが「そうそう!コレで問題ないです 」とは言い切れません。

投資は自己責任で行うものなので私からこうしましょう!はそもそもおかしな話なんです。

 

とは言うものの、金融に関する知識が無い人が無茶な運用をすることを私は望んでいません。

なのでLINE@や質問箱というやり取りできる環境を用意しています。

なので、わからないこと遠慮なく聞いてください。聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥だと思いますので。

 

紹介した運用商品の一覧。

◯貸付投資funds(ファンズ):funds

◯ズロチ/ユーロ スワップサヤ取り:FXプライムbyGMO

◯トラリピ:マネースクエア

◯トルコリラ スワップサヤ取り:

【買い】みんなのFXLIGHT FX

【売り】GMOクリック証券

私が運用している商品の運用成績は毎週こちらの記事で更新しているので合わせてみてください。

 

【週次報告】あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開! 【週次報告】9月2週目。あっきんが投資で得た不労所得をブログで公開!

 

わからないことがあれば遠慮なく聞いてくださいね(^o^)/いただいた質問から私自身も学ぶことが多いので!

いただいた質問は適宜この記事のQA集に追加していきます。

 

あっきんは読者さんとのコミュニケーションも大切にしています。以下で3つの方法を紹介します!

  • LINE@で直接トーク!
    • スマホで見ている人はココをクリック!
    • LINEでお友だち追加できるよ!
    • PCで見てる人はQRコードをスマホで読み取っても良いかも!

    QRコード

     

  • STEP.2
    ツイッターで聞いてみる
    • ツイッターアカウントはココ
    • @_akkin_naraを投稿文に入れると届くよ
  • STEP.3
    質問箱で聞いてみる
    • 匿名で聞けるのが質問箱
    • 返信はツイッターに流れてくるよ
    • ツイッターであっきんをフォローしよう!

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/