ポテチで学ぶ。あなたのお金は減っていく。

【解説】Ripple(リップル)とは?XRPとは?評判や今後の将来性、買い方を網羅。

【解説】Ripple(リップル)とは?XRPとは?評判や今後の将来性、買い方を網羅。

 

どうもあっきんです!

私は2017年4月から仮想通貨について情報を集めています。そのかたわら、毎月38万円を積立で仮想通貨に投じています。

仮想通貨投資を始めた理由は単純で将来の値上がりが期待できるからです。

そして実際に運用をしながら情報収集する中で「仮想通貨リップル(XRP)」には十分期待できる将来性があることがわかったのでここにまとめておきます。

ワークショップでもリップルに関する質問をよくいただくので、よくある質問に対する答えもこの記事で整理しておきます。

 

仮想通貨リップル(XRP)とは?

仮想通貨xrp

XRPとは・・・。

 

ネットワーク上の仮想通貨や法定通貨間をつなぐブリッジ通貨の役割を持つ。 日本でもリップラーと呼ばれる支持者が多い。

Googleが出資しており、銀行間における国際送金システムででの将来性を期待されている。

リップル社が明文化:混同されやすいリップル社と仮想通貨XRPの違い

 

 

Ripple(XRP)の配布状況。

発行枚数は1000億XRPで、ビットコインのようにハードフォーク(分裂)したりしません。配布状況はこのようになっています。

 

1000億XRPの配布状況

 

注目すべきは市場に出ているXRPは意外と少ない点ですね。半分はロックアップと言い、リップル社でさえ使えないようになっています。

リップル社として保有しているXRPは1/10も無いんです。

ちなみにリップルの共同創設者であるクリス・ラーセンは世界の仮想通貨長者首位であることでも有名です。(保有するXRPについては寄付を表明している👏)

 

 

XRPの優位性。

xrp スピード

XRPの優位性は「送金の速さ」です。わずか4秒で送金されることが圧倒的な強みです。

また、XRPはスケーラビリティも優れています。よく送金づまりなんて問題が起きますが、XRPには無縁の話です。

 

xrpスケーラビリティ

 

 

XRPのロックアップについて。

XRPという通貨は以前から「総発行枚数が多く、その多くをリップル社が保有しているので、リップル社が大量のXRPを一度に売却するのではないか?」XRP保有者で議論されてきました。

そこでリップル社は2017/12/08に550億XRPをロックアップしました。また、2018/01/01から毎月1日に10億XRPのロックアップ解除が始まりました。

 

ロックアップの概要

 

ロックアップという制度とリップルの総発行枚数の1/100にあたる10億XRPのロックアップを毎月解除するという仕組み。

これによってリップル社はXRPという通貨は安定的に市場に解放されるというメッセージをだしています。

リップル社にとって最優先すべき課題はXRPの流動性を高めることです。XRPが使われやすい状況を作り出すことです。

そのために、このロックアップという仕組みが考えられました。

 

仮想通貨リップルの今後の将来性を読み解くヒント

仮想通貨リップル(XRP)という通貨の今後の将来性を考える上でヒントになる3つのポイントをまとめてみました。

 

リップルの将来性
  • XRPは普及するのか?
  • XRPが普及すると価格は上がるのか?
  • Ripple Netは普及するのか?

 

非中央集権型のビットコインとよく比べられるのがリップルです。リップル社は価値のインターネット普及に向けて着実に歩みを進めています。

リップル社は世界中の銀行決済機関と提携を交わしており、日を重ねるごとに提携先が増えています。

銀行や決済機関においてXRPという通貨が利用されるのはその次の段階です。その時点でリップルの価格は必然的に上がってくると思われます。(理由は後述)

 

XRPは普及するのか?

Ripple(リップル)は言わば有能な送金システムです。XRPという通貨は使われてなんぼです。なので、リップル社は2009年頃から地道に多くの金融機関と提携交渉を続けてきました。

その結果が提携金融機関100社という実績を生んでいます。

 

リップルは世界中の金融機関と既に提携している

リップルが提携する金融機関

リップル社の公式サイトで取り上げられている提携金融機関のロゴです。なんだか見覚えのある日本のメガバンクのロゴも入っていますね(笑)

 

10/10付のリップル社公式アナウンスでついに提携銀行が100社を超えたことも伝えられています。(同時に送金が本番環境にて実現したことも伝えられています)

 

RippleNetに参加する金融機関が100行を突破

(内容の一部を抜粋)

これにより、銀行、送金業者などを含む100以上の金融機関が即時決済で確実かつ低コストの国際送金を顧客に提供するためにRippleのブロックチェーン技術を活用することになります。

 

第一号の金融機関が流動性の問題を解決するためにXRPを実活用

世界を先駆ける第一の事例として、Cuallix社が米国からメキシコへの国際送金のコストを低減するためにxRapidを活用する初めての金融機関となりました。

 

そして日本のメガバンクも着実に動きだしています。

最近では三菱東京UFJ銀行は2018年初から、リップルが持つ技術を活用し国際送金サービスを始めることを公式に発表しました

 

三菱UFJ、送金効率化へ世界連合 米欧豪6行と18年

三菱東京UFJ銀行は2018年初から、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始める。米バンクオブアメリカ・メリルリンチなど米欧豪の大手6行と連携。米ベンチャーのリップルが持つ技術を活用し、即時決済を可能とする。

 

現状でリップルと一番関わりのあるのはSBIグループです。北尾社長の協力なリーダーシップのもと着実に歩みを進めています。

17/04/27にSBIホールディングス㈱主導の元「内外為替一元化コンソーシアム」を起ち上げ、専門のWG(ワーキンググループ)も設置しました。

リップルの送金サービスをベースとしたシステムの構築をALLジャパンの銀行で検討しようという動きです。

参考:「内外為替一元化コンソーシアム」のプロジェクト制への移行について

 

そして注目すべき参加企業の数です。

2017/4に起ち上げた時は42行でした。私の目に止まった銀行を少し載せておきますね。最新では61行が参加しています。

 

プロジェクト参加企業
  • 株式会社新生銀行
  • 住信SBIネット銀行株式会社
  • スルガ銀行株式会社
  • 株式会社セブン銀行
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友信託銀行株式会社
  • 株式会社三菱東京UFJ銀行
  • 株式会社横浜銀行
  • 株式会社りそな銀行
  • 株式会社三井住友銀行(2017/7/11追加)
  • 株式会社ゆうちょ銀行(2017/7/11追加)

「内外為替一元化コンソーシアム」参加金融機関 追加のお知らせ

 

リップルは中央銀行とも提携している。

現時点において提携している世界の中央銀行は以下のとおりです。

民間企業だけではなくこのように公的な銀行と提携していることもリップル社の強みです。

 

ripple × 中央銀行
  • Bank of England(イングランド銀行)
  • Bank Indonesia(インドネシア銀行)
  • Monetary Authority of Singapore(シンガポール金融管理局)
  • Reserve Bank of India(インド準備銀行)

 

リップル社幹部の出身(経歴)が圧倒的すぎる。

全員は紹介できないので数名だけを載せておきますね!この中に日本人がいることだけでもなんだか嬉しくなるのは私だけでしょうか(笑)

 

Chris Larsenは、リップル社の取締役会長/共同創業者。17/03にはIMFのアドバイザーに就任しています。

Brad Garlinghouseは、リップル社の最高経営責任者(CEO)/社長。 Yahoo!の上級副社長です。

Zoe Cruzは、元モルガン・スタンレーの共同社長。

Benjamin Lawskyは、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の初代局長。

 

Takashi Okita(沖田貴史)は、SBI Ripple Asia代表取締役、SBI大学院大学教授。

リップル社はRippleというサービスを普及させるために強力なパートナーシップを武器に歩みを進めています。

そのためにはこれだけのメンバーが必要不可欠なんでしょうね。それにしても凄い(笑)

 

リップルが今後普及すると価格は上がるのか?

かつて、リップル社CEOのBrad Garlinghouseはインタビューで次のように答えています。

 

『今日、世界中で155兆ドルが国際間送金されています。私たちの市場機会はこの巨額の支払いをスムーズにし・・・』

 

リップル(XRP)はブリッジ通貨です。各国の通貨を一旦XRPに換金して送金することでスムーズに国際送金を実現するものです。

ではここで問題です。

 

リップルに関する質問

 

上図の状況を考えた時に必要なリップルは1XRPでしたね。ここでもう一度リップルの発行枚数を思い出してください。

1,000億XRPです。つまり、1XRP = 100円では10兆円しか送金できないということですね。さらに思いだしてください。

リップル社CEOのBrad Garlinghouseはインタビューで世界中で155兆ドルの国際間送金がされていると言っていましたね。

全ての送金にXRPが使われることは無いとして、仮にその10%のボリュームをXRPが代用したとしましょう。

15.5兆ドル = 1,550兆円ですね。

えーっと1XRP = 100円だと10兆円しか送金できないんでしたよね?単純にリップル(XRP)の価値が100倍になれば?

1XRP = 10,000円であれば、1,000兆円の送金に耐えられますね・・・それでも足りません(笑)

※これはあくまでも送金ボリュームの10%にXRPが使われると仮定した場合のざっくり試算です

 

以上のような考えから、リップル(XRP)は使われるようになると価値が高くならないと送金に必要なXRPが足りないということになります。

つまりは、リップルは使われるようになる=流動性を高めることが大切なんです。なのでリップル社はXRPの流動性を最優先に考えているのです。

 

ちょうどこの方のツイートでも同じことを言われていますね

 

 

Ripple Netとは?普及するのか?

リップル社公式HPには次のように書かれています。

リップルが目指すもの

『現在、世界中で155兆米ドル*以上の国際送金が行われています。しかしながら、それを支える送金インフラは時代遅れで欠陥だらけです。

Rippleは銀行送金業者デジタルアセット取引所RippleNetでつなげ、スムーズな国際送金を実現します。』

 

RippleNetは世界で唯一、国際送金用に作られたブロックチェーンでイメージとしては以下のようなものですね。

 

 

個別に見ていくと3つのサービスがリップル社から示されています。

 

xCurrent(Xカレント)【銀行間の送金処理】

xcurrent

RippleNetを使う銀行が使うサービスす。xCurrent(Xカレント)を導入した銀行同士で送金処理が可能になります。

 

xRapid(Xラピッド)低コストで送金を実現。

xrapidの概要

xRapid(xラピッド)はXRPの流動性を高め、発展途上国での送金を円滑に低コストで行えるようにするためのシステムです。

送金事業者がxRapidを導入することで実際にXRPを使用するわけではありません。直接的に彼らは銀行にXRPを使ってもらうよう、ブリッジ送金ルートを組み上げるだけです。

 

xVia(xヴィア)送金を身近に。

xvia

xViaは主に一般企業がRippleNetに接続するためのソフトです。これを使うと送金指示が取引銀行に渡り、取引銀行はxCurrentを使って送金を行う、という構造です。

ようするによりRippleNetを使えるユーザーを増やすための仕組みということですね。

 

【最新ニュース】xCurrentやxRapidの導入事例

2017年後半以降リップルのサービスを導入する動きが加速しています。

 

 

【12/13日経砲炸裂!】リップラー歓喜に沸く。XRP爆上げ!!

まさか、まさかの日経新聞朝刊に衝撃的な文言があったんです!

 

 

【12/12】日経新聞抜粋

日韓金融機関、ブロックチェーン送金の実験開始より抜粋。

  • 三井住友銀行りそな銀行など37の金融機関が、米リップル社の技術を活用し韓国の大手銀行2行と15日から送金実験を始める。
  • SBIホールディングス傘下のSBIリップルアジアが中心となり61の金融機関が参加する連合体が今回の実証実験を主導する。
  • 今回はリップル社のブロックチェーン技術を活用するが、最終的には仮想通貨(XRP)を活用したいという。
  • 日本側は商用化のためのシステム開発を既に終えている。実証実験は1月31日までの約1カ月半を予定している。

 

何度読み返しても衝撃的な内容ですね。これまでも銀行がリップル社のブロックチェーン技術を使用することは報道されてきました。

ただ、今回の報道がこれまでと決定的に違うのは送金に仮想通貨(XRP)を活用したいとはっきり書かれている点です。

 

この発表を受けて12/13夕方リップル(XRP)は過去最高値を更新しました。

 

【最新】リップルの買い方。おすすめの取引所は?

私はコインチェックでリップルを買っていましたが、NEM流出事件でリップル(XRP)を買うことができません。

現状で一番おすすめなのはLiquid by Quoine(リキッド バイ コイン)です!

 

Liquid by Quoine(リキッド バイ コイン)

リキッドバイコイン

これまではXRPを買うにはbitbankの一択だったのですが、10/17〜はリキッドががっつり入ってきました!

しかも明らかにお得な最大23,000円のキャッシュバックキャンペーンを引っさげてきました!

板取引で買えて、アプリも使いやすいです。また、仮想通貨の出金手数料が無料!という点もユーザーには有利な条件です。

 

キャシュバックバナー

 

リキッドで新規口座開設をする

 

ビットバンク【人気NO.1】

ビットバンク

ビットバンクでは全ての通貨をコールドウォレットで管理しています。つまり、ネットとは繋がっていない環境です。

さすがにこれではハッカーもアクセスできませんよね!

 

コールドウォレット

また、ビットバンクはリップル(XRP)が一番買われている取引所としても有名です。

最近大手メディアサイトコインポストが行ったアンケートでもビットバンクが一番人気でした!

 

 

これだけビットバンクが選ばれるのはなんと言っても板取引で買えるのでスプレッドがないからです。

コインチェックのように販売所形式ではないので比べると手数料が大幅にこちらの方が安いです。また、指値注文を使えるので何かと便利な取引所ですね。

私もリップルはここで買いました。

 

ビットバンクで口座開設

 

ビットポイント

ビットポイント

あの本田圭佑選手が最近イメージキャラクターになりました。

私がビットコインFX自動売買でお世話になっているのがこのビットポイントです。1/14〜はライトコインの取扱いも始めています。

11/30までなら新規口座座開設&5万円以上入金3,000相当のビットコインがもらえるキャンペーンもしています!

 

ビットポイントキャンペーン

 

ビットポイントで口座開設

 

仮想通貨については2018年前半に歴史に残る大暴落を記録しました。そんな中でも私は将来の値上がりを期待して買い増しています。

 【ブログで実績公開中】毎月38万円を仮想通貨に積立で分散投資中!