【300万でロボアドバイザーを比較!】テオとウェルスナビの利回りは?

ロボアドバイザー比較

 

どうもあっきんです!

2018年。もはやロボアドバイザーは資産運用のひとつのジャンルを築いたと言えるでしょう。

私がロボアドバイザーの運用を初めたのは2017年3月。

あれから1年以上が過ぎ、現状ではた〜くさんのロボアドバイザーと呼ばれるサービスが出ています。

でも実質はテオ(THEO)ウェルスナビ(WealthNavi)の2強です。

で、どちらもかなりサービスが似ています(笑)

なので、結構迷う人がいると思うんですよね〜。そんなあなたに朗報です!

 

「結局のところ、テオとウェルスナビはどちらが利回りが良いの?」という比較にド直球に答えます。

 

ロボアドバイザーのTHEO(テオ)とは?

ロボアドバイザーTHEO(テオ)

 

THEOを運営するのは㈱お金のデザインという会社です。

顧客の年齢や金融資産額に基づいて、THEO が世界の約6,000種類のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し運用します。

最低投資額は1万円でスマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率・税抜き)と低コストで始められる、新しい資産運用のカタチです。

20代・30代を中心に、運用者は43,000人を突破しました。(2018年6月11日現在)

 

THEO(テオ)に関するツイートも少し見てみましょう。

 

 

そうそう。テオは最近NTTドコモと提携しました。dポイントをロボアドバイザーのテオで運用できるんです。

 

 

ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)とは?

ロボアドバイザーWealthnavi(ウェルスナビ)

 

最近TVで沢村一樹さんがウェルスナビのCMしているの見たことありませんか?

WealthNaviウェルスナビ㈱が運営するロボアドバイザーです。

預かり資産800億円、申込件数10万口座を達成(2018年5月17日時点)していて、日本で一番利用者が多いロボアドバイザーと言えます。

ウェルスナビは創業者の柴山さんが有名です。多数のメディアで長期国際分散投資の重要性について発信しています。

私自身もこの考えに共感しています。それにしても柴山さんの圧倒的な経歴は秀逸過ぎます(笑)

文系なのに自分でプログラミングスクールに通ってロボアドバイザーのプログラムを作ったんですって!

 

柴山さんの経歴MEMO
  • 東京大学法学部
  • 財務省
  • ハーバード・ロースクール修士号取得
  • 仏のINSEAD(ビジネススクール)でMBAを取得
  • マッキンゼー
  • ウェルスナビを設立

 

ウェルスナビに関するツイートも少し見てみましょう。

 

 

 

 

テオとウェルスナビをサービス面で比較!

米国のETFを購入することや自動積立機能(1万円単位)があることや手数料などは全て同じです。

ややこしいので違いだけを表にしました。

 

サービス面での比較

 

テオの最低投資額1万円に注意。

THEO(テオ)は最低投資額が1万円となっていますが、注意が必要です。

テオの特徴として取扱銘柄が30〜40とウェルスナビと比較して多いのですが、それ故に1万円では全部買えないんです。

ETFを少額で買っていくのがロボアドバイザーなのですが最低1つのETFを買うのに2〜3,000円は必要です。

なのでテオが取り扱っているETFをしっかり分散投資するには結局のところ、10万円ほどは必要なんです。

 

特許取得済みの自動税金最適化(DeTAX)

テオになくてウェルスナビにある機能と言えばDeTAX(デタックス)と呼ばれる自動税金最適化機能です。

「DeTAX(デタックス)」は具体的に何をするのか?ですが、

利益が出た時にそのまま放っておくと税金がかかってきますよね。

そんな時に保有しているETFのどれかで含み損が発生してたりもします。その含み損が出ているETFを一部売却します。

そうすることでわざと損を確定して利益と相殺して税負担を少なくするんです。

これぞAI(人工知能)がなせる技ですね(^o^)/

 

と、ここまでがロボアドバイザーテオとウェルスナビのサービス面での比較でした。

でも気になるのは結局のところ、どっちで運用したほうが利回りがいいのか?ってところですよね!

それについてはあっきんのお友達ゆたつか父さんがブログで公開してくれています。

以下はその結果をまとめたものです。

 

ゆたつか父さんに聞いた。なんでロボアドバイザーを始めたの?

ゆたつか父さんが運用しているのは3つのロボアドバイザーです。しかも300万ずつ!(ひとつは200万)

しかも毎月10万ずつ3つのロボアドバイザーに積立投資してるんです(笑)

2人のお子さんがいて奥様もバリバリ働いています。肝心の本人はと言うと・・・最近、会社を早期退職されました(笑)

以前akilogグループチャットのオフ会で大阪での飲み会にも来てくれました。

一言で言うと・・・パンばっかり焼いてるおじさんです。ジャムおじさんですね(笑)

 

 

 

そんなパンおじさんに私は聞きました。

「なんで3つもやろうと思ったんですか?私はウェルスナビが最初にコレだ!と思ったんですけど(^-^)」

 

 

 

 

リバランスというのは長期投資にはとっても大切な作業です。

リバランスのイメージは値上がりしたものを一部売って値下がりしたものに資金を回すという感じです。

こうすることで運用資産の配分を一定にし、運用のリスクを常に平準化しておくんです。

 

300万でロボアドバイザーテオとウェルスナビの利回りを比較!

300万でロボアドバイザーを比較

引用元:【運用実績公開】ロボアドバイザー(WealthNavi VS THEO VS クロエ)を比較してみました。

 

ロボアドバイザーの利回りを比較

 

同じ300万で2017年3月13日から運用をしているテオとウェルスナビの比較結果に注目します。

投資元本はどちらも430万です。

5月31日時点での含み益はウェルスナビは29万でテオが10万です。

つまり、1年ちょっとの運用期間では明らかにウェルスナビの方がパフォーマンスが良いと言えますね。

気になる利回りは米ドル建てベースでウェルスナビが10.94%でテオが6.7%です。

なかなかこれだけの運用資金で1年以上比較している人はいないのでとても貴重なデータですね👏👏

 

おすすめのロボアドバイザーはウェルスナビ!

たくさんあるのでロボアドバイザーをどれにするかは迷いますよね〜。

私は2017年3月に色々ネットで調べてビビッときたのがウェルスナビでした。

その時は実際に各社のロボアドバイザーを比較したデータがなかったので直感です(笑)

何より創業者の柴山さんの長期国際分散投資をもっと身近なものにしたい。という思いに共感したんですね。

 

それから1年以上経って今ではウェルスナビが名実ともにNO.1と言える存在になったと私は思います。

ということでロボアドバイザーを始めるならWealthNaviおすすめです!

今なら運用に必要な手数料1%が2ヶ月分無料になるキャンペーンもやっているので始めるには良いタイミングです(^o^)/

 

ウェルスナビキャンペーン

 

さらに〜、このakilog経由でウェルスナビを始めると1,000円のキャッシュバックという嬉しい特典と限定レポートの配布があるのでぜひこの機会に〜(^o^)/

 

オリジナルレポート

 

WealthNaviを始める

 

 

ウェルスナビのより詳しい解説記事はこちらに。配当や手数料の実績もまとめています(^o^)/

 評判のWealthNavi(ウェルスナビ)で14ヶ月。ブログで利回りや手数料の実績を公開!

 

このウェルスナビの完全お任せ運用で資産運用をまずは始めてみる!これが投資家への第一歩だと思います。

そして慣れた人や運用資金に余裕がある人はどんどん分散して運用の幅を広げることをおすすめします。

この記事では私が運用している様々なジャンルをササッと紹介しています。

おすすめの資産運用の実績を毎月公開。初心者が月1万を狙うには?

 

私の運用の軸となっているのはず〜っとFXの自動売買トラリピです。安定感抜群なので安心して1,000万を運用できています。

 【2015.8開始】毎月の運用実績は?マネースクエアのトラリピで資産運用中!