【新着】分散投資の本質がわかる記事。

【計算】トルコリラのスワップ投資。サクソバンクとみんなのFXどっちがお得?

【計算】トルコリラのスワップ投資。サクソバンクとみんなのFXどっちがお得?

 

どうもあっきんです!

高金利通貨のサヤ取りを始めるにあたって準備を進めているのですが、読者さんから教えてもらって注意が必要だな〜と思ったのでサクッと計算してみました。

どういうことかと言うと、トルコリラのスワップポイントはサクソバンクの方が最近はみんなのFXより高いんです。

一目見るとそれならサクソバンクでトルコリラを買った方がお得!って思いますよね!

でも証拠金率(レバレッジ)に注目するとサクソバンクは一般的な25倍ではなく、9倍なので資金効率が悪いんです。

その結果、運用にかかる必要資金全体を考えるとみんなのFXの有利という結果になります。

 

そもそも「サヤ取りってなんやねん!」って人やなんでわざわざ売りと買いを保有するのって人はこちらの記事を先に見てください。

 【さらば含み損】FXスワップポイントでサヤ取り!通貨毎に利回りを比較。

 

サクソバンクのトルコリラのスワップ。

サクソバンクのトルコリラスワップポイント

 

平均すると1日あたり124のスワップポイントです。

 

みんなのFXのトルコリラのスワップポイント。

みんなのFXスワップポイント

 

平均すると1日あたり115のスワップポイントです。

うん。確かにサクソバンクの方が11月は今のところみんなのFXをしのぐスワップポイントを記録していますね。

 

トルコリラ円を買うのに必要な資金【みんなのFX】

ここでおさらいです。私がトルコリラ円のスワップポイントサヤ取りで考えているプランでは3万円で1万通貨を買う予定です。

この計算はレバレッジ25倍(証拠金率4%)で買えることを前提にしています。なので図中における必要証拠金の計算も÷25となっていますね。

 

必要資金の計算

関連:【ブログで公開】トルコリラ円サヤ取り1ヶ月目。FX積立投資でスワップポイント生活!

 

ではサクソバンクだとどうでしょうか?

トルコリラ円を買うのに必要な資金【サクソバンク】

 

 

証拠金率はレバレッジのことでレバレッジ25倍で買うことは証拠金率4%で買うことを意味します。

サクソバンクは上記のお知らせにあるように証拠金率が11%なのでレバレッジ9倍で買うことになります。

これをさきほどの必要資金の計算に当てはめると以下のようになります。

 

必要資金の計算【サクソバンクの場合】

 

レバレッジ25倍の場合と比べて必要証拠金が14,000円も増えました。運用リスクを同じにするために余裕資金は同じにしています。

すると必要資金はレバレッジ25倍の時は30,000円だったのがレバレッジ9倍だと44,000円に増えました。

 

トルコリラ円のスワップ投資はみんなのFXが有利。

同じ1万通貨を買うのに必要な資金(必要証拠金+余裕資金)がみんなのFXとサクソバンクでは違いますね。

これを元に必要資金1万円あたりのスワップを求めてみました。

 

必要資金1万円あたりのスワップ

 

かなり違いますね!必要資金1万円あたりのスワップはみんなのFXは38円なのにサクソバンクは28円と10円も少ないんです!

スワップポイントだけ見るとサクソバンクの方が多かったのに!

以上の計算からトルコリラ円のスワップ投資ならみんなのFXが資金効率が良く有利であることが確認できました。

また、最小取引単位もみんなのFXは1,000通貨単位なのに対し、サクソバンクは5,000通貨以上という条件があるのも気をつけたいところです。

 

※みんなのFXは姉妹サービス「LIGHT FX」の誕生に合わせて11月いっぱいはキャンペーンもやっているので載せておきます。

みんなのFXキャンペーン

 

みんなのFXで口座開設

 

私はトルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソでサヤ取りをするので口座を分けて開設するのにLIGHT FXの誕生はほんとにありがたいです!

 サヤ取りでFXスワップ投資に挑戦のあっきん歓喜!誕生『LIGHT FX』。

 

また、高金利通貨のサヤ取りと少し違った「ポーランドズロチ円」と「ユーロ円」を使った買いも今のところ順調に年利10%を超える利回りで増えています。

 2ヶ月目〜【ブログで実績公開】FXズロチ円でスワップサヤ取り。始め方も解説!

 

質問があればLINE@質問箱などにお気軽にどうぞ