【衝撃】トラリピの利益の源は総推移にあり。2020年は早くも2019年の半分に!

【衝撃】トラリピの利益の源は総推移にあり。2020年は早くも2019年の半分に!

 

コロナショックで相場が大きく下落しています。

相場を予想することができれば暴落前に売り抜けて下がったタイミングで再び買戻すという華麗な立ち振る舞いができるのですがなかなか・・・(汗)

こういう状況だと当り前ですが、投資元本が一時的に元本割れして含み損を抱えた状態になります。私ももちろんその状態です。

ですが、幸いにも下げた中でも細かく上がったり下がったりを繰り返していることもあり、細かい値幅を利益にするトラリピは好調です。

 

せっかくの機会なのでトラリピを知っている人にも知らない人にも総推移という考え方を知ってもらおうと思い、ちょっとデータを集計してみました。

 

為替の総推移とは何か?

総推移とは「トータルの値動きがどのくらいあったのか」を示すデータのことです。

日々の相場の上下をねらい続けるトラリピにおいて、総推移は収益の源であり、その値が大きいほど有利と言えます。

そのため、総推移はトラリピにおいて最も重要なデータと呼ぶこともできます。図にするとこんなイメージです 

 

総推移

 

例えば米ドル円を取引して100円で買って101円で決済するという取引を繰り返す場合、上記だと1,000通貨買っていれば3回決済されています。3,000円の利益ですね。

上記だと3回リピートしていて、トータルの値幅は6.00円になり、この数値を総推移といいます。

1回だけリピートした場合は総推移は2.00円となり、利益は1,000円です。つまり総推移が大きい方がたくさんリピートされ、利益を取れたことになります。

 

過去5年間の年間総推移と2020年を比較!

トラリピの利益の源は総推移であることがわかったところで過去5年間の総推移を見てみましょう。

一番メジャーな米ドル/円とあっきんが運用しているカナダドル/円のデータです 

 

年間総推移

 

ブレグジットやトランプ大統領が誕生した米国大統領選挙があった2016年が近年でもっとも総推移が大きかったのですが、そこからどんどん下がっています。

一番ひどかったのは2019年でどちらの通貨も2016年の半分です。あっきんがこのように嘆いているのもわかってもらえますかね💦

 

 

上記のデータは総推移でなく年間の高値と安値の差なのですが、過去25年で最悪でした。つまり最も利益が出にくい年だったんです。25年ですよ!!

そう思うと2020年のデータは光り輝いています!3/31時点のデータなのでまだ1年の1/4しか経過していませんが、2019年の半分の総推移と同じ大きさです。

今年は大統領選もあるので2016年と同様に荒れる相場を期待したいところです(^o^)/

 

2016年に今と同じ設定で運用していたらどうだった?

ちょっと気になったので今現在運用しているカナダドル円のトラリピ設定で2016年の相場で運用していたらどれだけ利益が出たのかバックテストをしてみました。

バックテストをしたのは下記のチャートの赤色で塗りつぶした2016年相場です。黒い線はカナダドル円のトラリピを仕掛けている範囲です。

 

カナダドル円チャート

 

30万チャレンジ企画とあっきん2000万口座の2つで現在カナダドル円を運用しているのでそれぞれでバックテストを実施しました。

 

30万で運用していた場合

30万円でトラリピを運用する場合の設定はこの記事で公開しているものを現在使用しています。正確には毎月2万円ずつ入金しているのでもう少しトラップ本数が多いですが、基本は変わっていません。

 

【いつ始めても安心】あっきんと始める30万トラリピ。設定・注文方法をブログで徹底解説! 【いつ始めても安心】30万トラリピ カナダドル円の設定・注文方法をブログで徹底解説!

 

気になるバックテスト結果はコレです 

 

30万円で運用した場合

 

2020年は世界的な金融緩和でスワップポイントもかなり減ったので、バックテストでもスワップゼロで利益を計算しています。

結果ですが、30万円で運用していたら年間利益はなんと113,000!年平均利回り37.7%です。

2016年は最も下がったときの含み損は▲112,460円でしたが、年末にはレンジ上限まで上がったので含み損はなんとゼロ!最高の結末ですね(^o^)/

 

それではこれと同じ考え方で2000万円で運用しているあっきん口座の場合はどうでしょうか?

 

あっきん2000万口座の場合

30万チャレンジの口座はあっきん2000万口座のミニチュア版です。資金が違うとこれだけ利益も違ってくるのかというのを肌感覚で知ってもらうのに2000万口座の情報は参考になるかと。

ただし、金額が大きいので運用する上での許容リスクを30万口座よりも抑えて運用しています。なので利回りは当然少し悪くなっています。

(具体的にはロスカットレートを68.42円ではなく、63.42円に下げています)

詳しくはこの記事で 

 

【ブログで公開】FXトラリピあっきん2000万口座の設定&運用実績(利回り/損失/含み損) 【ブログで公開】FXトラリピあっきん2000万口座の設定&運用実績(利回り/損失/含み損)

 

で、気になる結果はコレです 

 

2000万口座の場合

 

2000万円で運用していたら年間利益はなんと6,450,000!年平均利回り32.3%です。

2016年は最も下がったときの含み損は▲624万円でしたが、年末にはレンジ上限まで上がったので含み損はなんとゼロ。

いや〜夢ありますね〜✨

あっきん2000万口座の3月の利益が106万円になるのも納得ですよね。数字は嘘をつきません!この前のライブ配信でもそのあたりは語っています 

 

 

トラリピの利益の源は総推移

トラリピの利益の源は総推移

底で買って天井で売れば利益は最大化できます。

でもそれは理想に過ぎず、現実にはできません。そんな理想を捨て、細かく利益を狙いにいくのが総推移を取りにいくという考え方であり、トラリピの利益の源です。

ただ、これを全て手動でやっていては面倒ですよね。そこはトラリピというツールを使って自分の時間を無駄にせずに利益を得ることができるわけです。

 

ここでもういちど5年間のチャートを見てみましょう 

 

カナダドル円チャート

 

ただただヨコヨコで上下しているだけのチャートも上下の移動量(総推移)に注目すると年によってかなり違ってきます。2019年は2020年の半分でしたね。

そう考えるとこれだけ値動きがなかった2019年相場で年利10%を超えた30万チャレンジ口座はまずまずといったところではないでしょうか?

2020年相場もあと3/4残っているので2016年の利益にどこまで近づけるか注目しながら見守りたいと思います!

 

\トラリピ口座開設特典を4月にバーションアップ/

これから始める人向けに新たにレポートを追加しました。トラリピ本ももらえるのでこの相場で始めようと思う方はぜひ受け取ってくださいね!

 

【告知】トラリピ本がもらえる限定キャンペーンがバージョンアップ!トリプル特典に!

 

マネースクエアでトラリピを始める

 

トラリピ特典の内容や受け取り方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

【6月末まで】トラリピ本がもらえる限定キャンペーンがバージョンアップ!トリプル特典に! 【6月末まで】トラリピ本がもらえる限定キャンペーンがバージョンアップ!トリプル特典に!

 

トラリピ30万チャレンジの足跡をひとつの記事にまとめています。目標に対してどうだったか?を定期的に振り返っていきたいと思います。

 

【15ヶ月経過】トラリピは年利10%で計画どおりに複利運用できているのか?調べてみた。 【15ヶ月経過】トラリピは年利10%で計画どおりに複利運用できているのか?調べてみた。

 

これから始める場合は安値から始めることになるので設定はこちらの記事のものを参考にしてください。

 

【解説】コロナショック相場の安値圏で始めるトラリピ。30万の運用プランを作ってみた。 【解説】コロナショック相場の安値圏で始めるトラリピ。30万の運用プランを作ってみた。

 

わからないことがあれば遠慮なく聞いてくださいね!いただいた質問から私自身も学ぶことが多いので(^o^)/

 

あっきんは読者さんとのコミュニケーションも大切にしています。以下で3つの方法を紹介します!

LINE@で直接トーク!
  • スマホで見ている人はココをクリック!
  • LINEでお友だち追加できるよ!
  • PCで見てる人はQRコードをスマホで読み取っても良いかも!

QRコード

 

STEP.2
ツイッターで聞いてみる
STEP.3
質問箱で聞いてみる
  • 匿名で聞けるのが質問箱
  • 返信はツイッターに流れてくるよ
  • ツイッターであっきんをフォローしよう!

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/