トラリピの最低運用資金はいくら必要?30万円のプランはコレ!

トラリピの最低資金はいくら必要?運用資金30万円でもできそう!

SHARE

トラリピの最低運用資金はいくら必要?30万円のプランはコレ!

 

どうもあっきんです!

最近嬉しいことに若いメンズから人気です。ミレニアル世代の人は意外と投資意欲が高いような気もします。

リーマンショックのような相場で痛手を負った経験もないので投資に悪いイメージが無いのだと思います。

一度投資で想定以上の痛手を負った人は「投資=怖い」というイメージが残りますからね。でもやり方が悪かったらそりゃ〜失敗しますよね!

私も初めてのFXではやり方が悪かったので失敗したのでよくわかります。でもだからと言って投資はもうしない!とかは思いませんでしが(^o^)/

何事も挑戦➡失敗➡挑戦を繰り返して上達していくものなので、諦めるのはもったいないな〜と思う今日この頃です。

 

さて、若いメンズの話から若干脱線しましたが、20代の人は当然ですが、あまり運用資金を持っていません。

でも私のブログを読んで「やってみたい!」と思ってくれている人が何名かいて「〇〇万円あればできますかね〜?」とか聞かれるので一度整理してみました。

 

トラリピは最低資金30万円でできる?

私は1回目のFXでなんとなくトレードをしてしまい50万を8万にしました。そして2回目のトレードは運用資金を貯めて30万円で始めました。

サラリーマンの人なら20代でもボーナスから回せば30万円は確保できそうですよね。

なので、まずは30万円でトラリピの運用プランを組んでみて、イケてるかどうかを検証してみますね。

ちなみにイケてるかどうかの判断基準はトラップ値幅です。

トラップ値幅・・・注文を仕掛ける間隔のこと。トラップ値幅1円は1円間隔で注文を入れていくということ。

 

もう少し具体例を挙げます。直近1ヶ月の米ドル円の値動きを表したチャートです⬇

トラップ値幅1円

トラップ値幅2円

 

トラップ値幅が1円違うと随分注文成立回数が違ってきます。私は経験上、米ドル円や豪ドル円であればトラップ値幅が1円前後であればそれなりに注文が成立するのでやっていいレベルだと考えています。

ちなみにここで例に上げた米ドル円トラップ値幅1円のチャートで確認したところ、売りトラリピを仕掛けていた場合4回決済が成立しています。

仮に1円値下がりしたら決済するという設定にした場合だと合計で4,000円の利益が取れたことになりますね!

超ざっくり計算で30万円でトラリピを始める。1ヶ月で4,000円の利益➡1年で48,000の利益。十分ですよね(^o^)/

年利に換算すると16.8%です。

ちなみに私はFXを始めた時にこんな計算をしました⬇それをきっちりと実行した結果が今の運用資金1,000万円に繋がっています。

  • 運用資金30万を年間10%ずつ運用で増やす
  • 毎月2万と年2回のボーナス時に10万を運用資金に足していく(複利運用)
  • 10年後の運用資金は781万、20年後なら2,728万
 

私が11年前にFXを始めた理由と勝てるようになった理由。

 

今回検証したトラリピ運用プラン

最近2つの運用プランを紹介しました。実はどちらも私が運用しているプランだったりします( ̄ー ̄)ニヤリ

  • 米ドル円のトラリピハーフ&ハーフ(損切りあり)
  • 豪ドル円の買いトラリピ

 

それではここから⬆の2つのプランを30万円でやるとどうなるか考えていきます。見るべきポイントはトラップ値幅が1円前後になるかどうかです。

 

30万円/米ドル円/トラリピハーフ&ハーフ

このプランの考え方はこちらの記事で力説しています【進化版トラリピ】損切りありきでロスカットを避ける戦略!

 

このプランで仕掛るレンジはこれです⬇

トラリピを仕掛けるレンジ

 

そして注文を仕掛ける時の最大の特徴はストップロス(損切り)をレンジの上と下に置いていることです。

こうすることで万が一レンジから外れた場合に損失が止めどなく増えていくということがなくなります。

そしてこれが試算結果です⬇

らくトラ運用試算結果

ポイントは黄色で囲ったすべて成立時の評価損がマイナス12万円となっている点です。

これは「レートが95円になった時に含み損が12万円です」ということを意味しています。つまり30万円で運用をして最悪の最悪12万円損をしても良いと思うのなら、なんとトラップ値幅1円で運用できます。

いやいやあっきんさん!12万円もの損失を受け入れる覚悟はありません!というあなたの為にもう何パターンか計算しました(笑)

全て成立時の評価損 トラップ値幅
12万円 1.00円
9万円 1.36円
6万円 2.14円

 

この結果から次のような関係が見えてきますね

「損失を少なくする➡リスクを負わない➡リターンは減る➡トラップ値幅は広くなる」

 

今は買いでシミュレーションしましたが、売りでも同じような結果なので省略しますね。

問合せの多い質問

Q:ハーフ&ハーフの時は買いトラリピと売りトラリピで資金が2倍入りますか?

A:例えば買いトラリピゾーンに注文が全て成立しているときを考えてください。売りトラリピも同時にポジションを持っていることはありえません。既に決済されていますよね?

 

30万円/豪ドル円/買いトラリピ

このプランの考え方はこちらの記事で力説していますFXトラリピ始めるなら米ドル?それとも豪ドル?【騰落表】から考えた。

 

このプランで仕掛るレンジはこれです⬇

豪ドル円長期チャート

このプランは先ほどの米ドル円と違って広いレンジに注文を仕掛けているのでストップロスは設定しません。

その代わりにロスカットレートを55.05円以下になるようにします。

そしてこれが試算結果です⬇

らくトラ運用試算表(豪ドル)

 

東京15時ロスカットが55.05円以下になっていますね。この時のトラップ値幅は2.22円。

うーん。さすがに間隔が広すぎますね。この網だと網目が荒すぎてお魚さんは逃げていきますね・・・

 

【結果】30万円なら米ドル円のハーフ&ハーフ戦略がおすすめ!

FXトラリピ始めるなら米ドル?それとも豪ドル?【騰落表】から考えた。

 

運用資金が100万円の場合は豪ドル円の方がおすすめということは過去の記事でも書きましたが、30万円となると米ドル円の方が良さそうですね!

 

運用プランの詳細

念のために運用プランの詳細を一覧表にまとめておきま〜す。

買い 売り
通貨ペア 米ドル円 米ドル円
運用資金 30万円 30万円
レンジ 95円〜110円 110円〜126円
本数 16本 15本
1本あたり 0.1万通貨 0.1万通貨
1回で狙う利益 1,000円 1,000円
ストップロス 95円 126円
※ストップロス成立時の評価損は12万円で計算

 

注文画面

買いトラリピはこんな感じです⬇

買いトラリピ注文画面

買いトラリピ注文画面2

 

売りトラリピはこんな感じです⬇

売りトラリピ1

売りトラリピ3

 

あっきんからの一言。

繰り返しになりますが、私は30万円から始めてコツコツ運用しながらさらに毎月の給与から2万円+ボーナス時10万円を運用資金に回しました。

こうすることで早くに元手を増やすことができたのです。我ながら理にかなった運用プランだったと今でも思っています(^o^)/

だからこそ人に自信を持っておすすめできるんです

ということで6月はボーナスが入る人もいると思うのでトラリピを始めましょう(笑)

 


マネースクウェア・ジャパン口座開設はこちら