仮想通貨と株式市場が大暴落!【損切り】か【追加資金投入】か?

仮想通貨と株式市場が大暴落!損切りすべきか追い銭すべきか?

SHARE

仮想通貨と株式市場が大暴落!【損切り】か【追加資金投入】か?

 

どうもあっきんです!

朝起きるなりショッキングなニュースがどんどん目に入ってきて「あちゃ〜」って2度寝したくなる気分でしたね。

 

 

 

重なるときは重なるんですよね〜。悪いニュースって。こんなときはどうしようもありませんね。。

でも思うのがこんなときにグループチャットはありがたいです!やっぱりみんなはどうしてるんだろう?って気になりますよね(笑)

人それぞれ始めた時期や資金力が違うので対応も色々です。とても参考になります。

 

レバレッジ取引にはロスカットがある。

私は現物取引レバレッジ取引どちらも運用しています。見える化するとこんな感じです。

ざっくり資金ボリュームとも比例させています。

 

運用商品のイメージ

 

この図でいうところの右側がレバレッジ取引です。少ない資金でたくさんのボリュームの取引をできるので資金効率が良いんです。

でもその分、価格が下落した際はダメージも大きくなりがちです。

そして、結果的にロスカット(強制決済)され、相場から退場することになります。と言っても預けている資産以上に損をすることはありませんが。

で、今回の仮想通貨と株式市場の暴落で一番影響を受けたのがこのレバレッジ取引の方なんですよね〜。

BTCFX、CFD株価指数、トライオートETFともに含み損がパンパンです!

 

CFD株価指数は損切り!

私はCFD株価指数の中でもNYダウFTSE100を運用しています。NYダウは昨日1枚買い増ししたところでした。

FTSE100は元から損切り設定をしています。

 

損切り

価格が下がり続けるときに持ち続けていると損が拡大していく一方なので、持っているポジションを売ってしまうこと。

 

FTSE100は買値から400円下がったら売るという注文にしていたので強制的に売られていました。全部で37万の確定損失です。

 

 

ここまでバッサリいかれると、何も言えませんね(笑)

 

もうひとつのNYダウですが、もともと運用プランの中で近年の暴落率から1枚あたり2,000円ほどの下げを想定していました。

ところが、今回の下げはそれ以上でしたのでここで一旦仕切り直しをしました。

 

 

これで私のCFD株価指数の口座残高は113万になりました。

 

トライオートETFは追加資金投入せずにロスカットを待つ。

NYダウが下がれば当然のことながらナスダックも下がっています。一番高い買いポジションからは35ドルほど下がっていますね〜。

ちなみに、2/6のお昼時点で証拠金維持率は126%です。

 

 

今後さらなる下落が続き、証拠金維持率が100%になった段階で全ての買いポジションが売られてしまいます。

この状況で判断すべきことは追加で入金をして、証拠金維持率が100%を切らないようにするかしないか?です。

 

で、私の判断は追加入金しないです。

 

理由は、どこまで下がるかわからない中で中途半端に資金を投入してもその資金すら失う可能性があるからです。

だったら、多目にがっつり資金をいれてとりあえず戻るまで耐えたらいいじゃない?という考えもあります。

でもそうすると、リスクを追う資産の割合が増えますよね?

 

 

負けて帰る

 

負けを取り返そうとしていつの間にかさらに負けて帰ってきた』みたいなのが嫌なんです。

なので、ここは無理をせずに一旦離れます。

 

BTCFXも炎上!こちらはは追加資金投入&購入!

 

 

 

CFD株価指数とトライオートETFは一旦手仕舞いをしたので未知なる怪物ビットコインは少し冒険しています。

ビットコインはまだまだ歴史が浅く未成熟な市場なので魅力を感じています。そんなこともあって手がすべってしまいました(笑)

資産溶かしたら笑ってください!

 

投資は続けることが大切。そのためには何をすべきか?

投資を続けるためには。

 

投資を続けるためには、投資を楽しむことが大切です。

あなたが今、仕事も手につかず、夜も相場が気になって眠れない。不安ばかりで楽しくないと感じるのであればそれはやり過ぎです。

やり過ぎとは身の丈に合わないだけの資金を運用しているということです。

もちろん余裕資金で運用しているとは思いますが、含み損が出て気になるのは余裕資金に占めるハイリスクな投資の割合が多すぎです。

ワークショップではよく話していますが、私は含み損を抱えやすいものにはあまり資金を投じていません。

特にレバレッジ商品はリターンも大きいですが資産を失うリスクも高いので注意が必要です。

 

このあたりは本で読んで学ぶものではなく、自分で失敗をして学ぶものです。やっぱり自分の体験に勝る勉強はありません。

逆に考えるとこの経験をしている人は強いです。

なぜなら、痛い思いをしている分、無理をせず時間をかけて資産を増やすことの大切さを知っているからです。

そういう意味ではこのような暴落相場から学ぶことは多いんですよね。一度ご自身のシートベルトを確認してみましょう。

 

暴落相場でも資産が減ってないのは?

暴落相場に強いのは?

 

今暴落しているのは仮想通貨市場と株式市場です。全ての金融商品が同時に価格を下げているわけではありません。

ということは他のジャンルに投資していれば今回の暴落で大きく資産を減らすということはないんです。

でも投資経験が浅いとどのジャンルにどれだけ投資するのが理想的か?なんてわかりませんよね。

そんな悩みを解決すべく誕生したのがロボアドバイザーです。

 

ロボアドバイザー

 

例えば私が運用しているウェルスナビ(Wealthnavi)を見てみましょう。

さほど資産減ってませんよね?

 

ウェルスナビ

【2/6時点のウェルスナビ運用実績】

 

 

ウェルスナビは資金配分を見直すリバランスも自動でやってくれるのでいつの間にかハイリスクな投資になっているということもありません。

そのあたりもAI(人工知能)がいい感じにやってくれています(特許取得済)

私は100万+月3万の自動積立で増やしていますが、今は10万からできるようになったので始めやすい商品です。

 

ウェルスナビ

 

WealthNaviを始める

 

 

他にも為替はほぼ無風ですね。こんな時こそ毎日チャリンチャリン言うてる高金利通貨は重宝されます。

 

 

注意すべき点はスワップ欲しさに一度にたくさんの通貨を買ってはいけないということです。それは私が過去に失敗しているので(笑)

毎月積立とかでちょこちょこ買っていくぐらいがちょうどいいです

 

高金利通貨3兄弟の運用実績など。( )は政策金利

 

投資をしていると自分だけが相場に一喜一憂してると感じるときがあります。でもみんな同じです。同じように喜び、同じように不安になります。

そんな時に客観的な意見があると冷静になれたりもします。

私自身も何かと助けてもらってるコミュニティがakilgには存在しています【2/6時点で170名ほど!】

 【毎日営業中】akilogグループチャットで投資を楽しく。