【口コミ評判】タテルファンディングで初めて不動産案件に応募してみた!

 

どうもあっきんです!

まさかのオーナーズブックで応募するもパスワード忘れて時間切れ。からの翌日!

密かに準備を進めていたタテルファンディングで不動産投資に成功しました〜👏

タテルファンディングは応募数としてはまだまだ実績が少ないですが、個性的なので応募してみました(笑)

ソーシャルレンディングのようでソーシャルレンディングじゃないという所がポイントです!

 

オーナーズブックの残念なオチの記事はこちら。

 【口コミ評判】オーナーズブックで初めて不動産案件に応募してみた!

 

運営する㈱TATERUはどんな会社?

タテルファンディングとは

 

タテルファンディングは株式会社TATERUが運営する事業のひとつです。

なんとなんと株式会社TATERUは東証一部上場企業です。

2015/12にマザーズに上場。1年後には東証一部に上場しています。

株価も右肩上がりで上昇しています(何気にめちゃくちゃ上がってるww)

 

タテルファンディング

 

見た感じ社長も若いのですが会社の創業は2006年です。

主要事業として「TATERU Apartment」の運営を通じて、土地情報の提供から、デザインアパートの企画、施工、賃貸管理まで、一括で運営しています。

もう少し詳しく事業内容を見てみると、民泊事業や不動産仲介のポータルサイトの運営もしています。

 

㈱TATERU事業概要

 

ITを駆使した新しい不動産事業を総合的に営む会社というところでしょうか。

繰り返しますがこれだけ幅広く不動産業を営んでいる東証一部上場企業が運営するのがタテルファンディングです。

当然ですが、貸し倒れなどの問題が起これば全ての事業に傷がつきます。

そんなことからタテルファンディングはまだ案件数こそ少ないものの、信用力という面で安心感を覚えました。

 

タテルファンディングとは?

タテルファンディングはオーナーズブックと同じかな?と最初に思いました。

でもよくよく調べるとちょっと事業の形態が違うことがわかりました。

 

不動産特定共同事業

 

タテルファンディングは「貸金業」ではなく「不動産特定共同事業」というスキームを使って資金を集めています。

不動産特定共同事業とは、「複数の投資家からの出資により不動産を取得し、不動産を運営して得た収益を投資家に分配する仕組み」のことです。

貸金業とは異なり物件情報の開示が可能なため、物件を見ながら投資できるというのが最大のメリットです。

反対にオーナーズブックなどは貸金業のスキームを使っています。

そんなこともあり、タテルファンディングの案件情報にはどの建物に投資するかが詳細に載っています。

5/9に募集が始まる案件も住所がきちんと表記されています。

 

案件

 

また、このアパートはタテルアパートメントという事業で運営されます。

あのサッカー日本代表の本田圭佑さんがCMに登場していたりします(笑)

 

 

こんなところも安心できるポイントですね。

つまりはアパート経営をしたい人も不動産投資をしたい人も㈱TATERUにお世話になるという仕組みです。

全てを㈱TATERUが一括して請け負うことでソーシャルレンディングでは珍しい特徴があるんです。

 

タテルファンディングは途中解約ができる。

中途解約

 

出資したとしても途中でやっぱり資金を他で使いたいから返済してほしいと思うかもしれませんよね。

そんな時に途中解約を申し出ることで元本と分配金の一部が手元に返ってくるということです。

また、解約時の手数料、違約金などもかかりません。

通常のソーシャルレンディングでは途中で解約はできないので、これは換金性という面で大きなメリットです。

 

元本の安全性を高める仕組み。

元本の安全性を高める

 

ひとつの建物を建てるのに1億円を集めるとします。

この時に30%は㈱TATERUが出資します。私たち投資家は残る70%分を出資します。

後に、何かの要因でこの不動産の価値が下がったとします。

この時に3,000万分の評価損は㈱TATERUが負担するという仕組みになっているんです。

つまり3割まで不動産価格が下落しなければ投資家の出資元本に影響しないということです。

 

なかなか、タテルファンディングっていい感じですね〜。

と、いうことで口コミ評判もサクッと集めてみました(^o^)/

 

タテルファンディングの口コミ評判は?

タテルファンディング口コミ評判

 

 

でた!クリック合戦!これはソーシャルレンディングの共通口コミ。

 

以上!そもそもまだサービス開始してからの案件数が少ないから投資した人も少ない(そりゃ〜そうだ)

 

TATERU FUNDINGで不動産投資に初挑戦!

オーナーズブックでのパスワード失敗事件を踏まえて準備は万端です。

タテルファンディングの場合は申込が決まって契約してからの入金という流れになっています。

事前の作戦で、3つの募集案件の内少しでも競争率が低そうなもの(利回りが0.1%低い)に応募することにしました。

 

タテルファンディング応募案件

 

欲をかかずに手堅く狙った案件を獲得することに。

ちなみに投資金額は100万円にしました。

予定分配率が4.6%で運用期間が3ヶ月なので利息は11,500円です。

 

1,000,000×0.046×3/12=11,500円

 

果たして結果は。。。

 

 

 

やりました〜👏👏

初めての不動産投資の始まりです。

ちなみに8分後はこんな募集状況でした。

 

 

ということで、途中経過があれば随時更新していきます。

 

タテルファンディングに登録する

 

ソーシャルレンディングとは何かについてはこちらの記事で解説しています。

 ソーシャルレンディングとは?なぜミドルリターン・ミドルリスクの投資なのか?

 

私が現時点で口座を持っているソーシャルレンディング事業者です。

 【ブログで利回り公開】ソーシャルレンディングのおすすめ業者を比較!