ポテチで学ぶ。あなたのお金は減っていく。

【提言】仮想通貨を使う時代へ。akilogで(投げ銭)を採用してみない?

【提言】仮想通貨を使う時代へ。akilogで(投げ銭)を採用してみない?

 

どうもあっきんです!

akilogではグループチャットが存在します。ゆるーい繋がりなのですが、面白いですね。

面白いと感じるのは同じ趣味(目的)を持つメンバーが集まっているからです。

趣味って聞くと娯楽をイメージするかもしれませんが、私にとって【お金にまつわる話をすること】は趣味です(笑)

 

私のワークショップに来てくれた人がなんか面白いと感じるのはお金にまつわる話ができる=価値観の共有ができるからなんでしょうね。

 

【12/25】のメンバー数
  • akilogグループチャット【91人】
  • あっきんEAの部屋【192人】

 

仮想通貨は何のためにあるのか?

仮想通貨はほんとにお金の役割を変えるんだろうな〜って気づかせてくれた本がこれです。

 

 

この本では【価値主義】という概念が【資本主義】では表現しきれなくなった現代の経済状況を補ってくれるということを書いています。

かんたんに言うと、IT企業が増えてきた現代社会において情報ってとてつもなく価値を持っているよねってことです。

一昔前のインターネットが無かった時代ではサイトやホームページなんてものは存在しなかったんですね。

今思うと不便で仕方ないですよね。

「こんな美味しいお菓子を作っている会社はどこにあってこのお菓子はどこで買えるのか?」なんてこともネットがなかったら調べられないですからね(笑)

もはや当たり前すぎてその価値に気づかない人も多いと思います。

 

でも例えばあなたがツイッターやブログなどで投資にまつわる情報を手にしたとします。あなたはそれを参考に投資を始めたとします。

もし、あなたが何気に見よう見真似で始めた投資で自分の資産を増やせたら??

例えば1年で10万円が11万円になったら?100万円が110万円になったら?あなたが受け取った情報に価値があると考えることもできますよね?

 

つまり、無料で得られる情報でも価値を持っているということです。その情報に対して「ありがとう!はい。100円!」とあなたがお金を払うとどうなるでしょう。

情報が目に見えて価値を持つということですよね。でもこの「はい。100円!」が簡単そうで面倒くさいですよね。

なぜならリアルな繋がりではないからです。情報をくれた人があなたの目の前にいる人ならかんたんですが。そうではないですよね?

そこでこの「はい。100円!」を可能にするのが仮想通貨なんです。【投げ銭】ですね。

 

あっきん。突如【投げ銭】でXEMをもらう(笑)

 

 

路上ライブをしていて初めてお客さんからチップをもらった時の感覚ですかね。めちゃくちゃ嬉しかったです!!

経緯を説明すると、私はこんな記事を以前書いたんですね。

 【実績公開】仮想通貨ネム(XEM)の委任ハーベストでNEMを増やす!

 

仮想通貨ネムを持っている人がネムを増やすための錬金術みたいな記事です。これを読んだ@MedakaCoinさんが【参考になったよ】の気持ちを1.386XEM(150円くらい)という通貨で表現してくれたのです(笑)

 

【投げ銭】XEMの受け取り方を解説。

せっかくいただいたのであっきん初の投げ銭を受け取ってみます。

① TipNENにアクセス

② ツイッターアカウントを入力

 

STEP1

 

③ ツイッターに届いたPINコードを入力。

 

登録手順2

 

④ 取引履歴を確認

 

登録手順3

 

⑤ Nano Walletに送金

チップを受け取っただけでは実際に使えないのでNano Walletに受け取ったXEMを送金することで自分のお財布に入ります。

試しに1XEMを送金してみました(0.1XEMは手数料として引かれていました)

 

登録手順

 

Nano Wallet上で届いていることが確認できました(^o^)/

 

仮想通貨XEMを使った投げ銭でしたいこと。

ここからは完全に構想段階の話です。例えばこんな使い方をできないか?ということです。

私が考える投げ銭の効果はこんな感じです。

 

投げ銭の効果は?

投げ銭をした人は役に立つ情報をくれた人に感謝の気持ちを伝えられます。

投げ銭をしてもらった人は、自分が発信した情報が誰かのためになったことに満足感を感じます。もちろん少しお財布も潤う

 

例えば先ほどの私が投げ銭を受け取った事例では1対1のお金のやり取りですよね。

でもコミュニティ内で投げ銭の仕組みを使うと、1人の発信した情報が10人の役に立てば10人から投げ銭を受取ることができます。

なんだかお得感ありますよね(笑)

このお得感がコミュニティ内での情報発信のモチベーションアップに繋がるのではないでしょうか?

 

【あっきんEAの部屋】での活用事例

例えばですが、ビットコインFX自動売買について情報交換をしている【あっきんEAの部屋】で使うことを考えてみました。

あっきんEAを導入するまでの手順で行き詰った時に質問をして、誰かに教えてもらった時に投げ銭を行う。

ナイスな回答で自分の目の前の課題がクリアできれば答えて来れた人に【チャリーン

 

あっきんEAの最適な設定についてバックテストでみんなが役に立つ情報を発信してくれた人にみんなから【チャリーン

 

1対1で投げ銭するときもあればみんなから投げ銭することもあるという感じです。

 

 

【akilogグループチャット】での活用事例

例えば最近何かと話題のICOについて面白い情報を提供してくれた人に【チャリーン】。

こんなサイトで米国の経済情勢についてわかりやすく載ってたよ〜【チャリーン】。

今度◯◯でこんなセミナーあるけど面白そうだよ〜。「おっ!ちょうど空いてる日だ。行ってみます!」【チャリーン】

 

みたいな感じかなと(笑)

 

あっきんが考える投げ銭効果を引き出す工夫。

ひまなあっきんはこんなことも考えてみました。

とは言うものの、やっぱり日本にはチップを払うという文化が無いんですよね。だったら投げ銭をしたくなる仕組みを作れないか?

 

答え。あっきんからグループメンバー全員に事前に仮想通貨XEMを投げ銭用に配布する

 

えっ?それだとあっきんが損をするのでは?と考えてくれた心優しいあなたに。ご安心ください。ビジネスマンのあっきんはこう考えています。

 

あっきんコミュニティが活性化することでakilog自身の価値が高まります。すると自然と認知度もUPして読者さんも増えるのでは?と考えています。

さらに言うと、入会の際にいただく現金を私がまとめて仮想通貨XEMに換金して、それをハーベストすることでXEMが貰えますよね(^o^)/

そのXEMをみなさんに投げ銭用で配布するということもできますよね(笑)

 

まとめ。仮想通貨を使うことで価値を高める時代に。

私が仮想通貨に将来性を感じているのは多様な用途を持っているからです。あくまでもここで紹介したのは仮想通貨の使い方のほんの一部です。

半分遊びです。遊びだからこそ自由な発想でアイデアが産まれるんです。

そのアイデアも一人のアイデアではなくみんなのアイデアを持ち寄ることでとんでもない価値を持つのではないか?と考えています。

そして半分遊びのアイデアから産まれた価値を上手く仮想通貨のブロックチェーン技術を使うことでお金にでき、みんなに再配分できればとも考えています。

 

あくまでも超たたき台で議論のネタになればと思ってこんな独り言を発信してみました。できればこの件は1対1の議論ではなくグループチャット上でしたいです。

あっきん

嬉しい悲鳴なのですがLINE@の読者さんがもうすぐ1,000人に到達します!LINE@の返信に時間が取られ過ぎていて少なからず問題が出てきています(笑)

 

ということでみなさんのご意見待ってま〜す。グループチャットに入っていない人はLINE@であっきんに連絡してくださいね

 

検索で探すときは【@zob7690d】で!

 

仮想通貨の未来はこの本にヒントが。

 メタップスの佐藤航陽さんの「お金の本」が刺さる!時代は変わるね。