【40日目】トラリピ史上最強通貨の豪ドルNZドルで30万チャレンジ!設定と運用実績をブログで公開!

【0日目】トラリピ史上最強通貨の豪ドルNZドルで30万チャレンジ!設定と運用実績をブログで公開!

 

5/10からユーロポンドの取扱いが始まったので対決させるために同じタイミングで豪ドルNZドル30万チャレンジを始めます!

この豪ドルNZドルは7ヶ月ほど運用してきて確かな成績を出してくれたので今後も期待しています。

運用終了時のツイート 

 

 

なお、トラリピハーフ&ハーフを使った豪ドルNZドルの攻めの設定は限定レポートにて公開しています。レポートは書籍と合わせて口座開設特典となっています。

 

\期間限定キャンペーンのお知らせ/

トラリピ キャンペーンバナー

 

書籍と限定レポートの受け取り方は  トラリピの期間限定キャンペーンの記事へ。

 

トラリピ豪ドルNZドルの運用実績

5/10から30万円で運用した実績を毎週末にここに載せていきます。ユーロポンドと同じ口座で運用しているのでひと目で比較できるようになっています。

6週間経過した6/18時点での運用実績です 

 

運用実績

 

この1週間では決済成立がなく、待ちの状態となりました。同じ日から30万で始めたユーロポンドと累計利益の比較はこうなっています 

 

週毎の利益の推移

 

ここからは豪ドルNZドルの通貨の特徴と設定、注文方法について解説していきます。

 

トラリピ 豪ドルNZドルを動画で見る

時間がある人は5/6にライブ配信で解説したのでこちらをご覧ください。

※動画の中で紹介したトラリピ設定について誤りがあったので正しいものをこのブログに載せておきます。そちらを参考にしてください。

 

 

知っておきたい。豪ドルNZドルの特徴

1つめの特徴がリピートのしやすさの指標データとして使われる総推移が大きいということです(左画像参照)。ユーロポンドを抑えて1位です。

 

ユーロポンドの特徴

 

また右図のように高低差ではユーロポンドに次いで2位となっています。それだけ狭い範囲で上下している通貨ということなのでトラリピ向きですね!

もうひとつの特徴はショック相場に強いということです 

 

ユーロポンドの特徴2

 

図左上のリーマンショックがわかりやすい例ですが、豪ドル円やポンド円などの〇〇円通貨が大きく下がったときも豪ドルNZドルはあまり下がっていません。

なのでこれらの通貨を併用しておけば同時に含み損が増えるという場面が減ることが予想されます。

 

3つめはスワップについてです。

それはマネースクエアがキャンペーンを実施している7/1までは売りと買いのスワップがゼロあることです 

 

豪ドルNZドルのスワップキャンペーン

 

気になるのはキャンペーンはまた延長されるのか?ということですが、豪ドルNZドルの利用者が多ければまた延長されるようです。

 

トラリピ豪ドルNZドルの設定は?

まずは2002年からの長期チャートで見てみましょう。非常に低い位置で買いトラリピを仕掛けているのがわかりますね 

 

豪ドルNZドルの長期チャート

 

安値では買いトラリピが、高値では売りトラリピが有利です。

有利というのはロスカットレートまでの距離が近いのでロスカットにならないように口座に残しておく資金が少なくていいということです。

結果的にトラリピ1本を発注するのに必要な資金が少なくて済むので投資効率が良くなります。

 

運用のリスクに関わるロスカットレートですが、今回の運用では0.980NZドルを目安にしました。史上最安値のちょい下です。

オーストラリアがニュージーランドに比べて著しく劣るというのは想定しにくいので妥当な水準だと思っています。

 

運用資金とトラリピを仕掛ける範囲(レンジ)、ロスカットレートが決まればあとはレンジ内に仕掛けられるトラップ本数をトラリピ運用試算表で求めます 

 

トラリピ豪ドルNZドルの運用試算表の結果

 

30万円のプランでは仕掛ける本数は25となりました。

また、試算の際にはNZドル円のレートのところに90を入力しています。現在価格は約79円なのですがより安全側の数値を入れています。

以下の長期チャートを見ると90円まで上がることはありそうですよね 

 

NZドル円レートのチャート

 

参考までに運用資金別のトラップ本数の比較表を紹介しておきます。NZドル円のレートを現在価格にしたときの試算結果も入れています 

 

トラリピ豪ドルNZドルの試算結果

 

トラリピの豪ドルNZドルの注文方法は?

スマホアプリからの注文画面と注文したあとのトラリピ管理表です 

 

トラリピ豪ドルNZドル注文画面

 

利益値幅の0.005NZドルという値は0.001〜0.010NZドルまでのバックテストをして、利益もそこそこ狙いつつ、決済回数も多い値を選んだ結果です。

※バックテスト結果は限定レポートに記載。

 

ここで採用しているプランは限定レポートに記載の守りの設定です。

リスクを抑えても過去4年3ヶ月の平均年利回りが10%を超えているのでこれで十分だと思うのでこの設定で相場に挑んでいきます!

 

\期間限定キャンペーンのお知らせ/

トラリピ キャンペーンバナー

 

書籍と限定レポートの受け取り方は  トラリピの期間限定キャンペーンの記事へ。

 

目次に戻る

関連記事です。

同じ口座で同じ日に30万円でユーロポンドの運用も始めています。

トラリピ史上最強通貨はユーロポンドなのか豪ドルNZドルなのか対決させてどっちが勝つのかを楽しみに運用をしていきたいと思います。

 

【0日目】トラリピ新通貨ユーロポンドで30万チャレンジ!設定と運用実績をブログで公開! 【40日目】トラリピ新通貨ユーロポンドで30万チャレンジ!設定と運用実績をブログで公開!

 

30万円で始めて毎月2万円を足しながらかれこれ2年以上運用しているトラリピ口座の運用実績はこの記事で紹介しています 

 

【813日目】トラリピ初心者向け30万円の設定・始め方。カナダドル円からNZドル米ドルに引越し中。 【911日目】トラリピ初心者向け30万円の設定・始め方。カナダドル円からNZドル米ドルに引越し中。

 

3000万円もの運用資産を投入して運用している法人口座の実績はこの記事で紹介しています 

 

【ブログで公開】FXトラリピあっきん3000万口座の設定&運用実績(利回り_損失_含み損) 【ブログで公開560日目】FXトラリピあっきん3000万口座の設定&運用実績(利回り_損失_含み損)

 

あっきんはブログ以外にもツイッターやインスタ、YouTubeで発信しています。気軽にコメントくださいね!

SNSのアカウントはココにまとめています。

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローしてみよう(^o^)/