【12日目】トラリピ史上最強通貨の豪ドルNZドルで30万チャレンジ!実績と設定をブログで公開!

【運用前】トラリピ史上最強通貨の豪ドルNZドルで30万チャレンジ!実績と設定をブログで公開!

 

トラリピ史上最強通貨と言われている豪ドル/NZドルの取り扱いが開始されました!

出だし好調で公式ツイッターによるとわずか3日間ほどで3億通貨の注文があったそうです😳

 

 

注目度の高さと多くのトラリピ愛好家に取引されていることがわかりますね!

私自身もこの豪ドル/NZドルの導入は兼ねてからマネースクエアさんにリクエストしていたので嬉しい限りです。

そこでこの度、この通貨で30万チャレンジ企画を実施することにしました。

 

トラリピ豪ドルNZドル運用実績

10/12(月)から30万円で運用しています。

設定は以下のとおりでハーフ&ハーフで行っています 

 

トラリピ豪ドルNZドルの設定

 

そして気になる12日経った10/23終了時点の運用実績はこのようになりました 

 

トラリピ豪ドルNZドルの運用実績

 

2週目では売りポジションが決済され、661円を獲得しました。1週間後にまた更新したいと思います!

ここからは設定についての解説です 

 

動画でトラリピ豪ドルNZドルを学ぶ

10/7(水)にライブ配信で解説したものをそのままYouTubeにアップしています 

 

 

目次の時間のところをタップするとその時間帯からの動画にジャンプできます 

 

  • 0:00 豪ドルNZドル何がいいの?
  • 9:29 豪ドルNZドルどれぐらい利益が出た?
  • 21:45 あっきんの設定は??
  • 36:41 質問と回答

 

ブログで見たい人はここから下へどうぞ 

 

豪ドル/NZドルが史上最強通貨な理由

15年の長期チャートを見るとわかるのですが、ここ6年ほど右下で上がったり下がったりを繰り返しています 

 

豪ドルNZドル長期チャート

 

これだけ狭い範囲でウロウロしている通貨は他にはありません。

マネースクエア公式が出している統計資料においてもその数字は顕著にでています 

 

豪ドルNZドルの総推移

 

総推移は4時間足の高低差を合計した数値で、総推移が大きいほどたくさん上下したことになり、トラリピで利益を上げやすい値動きであると言えます。

5年半の実績を比較すると圧倒的に総推移が大きいことがわかりますね!

 

また、もうひとつ豪ドルNZドルの特徴として知っておきたいのが、◯◯/ドル◯◯/円という通貨ペアの組み合わせではないという点です。

これはメジャーな通貨ペアと似たような値動きをしないことを意味し、複数通貨で運用した時に同時に含み損が増えないという強みを発揮します。

公式が出している情報からも過去のショック相場でメジャー通貨と比較して豪ドルNZドルの値動きの少なさがわかります 

 

ショック相場の値動きの少なさ

 

まとめると、狭い範囲で上下しているので利益が出やすく、ショック相場でもあまり変動しないので複数通貨運用に向きであるのが豪ドルNZドルの特徴です。

 

また、豪ドルNZドルの新規取扱い記念としてマネースクエアでは2021/4/1まで売りも買いもスワップゼロというキャンペーンを実施しています 

 

キャンペーン

 

これは純粋に売買による利益だけを狙えることを意味するのでユーザーにはありがたいことです。

 

トラリピ豪ドル/NZドルの設定

ここからはあっきんがどんな設定で運用するかを解説していきます。

レンジはここ6年ほどウロウロしている範囲を狙います 

 

狙う範囲

 

値動きはおおよそ金利差で決まってくると考えると、今後、豪ドルだけが高金利になって豪ドルNZドルがどんどん上昇していくという展開は想像しにくいからです。

また、資金効率を考えるとハーフ&ハーフでトラリピを仕掛ける方がパフォーマンスが良いので買いのロスカットは0.980、売りは1.382としてプランを考えました。

 

プランを考えていく中で、売りと買いのトラリピを少し重ねて真ん中付近を両建てにする案もどうなのか?という疑問が出てきたので複数案を検証しました 

 

比較検討パターン

 

詳しくは口座開設特典の限定レポートでまとめています(既にレポートを受け取っている人も閲覧できるようにレポート内に新しい記事へのリンクを追記しています)

 

結論としてはパフォーマンスが一番良くなかったものの、比較検討した中ではそれなりに広い範囲をカバーしているパターン①を運用することにしました。

ちなみに、パターン①の過去6年と過去1年のバックテスト結果は以下のようになっています 

 

バックテスト結果概要

 

これは6年間のバックテスト結果です 

audnzd6nen

 

1年間のバックテスト結果です 

audnzd1nen

 

 

100万円で運用を始めて6年で利益が170万円、1年だと22万円でたという結果になりました。

凄くないですか(笑)

 

レンジが決まったところでこれから30万円チャレンジ口座の設定を考えていきます。

いつものようにトラリピ運用試算表でレンジ内に仕掛ける本数を求めました。結果は以下の通りです 

 

  • 売り(1.068〜1.140):本数 12本
  • 買い(1.000〜1.068):本数 45本

 

売りトラリピの試算結果 

売り

 

買いトラリピの試算結果 

売り

 

売りの注文本数が買いに比べて極端に少ないのはロスカットレートまでの距離が長く、余裕資金をたくさん必要とするからです。

レンジと本数が決まればほぼ設定は出来上がりです!

利益金額は過去に行ったバックテスト結果を元に1000通貨あたり8NZドルとしました。設定概要をまとめると以下のようになります 

 

トラリピ豪ドルNZドルの設定

 

※10/23追記。マネースクエアが行ったバックテストによると利益金額は1000通貨あたり、1.5NZが過去5年間でもっとも利益がでたとのことです。

 

https://twitter.com/_akkin_nara/status/1319544411823337473?s=20

 

これを受けて、利益金額の設定を変更しました 

 

 

トラリピ豪ドルNZドルの注文画面

トラリピ豪ドルNZドルの注文画面

注文画面は上記のとおりです。

ハーフ&ハーフなので売りトラリピと買いトラリピそれぞれ発注します。もちろん口座に入金する資金は30万円で大丈夫です。

 

カナダドルと比べると?

すでに約2年ほど運用しているカナダドル円の30万チャレンジの設定と比べてどうか?というのも質問いただいています。

ということで、比べてみました 

 

カナダドル円との比較

 

6年間のバックテスト結果です 

カナダドル円6年

 

1年間のバックテスト結果です 

カナダドル円1年

 

この6年の平均で見ると10%以上も差があるのは驚きですね!さすがトラリピ史上最強通貨です😄

 

Q&A

30万円で始めるならどちらがおすすめ?

過去実績だけをみると豪ドルNZドルの方が遥かに良いですが、対円通貨の方がわかりやすいので始めはカナダドル円が良いかと思います。

 

豪ドルNZドルの設定レンジを抜けるとどうなる?

買いトラリピのレンジをさらに下に抜けることはあまり考えにくいですが可能性はゼロではありません。

注文した45本全てが成立して0.98まで下がった場合はロスカットになります。

売りトラリピが同様に12本全て成立した状態でレンジを上に抜けてもロスカットレートまでの距離がとても長いのでロスカットになることはまずないでしょう。

ただし、再びレンジ内に戻ってくるまで売買は成立しません。

 

60万円で2通貨運用はアリ?

値動きが違うのでアリだと思います。

ただし、複数通貨運用するとシミュレーション機能のロスカットレートが出なくなるので少し資金管理がしにくくなります。

シミュレーション機能については以下を参考にしてください 

 

【1分でわかる】トラリピのシミュレーション機能の使い方。ロスカットまでどれだけ余裕ある? 【1分でわかる】トラリピのシミュレーション機能の使い方。ロスカットまでどれだけ余裕ある?

 

いかがでしたか?

豪ドルNZドルはこれまでマネースクエアで取扱いがあった通貨ペアとは違った特徴を持つのでかなり人気があります。

資金に余裕がある人はこの機会にチャレンジしてみるのも面白いと思います😄

 

\期間限定キャンペーンのお知らせ/

トラリピバナー

 

トラリピ無料口座開設はここから

 

特典付きの口座開設の詳細は  トラリピの期間限定キャンペーンの記事へ。

目次に戻る

 

関連記事です。

これから始める人にぜひ見ていただきたいのがカナダドル円で30万円を運用しているチャレンジ口座です。約2年ほど運用しています。

 

【568日経過】トラリピ初心者向けの30万おすすめプラン(カナダドル円)。始め方・成績を徹底解説! 【673日経過】トラリピ初心者向けの30万おすすめプラン(カナダドル円)。始め方・成績を徹底解説!

 

この記事を書いているあっきんのトラリピ設定と運用実績は毎週ブログで公開しています。

 

【ブログで公開】FXトラリピあっきん2000万口座の設定&運用実績(利回り/損失/含み損) 【ブログで公開】FXトラリピあっきん2000万口座の設定&運用実績(利回り/損失/含み損)

 

同じ30万円でも米国株ETFで自動売買をするとまた違った結果になってきます。最近始めた運用がコレです 

 

【33日目】トライオートETFあっきんの設定と実績をブログで公開。ゾーン戦略で30万チャレンジ!

 

あっきんはブログ以外にもツイッターやインスタ、YouTubeで発信しています。気軽にコメントくださいね!返信めちゃ早いです(^o^)/

SNSのアカウントはココにまとめています。

 

タイムリーな情報はツイッターで配信中です。フォローすると何かと便利です