トラリピ『両建て』使ってる?メリット・デメリットを解説【動画付】

トラリピ『両建て』使ってる?メリット・デメリットを解説【動画付】

SHARE

トラリピ『両建て』使ってる?メリット・デメリットを解説【動画付】

 

どうもあっきんです!

トラリピで運用資金を上手に使って利益を積み重ねるためにはいくつかの手法を知っておくことが大切です!

今回はそのひとつとして両建てについて詳しく解説していきますね。

FXのことをよく理解していない人が「両建ては危ない」みたいなことを書いていますが、理由が的を得ていないものばかりです。

私はトラリピをやる上では両建ては有効な手法だと実感しているので効果や最低限知っておくべき注意点をまとめました。

トラリピのスタンダードな設定は先に押さえてね!
トラリピ初心者向けの基本プランを動画で解説したよ。

そもそもトラリピの両建てって何?

FXの両建ては一般的には次のように理解されています。

※両建て取引とは ・・・ 同一通貨ペアにおいて売りと買いのポジションを保有すること。

 

FXの場合は1ドル=100円で買って101円に値上がりをしたら売ることで利益が取れます。これは買いで利益を得る方法です。

これとは反対に1ドル=100円で売って99円に値下がりしたら買い戻すことでも利益が取れます。これは売りで利益を得る方法ですね。

そしてこれらを同時に使うと100円からどちらに動いても利益が取れますね。これがFXの両建て取引です。

 

ではこれをトラリピで使うとどうなるでしょうか?例えば1円刻みで1,000通貨ずつ買いと売りのトラリピを以下のように注文したとします。

  • 101円で買い102円で売る、101円で売り100円で買う
  • 100円で買い101円で売る、100円で売り99円で買う
  • 99円で買い100円で売る、99円で売り98円で買う
 

ややこしい・・・

ここで図を使って動画解説をしますのでこちらを見てください⬇

 
以下は動画の中でも使った図です。

トラリピ両建の仕組み

 

ポイントは最後に100円に戻ってきた時の状況でしたね。

  • 買いトラリピの利益は3,000円
  • 持っているポジションは101円と100円で評価損は1,000円
  • 売りトラリピの利益は3,000円
  • 持っているポジションは99円と100円で評価損は1,000円
 

足し合わせて考えると6,000円の利益が取れて2,000円の含み損を抱えている状態ですね。買いトラリピだけの場合と比べると利益も評価損も2倍になりました。

ではこれのレンジ相場が繰り返されるとどうなるでしょうか?もう少し先の展開を見てみましょう。

トラリピ両建ての説明

  • 買いトラリピの利益は5,000円
  • 持っているポジションは101円と100円で評価損は1,000円
 

利益だけが増えて評価損は変わりませんね。売りトラリピの場合も同様です。結果、買いと売りのトラリピを足し合わせると10,000円の利益が取れて2,000円の含み損になりましたね。

前の例と比べるとレンジ相場が続いたことで利益が6,000円➡10,000円に増えたのに含み損は2,000円のままですね。

このように買いトラリピと売りトラリピをそれぞれ出すのがトラリピの両建てです。仕組みはもう理解できましたね??

 

トラリピで両建てをするメリット

もうメリットはわかりますよね。レンジ相場の時に買い・売り片方だけのトラリピと比べて2倍の利益が取れることです。

つまり上がっても下がっても利益がとれてしまうのがトラリピで両建てをする最大のメリットです。レンジの中で相場が動き続ける限り、利益がどんどん増えていきますよね!

 

そしてもうひとつ重要なメリットがあります。

それは、両建て時に必要な証拠金がどちらか多い方だけで良いという点です。

なんとなく買いと売りどちらの注文も出しているので証拠金は2倍かかりそうなイメージありますよね?

これはM2Jが両建てマックス方式という証拠金制度を採用しているからで、主に外国為替証拠金取引(FX)CFD取引で導入されています。

これを知るとトラリピで両建てをしない方が損じゃない?って思えてきませんか?

10円で飴玉1個買える店と2個買える店だったら当然2個買える店に行きますよね(^o^)/

 

トラリピで両建てをするデメリットは?

  • メリットだけを聞くと無敵のような気もするけど・・・
  • そんな上手い話あるのかな〜
  • あっきんさんてなんか怪しい・・・
  • 読むのやめようかな。面倒くさいし・・・。退屈だし・・・
 

ってちょっと待ってください!ちゃんとデメリットも解説しますよ!ということで順番に両建てによるデメリットを見ていきましょう。

主にデメリットは3つあります。

手数料やマイナススワップが発生する

大阪人的なノリですんません。真面目にマイナス面も紹介しますね。まずはトラリピの両建てに関するM2Jさんの見解はこうです⬇

両建て注文について

両建て注文は可能ですか?

可能です。

その際の証拠金必要額は新規の買い、売り注文のどちらか高い方の証拠金が必要となります。

また、手数料は売りポジションと買いポジション双方必要となり、売値と買値の価格差(スプレッド)についても負担がかかります。

なお、支払いのスワップと受取りのスワップの差を負担することなどのデメリットがあり、経済合理性を欠くおそれがありますので、当社ではお勧めしておりません。

M2JFX Q&A・用語集・お問い合わせ(建て注文について)より

 

経済合理性を欠くおそれがあるからM2Jさんとしてはお勧めはしていないようです。ようするに手数料マイナススワップが余計に発生することがデメリットということですね。

でも、売りトラリピの利益が手数料とマイナススワップ以上であれば全く問題ないですよね。

ちなみに1,000通貨を取引するのに必要な手数料は売って買い戻すのに米ドル円で約120円です。

マイナススワップも1日あたり1000通貨で1.5円です。ということからすると利益の方が圧倒的に大きいことは理解できますよね!

 

ロスカットレートが買いと売り両方で発生する

そんなことよりも考えるべきデメリットがあります。それは売りトラリピを合わせた場合だと極端に円安に進むとロスカットになるという可能性があることです。

これについては他のブログを見ていると『両建てをするとロスカットになるリスクが2倍になる』という説明をしていたりしますね。

この説明は私は違うと考えています。そもそもトラリピの場合はロスカットにならないようにきちんとリスク管理をして運用するのが当たり前です。

これは買いトラリピでも同じで、それができないのであればやらない方がマシですよね。

 

例えると

寿司屋

あなたはボーナスを月末にもらいました。本当なら1人で回転寿司にいく予定でした。あなたは気分が良いのでAさんもおごりで連れていくことにしました。

これならそんなに怖くないですよね?

ただ、あなたが行く予定のお寿司屋さんが銀座や北新地(大阪)にあるような値札のない時価のお寿司屋さんだったらどうですか?

怖いですよね(笑)

果たしていくらお財布に入れていけばいいのか・・・・

 

ようするにトラリピの両建ても同じで、買いトラリピできちんとリスク管理が出来る人であれば、売りトラリピを加えても同様に管理できますよ。

先ほどの例えで言うと1人で回転寿司に行くのが怖い人は行くべきではないですよね。

 

綺麗に含み損ゼロで終わりにくい

もう一度例に出した取引を思い出してください⬇

トラリピ両建ての説明

これは買いトラリピだけの場合で最後に100円に戻ってきた時の利益は5,000円でしたが、含み損が1,000円でしたね。

これは、101円で持っているポジションが100円になったことで発生した含み損です。これはこの状態が続く限り永遠に無くなりませんね。

これが両建てのトラリピだと99円の売りポジションが100円になった時も同じことですね。つまり、何もしなければ含み損がゼロにならないんです。

 

ただ、トラリピは含み損ありきで利益を積み重ねる手法なので私は気になりません。極端な例を出すと、上図のレンジがさらに続いて利益20,000円になって含み損が1,000円だったら・・・

さらに言うと、101円で買ったポジションが再び101円になった時に売れば100円に戻った時の含み損はゼロですよね!

ということです(笑)

以上がトラリピのデメリット3つの説明です。ちなみに私は売りトラリピを米ドル円でしていますが、ロスカットレートは140円にしています。

軽く解説するので直近16年間の長期チャートを見てみましょう。

米ドル円の長期チャート

買い注文に対するロスカットラインはこれまで75円を貫いてきました。

反対に売り注文のロスカットラインはこの図だけをみると136円あたりでも良いかと思います。ただ、私は気持ちに余裕もほしいので140円としました。

これについては読者さんからもよくコメントをもらっていて「あっきんさんちょっと余裕見すぎちゃいます(笑)」とも言われています。

確かに買いに比べると余裕を見ていますよね。本当に深い意味はなく例えば120円になった時にあと『20円も余裕あるしへっちゃらだぜ!』と思いたいだけです。

当然ですがロスカットレートを135円になるようにらくトラ運用試算表で売り注文の量を決めた方が140円で決めるよりも稼げる設定ですよ。

この辺りは個人でどこまで余裕をみておきたいかだけの問題なので自分で決める問題です。ようするにロスカットにならなければ良いだけですからね!

 

トラリピで両建てのメリット・デメリット

 

とても大切なことなので最後にもういちど整理します。

メリット

  • 上がっても下がっても利益を取れるので2倍の利益が取れる
  • 2倍の利益を取るのに必要な証拠金が片方分だけで良い
 

デメリット

  • 手数料やマイナススワップが余計に発生
  • 買いでも売りでもロスカットレートが発生
  • 含み損ゼロで終わりにくい
 

これでこの記事はおしまいです!

 

トラリピの代表的な発注プラン

 

トラリピの疑問はLINEで聞いてね(^o^)/