トラリピ初心者にわかりやすい設定。米ドル円でハーフ&ハーフを解説。

トラリピ初心者にわかりやすい。米ドル円でハーフ&ハーフを解説。

SHARE

トラリピ初心者にわかりやすい設定。米ドル円でハーフ&ハーフを解説。

どうもあっきんです!

昨日5月28日(日)はakilog初のワークショップin大阪を開催した日でした。

運用の話ではトラリピと仮想通貨でかなり盛り上がりました。やっぱりみなさん運用が好きなんですね(^o^)/

また、みなさんの失敗談やこれから求める運用の形について参考になるものがあったのでシェアしておきます。

 

ワークショップで出たみんなの声

  • たくさんのポジションを持ち過ぎるとお金が増えたり減ったりで仕事が手につかない
  • 結果的に何も考えずに機会的に売買している方が稼げている
  • 投資は年利5%で増えたら凄いんだからトラリピで安定してそれ以上狙えたらそれで十分
  • ほったらかしでもコツコツ利益が取れるって凄い!早くやってみたい
  • ハーフ&ハーフは理にかなっていていいね

 

ほとんどの人がトラリピ初心者の人だったのでまずはやってみたいという声が圧倒的に多かったんです。

そんなニーズに答える形で米ドル円を使ったトラリピハーフ&ハーフを徹底解説してみたいと思います!

 

トラリピハーフ&ハーフってどんな設定?

まずはこんな感じで米ドル円でトラリピハーフ&ハーフを仕掛けると利益が取れていくんだというのを下の動画で見てみましょう。

スタートは5月29日時点の米ドル円レートの110円にしています。

110円を真ん中として1円上がると売り注文を1,000通貨持ちます。持った価格から1円下がると1,000円の利益なので決済します。

反対に110円を真ん中として1円下がると買い注文を1,000通貨持ちます。持った価格から1円上がると1,000円の利益なので決済します。

ポイントは含み損が出ても放っておくことで利益に変わるという点です。これがトラリピの基本的な考えです。

具体的には111円の売りポジションは112円になった時には1,000円の含み損ですね。でもしばらくすると110円になるので1,000円の利益になります。

この時点で決済すると結果的に1,000円儲かったことになりますね!

それではイメージを見ていきましょう

トラリピハーフ&ハーフ

ここまで大丈夫ですか?

では次にどんなレンジ(◯◯円〜◯◯円)でトラップ(罠)を仕掛けるか考えましょう

 

米ドル円の過去チャートからトラリピの設定レンジを考える

トラリピは年単位で運用していくものなので超長期チャートをしっかり見ておきましょうね。

見るべきポイントは3つです。

  • 最高値はいくらか?
  • 最安値はいくらか?
  • レンジの真ん中はどこか?

 

これはトラリピのマネースクウェア・ジャパンで見れる一番長い期間のチャートです⬇

米ドル円長期チャート

 

これを元に考えると先ほどポイントであげた3点について見えてきますね。

  • 最高値=135.2円
  • 最安値=  75.5円
  • 真ん中=   105円

 

このチャートと同じような動きをするだろうと考えてシンプルにトラリピを仕掛けると範囲を決めると次のようになります。

  • 売りトラリピ:105円〜135円
  • 買いトラリピ:  75円〜110円

これでレンジが決まりました。次にやることはこのレンジから外れた場合を考えることです。

 

設定の時にロスカットレートをきちんと考えよう!

例えば買いトラリピを75円〜110円に1円刻みに仕掛けます。明日から運用したとしていきなり100年に一度と言われたリーマンショック級の大暴落相場になったとします。

すると無情にも買い注文はどんどん成立していきますね。すると74円になった時は含み損が凄いことになっていますね。

でも70円まで円高が進んでも耐えられるだけの余裕資金を運用口座においておけばロスカットにはなりませんね。

この最悪どこまで下がるかというレートをロスカットレートと呼んでいます。私の場合は以下のように設定していました。

私の米ドル円のロスカットレート

  • 買いトラリピ:  75円
  • 売りトラリピ:140円

 

このロスカットレートをいくらにするかは人によって安心だと考えるラインが違ってくるので答えはありません。

買いトラリピのロスカットレートももう少し余裕をもって70円とかにしても良いと思います。

1点知っておいてほしいのは、買いトラリピで考えた場合にロスカットレートを下げるとそれだけ余裕資金が必要になってくるということです。

 

らくトラ運用試算表で注文内容を決めよう!

ここまでで注文を仕掛けるレンジとロスカットレートをどこにするかが決まりました。

次はいよいよ注文詳細を決めていきます。使うのはいつもの「らくトラ運用試算表」です。ちなみにこれは口座開設者しか使えません。

使い方はトラリピ初心者向けの基本プランを動画で解説したよ。の記事で動画解説をしているので見ていない人はそちらを参考にしてください。

 

買いトラリピの設定内容

らくトラ運用試算表の入力値

  • 米ドル円
  • 100万円
  • 75円〜105円
  • 53本
  • 0.1万通貨
  • 1,000円
らくトラ運用試算表の出力結果
  • トラップ値幅:0.57円
  • 東京15時ロスカット:74.64円
 

買いトラリピ

らくトラ運用試算表(米ドル円買い)【入力値と出力結果】

 

この試算結果かわかることを箇条書きにしておきますね。

  • 75円〜105円まで0.57円毎に1,000通貨の買い注文を入れる
  • 合計で57本の買い注文になる
  • 全ての買い注文を持った状態だと74.64円になった時にロスカット

 

売りトラリピの設定内容

買いトラリピとやることは同じです。入力画面右側の売り新規に切替をクリックしましょう。

 

らくトラ運用試算表の入力値

  • 米ドル円
  • 100万円
  • 105円〜135円
  • 40本
  • 0.1万通貨
  • 1,000円
らくトラ運用試算表の出力結果
  • トラップ値幅:0.76円
  • 東京15時ロスカット:140.28円
 

らくトラ運用試算表(売り)

らくトラ運用試算表(米ドル円売り)【入力値と出力結果】

 

この設定がトラリピ初心者におすすめな理由3つ

さて、これで注文内容が決まりました。

もう一度このプランの特徴と私がトラリピ初めて!という人におすすめする理由を3つほど載せておきます。

 

  • [list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]
    1. 米ドル円という一番馴染みのある通貨なのでわかりやすい
    2. 超長期チャートを元にひろーいレンジにしています。ほぼほぼこのレンジの中で上下し続けます。設定はこのままで何年もほったらかしで大丈夫です。
    3. ここからアレンジを加えるのも簡単。まずはベースとなるプランで試しにやってみよう
 

この設定のアレンジを考えてみる

それではこのプランに少しだけアレンジを加えてみましょう。らくトラ運用試算表でいくつかのパターンを試算してみました。

こういう部分を変えると結果がこのように変わるんだ−という点を見てください!

試算は全て買いだけで行っています。

 

運用資金を変えてみた設定

もちろんロスカットレートは74円台に調整しています。

運用資金(万) 50 100 200
トラップ本数(本) 26 53 106
トラップ値幅(円)  1.2 0.57 0.28

 

トラップ本数が99本を超えたときは

トラリピで一度に注文できる本数は99本までです。2回にわけると面倒なので1本あたりの通貨数を1,000通貨ではなく2,000通貨にします。

そして、トラップ本数を半分にします。200万のプランの場合だと【1,000通貨、106本】➡【2,000通貨、53本】にします。

 

ロスカットレートを変えてみた設定

表の一番左が基本プランです。ここからさらにロスカットレートを下げていきます。より安全になりますね。

ロスカットレート(円) 75 70 60
トラップ本数(本) 26 42 34
トラップ値幅(円)  0.57 0.73 0.90

  [/list] 米ドル円でロスカットレートが60円くらいだとかなり安心ですね(^o^)/

でもその分1本1本の注文間隔が広くなっているので利益は取りにくくなります。地引網漁でより網の目が荒いもので漁にいく感じです。

当然ですが、魚は引っかかりにくいですよね。ようするに、リスクを減らして運用をするとリターンも減るということです。

反対に少しのリスクを取ればリターンも大きくなります。このバランスを考えるのがトラリピで安定的にほったらかしで資産を増やしていく秘訣です。

 

運用資金が増えるとロスカットレートは下がるよ

基本プランをそのまま長期的にほったらかしにしておくとさらに良いことがあります。

それは運用資金が増えることで自然とロスカットレートが下がることです。

基本プランをベースに運用資金が10万円ずつ増えた場合のロスカットレートの変化を見ていきましょう。

 

運用資金(万) 100 110 120
ロスカットレート(円) 74.64 72.76 70.87

 

10万円増えるだけで2円ずつロスカットレートが下がっていますね。運用で得た利益を出さなければどんどん運用リスクが減っていくんです

以上が、かんたんなアレンジ例です。それでは最後に実際の注文方法を確認していきましょう。

 

トラリピハーフ&ハーフ米ドル円(基本プラン)の注文方法

スマホが便利なので今回はスマホアプリFXポケトラでの注文方法を紹介しておきますね。

 

FXポケトラ for Android

FXポケトラ for Android
無料
posted with アプリーチ

 

買いトラリピの注文はこのようになります

 

売りトラリピはこのようになります⬇

らくらくトラリピ売り1
らくらくトラリピ2

 

とっても簡単ですよね!

あとはスマホに入ってくる注文成立をたまに確認するぐらいしかやることはありません(笑)

これでほったらかしで相場を気にすることなく少しずつお金が増えていく毎日が始まります

 

お知らせ

今マネースクウェア・ジャパン(M2J)ではトラリピプロモデルというよりとても有り難いサービスを口座開設者向けに配信しています。

M2Jが最適と考えるトラリピ戦略を3ヶ月ごとに提供してくれます。つまり完全コピーするだけで良いんです!

気になる運用成績は3月と4月の2ヶ月で200万で運用して11.5万です。単純計算で200万が269万ですね。

もちろん半分100万でも運用できるので100万が139万とも言えます。相場によって変動するのであくまでも参考値ですが。

マネースクウェア・ジャパン口座開設はこちらから

 

トラリピの代表的な発注プラン