トラリピで失敗しがちな設定は?初心者でも負けない投資家になれる!

トラリピの始め方

SHARE

トラリピで失敗しがちな設定は?初心者でも負けない投資家になれる!

この記事はトラリピで運用を始めようという人やすでにトラリピで運用をしているけど思うように稼げないという人に向けて書いています。

トラリピで失敗しがちな設定をよく理解することで、トラリピ初心者でも無敗記録をスタートから更新し続けることができますよ(^o^)/

 

トラリピで失敗しがちな設定は?

 

改めましてトラリピのことが一番良くわかるFXブログ『akilog』へようこそ!あっきんです。

prof akkin

 

私は2016年3月に11年勤めた県庁を辞めて、現在はトレーダーとして不労所得を得ながら、自身が実践するFXの自動売買トラリピを中心にFX初心者向けに情報発信をしています!

私はは2015年8月からトラリピを始めたまだまだトラリピ初心者です。

そんな私でも運用開始から約1年半もの間、一度も損を出さずに順調に運用資金を増やしてこれました。

この記事ではトラリピで失敗しないことだけを一番に考え堅実なトラリピ設定ができるようになるヒントを掲載します。

 

トラリピで失敗しがちなリスクが高い設定とは?

それでは早速、本題に入っていきますね!取扱説明書の3番目の話です。M2J様、若干辛口な内容になっていること、ご容赦ください。

まずはこちらのシュミレーション結果を見てください。この資料は2016年11月のトランプ相場をもとにマネースクウェア・ジャパン(M2J)が作成したものです。

あっきん

『大統領選の前後3週間で仮にこんなトラリピ設定をしていればこれくらい利益が出たよ

という宣伝の資料です。

 

report

 

この資料で伝えていることを解説すると

[voice icon=”http://akilog.jp/wp/wp-content/uploads/2017/01/m2j.jpg” name=”M2J” type=”l”]

・トランプ相場で米ドル円は急落して急上昇したのでトラリピはよく稼げた

・具体的には3週間でおよそ約57万円の利益

・実際にこれだけ稼ぐのに必要な最低資金は約375万だった

・トラリピ設定はこの値を入力したよ

  • 売買の別:買いトラリピ
  • 1本あたり:1万米ドル
  • 1本あたりのねらう利益:1万円 仕掛けた範囲:100~115円
  • 仕掛けた本数:76本
[/say]

確かにシュミレーション結果ではそうなんです。このデータは十分信頼できるものです。

ただ、私はこのデータについて物申すことがあります!

あっきん

このトラリピ設定を同じように2017年1月から運用すると失敗します!

このシュミレーションの前提条件をくわしく解説するのでしっかり理解しておきましょうね!

 

このトラリピ設定を検証してみると

 

トラリピ設定を検証する為に使うのはマネースクウェア・ジャパンが顧客向けに提供しているらくトラ運用試算表をです。

さっそく、上で出たトラリピ設定の値を入力してみます。

chart

 

入力する欄は計算スタートより上だけです。公開されているデータをそのまま入力しました。

それより下はシュミレーション結果です。

確かに証拠金必要額は3,268,912円になっていますね。つまり公開されているデータはです。

でも待ってください!!

注目すべきは一番下の東京15時ロスカット=106.93円です。

[aside type=”warning”]

ロスカットになるとどうなるの?

自動ロスカットの価格で取引が強制終了され、運用口座には必要証拠金のお金しか残りません。

あっきん

感の良い人は気づいたはずです。

ん!?でも今回のトランプ相場で101円まで円高になったはずだよね?なんでロスカットされずに約57万円も稼げるの??

このカラクリを詳しく解説しますね!

 

まずは下の図を見てください。

chart

トランプ相場の直前にこの100〜115円新たにトラリピ設定を仕掛けた場合、一番評価損(含み損)が出たのは11月9日です。

この時点だと、一時的にドル円が急落したので下がるごとに新規買い注文が成立し、どんどんポジションが増えました。

(図の黄緑色で囲った105.5円から101.2円の間で0.20円刻みで1万ドルずつ買ったことになります。)

結果的に一番円高になった101.2円では−478,800円の評価損が出ました。

➞つまりこの評価損にだけ耐えられる余裕資金を口座にいれておけばロスカットされずに済んだことになります。

では実際にいくら口座に入れておけばよかったのか見てみましょう。ここでもう一度マネースクウェア・ジャパンが公開しているデータを見てみます。

実際に必要だった最低資金は次の計算式で求められます。

必要証拠金期間内の最大評価損=3,268,912+478,800=3,747,712円です。

toraripi_setting

 

一番下の3,747,712円が答えですね。

で、同じことを繰り返します。私はこのデータについて物申すことがあります!!

あっきん

このトラリピ設定を同じように2017年1月から運用すると失敗します!

イメージがわきやすいように具体的に過去のチャートを使って解説します。

 

仮に2016年1月からこのトラリピ設定で運用していたらどうなった?

2016年1月以降はどんどん円高が進みました。結果的に100円を割ったこともありました。

上で示したトラリピ設定だと下がる度にどんどん1万ドルずつ買っていくので評価損がどんどん増え106.93円になった段階でロスカットになるんでしたよね?

下のチャートで黒丸で囲った時点でロスカットになってしまいます。

 

chart

この記事を書いている本日2017年1月12日時点で米ドルは117円なのでほぼ2016年1月と同じ状況です。

つまり、明日からジワジワと円高が進めば今のトラリピ設定だと106.93円でロスカット=失敗してしまうわけですね。

だから私はこのトラリピ設定で2017年1月から運用すると失敗すると言ったんです。

おさらいするとマネースクウェア・ジャパンの公開データはあくまでも2016/11/07から運用を始めた場合の話です。

公開データでは105.5円から下がっていった状況なので含み損が上で説明したパターンより少なくて済んでいます。ここが私が冒頭で強調して言った前提条件にあたる部分です!!

このように公開されているデータはバックテストなのであくまでも前提条件付きの試算であることを十分理解する必要があります!

まーここまでの説明を聞かずにこれを理解できるFXを初心者がいるとは思いませんが・・・

 

私が考えるこのトラリピ設定が失敗する要因

ではこのトラリピ設定のどこがいまいちだったんでしょうか??

ここでトラリピの戦略をもういちどおさらいしておきます。

わなのように幅広くたくさんの買い注文を仕掛けるのがトラリピです。

toraripi5

 

この罠を仕掛ける範囲は一番ひっかかるような所を目掛けて仕掛ける必要があります。

ではどのような範囲を狙うのが一番ベストな選択でしょうか?

その答えを探すためには過去の相場をもとに予想するのが一番シンプルです。

chart

こうしてみると100〜115円を狙って買い注文を仕掛けるのはどうでしょうね?

少し取引機会を逃している気がしますね。まー仕掛ける範囲については後ほど。

話を戻して、このトラリピ設定が失敗する要因ですが1本あたりの通貨量が大きすぎるんです。

公開データをみると1本あたり1万ドルを買う設定にしています。全てのポジションを持った時には76万ドル(1ドル100円の計算で7,600万円)を運用していることになります。

あっきん

7,600万ですよ!!口座に374万しかないのに7,600万も買う設定をしているんですよ!!

自己資金の約20倍ものお金を動かしていることになります。ちなみにFXの場合MAXは25倍です。

ちょっとやり過ぎじゃない!?という当たり前の感覚を持ちましょう!

 

ここで私からの投資初心者へのアドバイス

ハイリターンはハイリスクローリターンはローリスク

 

この格言をもとに考えると、ハイリターンはハイリスクは次のようなことです。

  • 1本あたり1万ドルも買うと確かに約3週間で57万円も稼げます➞ハイリターン
  • でも同じことを1ドル115円の時にすると約107円でロスカットになります。
  • わずか8円下がったくらいでロスカットになります!
  • まー8円ぐらいなら下がらないでしょ!って考えてFXで取引するのはハイリスクでしょ!?
 

このトラリピを失敗しにくい設定にするには?

 

あなたならどうします?

答えは簡単です。1本あたりの買う通貨量を減らせばいいんですね!

つまりローリターンはローリスクになります。

試しに史上最安値を記録した2011/10の75.57円でも耐えられるくらいにしてみましょうか。

 

chart

 

入力値を変えた部分はピンクの矢印にしています。

❐入力値の変更点

  • 本数:76本  ➞ 50本
  • 通貨:1万ドル ➞ 0.2万ドル
 

❐計算結果の変更点

  • ポジション合計:76万ドル   ➞ 10万ドル
  • トラップ値幅 :0.2円    ➞  0.3円
  • 東京15時ロスカット:106.93円 ➞ 74.26円

レンジ内に仕掛ける買い注文の本数(76本➞50本)と1本あたりの通貨量(1万ドル➞0.2万ドル)を減らすことで東京15時ロスカットが75円以下になりましたね。

これだと史上最も円高が進んだレベルの大暴落明日起こったとしてもロスカットされることはありません。

つまりこのトラリピ設定は失敗しにくいものであると言えます。

 

このように購入通貨量と口座に入れておく資金量のバランスを取ることで運用リスクを見える化できます。

 

もう少しトラリピ設定を変えて運用リスクを検証すると

表にまとめてみました。

  • 右に行けば行くほど自動ロスカットの価格が下がるのでロスカットされにくくなります。
  • つまりは、運用リスクが小さくなり、安全側の運用になります。
  • その分、稼げる金額も小さくなります。
 

運用資金 3,747,712円
本数 76本 50本 76本
1本あたり通貨量 1万ドル 0.2万ドル 0.1万ドル
東京15時ロスカット 106.93円 74.26円 61.72円
運用リスク
稼げる金額

(3週間の概算)

(約57万)

(約7.5万)

(約5.7万)

 

この表がリスクとリターンのバランスを見える化したものです。

ちなみに、東京15時ロスカットをどのあたりにしておけば安心できるかは人によって感覚が違うので正解はありません。

以上でこの話はおしまいです。

私が実践しているトラリピについて基本的な設定方法を動画付きで解説した記事を読むとわかりやすいですよ!

➡ トラリピ初心者向けの基本プランを動画で解説したよ。

 

あっきんのトラリピ口座が大変なことに!

【毎月更新】トラリピ運用実績を公開中!!(2017年4月追記)

 

トラリピの疑問はLINEで聞いてね(^o^)/