【目安は50万円!?】資金管理に全集中!ひろこの裁量トレードのやり方を解説したよ。

【目安は50万円!?】資金管理に全集中!テクニカルは見ない。ひろこの裁量トレードのやり方を解説。

 

こんにちは!ひろこです。

私が現在進行系で実践しているGMOクリック証券の米国30(NYダウ)を使ったトレードについてどんなことに気を付けて運用しているかを全て公開します。

これまで試行錯誤を繰り返し私なりにたどり着いた境地は「テクニカルを見ない。資金管理に全集中する。」という独自のものです!

 

ここまでのひろこのトレード実績

今行っているトレードはコロナショックから少し回復した5月から始めています 

 

 

それまではIG証券のノックアウト・オプションで取引をしていたのですが、最低取引単位が大きかったのでどこかやりにくさを感じていました。

そこで今回からGMOクリック証券の米国30にしてみました。

トレードの基本的な仕組みは以下の記事で過去に解説しているので、合わせて見てください 

 

ひろこがやってるGMOクリック証券のNYダウ(米国30)のCFD取引ってどんなの? ひろこがやってるGMOクリック証券のNYダウ(米国30)のCFD取引ってどんなの?

 

毎月月末にトレード記録を集計してツイートするようにしています。150万円は10月末時点でこのようになっています 

 

 

相場の値動きの大きさによって各月の利益はまちまちです。

エクセルで集計した結果、各月の利益と損失は以下のようになっています 

 

利益と損失の集計

 

ここからは私が実践しているトレードルールの解説をしていきます!

不明点があれば質問箱やツイッターで聞いてくださいね♡

 

利確目安は1〜2万円!

私の場合は口座に入金したのは150万円で普段の取引では以下のように3ずつポジションを買い増ししています 

 

 

なので1ずつポジションを持つのであれば50万円ほど口座に入れておくと良いと思います。私の1/3サイズの取引ということです。

このような中で1回の決済で1〜2万円を目安に決済して利益を確定していくようにしています。

利確時のツイートです 

 

 

 

50万円で始める場合は私の1/3サイズなので1回あたりの利益は3,000〜7,000円となります。

 

目安は50万円!?資金管理に全集中!

私の運用手法は長期で見て上げ相場の米国30に対して下がったら少し買う、上がったら利益を取るというシンプルなものです。

このやり方だと下がって下がって下がってという状況では当たり前ですが、含み損が増えます。

 

具体例を紹介すると、大統領選前の下落時で一番含み損が増えたときで19万円でした 

 

 

この時点で米国30は26,550ドルまで下がっていて私が保有していた一番高い所のポジションは28,526ドルでした。約2,000ドルの下げです。

2000ドルの下げで含み損が19万円。口座残高約207万円です。割合で見ると口座残高に対して9%の割合です。

これぐらいに抑えているとそんなに不安になることもありません。

 

あっきん

目安としてはどれぐらい下がったらポジション追加してんの?

 

裁量だからトラリピみたいに一定間隔で買ってるわけじゃないけど、300〜500ドルは離して買う感じかな!

ひろこ

 

損切り判定は最高値から10%下落

9月に一度損切りをしています。一番高いところで保有していたポジションが28,862ドルです 

 

 

自分の中の目安として保有ポジションの最高値から10%付近まで下がったところで一旦損切りの判断をするようにしています。

この時は結果として8%下がったところで上2つだけ損切りしました 

 

 

あくまでも裁量なので相場の流れを見ているので必ず10%下がったら機械的に損切りするというものではありません。

 

取引量は増やさない

150万で運用を始めて50万の利益が出て200万になった。ここで1回あたりの保有通貨量を3枚から4枚に増やしたくなりませんか??

私は増やしません!

 

1ヶ月にスマホひとつで10万円も利益が出れば私にとっては十分です。あくまでも趣味の延長線上でやっていてこれぐらいのペースが心地よいと感じるからです。

ポジション量を増やさなければ同じ20万円の含み損でも口座残高200万円の時と300万円の時とでは安心感が違いますよね!

 

また自分でトレードで利益を出してたまに贅沢するのも楽しみにしています。ちょっと前だとこんなの買っています 

 

 

最近の楽しみはクリスマスに何を買うか考えることです♡

 

最後に。まとめ。

ここまで紹介してきたマイルールを整理すると以下の4つのルールがあります。

 

  • 利確目安は1〜2万円
  • 目安は50万円!?資金管理に全集中
  • 損切り判定は最高値から10%下落
  • 取引量は増やさない

 

私がやっているのは裁量トレードなので絶対こうしなければならない!というものではなくその時その時で臨機応変に対応しています。

大きく下がりそうと思えば、ポジションを持つ間隔を広くしたり、早めに損切りしたりもします。

損切りしてポジションを少なくすることで下でポジションを持つことができます。すると下で上下する期間が長ければ損を取り返すこともできますよね。

 

反対に、この下げは限定的と考え、損切りせずに含み損を抱えたポジションを保有し続けることもあります。

ここらへんの判断は時と場合によるのでなかなか表現しにくいので日々のツイートを見ていただければと思います!

 

以上、ひろこのトレード解説でした!

この取引で使っているGMOクリック証券は以下から口座開設することで取引をすることができます。CFD口座です。

 

 

目次に戻る

関連記事です。

裁量トレードは相場を見る必要があるので多少時間を取られますが、トライオートETFなら自動で売買をしてくれるので疲れ知らずです。

 

【68日目】トライオートETFあっきんの設定と実績をブログで公開。ゾーン戦略で30万チャレンジ!

 

トライオートETFは米国株の値動きを利用してトレードしていますが、為替で自動売買するならトラリピです。こちらはあっきん得意とする分野です。

 

【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを5年使ってるあっきんが解説。 【年利10%】トラリピとは?口コミ評判・メリット・デメリットを5年使ってるあっきんが解説。

 

日々のトレード記録は全てツイッターで配信しています。アナログ人間なのでインスタとかはやっていません。

質問はツイッターかひろこの質問箱で聞いてください!

 

ひろこの質問箱

 

回答はツイッターに流れます!