トライオートETF再開!ロスカット後の作戦は?ブログで実績公開中!

トライオートETF再開!ロスカット後の作戦は?ブログで実績公開中!

 

どうもあっきんです!

2/17に再開しているトライオートETFですが近況を更新しておきます。

なぜ再開かというと、一度ロスカットになって退場になったからです。

自分への戒めも込めてツイートしているので載せておきます。

 

 

多くの人はロスカットになると失敗した〜と落胆して投資から離れたくなります。

でも、全ての投資で勝ち続けることなんて誰もできません。

成功もあるし、失敗もある。これが投資です。

大切なことは毎年トータルで収支をプラスにしていくことだと思います。

 

トライオートETFを半年間利用してみて。

トライオートETFを半年間運用してみて

私がトライオートETFを始めたのは17/07/05からです。

始めは原油ETFと公共事業株で運用をしました。

運用資金は65万で1ヶ月の運用で利益が1万ほどでした。

ちょっと期待していたパフォーマンスではなかったので一番人気だったナスダック100トリプルスリーカードに切り替えました。

その後凄まじいパフォーマンスで利益がでたので、ご機嫌さんでビットコインFX自動売買の運用で得た利益44万を追加投資しました。

そこからのロスカット。。。

結果、しっかり利益もだしてしっかり損失もだして、トータルで▲34万の損失です(笑)

これがナスダック100トリプルスリーカードを17/08/22から18/02/08まで運用した私の実体験です。

 

あっきん

レバレッジ投資の典型的な失敗パターンですね!『コツコツドカン』とはこのことですね(笑)まだまだ修行が足らんな〜というのが正直なところです。

 

ナスダック100トリプル_スリカードとは?

ナスダック100トリプルスリーカード

私が運用しているのは一番人気のナスダック100トリプルスリーカードです。

詳しい説明はトライオートETFの公式ブログに書かれているので運用をする人は目を通しておきましょう。

 金の卵おじさんに聞いてみたシリーズ「ナスダック100トリプルの自動売買」

 

上記記事のざっくりとした内容は以下の4点です。

主な特徴まとめ
  • ナスダック指数の1日の値動きの3倍に設計
  • 相場が上下に動いているときに使うと効果を発揮
  • リスク覚悟の短期決戦で使用する
  • 利益はレバレッジ型でないものにシフトがおすすめ

 

またスリーカードと呼ばれる注文の仕組みは以下の図のようなイメージです。

 

スリーカード

 

相場が下がったときは注文が少なく、上がったときには新規注文と決済を積み重ねるイメージです。

なので上昇相場に利益がでやすいという特徴があります。

 

なぜロスカットになったのか?

そもそも今回の暴落はどれほど衝撃だったのかしっかりと理解しておく必要があります。

ナスダックに関するニュースは適当なものがないので、ほぼ同じ値動きのNYダウについてピックアップしてみました。

 

 

NYダウ市場最大の下げ幅を記録しました。

これは事実ではありますが、下げ幅で見るのもおかしな話なんですよね。

 

  • 100円のりんごが20円安くなる
  • 300円のりんごが60円安くなる
  • どちらも暴落率は20%

 

りんごが60円も安くなったのは初めてだ!って強調するのはおかしいでしょ。

同様の意見がこの記事にも書かれています。

 

 

ちなみにNYダウ暴落の歴史はこのツイートがわかりやすくていいです。

 

 

今回は表の一番上の4.26%です。7.87%が過去最大ですね。

で、私がなぜロスカットになったのか?と言うと余裕資金が足りなかったからです。

私はトライオートETFで運用をする時は常に推奨証拠金の範囲内で運用してきました。

この推奨証拠金とはだいたい必要証拠金(ナスダック100を買うのに必要なお金)とほぼ同じだけの余裕資金を見込んでいます。

詳しくは以下の記事で整理しています。

 トライオートETFの推奨証拠金はどれぐらいの余裕を見込んでいるのか?

 

必要資金

 

私が今回ロスカットになったときは最高値付近で9つのポジションを持っていて、ほぼ暴落した時の底値あたりで強制決済されていました。

つまりもう少し余裕資金があればこの程度の暴落でロスカットにならずに持ちこたえられたんですね。

 

あっきん

4/21からトライオートETFの推奨証拠金の計算方法が変わっています。

今回の暴落を反映したものになっています。

 「推奨証拠金」を相場変動を考慮した算出方法に変更

 

なぜトライオートETFを再開したのか?

今回の暴落を経験してこう思う人もいるでしょうね。

 

  • 今年の株式市場は昨年ほどは上がらないかもしれない
  • この暴落はまだまだ序章でもっと大きいのがくるかもしれない

 

どちらも米国株式市場にネガティブな見方ですね。

これはこれでひとつの意見だと思います。でも私はこのタイミングで買います。

理由は今回の暴落で少し買われ過ぎだった印象がある株価が下がって、割安になったと感じたからです。

このあたりが投資の面白いところです。

価格が下がってまだまだ下がると考える人お買い得になったから買おうと考える人がいるんですね(笑)

いかなる価格でも買いたい人と売りたい人がいるので値がつくのです。

これはひとつの事実として知っておくとよいでしょうね。

 

新たなナスダック100トリプルとの付き合い方。

上手な付き合い方

これは私の運用に対する考え方なのですが、相場はわからないという前提で投資をしています。

1ヶ月後のNYダウや日経平均が上がっているか・下がっているかなんてわかりません。

それを予想して投資することはできません。

これは私だけでなく、先日の講演でひふみ投信の藤野さんも言ってました。

 

 

藤野さん曰く。

「わからないことを予想するよりも自分の中でわかること・予想しやすい情報を元に判断するのが良い。」

 

私の中でレバレッジ商品はロスカットにならないような最適な余裕資金を見つけて運用していくというのがひとつの慣れ親しんだやり方なんですね。

FXではその答えが自分なりに見つかったので12年間ロスカットにならずに生き残り続けています。

 

ではトライオートETFではどうか?

私がトライオートETFを始めたのは半年ほど前です。

その時点でまずは推奨証拠金でいこうというスタンスでいました。

何事においても始めたての頃は基準となる物差しがないので良い塩梅がわからないものです。

だからこそまずは標準仕様にしたんですね。

で、今回のロスカットで学んだことは推奨証拠金では今回のレベルの暴落であれば耐えられないということですね。

暴落率でいくと今回の暴落は4.26%でした。過去最大の暴落は7.87%です。この情報から私は今回の暴落の2倍程度を想定しておくことにしました。

実際にどのようにして調整したかというと、推奨証拠金で示されている口数の半分で運用をするんです。

 

推奨証拠金の半分の口数での買い方。

例えば運用資金40万の人だとこのようなイメージです。

 

  1. 40万を入金する。
  2. ナスダック100トリプル_スリーカードを選ぶ。
  3. 最初は口数が14口になっているの40万では足りません。口数を減らして40万付近になるように調整します。
  4. ここからさらに口数を半分にして自動売買を開始します。

 

お金の配分を見える化しました。やっていることは次のようなイメージです。

 

口数を変更してみた

 

実はこの図を書いてみて気づいたのですが・・・

口数を半分にすると安全率は2倍ではなく3倍になるんですよね!

つまりこれまでの運用の3倍の余裕を見込んだ運用になっているということです。

より安全側に考えることは悪くないので、しばらくはこれでいきたいと思います

 

運用で得た利益は暴落時の買い増し資金に。

トライオートETFはどの銘柄もそうですが、長期的には右肩上がりの相場を利用して利益を出しています。

唯一の欠点は暴落すると高値付近でポジションを持っているので新たに買えないことです。

ここをクリアするために運用で得た利益を他の銘柄に投資するのではなく、暴落時の買い増し資金として確保しておくのです。

イメージはこんな感じです

 

暴落時

こうしておけばピンチがチャンスになりますよね!

ま〜あくまでも理想形ですが。最低でも1口ずつ買い増せるだけの資金が貯まるといいですね(笑)

 

【2/17開始】トライオートETFの実績をブログで公開!

ブログで実績を公開!

 

  • 2/17 運用資金73万で開始
  • ナスダック100トリプルスリーカード
  • 口数6口

 

 

 

今後の運用状況はツイッターでハッシュタグ【#トライオートETFナスダック100スリーカード】でツイートしていきますね(^o^)/

 


 

トライオートETFは少額でやるのが良い。

資産内訳

 

上の図は2/18時点のあっきん運用資産の超ざっくり内訳です。

私は常にリスクの低い商品に運用資金を多く割くようにしています。

反対にリスクが高く、期待リターンが高いものには少ししか資金を投入しません。

ここのバランスも資産を守りながら増やしていくには何気に重要だったりします。

よくワークショップなどで議論している内容です。

私がトライオートETFでロスカットになってもためらわず再出発できるのは資産全体からみると少額でしか運用していないからというのもひとつの要因です。

ということで、リターンが良すぎて怖い・ロスカットが怖いと思う人は少額で始めることをおすすめします

トライオートETF口座開設

 

トライオートETFはクレジットカードのポイントでもできるようになりました!

これならポイントを貯めるのが楽しくなります。

今ならキャンペーンもやっているので始めるにはちょうど良いですよ

 

マネーハッチ

 

 インヴァストカードの口コミ評判は?運用実績と評価をブログで公開!

 

暴落時にどのようなことを考えどのような判断をするのか。

良いときもあれば悪い時もある。それが資産運用です。

 仮想通貨と株式市場が大暴落!【損切り】か【追加資金投入】か?